今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

身長170cm体重65キロで走ったり腕立てしたり腹筋とか背筋も人並みくらいは十分できる体力はあるのですが、懸垂が1回もできません・・・。身体があがる気配すらないくらいです・・。いろいろサイトを見てはみたのですが、広背筋ですか? 背中だという情報を耳にしたのですが具体的にどうすればよいのでしょうか?またそれ以外にも何か鍛え方をご存じの方がおられましたら教えて頂けないでしょうか・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

40代。

男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●汎用のトレーニングとしては、斜め懸垂で筋力を付けてということになります。

<質問:懸垂に必要な筋肉を鍛えるには?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1921192

(上記質問の回答訂正)上腕屈筋群× -> ○前腕屈筋群

●新規のトレーニング法「くの字懸垂」、考えてみました。

斜め懸垂では、体を斜めに突っ張らせるため、本来の懸垂に使う筋肉とは、少し違った筋肉が鍛えられてしまいます。

そこで、十分低い鉄棒(あごの下以下)でぶら下がり、腰を曲げ、足を前に投げ出します。

かかとは地面に着いた状態です。
腰から下は、脱力します。

こうしますと、体重の何割かは、足のかかとで負担しますので、腕力と広背筋の負担が軽くなります。
これで、懸垂をします。

かかとを着いていますので、体が鉄棒に一番引きつけられる所までの引き上げ範囲とします。

■10回を目安(6~10回、目標10回)に、5セットくらい行います。

セットとセットの休み時間は1~3分とします。

6回未満の回数だと、負荷が少し強すぎますので負荷を軽くします。

腰の角度が90度に近づく程、負荷が大きくなります。
鉄棒の高さで調節します。

1日間休みをおいて、繰り返します。

だんだん「くの字懸垂」の負荷を大きくして、懸垂が出来るレベルまで筋力を付けます。

■「くの字懸垂」の負荷を一番軽くして、それでも体が、鉄棒に十分引きつけられない時は、やはり「斜め懸垂」から入ります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

非常に参考になりました!是非試してみたいと思います。

お礼日時:2006/10/26 14:30

裏技ですが、体重を落としてしまうのも一つの手かと。


自分の場合は80から75に落として懸垂10回が可能になり
その後5キロのおもりを体にくっつけて懸垂しても10回できるようになりました。
体重減少→広背筋の発達という順番ですね。(同時進行かも?)
2,3キロでも感覚としてはかなり違いますね。
あとは他の方の回答にもありましたがジムなどに行って器具を使って
広背筋、上腕二頭筋を鍛えるといいと思います。
種目としては、ラットプルダウン、ベントオーバーロウ、デッドリフト
バーベルカールなどですね。(詳しいやり方はインストラクターの方に聞いてください)
これらのウェイトトレーニングならば現在の筋力に見合ったウェイトに調節できますので、10回ぎりぎりでできる重さでやるとよいでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

体重ですかぁ・・・2,3キロがんばってまます。

お礼日時:2006/10/26 14:28

自重(体重)に対して懸垂をする為の筋力が足りないのでしょう。



一つの考え方として、斜め懸垂という方法が有ります。
これは、よく女子の体力測定で、男子が懸垂をするのに対して、女子は筋力が無いため、低い鉄棒で体を斜めにして行う方です。
自重を完全に上げるのでは無い為、この方法から試したらどうですか。

斜め懸垂で十分回数が行えるようになってから、通常の懸垂に移行すればいいと思います。
特別な器具は必要としないので、手軽に出来ます。

懸垂をする場所の下に台などを置いて、足の力で少し補助してあげれば、10回行うことが出来ます。
徐々に補助しないように行えば、効果的に懸垂を行えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2006/10/26 14:29

全くビクとも動かないのでは、やっていても気落ちするだけなので、次の方法はどうでしょうか?


(1) 同じ部分を鍛えるために、スポーツクラブ等の器具で、座って上からワイヤーを引っ張る動作を行う。 これは、負荷の重さを調整できるので、できる重さからはじめて、(一セット十回できるような重さ)これを少しの休みをいれて、3セットやればよいのではないでしょうか?筋力トレーニングは毎日やるものではないので、日にちを開けて週三回とか、時間がなければ、週一回でも良いと思います。(選手ではないのですから)
(2) 上記へ行かないのなら、懸垂をする鉄棒や自宅のぶら下がれるところで、何かの台(いすやタイヤ、ガラクタ)を置いて、ちょうど懸垂の中間の腕の曲がり具合になるようにしてぶら下がり、そのまま、足をまげて浮かして、我慢する練習をしたら良いとおもいます。
これを少し続け、筋力を懸垂1回分か半分くらいでもつけて、まずビクとも動かない状態を脱すればどうでしょう?
少しうごくようになれば、とにかく一回、二回と目標の数を増やしていけばいいでしょう。回数はできなくても、やっているときは、筋力を使っているので、一日にあまり長くやっていても余計上がらなくなります。
腕立て伏せは(腕と)胸の筋肉を使い、懸垂は(腕と)脇の下の部分(逆三角形の体で表現される部分)を使っているのがわかります。懸垂をやっていると、脇の下から20~30センチくらいまでの背中側が筋肉の張りを感じ、だんだんそこに筋肉が付いてきます。
がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすく説明していただきありがとうございます。近くに施設があるのでやってみます。背中側の脇下なんですね・・。意外でした。確かに今まで鍛えようと意識して使った記憶がないので劣っているのかもしれません・・・ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/25 13:01

下から始めるのではなく、上げきったトップから初めてネガティブで、、、と書こうと思いましたが、今回は止めます。

やってるとすごくつまらないので止めちゃう可能性が高いです。
近所の公営の一回300円ぐらいの安いジムに行って、ラットプルダウンという種目を3日~4日に一回8から10回しか上げられない重量で3セット行います(アップセット除く)。10~12回できるようになったら少しづつ重量を増やしていきます。55kgが数回できるようになったら、体重が増えてなければ懸垂もできるようになってるとと思います。できるようになってたら後は懸垂で鍛えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!って感じです。ありがとうございます。10回くらいできる重さにするのがコツなんですか?やってみます!!

お礼日時:2006/10/25 13:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懸垂が出来ない、懸垂が出来る人は、鉄棒にどれ位の時間ぶら下がれるのだろうか

懸垂が出来ない。

以前は出来たが、長年の不摂生が溜まって体が鈍って
以前の体カには覚束ない。
もう、今となっては以前に本当に懸垂が出来たのか
も不思議だ。

懸垂の前に最初から鉄棒にぶら下がるだけでもそんなに
長い時間はぶら下がれない。先ずはこの点から考えると
腕の力が弱っていると思う。

然し、ネットなどでは腕を使うのではなくて肩甲骨の力
を使えと書いては要るがその前の段階に達する迄の基本
的な体カが無い。

先ずは、ぶら下がりが楽に出来てこその懸垂だと思うが。
これに関してはではどれ位の時間ぶら下がる事が出来れ
ば、肩甲骨を使える様な体に成るのだろうか。

私は、鉄棒にぶら下がるのは長くて30秒。これがでは、
楽に懸垂が出来る為の筋肉としては最低でもどれ位
ぶら下がれる体カが有れば良いのだろうか。

懸垂が出来なくても、リバーストレーニングとかは言われ
るが、それさえも出来ない。だから、今は腕の筋肉を鍛え
ると言う意味でぶら下がる事で腕の力を付け様としている
が目標としてどれ位の時間が出来れば懸垂が出来る腕の
体カに成るのだろうか。

やみくもにぶら下がるのが目的では無くて懸垂が出来る事を
目標にしているので。大体の目安を知りたい。

以上、宜しく回答願います。

懸垂が出来ない。

以前は出来たが、長年の不摂生が溜まって体が鈍って
以前の体カには覚束ない。
もう、今となっては以前に本当に懸垂が出来たのか
も不思議だ。

懸垂の前に最初から鉄棒にぶら下がるだけでもそんなに
長い時間はぶら下がれない。先ずはこの点から考えると
腕の力が弱っていると思う。

然し、ネットなどでは腕を使うのではなくて肩甲骨の力
を使えと書いては要るがその前の段階に達する迄の基本
的な体カが無い。

先ずは、ぶら下がりが楽に出来てこその懸垂だと思うが。
これ...続きを読む

Aベストアンサー

再々回答です。
ここは多くの人が参考にするサイトですし、何か間違った伝わり方をしてしまうのもまずいと思いますので、今後閲覧される方の事も考えて再度回答しますが・・・。

>懸垂をすると言うのは、最初は速筋が出来てから遅筋を鍛えると言う事ですね。

私は一度もその様な事は回答していませんよ。
もう少し回答文を注意深く読んで真意を理解してください。

実際に、懸垂をする為には遅筋なんてのはほとんど動員しませんから。
他の回答者さんも「遅筋を鍛える必要がある」なんて事は一言も言ってないと思うのですが。

「握力でいえば、握力計などで瞬間的に力を出す場合に使うのが速筋、ぶら下がる場合のように一定の力を長い時間出す作業に使うのが遅筋です」と仰ってる回答者さんはいますが、これとてぶら下がる為の前腕の持久力の話でしょ?

質問者さん、懸垂をする為に一体何分ぶら下がるおつもりですか?
ベテラントレーニーでも、せいぜい1分もぶら下がって懸垂すれば充分背中は追い込めますし、ましてや一度も懸垂ができないのであれば、今の時点ではその時間も必要ないでしょ?

斜め懸垂であれ、通常の懸垂であれ、それを毎日継続する事で、前腕の筋力なんて勝手についていきます。
とにかく懸垂ができるようになりたいのであれば、広背筋、大円筋、小円筋の筋肉に負荷がかかるようなトレーニングに専念する。それだけです。

再々回答です。
ここは多くの人が参考にするサイトですし、何か間違った伝わり方をしてしまうのもまずいと思いますので、今後閲覧される方の事も考えて再度回答しますが・・・。

>懸垂をすると言うのは、最初は速筋が出来てから遅筋を鍛えると言う事ですね。

私は一度もその様な事は回答していませんよ。
もう少し回答文を注意深く読んで真意を理解してください。

実際に、懸垂をする為には遅筋なんてのはほとんど動員しませんから。
他の回答者さんも「遅筋を鍛える必要がある」なんて事は一言も言ってないと...続きを読む

Q筋肉痛時のプロテイン使用について

プロテインの飲み方について教えてください。普段、週2回程度の運動後にプロテインを飲んでいます。運動をしない日には飲んでいません。そこでふと思ったんですが、激しい運動をして3日も4日も筋肉痛が続くような場合、運動はしなくてもプロテインを飲んだほうがいいのでしょうか?(飲んだ方がより筋肉がつくのでしょうか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、タンパク質の1日の摂取量の目安は、特に運動していないなら体重×1.0g。
週4回程度軽い有酸素運動をしているなら1.2g。
有酸素運動に加えて腕立て伏せなどの筋トレや軽い負荷でのウエイトトレーニングをしているなら1.2~1.5g。
週5回以上の有酸素運動+本格的なウエイトトレーニングをしているなら1.5~2.0gあたりがメドです。
ボディビルダーのように、さらに追い込む人なら2.5gかそれ以上必要とされます。

摂取の基本は運動する日、しない日に関わらず同じ量を摂ること。
また、1回の食事で吸収できる最大量は30~50gとされるので(基本的には低めに見るほうがいい)、一度に摂らないことです。

必要以上にタンパク質を摂取しても、脂肪に変わってしまったり、分解のときにアンモニアが作られる関係で、肝臓や腎臓に負担がかかります。
そして、週2回の運動なら激しく行なったとしても1.2~1.5gの範疇ですから、食事で十分カバーできるはずです。

タンパク質は毎日同じ量を摂ることが必要ですが、それとプロテインを飲まなくてはいけない、ということとはイコールではありません。
それどころか、筋肉痛だからといってプロテインをむやみに飲むのは、体にも財布にも悪影響を与えます。

基本的には、スプーン1~2杯を運動直後~30分以内の吸収のよい時間帯に食事までのつなぎとして摂る、あるいは筋肉痛がある日の就寝2時間くらい前に摂って回復を促すくらいで十分でしょう。

いずれにせよ、回復のための栄養補給の基本はあくまで食事からだということを心がけてください。
それがしっかりできているなら、特別使う必要はありません。

なお食事以外に筋肉痛の素早い回復方法としては、20分程度のごく軽い有酸素運動をする(ただし重い筋肉痛のときは避ける)、熱いお風呂と冷たいシャワーを浴びるのを交互に行なう温冷浴をする、夜の10~2時の間には就寝して十分睡眠時間を確保するなどがあります。

食事が不規則なときなどにプロテインを活用するのはおすすめではありますが、頼りすぎると意外な落とし穴にはまります。なるべく食事をきちんと摂ることを優先してください。

まず、タンパク質の1日の摂取量の目安は、特に運動していないなら体重×1.0g。
週4回程度軽い有酸素運動をしているなら1.2g。
有酸素運動に加えて腕立て伏せなどの筋トレや軽い負荷でのウエイトトレーニングをしているなら1.2~1.5g。
週5回以上の有酸素運動+本格的なウエイトトレーニングをしているなら1.5~2.0gあたりがメドです。
ボディビルダーのように、さらに追い込む人なら2.5gかそれ以上必要とされます。

摂取の基本は運動する日、しない日に関わらず同じ量を摂ること。
また、1回の食事...続きを読む

Q懸垂に必要な筋肉を鍛えるには?

現在懸垂に挑戦していますが、いまいち回数が伸びません。そこで聞きたいのですが、懸垂で使う筋肉を鍛えるにはどういう鍛え方をすればよいでしょうか?できれば道具などをあまり使わない鍛え方が知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>懸垂で使う筋肉を鍛えるにはどういう鍛え方をすればよいでしょうか?

懸垂では、順手、逆手、手の持ち幅によって使われる筋肉が違います。

1.順手で持ち手が肩幅以下:上腕屈筋群、上腕2頭筋、広背筋。
2.逆手で持ち手が肩幅以下:上腕屈筋群、上腕2頭筋。
3.順手で持ち手が肩幅より大きい:上腕屈筋群、広背筋。
4:逆手で持ち手が肩幅より大きい:上腕屈筋群、上腕2頭筋、広背筋、大円筋。

上腕屈筋群とは、手のひらを握る筋肉です。
上腕2頭筋は力こぶの部分です。
広背筋は背中にあり、逆三角形を作る筋肉です。
大円筋は脇から背中への筋肉です。

先ずは1~4のどのスタイルで行くか検討します。

■回数を求めるのなら、1と3の中間の持ち手の幅で使う筋肉の部位が多いフォームを選びます。
参加する部位の筋肉が多い程、回数が上がります。

■フォームが決まったら、トレーニングです。

器具なしということですが、公園の鉄棒を使います。
家のかもいにぶら下がっても良いです。

1.鉄棒にぶら下がって、出来る限りの回数で懸垂をします。
筋肉をつけるトレーニングなので、上げ1秒、下げ1秒です。
下では肩関節が外れる手前まで下げ可動域を大きく取ります。

2.次に休まずに、足のつく鉄棒で斜め懸垂を出来るだけの回数をします。
これも、上げ1秒、下げ1秒です。
休みを1分入れます。

3.この繰り返しを5セット行います。

◎回数が1回も出来ないのであれば、最初から斜め懸垂で入ります。

1.きつめの傾斜で、出来る限りの回数で斜め懸垂をします。
筋肉をつけるトレーニングなので、上げ1秒、下げ1秒です。
下では肩関節が外れる手前まで下げ可動域を大きく取ります。
目安は10回やっと出来る回数の傾斜とします。

2.次に休まずに、ゆるめの傾斜で斜め懸垂を出来るだけの回数をします。
これも、上げ1秒、下げ1秒です。
休みを1分入れます。

3.この繰り返しを5セット行います。
4.懸垂が出来るようになったら、1.の斜め懸垂を普通の懸垂にします。

■回数を追求する時は、可動域いっぱいのフォームを止め、上げ下げの時間を出来るだけ速くします。
ちょっと「ズル」をします。
筋肉をつける場合のトレーニングより、2倍くらいの回数は出来ます。

■中2日開けてトレーニングをします。
筋肉痛がひどかった場合、もう少し時間を空けます。

■器具があれば、筋肉の部位別に鍛える事が出来ます。
上腕2頭筋:ダンベル・カール、チューブ(ゴム)カール、ポリタンク・カール。
広背筋:ワンハンド・ダンベル・ローイング、ベントオーバーローイング、チューブローイング、ワンハンド・ポリタンク・ローイング。

チューブは2千円ぐらいです。

ダンベルは片方20kg以上でないとトレーニングにはなりません。
広背筋は大きな筋肉なので大きい負荷が必要です。

20リッターのポリタンクに水を入れて、ポリタンク・カール、ワンハンド・ポリタンク・ローイングが出来ます。
ポリタンクは900円くらいです。
水を抜けば楽に持ち運びが出来ます。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>懸垂で使う筋肉を鍛えるにはどういう鍛え方をすればよいでしょうか?

懸垂では、順手、逆手、手の持ち幅によって使われる筋肉が違います。

1.順手で持ち手が肩幅以下:上腕屈筋群、上腕2頭筋、広背筋。
2.逆手で持ち手が肩幅以下:上腕屈筋群、上腕2頭筋。
3.順手で持ち手が肩幅より大きい:上腕屈筋群、広背筋。
4:逆手で持ち手が肩幅より大きい:上腕屈筋群、上腕2頭筋、広背筋、大円筋。

上腕屈筋群とは、手のひらを握る筋肉です。
...続きを読む

Qチンニングは上腕二頭だけでなく、三頭にも効くと思うのですが。

趣味でウエイトトレーニングをしていて、
メニューにチンニングを入れています。

私がチンニングやラットプルダウンをすると、
上腕三頭筋が先に疲れてしまう感じです。

しかし、いろいろな書籍を読んでみても
上腕二頭とはかいてあるのですが、
三頭はどこにも書いてありません。

チンニングは上腕三頭はつかわないのでしょうか?

ご存知の方ご意見よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Question:
プル系の運動で上腕三頭筋は使われるのか?


Answer:
運動の補助筋としてか、運動自体の補助として使われます。
また、三角筋後部と大円筋の疲労で、上腕三頭筋が疲労したかの様な錯覚を覚える事も考えられます。

Explanation:
上腕二頭筋を使用した場合を考えます。この場合”拮抗”した筋肉群つまり、上腕三頭筋も運動自体の補助として使われています。
補助筋とはその運動をサポートするものと、反作用的に作用するものがあり、拮抗筋群はその両方で使われます。

1.補助的な拮抗筋の使用例・・・
ベンチプレスの際(胸筋群の運動)肩胛骨を寄せてアーチをつくる(背筋群の使用)等。

2.反作用的な拮抗筋の使用例・・・
コンセントレーションカール(上腕二頭筋の運動)で腕を曲げようとする作用に対して、腕を伸ばそうと(上腕三頭筋の使用)する反作用的な拮抗筋の作用。


Practical:
プルアップに於いての実践的な上腕三頭筋の使用例を述べます。

1.ぶる下がるバーを真横から見る。
2.大地に対してバーから垂直に線を下ろす。
3.ぶる下がる。

このとき、体とバーから下ろした線が一致してします。

4.体を引き上げる。

この引き上げ方で、上腕三頭筋がどの様に作用するかが決まります。

この垂直線から体が離れれば、上腕三頭筋・大胸筋が、上記”Explanationの1”の様な使用をします。勿論”Explanationの2”の作用もしてします。

フォーム 1
グリップ幅が肩幅~肩幅+握り拳2つ分(片方1つ分)で、肩胛骨を寄せ、挙上に伴い上半身を有る程度反り、肘を体の後ろに引く様にする。
背筋群を全体的にと三角筋後部を鍛えられます。
極端な例を挙げればスターナムチンニングです。

反対に、この垂直線から体を離さずに行えば、”Explanationの1”作用は小さくなり、大円筋と上腕二頭筋外側に対しての作用が高まります。

フォーム 2
グリップ幅が肩幅+握り拳2つ分~肩幅の1.5倍程で、肩胛骨を寄せ、上半身を不自然に反らずにまっすぐにして上げる。
大円筋、上部広背筋を中心に鍛えられます。
極端な例を挙げればビハインドネックプルアップです。

どちらのフォームが良いとか悪いとかでは有りません。

ラットプルダウンに関しては脊柱起立筋群が強く作用し、これら全てが当てはまる訳では無いですが、当てはまる部分も多く有ります。

Question:
プル系の運動で上腕三頭筋は使われるのか?


Answer:
運動の補助筋としてか、運動自体の補助として使われます。
また、三角筋後部と大円筋の疲労で、上腕三頭筋が疲労したかの様な錯覚を覚える事も考えられます。

Explanation:
上腕二頭筋を使用した場合を考えます。この場合”拮抗”した筋肉群つまり、上腕三頭筋も運動自体の補助として使われています。
補助筋とはその運動をサポートするものと、反作用的に作用するものがあり、拮抗筋群はその両方で使われます。

1.補助的な拮抗筋の...続きを読む

Q腕立て1日10回でも筋肉はつきますか?

腕立てや腹筋を1日10回づつでも筋肉はつきますか?
あと、筋トレって効果は何ヶ月後にでるのですか?

Aベストアンサー

ずばり言ってしまえば・・・つきません(笑)

腕立て腹筋ですが、一日に10回程度してもつくことはないでしょう。

なぜならば、筋肉がつくという現象は、大げさに言うと、体の筋肉を一度壊して、再生してできた筋肉が、本来の筋肉より大きくなるために、筋力アップができるということに尽きるからです。

壊すといっても、ち切れるといったようなことではなくて、筋肉の繊維がある程度筋力トレーニングをすると、壊れるといった程度です。

ですから、一日10回行った程度では、せいぜい筋肉が引き締まる程度。行った後に筋肉にハリを感じる程度ではあまり効果はないでしょう。

その人が現在どの程度筋肉がついているかにもよりますが、目安は運動して、鍛えた部分が赤くなって、血行が良くなったりしていれば、見た目的には筋繊維が破壊されている状態であるといえます。

また、翌日などに筋肉痛になっていれば、間違いなく筋トレの効果があります。筋肉痛にならなくとも、筋肉にストレスを感じるぐらいのトレーニングを積めば、筋トレとしての効果があると知っておいてください。

また、効果ですが、目に見えて違うなとわかってくるのは3ヶ月から半年です。早い人だと(ジムに行ったり、自宅でハードトレーニングを積んでいれば)一ヶ月でも違いは実感できるでしょう。

ちなみに、筋肉は落ち始めるのは早いもので、3日トレーニングをしていないと、私生活だけでは筋力は低下してきます。

参考までにボディービルダーのようなすばらしい筋力をつけるためには10年かかるそうです。

参考になりましたか?これを呼んで、くれぐれもや~めた♪と、ならないように(笑)

ずばり言ってしまえば・・・つきません(笑)

腕立て腹筋ですが、一日に10回程度してもつくことはないでしょう。

なぜならば、筋肉がつくという現象は、大げさに言うと、体の筋肉を一度壊して、再生してできた筋肉が、本来の筋肉より大きくなるために、筋力アップができるということに尽きるからです。

壊すといっても、ち切れるといったようなことではなくて、筋肉の繊維がある程度筋力トレーニングをすると、壊れるといった程度です。

ですから、一日10回行った程度では、せいぜい筋肉が引き締ま...続きを読む

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Q大胸筋を鍛えたいのに腕が疲れてしまいます

大胸筋を鍛えるために肩幅より腕を広げて腕立てを10×3回を週3のペースでやっているんですが、毎回胸筋は疲れず腕の筋肉ばかりがすごく疲れてしまうのですがこれで本当に胸筋は鍛えられているのでしょうか?

Aベストアンサー

最初はそんな物だと思います。
私も最初は同じでした。

筋トレって基本的に「そんなように動く」のではなくて、ちゃんと鍛えたい部位の筋肉を使わなくてはいけません。
しかし始めたばかりだったり筋肉の少ない人では特定部位の筋肉を意図的に使うということが上手く出来ないんです。
とはいえ腕立てくらいはすぐに「ちゃんと」出来るようになると思います。


先ず基本的な事ですが、ちゃんと胸が床に付くくらいまで下ろしていますよね。可動域に関わる事なので効き目に直結します。
また身体を上げた時に腕を伸ばしきって間接をロックした状態にしてしまうのはNGです。
ANo2さんも仰っている両手の位置ですが、この幅が狭いと腕へ負荷が行きやすくなります。腕のトレーニングの為にワザと極端に狭い幅でやることもあります。
後は踵から頭までピンと真っ直ぐにしましょう。

大胸筋は肘(具体的には上腕骨)を身体の正面方向へ動かす際に主に使われる筋肉です。
腕立ての時の上腕の動き、肘の位置、より大胸筋に効かせるためにはどうするべきなのかを考えながらやりましょう。
・大胸筋で肘を移動させてやれば肘関節は自然と動くので三頭筋への負荷は軽くて済みます。
・逆に腕の曲げ伸ばしで身体を上下させようとすると腕の負荷が強く大胸筋の負荷は弱いです。
(大胸筋のための)腕立て伏せは腕を曲げ伸ばしするのではなく肘を外に出したり中に入れたりする運動だと思って下さい。

立ったまま腕立ての動きをやってみたり(力は込めましょう)壁押しをしてみたりして大胸筋の収縮がどういうものなのかしっかり記憶するのも良いでしょう。
腕立ての際にその「収縮感」が得られているかどうか確認してみましょう。

プッシュアップバーを使うかそれと同様の状態をつくって可動域を増やし、強制的に負荷を増すというのもアリかも知れません。


だらだら書きましたが、まぁ先ずは続ける事です。
コツとしてはとりあえず「どうやったら効くのか考えながらやること」です。

腕立ての話なのにナンですが、大胸筋を鍛えることが目的でしたらレジスタンスチューブやフリーウェイトを取り入れる事を考えても良いでしょう。
これらの方が鍛えたい部位をピンポイントで狙えますし、道具があるとモチベーションの維持にも役立ちます。

最後にとても重要なことですが、トレーニングは運動+食事+休養です。
しっかり食べないと筋肉は増えないし、筋肉痛があるのに無理してやっても成長を阻害します。


私もまだまだヒヨッコです。お互い頑張りましょう。

最初はそんな物だと思います。
私も最初は同じでした。

筋トレって基本的に「そんなように動く」のではなくて、ちゃんと鍛えたい部位の筋肉を使わなくてはいけません。
しかし始めたばかりだったり筋肉の少ない人では特定部位の筋肉を意図的に使うということが上手く出来ないんです。
とはいえ腕立てくらいはすぐに「ちゃんと」出来るようになると思います。


先ず基本的な事ですが、ちゃんと胸が床に付くくらいまで下ろしていますよね。可動域に関わる事なので効き目に直結します。
また身体を上げた...続きを読む

Q自衛隊で働いている人の身体能力とはどの程度なんでしょうか。

自衛隊で働いている人は
腕立て・腹筋・スクワット等どのくらい出来るのでしょうか。

こんな基礎トレで表したところで、どの程度も身体能力をはかるバロメーターにはならないことは分かりますが
基礎的な筋トレはどのくらいなのかなぁと思い質問させてもらいました。

筋肉番付とかで腕立て300回とか腹筋300回とかやっているのをみてナレーターが凄い凄いと言っているのですが、
その程度って結構出来るものですよね?

自衛を仕事している人たちなら平均殿程度出来るものなんでしょうか

Aベストアンサー

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
腹筋85 / 77
3000m11,26 / 12,22
懸垂17 / 14
走幅跳5,10 / 4.80
ボール投60 / 56

そして以下は空挺の人の平日のメニューだそうです。

1時間走(約11km程度)
懸垂×10~12回 2セット(毎回腕を伸ばしっきってあげる時は顎を鉄棒より上に持っていく)
腹筋×60~80回 2~3セット(出来れば斜めになっている台の上で)
腕立て×40~50回 2~3セット(下げた時胸を地面ぎりぎりまで持っていく,尻は上げない下げない一本の線のように)
スクワット×50回 3セット(荷物を背負うなど負荷をかけて膝の角度は45度)

余談ですがレンジャー等はさらに過酷なトレーニングをしているのもあります、場所にもよりますが炎天下で数キロの小銃を持ちゴツいブーツを履きながら20キロ走でしかも途中何度も全力疾走させられたり、30キロの背嚢を背負って4日間不眠不休で樹海を行軍し途中訓練も行うとか。
冬季レンジャー訓練はさらに過酷で本気で死を覚悟するそうです。

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
...続きを読む

Qチンニングで、セット毎に極端に回数が落ちていきます。

週2回程度、ダンベルや鉄棒を使用して筋肥大目的でトレーニングをしています。
8~12回挙げれる重量を目安に3セットぐらいやっています。
チンニングとダンベルベンチプレスを主にやっています。
ダンベルベンチは、1セット目10回 2セット目8回 3セット目5回 というふうに、毎セット限界までやっています。
インターバルは1分程度です。
ところがチンニングは
・1セット目は11~12回
ほどできるようになってきたのですが
・2セット目は4~5回
程度しかすることができず
・3セット目は1~2回
で限界が来てしまいます。
前腕が先にへたら無いように、パワーグリップも使っています。
ダンベルベンチプレスもそうですが、それに比べてもチンニングの場合2~3セット目が極端に回数が減ってしまうのですが、このやり方は間違っていますか?
よく他の投稿を見ると、8-8-8とか10-10-10とかの回数でやってる方がいますが、私も1セット目の回数を少なくして3セット目に限界がくるように回数を合わせた方が良いのでしょうか?
それとも、このままのやり方でインターバルをもっと長くした方が良いでしょうか?

週2回程度、ダンベルや鉄棒を使用して筋肥大目的でトレーニングをしています。
8~12回挙げれる重量を目安に3セットぐらいやっています。
チンニングとダンベルベンチプレスを主にやっています。
ダンベルベンチは、1セット目10回 2セット目8回 3セット目5回 というふうに、毎セット限界までやっています。
インターバルは1分程度です。
ところがチンニングは
・1セット目は11~12回
ほどできるようになってきたのですが
・2セット目は4~5回
程度しかすることができず
・3セット目は1~2回
で限界...続きを読む

Aベストアンサー

1回目から全力ですべきです。
ただ10-5-1のようになると2,3セットがもったいないので
工夫が必要になります。

(1)インターバルを長めに取る
2,3分とる人もいるようです。
(2)パーシャルレップ、反動などで回数を稼ぐ
やや邪道か?
(3)ネガティブで粘る
あがらなくなったら足元に台をおくか、または飛びつくか
むりやりスタートポジションを作りネガティブでゆっくりと降ります。
納豆がお箸から糸を引いて落ちるイメージです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング