高血圧や心臓病の時なぜ塩分を制限するのですか?

A 回答 (4件)

スイカにはカリウムが多く含まれ(特に皮に多い)、塩分を体外へ排出させる効果があります。


これは腎臓で行なわれるのですが、腎臓の働きが弱まると塩分が体内で高まり高血圧症などを引き起こします。
腎臓の働きを良くすることが身体の調節機能を高める基本ともいえます。
スイカを皮も種も実もすべて丸ごとに煮詰めた『スイカ糖』は、高血圧の方にはお勧めです。
    • good
    • 0

clutchさんの回答でよろしいかと思います。


ただ、高血圧患者さんの場合には、塩分制限に反応して血圧が下がる方と、反応せず下がらない方がいます。しかし、塩分制限前に、反応する人しない人を見分ける方法はたぶんないと思いますので、通常は制限します。
ところで、nonkunさんと私のログイン名(naokun)、まぎわらしいですね(笑)。
    • good
    • 0

塩分をたくさんとると、体に塩分がたまります。

体の中の塩分が多くなると、人間は体の塩分濃度を薄めるために水を溜め込みます。水が体にたまると血液の量も多くなります。血液の量が多いと、ポンプである心臓に負担がかかります。また、血圧も高くなります。
そういうわけで、塩分を制限します。また、心不全の場合は水分もあまり過剰にとらないように気をつけなければないません。
水分は500-1000ml/日、塩分は5-8g/日程度です。他にも利尿剤を使ったりして、出来るだけ心臓の負担を軽くします。
    • good
    • 0

血液中の塩分濃度が高いと血はドロドロになります。

そうなると血液が通過する際に壁面との摩擦でが高くなります。特に毛細血管中を通過するのに非常に圧力が必要になります。
そうすると心臓は血液の送り出し圧力を強めます。

こうして血圧は高くなり、心臓への負担は大きくなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓カテーテルによる心臓穿孔発生時の処置方法について

医療・医学については素人の者です。

不整脈のアブレーション治療の合併症で心臓穿孔により、心タンポナーデを起こした場合の処置についての質問です。

心タンポナーデを起こした場合、心膜穿刺により血液を除去する事までは調べられたのですが、心臓穿孔そのもの(心臓への傷自体)はどのような処置を取るのでしょうか?
(例えば、カテーテルにより傷を塞ぐ処置、自然治癒まで待つなどがあるのでしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

この場合、恐いのは心臓穿孔自体より心タンポナーデの方なので、心嚢に溜まった血液を抜くことを優先します。穿孔自体は出血が止まれば御の字、その後再出血しなければそれ異常の処置は必要ないと思われます。うまく止血しない場合には外科的処置に移行します(多分)。

Q血圧測定は何故安静時に測定するのでしょうか

高血圧の弊害は、血圧の高すぎにより、血管壁等に障害を与えるからだと聞きましたが、
それなら、一日のうちで一番高い値が問題になるのではないかと思います
血圧測定で、高い値が出ると、深呼吸したりして測定しなおしで、標準値に下がると異常ありませんといわれますが、血圧の高さが問題なのに、最高値を危惧しないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

myeyesonlyさんの回答で正しいと思います。
ただ、参考URLを拝見しましたが、じつは、1999年2月のWHOの基準では、高血圧の定義はより厳しいものになっています。さわりだけ述べますと、収縮期血圧が140-160mmHg未満、または拡張期血圧が90-100mmHg未満は軽症高血圧として取り扱われるようになりました。
それから、何事もそうなのでしょうが、基準値や異常値を決めるためには、出来るだけ同じ条件でデータを集めて統計的に解析する必要があります。ですから、緊張したり、興奮したり、激しい運動をしたりすると上がってしまい、しかもその上がり方の個人差が大きい血圧などの場合では、みんな同じ条件で測るために安静時で測定する必要があるのだと思います。

Q麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければ

麻酔導入時のイソゾールを注入する時、なぜ点滴の刺入部を重要視しなければいけませんか?

Aベストアンサー

漏らしたら 壊死をつくる事有り、よって血管から漏らしてはダメ

Q血圧測定のときに動脈血圧をABPというのに対して実測をNIBPと表記し

血圧測定のときに動脈血圧をABPというのに対して実測をNIBPと表記しますが何の略なのでしょうか?初歩的でもうしわけないですがどなたか教えてください・

Aベストアンサー

血圧計で測定する方法を 非観血式ともいいます。
非観血式(NIBP=Non Invasive Blood Pressure)

URLをご参照ください。

参考URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/cardiology/magazine_lecture/nurse/nurse_06.html

Q糖尿病のカロリー制限と血糖について

初歩的な質問ですいません。糖尿病のカロリー制限ってなぜ炭水化物以外もするのですか?炭水化物は代謝を受けてブドウ糖になるので血糖に影響を与えますが、たんぱく質や脂肪は血糖に影響を与えないように思うのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。回答として妥当かどうかわかりませんが、参考程度に・・・。

糖尿病というのはインスリンの不足によって血糖がコントロール困難になってしまいますよね?そのために高血糖や低血糖を引き起こし、そこから様々な合併症(腎症、網膜症、神経障害など)にもつながります。そうならないためにコントロールが必要なわけで、食事療法もその1つですよね。

インスリンは作用不足によって摂取する食品の栄養素を十分に利用できない状態になってしまいます。炭水化物をはじめとする糖質、そのほかにも脂質、たんぱく質なども生体内で効率よく利用する上でインスリンは重要な役割を果たしています。そのため過剰に栄養摂取してしまうと代謝が困難な状況となり、その状態が長く続くと合併症へとつながる恐れがあるからだと思います。

生活習慣病というだけあって、生活そのものを見直さなければならないのですから、患者さんは大変だと思いますが、糖尿病の合併症は怖いですからね・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報