AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

孫養子には養父母(実祖父母)の遺族年金受給資格はあるのでしょうか。

A 回答 (1件)

 厚生年金や共済年金は,戸籍上で養子縁組できていて,生計維持関係があり,18歳未満だと受給資格があります。

養父が60歳未満の時。
 養父母が60歳を超えて,年金受給者の時は,転給の申請になりますが,共済年金は,OKです。 厚生年金は,よく知らないが,駄目かも?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養子縁組は15歳から親の承諾が不要?

養子縁組は15歳から親の承諾が不要?と聞きました。
未成年の結婚では親の承諾が必要なのに、なぜ養子縁組では15歳で親の承諾が要らないのでしょうか。
 その理由や法の趣旨などを教えてください。

Aベストアンサー

>未成年の結婚では親の承諾が必要なのに、なぜ養子縁組では15歳で親の承諾が要らないのでしょうか。

 代諾養子縁組における親権者の承諾と、未成年者の婚姻に対する父母の承諾(同意)とは、その性質が違います。 
 なぜ15歳なのか理由は別として、民法は、15歳未満の者の養子縁組する行為能力を一律に否定し、法定代理人の代諾によって養子縁組をすることができるとしています。(なお、未成年者を養子にする場合、原則として家庭裁判所の許可が必要になります。)条文では承諾となっていますが、未成年者が養親と養子縁組をすることを承諾するという意味ではなく、養親が本人と養子縁組するという意思表示に対する承諾という意味であり、つまり、代理行為により養子縁組をすることになります。
 一方、婚姻は、その性質上、代理行為によって成立させることは不当ですから、本人の意思によってのみ成立することになります。ただ、未成年者でも婚姻すれば、成年とみなされますので(民法第753条)、例えば、本人がした売買契約の締結といった法律行為を取消して、本人を保護することは、もはやできません。ですから、夫婦が独立して婚姻生活するに相応しいかどうか、父母に判断させるのが同意権の趣旨です。(そうならば、父母とは親権者と解するすべきように思いますが、通説は文字通り父母と解しています。)

>15歳が区切りの法令は他にもあるのでしょうか。

 たとえば、遺言は15歳になればすることができます。(民法第961条)

>未成年の結婚では親の承諾が必要なのに、なぜ養子縁組では15歳で親の承諾が要らないのでしょうか。

 代諾養子縁組における親権者の承諾と、未成年者の婚姻に対する父母の承諾(同意)とは、その性質が違います。 
 なぜ15歳なのか理由は別として、民法は、15歳未満の者の養子縁組する行為能力を一律に否定し、法定代理人の代諾によって養子縁組をすることができるとしています。(なお、未成年者を養子にする場合、原則として家庭裁判所の許可が必要になります。)条文では承諾となっていますが、未...続きを読む


人気Q&Aランキング