『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私はボクシングを始めて8ヶ月程の高校(1)年生の♂なのですが、
ジムでのミット打ちの練習などの際に巧く足運びが出来ずによく足が止まってしまいます。
私は以前水泳をやっていたので脚力には自信があったのですが、どうも足の筋力が頼りないので最近ロードワークに励むようになったのですが、ただ漠然と走るだけじゃあまり筋肉に効いてないような気がしているのです。
フットワーク等を軽やかにこなすにはどの様なロードワークが有効なのでしょうか?
御口授お願いいたします。

A 回答 (5件)

すみません、ダッシュについて書くのを忘れてました。


ダッシュですが、ウォームアップをよく行ってから
おこなってくださいね?
いろんなやり方がありますが、たとえば長距離を走りながら
ある一定の区間を全力で走って、またゆっくり走り、
そしてまたある一定の区間を全力で・・というふうに
してやるとメリハリがついていいと思いますよ?
ロードワークの最期はダッシュで体力をつかいきってください。
また、全力でダッシュしてちょうど3分という距離を走り、
それから1分やすんでまた3分ダッシュ・・を繰り返すのも
効果的でしょう。
足を高くあげながらやるとより疲れますのでおすすめです。
全力疾走の場合は、運動場などの見通しの良い場所で行うようにしてください。
路上では、車や自転車が飛び出してきたり、
思わず事故につながったりすることもあるかと思いますので
路上でのダッシュはひかえたほうがよいです。
安全第一ですので!!!
では、頑張って下さい。
ミットはキレイなフォームで気持ちよくパンチが当たると
たいへん爽快です!
パンチに体重がのるようになってくると、
カキーン!という、ブ厚い鉄板を大口径の銃弾で打ち抜いて
貫通したそうな(その時、拳がその銃弾のような)・・・感触を
味わえるようになります。
サンドバッグでは味わえない感触です。
これをめざして頑張ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、誠にありがとうございます!!

beavisさんのアドバイスを無にしない様に取り組んでいきます。


本当にありがとうございました

お礼日時:2006/11/27 21:48

フットワークを軽やかにしたいのであればロードワークも大事ですが縄跳びをしてみてください。


ロードワークした後に縄跳びを30分ぐらい自分の好きなリズムにのれる音楽を聴きながら飛んでみてください。最初はテンポが遅い曲をおすすめします。
ロードワークした後に縄跳びでリズムを造りながら飛ぶのは結構難しいですが
これは必ず生かされます。aquastyleさんが試合をするかどうかはわかりませんが試合でも生かされてきます。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

縄跳びですか・・・ジムで始めと終わりにちょこっと飛んでいるだけだったので盲点でした。

早速実行したいと思います。貴重なアドバイスありがとうございます

お礼日時:2006/11/27 21:52

なるほど。

手と足が連動しないのですね?
では、ミットを実際に打つのではなく、
ミット打ちの動きをシャドーで練習してみてください。
つまり、そこにミットを受けてくれるトレーナーがいるつもりで、
ひとりでシャドーをやって動きを練習するのです。
ゆっくりでいいので正確に動いてください。
例えば、ワンツーをやるとします。
まずステップイン、足の位置をしっかり決めてから(前足が浮いているうちにパンチを打つのはダメ)パンチをだします。
ステップイン→足の位置をしっかりきめる→パンチ
これでやってみてください。
何度も言いますが、最初はゆっくりでいいので正確に!
左をしっかり出しておいてから、腰をいれて右を!
スタンスが狭くなってフラフラになっている人をよく見かけますが、
スタンスは肩幅より少し広めにとってください。
これだけでかなり違います。スタンスが狭いために体がバラバラになる人も多くいます。
踏み込む前はしっかり広いスタンスがとれているのに、
踏み込んだ後はなぜかスタンスが狭くなっているという人も多いです。
質問者様もそうなっていないか、そこにも注意してみてください。
「踏み込んで、足の位置を決めて、パンチ」
まずはこれはゆっくりと正確に。速さと強さはその後でいいです。
それから、上手い人の動きをそっくりそのままコピーしてみるのも
効果的です。
踏み込み、足の位置、パンチをだすタイミング、パンチをだした後の
ステップバックの動作などに注目してコピーしてみてください。
シャドーをやる時は、鏡でみながらコピーがうまくできているかどうか、チェックしながらやってください。そうしないと自己満足の動きになってしまいますので。
    • good
    • 2

まだ8ヶ月ですから(笑 


あせることはありません、これからなれてきます。
ミット打ちの時に上手く足運びができないというのは、
スタミナ切れで足がとまってしまう、ということでしょうか?
それとも、足と手の動きが上手く連動せずにバラバラになってしまう、
ということでしょうか?
それによって解決方法が違ってきます。
スタミナ切れの場合ですが、これは単純にシャドーやロードワークで
練習を重ねていくしかないです。
人間の体というのは、環境に対応できるようにできています。
厳しい練習も量をこなしていけば体がなれてきます。
サンドバッグ打ちなどでも意識して足を動かすようにしてみましょう。
ロードワークですが、ただ淡々と長距離を走るよりも
強弱をつけたりダッシュを何本か繰り返してやると効果的です。
特に、ダッシュをいれるのはよいです。
淡々と長距離を走る場合は、ゆっくりとできるだけ長距離を
走ります。
赤血球が通れないような閉塞しかかっている毛細血管にも
血が通うようになってきます。
つまり、スタミナがアップします。
体を動かせばそのぶん、体はこたえてくれます。
手と足がバラバラになってしまう場合、
これは、シャドーで「ゆっくりと」「正確に」練習してみてください。
また、「繰り返し」を「毎日」というのも重要です。
ミット打ちも、強く打つ必要はないです。
フォームが固まっていないうちは、
「ゆっくりと正確に」です。
次のステップとして、
「速く正確に」
それから、
「速く強く正確に」
となります。
フットワークを軽やかにするには、
シャドーで反復、しかも最初はゆっくりと正確に。
パンチは手を伸ばすかちょっと肩を動かす程度でいいです。
それで感触がつかめてきたら、しっかりとしたパンチをだすように
してみてください。
物事には「段階」というものがありますので、
ひとつひとつを大事に丁寧に反復して練習してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は体力だけは自信があるというくらい体力バカなのでw
連動しないで手足がばらばらになってしまうのです。

経験を積んだ人のミットはフットワークがとても綺麗ですよね??それに憧れて無理やり足を動かしていたのですが・・・動かせば良いという訳では無いのですね。。大変参考になりました

回答の中で一つお聞きしたい事があるのですが、ダッシュを入れるという練習は多少体を慣らしてから
ダッシュ→休憩→ダッシュ...という繰り返しをすれば良いのでしょうか??

お礼日時:2006/11/23 17:57

ロードワークの量を増やす方法が一番だと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンチ力って生まれつき?

はじめの一歩を愛読していますが、よく「パンチ力は天性のもの」とか
「自分のパンチ力の無さに~」みたいなセリフがありますよね?

実際、パンチ力ってものは生まれつきで決まってしまうものなんでしょうか?
また、マンガの内容どおり、パンチ力にはあれほどの個人差があるのでしょうか?
自分では後背筋や腕の筋力アップでかなりカバーできるように思うんですけど・・・。

Aベストアンサー

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービルの筋トレとは違う物なんですね. 体重をコントロールしながらパンチ力を最大限に持っていく、と言うことが必要伴ってくるんですね. しかしながら、お分かりのように、重量が多くなるのは仕方がないことなんですね.

しかし、同時に、どんなに筋トレ(間違った方法でも)をしても、重量はある程度で終わってしまいます.

だからこそ、意味のあるトレーニングの仕方を教えるアスレチックトレーニングに接する必要がでてくるわけです.

つまり、筋肉の力とはパンチ力(ここでは、相手を倒すパンチ力のこと)の要素の一つに過ぎないんですね. Laceか~にハイパワーのエンジンを載せただけではスピードは最大限にならない、と言う事です. 

なぜかしら、私には、皆さん、「どうしたら、大きな(ハイパワーの)エンジンをボンネットの下に載せることができるのか」、を書いているように思えるのです.

いろいろな要素があるからこそ、パンチ力を語るときに、その要素を考えないと、パンチ力を高めたい人は、結局意味のすくないトレーニングにはしってしまうと事にもなってしまうんですね. その要素の一つ一つに「生まれつきの素質」と言う物が非常に影響してくるわけです。

スポーツの何でもそうですが、トップにいる人たちは、普通では考えられないほど、そのスポーツに必要な要素の素質のレベルが(異常ともいえるほど)非常に高く、普通の素質の持っている人には、決して追い着けないレベルなんですね. より多くの要素に対して、レベルの高い素質があるほど、意味のあるトレーニングがトップに持っていく事ができるということでもあります. トップのトップと言う人たちはそのような人なんですね.

だからこそ、スーパースターであった、マイケル・ジョーダンがバスケットから野球に移ったときに、野球のトップにはなれなかった、と言う事も理解できる当然とも言える現象なわけですね. 私たちテレビで見るトップ、とは、それだけ、レベルが高いともいえます.

ですから、一撃必殺を追求する空手系の打撃トレーニングは違ってくるわけです. ここで言うから手とは、組み手とかプロ空手とかいう意味ではありません。 なぜ、レンガをいとも簡単に割るパンチ力がボクシングのパンチ力とは違う物だ、と言うことが普通の人には理解しにくいと言う事になるわけですね.

しかしながら、個人一人のパンチ力は、適切なトレーニングによって、「個人の最大限」に持っていくことは出来ます. 持っていくことができるのが、トレーニングと言う物を熟知したトレーナーによるトレーニングと言う物であるわけです. 

何か、理解しにくい事を書いてしまったようですが、お分かりになりましたでしょうか.

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービル...続きを読む

Qボクシングの縄跳び練習って何のやくにたちますか

ボクシングの練習でよく縄跳びを必死に飛んでいる練習方法がありますが、あれはなんの役にたつんですか?持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。

Aベストアンサー

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入れるタイミング、これがすべてそろわないと一連の動作が成り立たない。簡単そうに見えて難しい動き。だから、小学生とかは最初なかなかマネ(実際に跳ぶ)ができないですよね。それは一連の行動をタイミングよく行うことになれていないからです。
この手のタイミングと足のタイミングの取り方がうまくなることがボクシングには非常に有効なのです。
このことを知らずにただスタミナ強化、足腰の鍛錬と思ってトレーニングしていたのではもったいないですね。やはり、トレーニングがどこを鍛えるポイントとしているのかは意識しないと効果は半減してしまいます。
ボクシングの世界ではちゃんと理解していないトレーナーが多いので、昔ながらの日本的な足腰を鍛える精神を鍛えるといった発想のままで代々伝承されることが多いのは確かです。
NO4.の方がおっしゃるとおり足腰の鍛錬とスタミナ強化であれば、ランニングです。ただ、これはボクサーなら毎朝きちんとランニング8~12キロぐらい走っていますので、ロープスキッピングで3分2ラウンドで鍛える目的のものではありません。もちろん、スタミナがつくのも確かですが。
あと、NO4.の方の補足をすれば、野球で持久力がいらないのは確かですが、プロ野球では重要です。プロ野球では年間140試合以上こなさなければならなく、フル出場するためにはスタミナが必要とされます。特に、一年間通して安定した成績を残すためには、疲れがでてきても体幹がブレないように足腰を鍛えておく必要があります。これはピッチャーでもバッターでも軸を使っているので大切です。体幹がブレると微妙な感覚のズレが生じ始めるので、スランプの原因になります。
ですので、プロ野球では絶対に持久力が必要。
また、パンチングボールについて必要ないというのも確かですね。
ボクシングの世界でトップレベルの選手で気付いていれば、パンチングボールの練習はしません。時間が無駄だからです。
パンチングボールでは動体視力と腕を上げ続けることで持久力を強化しますが、これはスパーリングやサンドバックで十分鍛えているものですので、やらなくても良いです。特に、すでにある一定レベルの選手であれば、ガードを上げ続けることが困難と言うことはありませんので、初心者用の練習と言えるでしょう。なんの練習か意識してやっている選手であれば、いずれ必要ないと実感し敬遠したくなる練習でしょう。自ら止めますと言えば、誰もトレーナーも止めないでしょう。まさか重要だと思っているトレーナーはいないでしょうし…
世界チャンピオンクラスの選手でパンチングボールをやらない選手はたくさんいます。私が知る限り、やっている選手はいないです。多分、やらない選手の方が多いでしょう。パンチングボールやるぐらいなら他の練習した方が良いですし、時間がもったいない。
ある選手は公開練習でパンチングボールをやっていますが、それはマスコミ用にわざとやっていて、普段は練習メニューに入れていません。かっこよく映るので、あえてやってあげているのです。こういった選手はたくさんいますよ。
では、なぜ世界進出している一流のジムにパンチングボールを用意してあるのか?
これは機材が揃っているように見えるのと、ダイエット目的で来られている一般会員の方、中身よりかっこよさを求めている若手選手のためです。かっこよいからモチベーションが上がるでしょう?これも大事なのです。

「タイソンが下手だった…」
だから、あの才能を持って若くして落ちていったんだと思います。もったいないですね。天性のパンチ力があったので。

話はそれましたが、必要のない練習をしている選手(しかも一流選手)がいるのも事実ですが、ロープスキッピングについてはウォームアップついでにやるには最適の練習と言えますね。

「持久力つけるなら走った方がはやいと思いますし、フットワークにはあんまり関係ないような気がします。」
答え:ずばりその通りです。(フットワークにはバランス感・リズム感が多少やくにたつかな?)

NO2.の方の
「持久力や手首の鍛錬と同時にリズム感を養うのでしょう。」が正解ですね。
ロープスキッピングの目的は足腰の鍛錬ではありません。一番負荷がかかるのが手首で次に腕、そして足腰と腹筋です。足腰は普段歩くのよりかは負荷がかかりますが、他の運動に比べそれほど大したものではありません。
また、リズム感と表現すると音楽に合わせて…みたいに取られがちですが、ロープスキッピングは全身の連鎖行動を整えるために有効なのです。手首を返すタイミングと足でスキップするタイミング、お腹に力を入...続きを読む

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Qスパーリングなしでボクシングは強くなれますか?

26歳の男です。
ボクシングを始めたくなりました。
甘いと思われるでしょうけど脳損傷や顔に傷がついたりボコボコになるのが嫌なのでスパーリングなしで強くなりたいです。
目標としては喧嘩はしませんが素人やヤンキーとどつきあいしても普通に勝てるレベルになりたいです。

いつもボクシングみてて不思議なんですが相手のパンチをヒョイヒョイよけたりするじゃないですか。
あれってどういう訓練で身につくんでしょうか?

スパーリングなしでも強くなれるのか
相手のパンチをよける技術はどうやったら身につくのかボクシング経験者の方ご意見お願いします。

Aベストアンサー

社会人で3年ほどボクシングジムに通いました。
スパーリングなしではよける技術は身につきま
せん。

でもスパーというにはお互いに殴り合いで
マスボクシングっていうのがあるんですよ。

A君が打つときはB君は防御、B君が打つときは
A君は防御と。はじめからスパーはさせてくれま
せん。
このマスボクシングだけでもけっこうよける練習
にはなります。

でもほんとよけるのは難しいですね。俺は3年間
通いましたがとてもプロなみにはよけられません。

それとパンチ力って体重によってほんと違うんで
すよ。同じ体重なら素人よりも経験者の方が明ら
かに上回りますが、相手が大柄だと素人のパンチ
でも重いと思います。

Qキックボクシングの自宅でできる練習法

キックボクシング道場に通い始めて2ヶ月になります。
先日スパーリングをさせてもらって、あまりの自分の弱さに情けなくなりました。
強くなりたいです、自宅でできる効果的な練習法はありますか?
今のところシャドー、ランニング、筋トレくらいはやってるんですが、我流的なところもありますので、注意点やアドバイスがあればお願いします。正しい筋トレメニュー等もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び3R→シャドー(ジャブのみ3R) 物足りないですが地道な努力が人を強くします。2週間もすればジャブが早くなっているのが分かるはずです。注意点はジャブの打ち終わりにガードの所へ拳が戻っているかどうかです。これが最初は一番難しい。長年やって今でも出来てない人は多いですがそういう人達はあまり強くない。ジャブに慣れてきたら次はストレートです。打ち方は野球のバッティングをイメージしてください。手や腕の力だけで打っている人はいませんよね?腰を回転させて+腕力で打っています。このイメージでガードの位置からまっすぐ打ち当たる瞬間に力をこめる。(大事です)最初から力を入れすぎてたらものすごくスピードが遅くなります。リラックスして当たる瞬間を意識する。そしてすぐ戻す。もどしが遅いとフォームが変になります。ジムによっては戻しをすごく重視するところもありますが同感です。パンチは当ればいいから戻しより出すほうが大事だろうと一般的には思われているでしょう。ですが逆です。長く続ければわかります。  次に蹴りですがローキックは何種類かあります。これはジムによって教え方がありますが、個人的には”すりあげローキック”がよいと思います。ローキックもジャブと同じ要領で3Rします。
慣れてきたら自分でめにゅーを変えてみてください。

いっぺんにたくさん言っても混乱すると思うので技はこのくらいにしときます。  筋トレは週2~3回がベストです。筋肉は激しく疲れさせて休ませ超回復というのをします。 たとえば毎日腕立てしている人はある程度の筋肉は付きますが筋肉が疲れててあまり効果がないのです。なので2~3回がベストです。  あと食生活なども気を使ってみてはどうですか?今あるあるの納豆が問題になってますが納豆は体を作ります。牛乳や卵もです。プロテインなども効果的です。

他にもいろいろありますがまずは上記の事をしてみてください。
メンタル面 技術面など 質問がありましたら時間があればまた書き込みます。 
がんばってください。

こんにちは、どちらのジムに通われているのか分からないですが、スパーリングをさせるのが早いのでは?と感じました。スパーリングはある程度の攻撃防御のバランスがとれきた頃にします。質問者様の格闘技経験がもしほとんどない位だったら早すぎます。失礼かも知れませんが指導者の方は経験者ですよね?この点は今後のご自分の成長に関わるので注意したほうが良いです。 練習方法はまずはジャブです。ボクシングジムでは最初の1カ月はジャブだけというのが主流です。まずジムに行き準備運動(30分位)→縄跳び...続きを読む

Qボクサーの体力について

趣味でキックボクシングをしているものです。

今度、アマチュアの大会に参加しようと思うのですが、2点疑問があります。

1.アルコールの摂取について
自分は毎日ビールを缶で3本くらい飲むのですが、アルコールは体力に影響がでるのでしょうか?

2.体力向上に最適なトレーニング
走るのが良いと聞きますが、長い距離を時間をかけて走るのが良いのでしょうか?仕事が遅くまであり時間があまりなく、できれば短い距離を心拍数が急激に上がるくらいで走るのがいいと思っています。これは体力向上に役立つのでしょうか?

ぜひ、ボクシング、キックボクシング経験者でご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?おねがいします。

Aベストアンサー

1.アルコールについては厳密に言えば、体力(持久力)強化にメリットよりもデメリットの方が多いらしいです。

でもアマチュアでのレベルでさほど神経質になる必要は無いと思います。

昔から格闘家で酒豪の人間は山ほど居ますし、私の知り合いのある柔道師範のご老体は、若い旧制高校時代はドンブリ飯に日本酒をぶっかけてかき込むような豪傑だったそうです。

不世出の天才柔道家・木村正彦も言ってます
「酒で技がにぶるような修行はしておらんたい!」

まあビール3缶くらいなら普通の体質なら許容量ではないでしょうか。
(減量に問題無ければ)

でも試合当日はアルコールが完全に抜けた状態で試合に臨むべきですので、前日には控えるべきです。

また試合後も控えましょう。
頭部に打撃を受けることで、脳の毛細血管が微小な損耗をしている可能性が高いからです。

ノック・アウトを喰らうとか、特に強い打撃を頭部に受けたのでなければ2~3日控えるだけで充分だと思います。

2.キックの試合に向けての持久力向上では、長距離のランニングももちろん大切です。

しかし試合に直結した意味での体力としては、長距離のランニングよりも、坂道ダッシュや階段ダッシュの方が効きます。

これはスポーツ全般に言えることなのですが、その競技における特定の体力(筋力や持久力など)を養成するには、その競技の競技形態に沿った形での、つまり似た状況でのトレーニングが要求されます。

そこでキックボクシングという競技を見ると、3分間での持久力×数ラウンドの持久力という特質があります。

これは空手のように一般に3分+せいぜい3分の延長戦という短時間の競技と、3分×長ければ12ラウンドという長時間競技とのちょうど中間の性質を持っています。

アマチュアとのことなので、おそらく3ラウンドくらいでしょうか。

またキックの場合はボクシングと違い、足技を使うというよりハードな競技特性を持っています。

そこで長距離走よりも、短距離ダッシュの繰り返しというトレーニングにより特化した性質を重視してください。

具体的には
・準備運動&ウォーミング・アップ
・軽いジョギングで軽く息を上げる
・その後坂道ダッシュを数本

できれば一本が20~30秒かかるくらいの長さのダッシュを数本繰り返し、その息がゼイゼイ言ってる状態からシャドーまたはキックミットを使った打ち込み30秒をラッシュ

これを数回繰り返すことを数週間続けたら、ラウンド後半でのラッシュ力は格段に進歩すると思います。

経験者の方なのでお分かりかと思うのですが、実際の試合では打撃や防御の実力もさることながら、それ以上にラウンド後半でのラッシュ力を維持出来るかどうかのほうが、よっぽど試合の結果を左右したりします。

試合での良い結果をお祈りします。
以上参考になれば幸いです。

1.アルコールについては厳密に言えば、体力(持久力)強化にメリットよりもデメリットの方が多いらしいです。

でもアマチュアでのレベルでさほど神経質になる必要は無いと思います。

昔から格闘家で酒豪の人間は山ほど居ますし、私の知り合いのある柔道師範のご老体は、若い旧制高校時代はドンブリ飯に日本酒をぶっかけてかき込むような豪傑だったそうです。

不世出の天才柔道家・木村正彦も言ってます
「酒で技がにぶるような修行はしておらんたい!」

まあビール3缶くらいなら普通の体質なら許...続きを読む

Qこんにちは、質問なんですがボクサーの人達は朝何時に起きて早朝ランニング

こんにちは、質問なんですがボクサーの人達は朝何時に起きて早朝ランニングをしていますか?

Aベストアンサー

その人の仕事の開始時間にもよりますが、大体朝の5時に起きて、5時30分から1時間のランニングをする人が多いみたいです。
マイクタイソンは、朝の4時にランニングをしていたみたいです。
理由は「 こんなに早くランニングをしているのは、自分だけだ。 」と思いながら、練習をしたかったからです。

Q打撃系格闘技の当日の食事の質問。

打撃系格闘技の当日の食事の質問。

 初めてグローブ空手の試合出場するのですが、当日食事は試合前の何時間前に終えておくのがベストか?腹が打たれ弱くなる食事は何を食べるとNGか、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

アマチュアボクシングをやっていました。

試合当日に計量し、1~2時間後には初戦ということが多かったので、計量後におにぎりなどの炭水化物と水分を少量取るだけでした。
減量で胃が小さくなっているので、あまり食べることはできませんでした。
食べ物によってボディが弱くなることはありませんが、未消化の物が胃に残っていると嘔吐してしまうことがあるので、胃では完全に消化された状態で臨むのがいいと思います。
少なくとも2時間くらいは開けた方がいいと思います。

計量がない場合は、時間に余裕を持ってしっかり食べておくのがいいと思います。
パスタなどの消化のよい炭水化物を中心に食べるがよいと言われていますが、あまり神経質になってピリピリするよりは、リラックスして自分の好きなものを食べることも大切です。
何時間前がいいというのは一概には言えませんが、普段から自分の胃腸の状態を確認しておくのがいいと思います。
私なら3時間前くらいかな…。

それから、格闘技に限らず、持久系のスポーツ全般で行われている食事方法で、カーボローディングというものがあります。
それは試合の数日前に一切の炭水化物を断って、身体を一種の飢餓状態にしておき、試合直前に多量の炭水化物を摂取するという方法です。
これにより、大量のエネルギーを体内に蓄積することができ、スタミナがアップすると考えられています。
マラソン選手がしばしば使う方法です。
格闘技では、1980年代に活躍したプロボクシングの渡辺二郎選手がこの方法を採用していたと言われています。

ご参考まで。

アマチュアボクシングをやっていました。

試合当日に計量し、1~2時間後には初戦ということが多かったので、計量後におにぎりなどの炭水化物と水分を少量取るだけでした。
減量で胃が小さくなっているので、あまり食べることはできませんでした。
食べ物によってボディが弱くなることはありませんが、未消化の物が胃に残っていると嘔吐してしまうことがあるので、胃では完全に消化された状態で臨むのがいいと思います。
少なくとも2時間くらいは開けた方がいいと思います。

計量がない場合は、時間に余裕を持...続きを読む

Qスパーリングで骨折しました

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらったところ、
その考えもむなしく、相手の方はほぼ全力に近い形でパンチを顔とおなかに打ってきました。
当然、初心者の私はかわす事も出来ずにパンチは殆ど被弾しました。
3分間は人間サンドバック状態で私としては、全く練習になりませんでした。
そして私はろっ骨を骨折しました。
全治1ケ月で家事するのも寝るのもとても苦しいです。

相手の方の練習の誘いもずっと断ってきたせいか、
怒りの感情も入れて打ってきているように感じました。

そこで格闘技経験者、格闘技未経験者の客観的な意見をお伺いしたいのですが、
格闘技経験者が初心者に対して強い打撃でスパーリングを行うのは
常識的な事だと思いますか。
物凄い格闘技センスが有る初心者の場合は本格的なスパーリングを
行っても問題無いと私は考えていますが、
私の格闘技センスは下の中くらいだと思っています。

もし、非常識な行為であれば
私と同じような初心者が後をたたないと思いますので、
相手に注意をしないといけないかと思いますが、
どのように注意したらよいと思うでしょうか。

相手の方は30代で性格は典型的なB型です。
自分の練習には付き合わせる(ミット持ちなど)のに
人の練習には付き合ってくれませんし、
実年齢よりも少し精神的に幼い方です。

今回、怪我したのは非常に残念ですが、
相手が初心者でもお構いなしに強く打ってくると知ってて
相手してもらった私が悪いと思っています。
ジムの責任者や先輩方は巻き込まず出来るだけ穏便に済ませたいと
考えておりますので、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらった...続きを読む

Aベストアンサー

スパーリングの前に「マススパーでお願いします」とかは言わなかったですか?
「相手の為を思って強めに打撃を加える親心」というのはありますが、飽くまでケガをしない程度にやります。脳が損傷する恐れのある顔面や骨折の恐れがある肋骨等は普通の感覚の持ち主なら空気を読んで威力を調節する筈です。
その相手は自分の稽古だけしか頭になく後輩を育てるといったような概念が無いのではと感じます。
良くも悪くもジム系の特徴ですので、君子危うきに近寄らずです。
自分の為にならないと思ったら相手をしない、実際に質問者さんはそのようにされていたと思いますが、避けられない場合は初心者なのでマスでお願いしたい旨を伝えるしかないです。
そこまでやってケガをさせるような人間はどのみち孤立します。
腹も立とうとは思いますが、とりあえずスポーツ保険に入っていれば通院費や手術費は保険で返ってきますので、初診から最後の受診まで領収書を全てコピーで取っておくことを忘れないで下さい。

Qボクシングの筋トレの仕方を教えて下さい!

全くの無知で悩んでます。教えて下さい!彼氏がボクシングを始めます。はじめると言っても過去に経験があり、試合も何度かしています。仕事の関係でボクシングとの接点がなくなりボクシング漬けの毎日ではありませんがそれなりにジムにかよったり体を動かしてきました。ブランクがある状態です。それが最近になりまた本気でボクシングを始める決意をいました。やっぱりボクシングが忘れられないようです。プロを目指す!とのことです。ジム通いはもちろんですが私なりに助けをしてあげたくて筋トレのメニューを教えて欲しいんです。色々、ネットで私なりに勉強しましたが私自身が筋トレとは縁遠く・・・何がいいのかわかりません。長々と申し訳ないのですが効率的なメニューがあれば教えて下さい!!

Aベストアンサー

ボクシングでは瞬発力、スピードを養いながら
同時にスタミナ、持久力を養うトレーニングがいいと思いますよ。

おすすめは、

腕立て伏せ、
腹筋、
背筋、
スクワット
その場駆け足
3~5キロのダンベル持ってワンツー

などですが、コツは
短い回数(10~30回)を
なるべく速くやることです。

もちろん、ゆっくりやって体調を整える方法も必要ですが
思い切り速くやる方法のほうが効果あります。

そして、上のメニューなら
腕立てからスタートして、ダンベル持ってワンツーまで終わったら
また腕立てからスタートして繰り返すサーキットトレーニングを
やるといいです。
全部やって1セットとすると
だいたい3セット~5セットくらいから始めるといいでしょう。
目標は各30回ずつ、10セットくらいでしょうか。

タイマーで計って、ノートにつけると
成長がわかって励みになりますよ。

ロードワークに時折ダッシュを取り入れるのもいいです。
ボクシングではスタミナだけでなく、苦しい時の瞬発力、スピードが
必要になってくるからです。
むしろ、たとえば漫然と1時間走るより
50メートルダッシュを20分繰り返したほうがいいと思います。

あとトレーニングが終わったら、柔軟、ストレッチを手伝ったり
筋肉をマッサージしてあげてください。
特に腕、肩、背中のケアーは必要です。
休息も大切で、週二回くらいでいいと思います。
そして休む時は思い切り休みましょう。

お二人とも頑張ってください!!

ボクシングでは瞬発力、スピードを養いながら
同時にスタミナ、持久力を養うトレーニングがいいと思いますよ。

おすすめは、

腕立て伏せ、
腹筋、
背筋、
スクワット
その場駆け足
3~5キロのダンベル持ってワンツー

などですが、コツは
短い回数(10~30回)を
なるべく速くやることです。

もちろん、ゆっくりやって体調を整える方法も必要ですが
思い切り速くやる方法のほうが効果あります。

そして、上のメニューなら
腕立てからスタートして、ダンベル持ってワンツーまで終わっ...続きを読む


人気Q&Aランキング