ネタバレかもしれません。
内田康夫さんの作品で多分、浅見光彦シリーズだと思うのですがどうしても題名が思い出せません。
プロローグだと思うのですが、
女の人が気が付くと車に乗っている(気を失っていた)。
知らない男の人も乗っていて、その人は意識がない。
車は(確か)海に落ちそうに進んでいく。
女の人が落ちる直前に(落ちながら?)車の天井に何かを走り書きをする。

確かその女の人には恋人がいたのに、知らない男の人と心中した事になってしまったというようなストーリーではじまったと思うのです。
わかりにくいと思いますが、このような作品の題名がわかる方いらっしゃいましたら教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

「藍色回廊殺人事件」ですね。

私も以前読みました。プロローグのところ、すごく印象に残ってたので。
(リンク貼りたかったんですが、どうも上手くいきませんでした。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
あの始まりはとても印象に残りますよねー。
1ヶ月位悩んでいたのですが、どうしても思い出せなかったのです。
とてもすっきりしました!早速読み直そうと思います♪

こんなに早くにご回答いただき、本当にありがとうございました(*^-^*)

お礼日時:2006/10/28 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浅見光彦の交通違反

こんにちは。以前同じ質問をしたのですが、回答を得られなかったので再度質問させていただきます。
数ある「浅見光彦シリーズ」の中で、光彦が交通違反で警察にキップを切られる、というエピソードがある作品のタイトルが思い出せません(場所は群馬県の高崎市だったと思います)。
作者の内田康夫さんが作品の取材中に交通違反をしてキップを切られたのを、作品の中で光彦に同じ体験をさせた、と解説か何かに書いてあったように記憶しています。
「浅見光彦シリーズ」に詳しい方、その作品のタイトルをぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

確か,駐車違反かスピード違反だったと思いますので,「Google」で「浅見光彦 駐車違反」や「浅見光彦 スピード違反」を検索してみました。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

 そのヒットしたものを見ていくと,『浅見光彦. ... 1年前,スピード違反のネズミ取りに捕まったのは、高崎警察署管内。内田の誕生祝に行く途中だった。17キロオーバー。 日光殺人事件』というものがありました。

 サイトは今現在存在しないようですので,「Google」のキャッシュを上げておきます。見難いですが真ん中ぐらいにあります。

 ・http://64.233.161.104/search?q=cache:E6G-RNVHk7YJ:village.infoweb.ne.jp/~fwkv0217/db-mituhiko.htm+%E6%B5%85%E8%A6%8B%E5%85%89%E5%BD%A6%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E9%81%95%E5%8F%8D&hl=ja

 私も #2 さんの「軽井沢殺人事件」の様な気がしていたんですが,これでいくと「日光殺人事件」の様ですね。

参考URL:http://www.google.co.jp/

確か,駐車違反かスピード違反だったと思いますので,「Google」で「浅見光彦 駐車違反」や「浅見光彦 スピード違反」を検索してみました。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

 そのヒットしたものを見ていくと,『浅見光彦. ... 1年前,スピード違反のネズミ取りに捕まったのは、高崎警察署管内。内田の誕生祝に行く途中だった。17キロオーバー。 日光殺人事件』というものがありました。

 サイトは今現在存在しないようですので,「Google」のキャッシュを上げておきます。見難いですが...続きを読む

QSF 作者、題名のわからない作品

SFの文庫を探しています。作者、題名のわからない作品です。
内容でうろ覚えなのは、

1.主人公がネイティブアメリカンでハンター
2.かなり強いエイリアンと惑星上(地球?)で追いつ追われつの闘いを繰り広げる。
3.街角に転送ポッドがあって、それを使って逃げたりする。

先日から思い出そうとしているんですが、どうしても思い出せないんです。どなたかこれだけのヒントで分る人いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

うろ覚えなんですが、引退したハンターじゃなかったですか?
 
たぶん、ロジャー・ゼラズニイ氏の「アイ・オブ・キャット」かと。
街角に転送ポッドがあったかどうか思い出せませんが、、、(笑
本があったはずだが見付かりませんでした、、、。

Q水平線という題名?

水平線が何とか(汗)って言う題名なんですが・・・
イメージではたしか青っぽい表紙で、
水平線向こう?とかそういう感じだったような気がするんですけど(汗)
物語は確か
女の子がいて・・・・絵を描いてもらうんだったか・・・
そんな感じだったようなきがするんですけど(汗)
知ってるかたがいたら教えてください。
多分高学年向けくらいの本です

Aベストアンサー

以下の検索結果に該当する本があるかな?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-keywords=%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E7%B7%9A&bq=1/ref=sr_aps_all_b/249-6742505-8848319

Q「007は2度死ぬ」題名の元の俳句は?

イアン・フレミングが日本を舞台にした「007は2度死ぬ」You Only Live Twiceの原題は、来日した時「あなたは2度しか生きられない」という意味の俳句か何かを聞かされて、2度しか、とは日本人は不思議な考え方をするものだと思ったところからつけたと聞いたのですが、この元の俳句?とは何でしょうか、どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらのページによれば芭蕉の句であるようです。
http://hw001.gate01.com/papirow/ad0031.htm

こちらのレビューには「命二つ 生きたる桜かな」という句だと書かれています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HY4G/249-6979355-4792342

おそらく「命二つの中に生きたる桜かな」のことだと思われますが、下記のページの説明などを見ると、「二人の心の中に生きている」というような意味なので、「二度死ぬ」とはちょっとニュアンスが違いますね。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/4128/SHUUKU/Shuuku.html
http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/hpohta/fl-bashou/nozarasi-basho.htm

Q鳥の写真集、題名・写真家名を教えてください。

数年前に目にした野鳥の写真集です。
表紙はスズメ。何羽かが枝に並んで止まり、
身を寄せ合っていて大変愛らしい写真でした。
大きさはA4~A4ワイド版くらいだったと思います。

これだけの情報ですいません。
題名と写真家の名前がわかる方いらっしゃいましたら、
回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まったく違うかもしれませんが…表紙のスズメがかわいらしい、ということでこの写真集かも、と思いました。
参考になれば幸いです。

WING―野鳥生活記
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4096803626


人気Q&Aランキング

おすすめ情報