人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

こんにちは。築4年の家の裏が鉄工所で、最近、建て増しをして、それがちょうど我が家の裏で、作業するたびに、震度2くらい揺れるんです。1日に9時から17時まで、約10分間隔で揺れます。(主に2階で感じる。1階はそうは感じない。なれたのかな。)将来的に建付けとか、家自体の耐用はどうなんでしょうか?法的になんらかの措置はとれないですか?あまりおおげさにしたくはないのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

振動の問題は2つの問題が絡みます。


1つは振動自体の大きさの問題です。もう1つは建物の振動性状の問題です。

振動自体の問題の場合、振動規制法により、鉄工場などで使用されるプレス機など特定施設といわれる機械を設置する場合は、役所に届け出る義務があり、敷地境界で法で定めた振動レベル以下にするように対策することになっています(振動規制法は全国どこでも適用されるのではなく、適用されない地域もあります。振動レベルは都市計画で定められた用途地域によって異なります)。

振動規制法で届け出対象となっているような機械を使用しており、振動源自体の大きさに問題があるのなら、役所の公害担当部署に相談すると指導してくれるます。

一方建物側の問題だと所有者自身で解決する問題となります。
建物の振動は地盤の振動が小さくとも特定の周波数に対して大きく揺れる現象があります(共振現象)。このため振動源が社会的に許される範囲の大きさであっても建物が揺れることはよくあります(一般的に上階ほど揺れが大きくなりますので感じやすくなります。ただし、1階で問題なく2階の方が大きくなるのは建物側の問題である可能性が十分考えられます)。

建築の耐震性からいうと、耐震基準を満足してれば、その程度の振動で壊れることはありません。但しそれはあくまで構造上の話であって、建具の取り付けや構造材でない壁などに損傷が出ることはあります。
長期的に考えると疲労による構造材の破壊も考えられますが、質問文に書かれた発生頻度からいうと、疲労が問題になるのはかなり長期にわたる場合でしょう。木造家屋なら一般的な寿命の方が先に来る可能性が十分あります。

振動と被害の因果関係を証明できれば、損害賠償ができる可能性がありますが(例え振動規制法の制限値以下の振動であっても)、それを証明するのはかなり困難です。また裁判などの法的な手続きが必要になります。

まずは役所の公害担当部署(公害課とか大気課とか環境課などの名称がついていることが多いです)に相談してみてはいかがでしょうか?

もし、鉄工所が増築したということは、規制対象の特性施設(機械)の変更があったせいかもしれません。増築の際に適切な手続きを行わず、プレス機などを設置した場合行政より勧告や命令がだされることもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ものすごくわかりやすくて、詳しい説明ありがとうございます。一度、役所に相談してみます。

お礼日時:2006/10/20 17:02

工事の振動などにより家に不具合が生じた場合には、その補修費用を請求する権利があります。



振動したから耐久性がなくなるということはありませんが、特に壁紙のゆがみとかが生じるなど、不具合はおきえます。ひどいときにはもちろん基礎に亀裂が入るなどのことも起きなくはありませんけど、それも不具合として補修してもらうことになります。

>法的になんらかの措置はとれないですか?
特になにもありません。工事による振動自体は、それが今後ずっと続くものではない、一時的なものですから、社会通念上受任すべきものと解されます。(程度問題ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 17:03

多分我が家と同じ状態です。


我が家も、1Fテーブルのコップの水が常に揺れていました、昼寝なんか出来ませんでした。

それで、市役所とその工場にクレームを付けました。工場もそれに応じて改善をしてくれるのですが、
決め手になる改善策が見当たらないようで、少しずつは良くなってゆくようですが揺れは止まりませんでした、
20年以上経って最近はようやく決め手となる改善策が見つかったのか、こちらが鈍感になったのか、
ゆれはあまり感じなくなりました、コップの水の揺れも少ないようです。音は同じくらいかな?

我が家は木造で外壁はモルタル塗り、内壁も和室などは塗り壁ですが工場の振動が原因と見られるひび割れはないようです。

振動をなくすよう、工場に何とかしてもらいましょう、
我が家も最初の頃はちょくちょく工場に電話して、今すごい振動で我慢できません、何とかしてくださいとお願いしてました。
1時間ほどは静かになるのですが、ほとんどイタチごっこ、
それを10年ほど続けたと思います。

大変ですね、がんばって交渉してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談、ありがとうございます。早速、工場に相談してみます。

お礼日時:2006/10/20 17:05

揺れるから危険ということは必ずしも当たらないのですがね。

人間は振動には大変敏感でコンマ何mmの揺れでもちゃんと感じます。ですから、貴下の住宅の耐震診断を依頼して見られることを強くお勧めしますよ。建築のコンサルタントが作る協会がありますから、そこへ連絡を取れば適当な専門家を紹介して呉れるはずです。下記がその団体のウェブページです。
 ただ、詐欺まがいの耐震診断業者がはびこっていますから、必ず信用ある専門業者に依頼するようご注意ください。

参考URL:http://www.kenchiku-bosai.or.jp/
    • good
    • 0

私の家は築20年で木造ですが、2階のいると揺れがわかります。


心配ないのでは?(地震の揺れでも異常なかったので、大地震は別として)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと、過敏すぎるんですかね?ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/20 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の家が揺れる

どうか先生方教えて下さい。家がよく揺れて困ってます。
12月に新築一戸建てを買いました。
(場所は東京23区の東側、)
木造の3階建てです。目の前に9Mの道路があるのですが、
トラックやトレーラーが通るたびに、体感で震度1~2位感じます。
電気の垂れ下がったひもも完全に揺れます
(3階部分で)これはしょうがないのでしょうか?皆様教えて下さい。
また施工会社に確認したましたが、木造はゆれる方が良いんですよと
いいますが、限界のレベルがあると思いますが。。。

Aベストアンサー

結論言うと、地盤が緩くトラックの振動が地盤を通して敷地の基礎を振動させていると思われます。
私の知人の家(新築)も揺れます。念のため家を建てる前に、ボウリングして調査したところ、表面は元駐車場だったので、一見堅固そうでしたが、地下1m以下では軟弱でした。対応として、ベタ基礎(鉄筋入り)にして対応しております。それでも少し揺れます。
また、家は揺れた方が良いと行くことに関しては、基本的に住宅等は揺れによりエネルギーの逃がしを行い、家への影響を少なくしていることは事実です。それは、飛行機の翼と同じです。しかし、翼も在る一定の期間・エネルギーの大きさをを超えると、金属疲労により劣化(最後に折れます)します。又、壁面塗装等が剥げやすくなるそうです(塗装業者の話)。
出来る限り、振動しないことが住宅に優しいことは事実です。

Q地震でもないのに家が揺れるんです。

細長い一戸建ての3階建住宅(都市型3階建て住宅っていうんでしょうか?)に住んでいます。
築5年で鉄骨造りです。
地震でもないのに、毎日数回揺れるんです。
風が強かったり、前の道路をトラックが通ったりすると揺れることがあるのですが、風も強くなくて、トラックも通らないのに揺れるんですよね。
たまに地震のときもあるとは思うのですが、そういうときは、テレビなどで速報が出ますし、地震の揺れとはまた違った揺れなんですよね。
念のため、ネットで地震情報を調べてみるんですが、ほとんどの場合、私の住んでる地域で地震があったという事実がないんです。
何か気味が悪いです。
3階建ての鉄骨造りってこんなに揺れるもんなんでしょうか?
それとも、家や基礎部分に問題があるんでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、他の方も書かれていますが、鉄骨造の建物は、他の構造に比べて、揺れます。
鉄骨が優れた構造材料であるがゆえに、柱や梁を少なくしたり、細くしたりできるため、揺れやすくなる、また、細長平面の3階建てであれば、なおさら揺れる可能性が高いといえます。
どの程度の細長平面なのかはわかりませんが、細長平面の場合、どうしても正面(短辺)方向の揺れに対抗する構造体が不足したり片よった配置になります。
例えば、1階がガレージで正面が大きく開口になっている、1階はリビングなど大き目の部屋で構成されているが、上階は小さな部屋になっているなどの場合、揺れやすくなります。(上が重かったり、下が弱い場合には揺れやすいという意味です。)

ま、こういう点は、ある程度設計段階で予想して、補強なりがされるべきだと思いますが、そうではない建物だったようですね。

原因不明の揺れですが、中学校くらいの理科で、長さの違う糸につるされた重りがいくつか有って、ある振動でどれかだけが揺れる、なんて実験があったのを覚えていませんか?
それと同じ原理で、何らかの地盤の揺れに建物が共振しているのだと思われます。
この場合、揺れの元は、近くでなく、かなり遠い場合も考えられます。遠いと思っている幹線道路だとか、地下鉄だとか。
建築学的には、かなり細長い建物でなければ、さほど影響は無いとされていますが、実際にはそういうことが起こっているようです。
前述の、1階が大部屋で上階が小部屋(上が重い)などの場合、この現象が顕著になります。揺れがなかなか収束しないとか。

何らかの補強は可能です。

と、以上ですが、生活に支障や不安があるような状況なのか、実際の平面形状や構造体の状況がどうなのか、などわかりませんので、不安があれば、一度、専門家に相談されることをお勧めします。

まず、他の方も書かれていますが、鉄骨造の建物は、他の構造に比べて、揺れます。
鉄骨が優れた構造材料であるがゆえに、柱や梁を少なくしたり、細くしたりできるため、揺れやすくなる、また、細長平面の3階建てであれば、なおさら揺れる可能性が高いといえます。
どの程度の細長平面なのかはわかりませんが、細長平面の場合、どうしても正面(短辺)方向の揺れに対抗する構造体が不足したり片よった配置になります。
例えば、1階がガレージで正面が大きく開口になっている、1階はリビングなど大き目の部屋...続きを読む


人気Q&Aランキング