いつも参考にさせていただいています。
このカテゴリーでよいのかわからないのですが教えてください。

高断熱高気密で新築中です。
高高にすると湿度が低いと聞きます。
高高の家に住んでいる数人の友人知人もそう言ってました。洗濯物はすぐ乾くし、加湿器を使うという人もいます。

我が家もそうですが、オール電化が多くなりますよね?
暖房が電気になるためもあるでしょうが、何故、湿度が低く、乾燥気味になるのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 冬の場合ということでお話します。


 湿度とは通常相対湿度のことを言い、これは、ある気温おいて空気中に水蒸気として含むことのできる最大水蒸気量である飽和水蒸気量に対する現在含まれている水蒸気量の割合です。飽和水蒸気量は気温が高いと多く、気温が低いと少なくなります。(ここまで中学理科の復習)そこで、冬場、暖房により気温が低く飽和水蒸気量の少ない外気を暖房であたためると飽和水蒸気量が増え空気中の水蒸気量が同じであっても湿度が下がることとなります。高気密高断熱でなくてもこのようなことは起こるはずですが、高気密でない家は隙間風により暖房効率の低下と引き換えに湿度の低下を抑えたり、室内で燃やす石油暖房により水蒸気を発生させ補充していたので、高気密高断熱の家は特に湿度が低い、乾燥するといわれるのだと思います。
 私も、住宅新築検討中で工務店の話を聞いたり、本を読んだりしましたが、高気密高断熱の暖房は蓄熱暖房、FFストーブ、床暖房、温水パネルヒーター等が良く、エアコン等の温風の出る物(過乾燥)や、室内で燃焼させるもの(空気を汚す)は避けたほうが良いようです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

大変わかりやすい回答ありがとうございました。
我が家も蓄熱式の暖房機にする予定です。
お互い良い家が建つとよいですね。

お礼日時:2006/10/21 21:40

>高断熱高気密の家が過乾燥になるのはどうして?



外気温が5度とします。外気の湿度が仮に100%(雨が降っている状態)としても、その空気を取り込んで暖房して20度にしたとすると、相対湿度は40%弱になります。
つまり単純に考えると過乾燥は容易に発生する可能性が高いのです。
もちろん室内での水蒸気の発生があれば緩和します。

高気密高断熱でない住宅の場合には、

・家全体は暖房しないので暖房しているところだけが乾燥するけど他は乾燥しない
・換気がきちんと行われていないために室内で発生した水蒸気が停滞しやすい(高気密であれば確実に2時間に1回は換気される)

ということから、過乾燥になりにくいということになります。

あとご指摘のように、高気密高断熱住宅では室内に水蒸気を出すような燃焼式の暖房器具は使わない傾向にあることも影響しているでしょう。(たとえば灯油のストーブは灯油消費量と同量の水分を放出しますからかなりの量です)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。
灯油のストーブは灯油消費量と同量の水分の放出には驚きです。
我が家は蓄熱暖房にする予定です。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/21 21:44

#2です。



夏場と暖房器具について少し追記します。
エアコン冷房は湿度100%の冷気を放出し、
それが室内温に上昇すると共に相対湿度が低下します。
しかし、高断熱であるがゆえに、窓や壁・床といったところからの吸熱(外気温をもらう)ことが少なくなりますので、
エアコンは温度が下がった段階で待機運転となり、
その後、あまり急激な運転をしなくてよいのです。
つまり、ON→強運転→待機→弱運転→直ぐに待機となりますので、過乾燥というほどにはなりません。
丁度良いと思います。

暖房器具に関しましては、
空気を汚すものは、安全性の面で避けたほうがよいと思います。
つまり、高気密であるがゆえに、万が一換気扇が故障してしまうと、換気不良となります。
うたた寝最中にこうなると、危険です。
水分を発するものも結局は同時に空気を汚しながら水蒸気を発するわけで、好ましくありません。
一方で、蓄暖、温水などが好まれるのは、安全であることと、高断熱であるがゆえの放熱が少ないため、ジンワリ暖めるだけで、一旦上がった温度を維持できます。
(低低は強く加温する必要があるので、メイン暖房を蓄暖にでは間に合いません。)
もちろん高高とはいえ数日放置した室内は、冷えてますので、立ち上がりはエアコンのような急速暖房のほうが向いています。
従いまして、在宅パターンにあわせて、蓄暖タイマー運転(メモリ低)で付けっぱなしとか、
立ち上がりはエアコンにして、後は蓄暖で・・みたいな使い方が好ましいと思います。
(夏にはどうせエアコン要るんだし・・・)

なお、乾燥に関しては、温度を上げてしまうことを考えれば、
蓄熱もエアコンも変わりません。
高高での過乾燥は避けられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度詳しい説明をありがとうございました。

お礼日時:2006/10/21 21:42

>高高にすると湿度が低いと聞きます



湿度は、温度と関連しています。同じ空気の塊では、温度を上げると相対湿度は下がってきます。
高気密の場合は、空気の入れ替えがないという点についていろいろ考慮しなければならなくなります。

冬場は、それでもなく乾燥気味の空気を更にエアコンなどで温度を上げますので、当然、湿度はぐ~んと下がります。
この場合、相対湿度は温度との相関関係ですので、石油、ガスストーブなどの使用中することで水蒸気を発生する暖房機を除いて、どんな暖房機を使っても同じです。

夏場は、エアコンで温度を下げます。その時、エアコンの熱交換器のところは、冷たいので、ちょうど、氷水の入ったコップのまわりに水滴ができる理屈と同じで、部分的に相対湿度100%となり結露し、この水を室外に出しています。これで室内の温度が下がり相対湿度が上昇する以上に水分を室外に出すことになり、結果的に室内は乾燥します。

気候がちょうどよいときはよいのですが、熱いときは冷房、寒いときは暖房といずれの場合も室内は乾燥しますので、通年で見ると、乾燥しているときが多くなると思います。

あと、当然、十分換気については検討され、対策は取られているとは思いますが、気になるのは、高断熱高気密による換気の問題です。

例えば、室内用については熱交換式の換気扇などが採用されていることでしょうが、台所の換気扇(排気のみ)とそれに対応する換気扇または空気取り入れ口の設置がなされているか、その位置は適切であるかなどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
台所の換気扇も同時給排気のものにしました。

お礼日時:2006/10/21 21:47

はじめまして。



高高で、真面目に計算された24時間換気をされている場合、室内で人や水道などで加湿された空気も効率よく排出されます。(正しい換気です。)
従いまして、吸気口からの外冷気が室内で加温されますと、相対湿度的には下がることになり、
室内は効率よく過乾燥となります。

極端な例として低低ならば、換気が計算どおりにいかないので、室内の温度差が大きくなります。
つまり、過乾燥している場所もあるけど、それほど乾燥してない場所もあるということになると思います。
ですので、低低にくらべ高高のほうが過乾燥になりやすいではないかと思います。
    • good
    • 2

一般にいう湿度は、相対湿度です。


別に、高気密、高断熱でなくても冬は、外気の湿度は低い上に、室内空気の温度を暖房で上げるわけですから、空気は膨張して、ますます水分を含める条件になります。空気から言えば、水分不足、つまり湿度が低下になります。

高、高だと、外気と屋内とが機密状態がよく、乾燥したままに保たれ、よけい湿度低下に保持されます。それと、高断熱高気密住宅では、石油ファンヒターなど、室内で燃焼するタイプの暖房器具はご法度です。
それらを使えれば、燃焼時に水分を出し、乾燥状態の緩和にもなります。また、機密と断熱のよさから結露が生じません。結露による加湿はゼロに近いです。この点でも快適さの裏で湿度低下をまねきます。

ということで、機密性のあるお家では、冬季、加湿器は必須となります。実際に住んでみてわかるのですが、加湿器なしだと、湿度35%ぐらいで、加湿してやっと45%といった現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/21 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高気密高断熱工法 気密試験C値の件

高気密高断熱住宅の気密試験について、次の2点を教えてください。

(1) 気密試験の実施時期

施工のいつ頃、何回、気密試験を行うものなのですか。
例えば木工事が終了した時と引渡し時とかですか?
本当の住宅性能を測るのであれば、完成時に測定するのが適当かと考えてます。木工事終了時であれば、それ以降にまだ電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

(2) 検査結果の定量的【良】判定値(妥当値)

地域(1)(2)区分で2.0以下、(3)以上の地域で5.0以下と定められているかと思います。
0.9以下を基準値としている場合、本当に適切な数値ですか?高性能住宅の場合はどのくらいの数値なのでしょうか?

よろしくお願いします。
  

Aベストアンサー

>断熱気密工事終了時と竣工引渡し前では、検査結果にいおて一般的に後者の方が
>気密度合い劣位となりますでしょうか。

通常、竣工時、C値が落ちたとしてもごくわずかです。ほとんど変わりません。
ただ、余談ですが・・・外断熱工法のうち、断熱材が突きつけで、テープで気密を取るウェイトの高いものは、経年変化的に、また、大きな地震力を受けた後など、未知数の部分はあります。

>電話線の引き込み工事等で壁に穴をあける可能性もありますよね?

こうゆうこともほとんどありません。
高断熱・高気密をコンスタントに施工しているビルダーさんは、元請は言うまでもなく、電気設備・給排水衛生設備業者も、勘所をよく理解していますから。
(その逆だと、ちょっと心配はありますが・・・)

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Q高気密高断熱の住宅工法またはハウスメーカー

高気密高断熱住宅で性能の高い工法はどのようなものでしょうか?またどこのハウスメーカーのどのプランが性能が高いか教えてください。

Aベストアンサー

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ違っていたことを、よく覚えています。
それでも疑り深い私は、札幌のトステムの工場まで見学に行きましたが。
実際1年ほど勉強しましたから、建築の際にはプロの言っている事はほとんど理解できました。

スーパーシェルも近年「スーパーシェル2×6」に進化し、さらに性能がよくなったようです。
地元に認定工務店があるようでしたら、ご一考の価値はあると思います。

今でもモデルハウスはよく見学に行きますが、「(スーパーシェルは)高かったでしょう?」
と聞かれますが、実際は驚くほど安かったです。
完全2世帯住宅で床面積が広いこともありますが、単純に坪数で割ると
40万を切ってしまいました。
ビルダーさんの努力によるところ大なので、参考にはならないとは思いますが、
ハウスメーカーと比べて、決して高くはならないと思います。

北海道在住者です。

7年前に新築いたしましたが、私が選んだのはトステムの「スーパーシェル」工法です。
高気密・高断熱はもとより耐震性能にもこだわって選びました。
施工自体は認定工務店がいたしますが、躯体完成時に全棟機密測定を行います。
当時の実測値で、C値0.1、Q値1.5で、ごく最近の「高気密・高断熱」を謳っているメーカーでも、
実測でこの数値を出せる工法はそう無いと思います。

当時FPで施工し、実際に気密測定をされたモデルハウスにもよく見学に行きましたが、
数値の桁が1つ...続きを読む

Q高気密、高断熱の家のエアコンの数

最近、展示場や内覧会にいってますが、
高気密、高断熱なので、エアコンひとつで間に合う、と営業マンがいいます。

しかし、ここ数年、近所にバタバタと家が建ちましたが、
エアコンの室外機が3台はついています。
ほとんど有名なハウスメーカーのものです。

軽量鉄骨の大きめのお宅は、娘さん夫婦も同居予定でしたが、
2~3年後には、一緒に住めない、といってます。
理由はわかりませんが、もしかして2階が暑いのではないか?と気になってます。

高気密、高断熱だから、必ず快適といえるのでしょうか?
エアコンも最終的には、使う部屋全部につけることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

空気調整する為には、開口状態でなくてはならない
機械能力として30~40坪の広さは何でも無いだろうが
生活が避難所の様に仕切りが無いワンルームと云う訳には行かない
気密や断熱は物理機能であって、人間の精神生活には反する部がある
開口部に拠る新鮮空気が流れる日本空間好きな者には獄感である
魔法瓶の中に閉じ込められる感

Q新築で高気密・高断熱でないのは一般的?

建設条件付の土地売買契約を締結し、建築請負契約の直前まで来ました。
今まで建築会社の会社パンフレットやHPを見て、同社は高気密・高断熱、2X4等を謳い文句としていたので、てっきり私の家も高高だと思っていました。

しかし、暖房設備の相談をしたところ、営業担当の方から「建築する家は高気密でも、高断熱でもありません。」と言われ凍りつきました。仲介不動産業者担当からはこの会社が建てる家は高気密なのでという説明を鵜呑みにして、売主に直接確認していなかった当方が悪いのですが。

そこで質問なのですが、今時の新築注文住宅(といっても基本プランから間取りが一部自由にできるだけ)でも、高高仕様でないものが結構あるのでしょうか?
それと高高仕様でない敷地31坪の家で、ダイライト、2X4工法、グラスロンウール(10k相当品を10cm)断熱で坪単価55万円は妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

■建築請負契約前に高高ではないと言ってもらっただけでもよいほうです。もしどうしても高高が希望であれば白紙撤回できるからです。

■坪55万円で31坪、総額1705万円ということですね。デザインや装備によりますが少し高めですね。同じ値段で高高の家を建てる業者もあるでしょう。

■どこが高断熱ではないのかは確認するべきでしょう。高高ではなくても断熱の構造はきちんとしていなくてはなりません。

■実際には高高ではなくても十分快適です。吹き抜けや床暖房主体の暖房とすると断熱機能が高くなければコストはかかります。中には「高高でなければならない」とメーカーに洗脳されている葱カモ施主もいますので、ネットでの議論は尽きません。

■現在の新築住宅でも高高は全体から見れば1/3程度でしょう。特に名ばかりの建築条件付住宅では本来建売住宅と同じ仕様や自由度で施工されるので、高高ではないもののほうが多いのが現実です。

■もしかして、建築請負契約の締結と同時に土地の契約も同時・一本化するように話を進めるタイプの業者ではないですよね?(これは違法で事実上、建売としてしまう小悪業者の手法です。)

■拙宅は床面積40坪、坪31万で建築し、普通の断熱でしたが、自分で少し手を加えて光熱費・月1万5千円をたたき出しています。夏も冬も快適です。

■建築請負契約前に高高ではないと言ってもらっただけでもよいほうです。もしどうしても高高が希望であれば白紙撤回できるからです。

■坪55万円で31坪、総額1705万円ということですね。デザインや装備によりますが少し高めですね。同じ値段で高高の家を建てる業者もあるでしょう。

■どこが高断熱ではないのかは確認するべきでしょう。高高ではなくても断熱の構造はきちんとしていなくてはなりません。

■実際には高高ではなくても十分快適です。吹き抜けや床暖房主体の暖房とすると断熱機能が高くなければ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報