【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

お正月を前に心配事があります。

親戚にガンの人が3人いるのですが、末期に近い人ばかりです。

お正月に集まって、鍋やバーベキューをしようということになっていますが、バーベキューはともかく、鍋は同じ鍋の中に箸を入れますよね?

移らないと書いていますが、やはり同じ食器の共有のようで不安です。

胃、腎臓、リンパへの転移、肺、食道、などに転移しているそうです。
3人皆末期で余命半年とかそれ以前だそうです。
なので皆で鍋をという事らしいのですが、不安でたまりません。
子供も連れて行くように言われています。
子供に、同じ箸で、自分の食べた箸で食べさせられたりしても大丈夫なのでしょうか?
コップなどを同じもので飲ませたりしても大丈夫でしょうか?
昔から色んな事をする人たちなので、きっとまた同じ箸でうちの子に食べさせる気がします。

不安な気持ちのまま連れて行くのも良くない気がします。
病気への偏見とか出なく、不安なのです。
今は遺伝への心配も出てきました。
一気に血縁者3人がなったのですから。
不安でなりません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんにちは。


これはかなり基礎的な部分からの説明が必要なご質問だと思います。

まず、インフルエンザのような、ウィルスによって起る病気は、ウィルスがいないと病気になりません。
ハシカやおたふく風邪もそうです。

ウィルスは大変小さい物ですが、もっと大きい、細菌といわれる生き物が感染して起る病気もあります。
膀胱炎とか、細菌性肺炎、破傷風などが有名でしょうか。

さらに、もっと大きな生物で原虫や寄生虫などが感染して起るのもあります。
マラリア、アニサキス、回虫、といった所が有名どころでしょう。

これらは、いずれも病気の原因になる生物が感染する事で起る病気で、感染症と言います。
既にこれらの病気を起こしてる人から、これらの生物が外部に出る場合、その患者さんは他の人へうつす心配があります。

ガンという病気は、そうではなく、自分の体の中の細胞が異常を起こしたのが、自分の体の中の修復機構で処理しきれなくなって起ります。

ガンになった細胞が体の外に出て、それが他の人の体内に入っても、免疫によって他人の細胞は処理されてしまうので、ガンが移る事はありません。

極論すれば、魚や豚や鶏・・・といった生き物にもガンは発生しますが、それを食べても人間が発症する事はありません。

「遺伝」の心配をしておられますが、その通り、細胞の異常の起こしやすさとか、異常を起こした細胞の処理能力といった物が、遺伝によって伝わるので、ガンが多発する家系というのは存在し、私もその一人ですが、ガン患者と同じ箸を使っても、キスしても、ガンその物が移る事はありません。

今回はガンに関しては全く何も心配する必要はありません。
せいぜい、みんなで出掛けて、余命を切られている人達の心を和ませてあげてください。

もし、その後、ガンが発症したとしたら、それは移ったのではなく、その会合に行こうと行くまいと発症したはずです。

ちなみに、人間では実験できませんが、動物実験では、例えば同じネズミ同士でもガンを手術で移植して発症させる為には、免疫抑制剤などで免疫機構を停止させてしまわないと無理です。

移植可能なガンと言うのは非常に珍しく、ごくたまに見つかろう物なら、世界中の医者、学者に研究材料として細胞を保存して提供される程、貴重なものです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

癌になった牛や豚の肉を食しても移らないというところでとても理解できました。

健康な場合、免疫を停止させて初めて発症するくらいのものなのですね。
知らないために心配して、そのまま行く事にならなくて良かったです。
余命の少ない人に偏見じみた気持ちで失礼な所でした。

楽しい会にする事だけに重点を置いて参加できそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:28

ウイルスが原因の癌は感染の可能性もゼロではありません。

子供さんには細心の注意をするのが親でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ちょうど私が体調を崩して鍋の日は家で寝ていることなり、家族も出かけませんでした。

今回はそうなりましたが、ウイルス性と完全に関係がないわけでない以上(詳しく知らない以上)注意をすることに越した事はないですよね。

ただ、まわりも何でもしてあげたいムードになっているので、立場的に難しいですが、やはり子供も自分達も心配なのでなるべく注意できる所は注意していたいと思いました。

完全ではないのですね・・・。

お礼日時:2007/01/03 22:52

鍋でしたら熱湯消毒と同じですのでウィルスなども死滅しますね。


もともとガンは自分の細胞が変異したものですので他人には接触などでは移りません。移るとすれば移植だけですね。
あと遺伝の問題ですがこればかりはまだはっきりしていません。はっきりすればいろいろと治療の方法もあるのでしょうけどね。
結論からいえばまったく問題なし。問題としては間違った知識で病人に偏見を持つことです。余命いくばくもない方でしたらなおさらみんなでいたわってあげなくてはいけませんよ。最後のみんなとの楽しい思い出を味あわせてあげてください。誰も好きでガンにかかったのではありませんから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

偏見・・・今はその気持ちより遺伝に対する、そして私をも飛び越して子供達への遺伝を恐れます。

偶然か、一気に3人がなったのですから。

労わる気持ち・・・それに重点を置いて参加したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:22

ほとんど皆様が書かれていることの繰り返しになりますが、癌はうつる病気ではありません。


なので、もし万が一鍋の後にその席にご一緒した誰かに新たに癌が見つかったとしてもそれはご自身の体質や生活習慣によるものです。
決して、そのご親戚を責めるようなことはしないでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もし他の誰かがこの後になってもそれはその人自身の体質や生活習慣・・・後の心理状態まで察してのお返答ありがとうございます。

確かにこの後に誰かがなったと聞いたら年齢如何に関わり無く鍋のことを思い出しそうですよね。

後で誰かがなったと万が一聞いてもそんな事の無い様にします。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:24

学校で、癌は移らないと習いました。

いや、でも正確にはうつる、と。

しかし、亡くなった人のがん細胞を、健康な人に植え付けると、その癌は生きるようです。
なので、直接臓器にがん細胞を植え付けない限り、うつることはない、ということのようです。

病理学でドクターから教えてもらい、かなりへ~~って思ったので覚えています。

少なくとも、同じ食器で食べたりしてうつることはないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

植えつけて初めて移るものなのですね。

ドクターからの教えとの事、素人判断で心配して申し訳ありませんでした。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:25

癌は感染しません。


そもそも、癌とは簡単に言えば自分の細胞が突然変異により死ななくなった(死ににくくなった)もので、万一他人の細胞を体内に取り入れても、免疫によって撃退します。

ただし、ウイルスや細菌の出す毒素による癌は存在し、そのウイルス等に感染することにより癌のリスクが高まる可能性はあります。
http://gtm.cool.ne.jp/gankansen.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

ウイルスや細菌の出す毒素の事、クリックしたのですがストップがかかって見る事ができませんでした。

折角なのに残念です。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:30

絶対に感染したりしません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:30

絶対にうつりません!!

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:31

> 移らないと書いていますが、やはり同じ食器の共有のようで不安です。


といわれる方が、われわれが”安心です”と言ってもどこまで信用されるのかいまいち理解できかねますが・・・・そのようなことでの感染はありえません。
ガンは感染症ではないのですから。

> 今は遺伝への心配も出てきました。
> 一気に血縁者3人がなったのですから
こちらが正しい認識と思った方がいいと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

感染症でないのですね、安心しました。
遺伝についての方が心配した方が良いようですね。
少し遺伝についていきなりショックですが、食生活などで少しでも予防できるように色々考えていきたいと思います。

不安なままの参加にならなくて良かったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/26 12:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキスによる癌の感染について

今日、癌患者から無理矢理キスをされました。
もしかしたら、血液系の癌かもしれません。
その場合、キス(粘液の接触)での感染はあり得るのでしょうか。

また、早々に血液検査等で癌検査をして
癌細胞はすぐに発見されるものなのでしょうか。

「性行為や血液感染(肝炎ウイルス)は主にウイルスの感染になり結果として癌化する」
「のどや舌のガンの原因にも、性行為により感染するHPVがある」
「B型肝炎、C型肝炎などは、ウイルスによる感染症だが
こちらも癌化することがまれではなく、一種の感染症と言える側面を持っている」
と聞いたので、とても心配しています。

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

あたしは医療に詳しいというほどの人間ではないです.なので適切な回答ではないかもしれませんが…ひとまず気になったので…。


そもそも“癌”と言うものは、細胞単位の話であり…

その相手がウイルス性の疾患にかかり、それが癌化したのであれば、ウイルスをもっている確率はありますが…

キスをしたからと、いきなり接触した人も癌になるということはないのではないでしょうか…?


体内で細胞分裂をする過程で、誰しもが癌細胞は作られているものだと習いました。ただ、作られているのですが、人間の免疫により癌細胞は作られては潰されと、繰り返し今の私たちがあるそうです。


感染症の不安があるのであれば、病院での検査をオススメします。キス病やヘルペス、口内炎、虫歯など口腔でありうる疾患ならば、移る可能性もありますが…性病(例えばエイズなど)は口腔と唾液では移る可能性は低いとされています。

血液で移るとされている疾患は、性行為、輸血、注射針ぐらいが主に移る行為ではないでしょうか?


少なからずの知識なので100%ではありません。
ただ相手が何の疾患なのか聞く、もしくは不安ならば病院で一度検査してもらうと安心かもですね。

う~ん、不安だとは思いますが…少しでも参考になれば幸いです。

あたしは医療に詳しいというほどの人間ではないです.なので適切な回答ではないかもしれませんが…ひとまず気になったので…。


そもそも“癌”と言うものは、細胞単位の話であり…

その相手がウイルス性の疾患にかかり、それが癌化したのであれば、ウイルスをもっている確率はありますが…

キスをしたからと、いきなり接触した人も癌になるということはないのではないでしょうか…?


体内で細胞分裂をする過程で、誰しもが癌細胞は作られているものだと習いました。ただ、作られているのですが、人間の免...続きを読む

Q癌は感染するのですか?

  現在親類で癌による入院中の者がいます。よくはわからないのですが、癌
は感染するものでしょうか?すでに末期ガンなのですが、接触する機会が非常に多いのでご相談する次第です。当方は過去に叔母が癌で死去していますが、ガン家系ではないようです。よろしく回答のほどをお願いたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

自分も、癌で治療を受けた者としてコメントいたします。
自分も専門家ではないので、余り詳しい事は言えませんが、一口に、癌と言いますが、癌にも色々なものがあります。

腫瘍を主とした癌は、感染は無いと思います、感染と言うより遺伝の方が強いかと思います。

しかし、C型肝炎、肝硬変(まだ色々あると思います)などは感染によるものだと思います。
(これは、血液感染ですが)

ただ、空気感染とかはあまり聞いたことはありません。

質問者様の親類様はどの様なご病気でいらっしゃるかは分かりませんが、参考になればと思いまして投稿いたしました。

Q「ガン患者、これだけはしてはいけない!」■ガンに詳しい人希望■

「ガン患者、これだけはしてはいけない!」

事はなんでしょうか。
タバコは絶対に駄目なのは承知していますが、
他の事になると色々あってわからなくなってきます。

温泉は行っても構わないのですか?

あと、食事に関しては
牛乳を飲んだり、少量のアルコール、市販のソーセージ、パン、チーズ、豚の角煮、煮魚
を食べても大丈夫なんでしょうか。

Aベストアンサー

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメントによる事故は相当あります。詳しく書けませんが関係する仕事をしています。
飲んでいることを医者には隠しがちですが、これ、ものすごく危険なことなので、必ず医者と相談してください。
いまさらながらの発癌物質の摂取をご心配のようですが、癌というものは10年単位で進行するものなので、今そんなこと気にしていても始まりませんし、添加物などの発癌力はそれほど強くありませんので、今考えなくて良いと思います。
基本的に、きちんと食事をすること。
あと、癌になるとあちこちから「これはいい」というものを薦められると思いますが、安易に飛びつかないで。
わらにもすがりつきたい気分のときは、期待もあるので、飲むと一時はいいような気がするものです(プラセボ効果というやつね)でも、データを見てると飲んでもやめても変わらないし、何よりも一時は良かったと思うと止められなくなるんです。
大体薦めてくる人は最初の一瓶しか持ってこないでしょ。後を買うのは自分ですからね。
健康食品は異常に高いです。
また、高いほど効くような気がするものらしいです。ただでも医療費のかかるときに、健康保険も利かず、効果もよく分からないようなものに多額のお金を費やすのはどうかと思います。
主人のときも雨あられとその類のものや話が来まして、片っ端から断っていたのですが、やっぱり私や医者に隠して内緒で飲んでいまして…
わがままな人でしたから、「これ飲んでるから飯は食べなかった」なんて、サプリには糖分やカフェインみたいに一寸さっぱりするものが結構入っているので三種類も飲むと食欲なくなってしまうんです。本末転倒ですよね。
主人の時には飲みすぎて心筋梗塞に似た状態まで副作用が出まして(危険情報の論文が出ていました)、大喧嘩の末止めさせたのですが、見舞いに来た客に「うちは貧乏だから健康食品も飲ませてもらえない」と愚痴ったそうで… とても悲しかったです。
健康食品は他人に薦めてはいけないと思います。
独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに健康食品の情報サイトがあります。参考にしてください。
癌に効くといわれているもので、明確な根拠の証明されているものは今のところないはずです。

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメント...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q癌はうつるのですか?

ある癌の人とキスやオーラルセックスをしてしまいました。体液を出したりはしてませんが。
彼が癌とわかったのは2年前だそうですが、今も元気にサークルをしています。
癌はうつると聞きました。私はすぐに病院へ行ったほうがよいのでしょうか。

Aベストアンサー

医師をしている者です。

基本的に癌は伝染病ではありません。ですから、1~3の方がおっしゃられておられるように、「胃癌が感染した」「肝臓癌が感染した」ということはありません。

ですが、血液系の癌の中には一部、ウイルスによる感染が原因であるものがあります。こちらは主に母乳による感染が原因で、数十年を経てから癌になることがある、というものです。最近は献血でも、このウイルスの感染者ではないかを調べています。
また、肝臓癌の原因として有名なB型肝炎、C型肝炎などは、ウイルスによる感染症ですが、こちらも癌化することがまれではなく、一種の感染症と言える側面を持っています。

つまり、「癌は絶対にうつらない」という表現は誤りと言えます。

お相手の方がこれらに該当するようであって心配でしたら、病院で血液検査を受けるのもよいのかも知れません。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q癌患者は温泉入れない?

去る3月24日に7cmの直腸がんと周囲のリンパ節を開腹手術で切除しました。
4月10日に退院しましたが、現在は再発や転移を予防するための補助化学療法として、内服での抗がん剤治療を続けています。
両親が兄弟会で温泉1泊することになり、そのパンフレットを幹事役の方が送ってくれたのですが、「肺結核や心臓病、高血圧や悪性腫瘍などの病気の方は入浴ご遠慮下さい」と書いてあります。
結核は伝染するし、心臓病や高血圧も危険があるのは分かるんですが、癌だとどうして温泉入れないんですか?

ちなみに自分は自宅では毎日普通に入浴出来てますし、趣味で公園などに写真を撮りに出かけますが、1日1万歩以上歩いても何ともないです。
抗がん剤の副作用も目立ったものはありません。
それでも癌患者だと温泉入れないのでしょうか?
どのような科学的根拠があるのか知りたいです。

というのも、秋ごろに家族で出雲大社にお参りに行く計画があり、その時温泉宿に宿泊しようと考えていますので。
温泉に入れないとなると、計画そのものの意味がなくなります。

癌患者であることを隠して入浴しようとした場合、手術痕などで断られてしまいますか?

どうも納得出来ないので、ご回答よろしくお願いします。

去る3月24日に7cmの直腸がんと周囲のリンパ節を開腹手術で切除しました。
4月10日に退院しましたが、現在は再発や転移を予防するための補助化学療法として、内服での抗がん剤治療を続けています。
両親が兄弟会で温泉1泊することになり、そのパンフレットを幹事役の方が送ってくれたのですが、「肺結核や心臓病、高血圧や悪性腫瘍などの病気の方は入浴ご遠慮下さい」と書いてあります。
結核は伝染するし、心臓病や高血圧も危険があるのは分かるんですが、癌だとどうして温泉入れないんですか?

ちなみに自分は自...続きを読む

Aベストアンサー

同じ疑問を持った「温泉宿」の人が、関係先に問い合わせた内容をブログに記載されていました。
http://ameblo.jp/sumiyo1962/entry-10912398676.html

結論からいうと、ご自分の判断の上という前提で、問題無く入れるようです。


「気分よく入ってこそ」の温泉だと思いますので、手術痕などを気にされるようでしたら家族風呂や温泉付きのお部屋にされてはどうでしょうか。
医学的または法律的に根拠が無いのに理不尽な指摘を受けたり拒否されてしまうと、結局は楽しめませんので、そのような無用なトラブルは回避されたほうがいいかもしれません。

癌に関わらず多くの方が術後の療養に温泉を利用されています。良いご旅行となりますように。

Qがん患者の性交渉

がん患者がSEXすると、口や陰部を通して相手にがん細胞をうつす危険はあるのでしょうか。
というのも、マウスにがん細胞を移植して抗がん剤のテストを行う新聞記事をよむことがあります。
細胞の量は違いますか、そういう記事を見かけると不安になります。
ちなみに乳がんです。
また、がんの種類によって違うのでしょうか。

Aベストアンサー

内科医です。そんなことでは移りません。というか癌は移るものではありません。臓器移植では癌まで移植されてしまったケースがあったような気はしますが。
実験で使うマウスは免疫不全マウスです。ですから癌を攻撃できません。
我々に他人の細胞が入った場合、免疫でただちに破壊されます。
また健康な人でも日々癌細胞は生まれていますが、免疫によって掃除されているんです。

Q末期がんの父が退院を迫られています。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがですか?」と病院から匙を投げられ、自宅近くの総合病院に転院、あと1ヶ月なら自宅で過ごさせてあげたいという家族の思いから自宅介護が始まりました。

退院後は病院にいるときよりも体調は良さそうでしたが、痛みを取るための麻薬が多いため、常に意味の分からないことを話し、幻覚もみていましたが、訪問介護の方がとても良くしてくださって、時々とんでもない大騒ぎを起こすことはありましたが、とりわけ穏やかに過ごすことができました。

そして余命一ヶ月と言われ、あれから1年が過ぎようとしていた今年7月。呼吸困難、血圧低下、意識不明となり救急搬送、そのまま入院となりました。
そのときの内科の担当医から重度の肺炎を起こしており、あと1週間もてば…と言われました。
いつも側で見てきた私たちも「今回は本当にヤバい」と思い、家族4人交代で常に父の側にいました。

入院中は飲食は全くできず、意識は朦朧しており、せん妄がかなり強く出ており、1日1日弱っていく父をみんなで手を握りながら穏やかに過ごせるように努力をしてきました。

そして本日、早朝から担当医から急遽呼び出しを受け、入院のきっかけになった肺炎(肺に膿が溜まりそれに膜が張っている状態)でしたが、継続的に抗生物質を投与したことにより、肺炎がおさまって来たので、今日明日中に退院してくださいと言われました。

しかし父は2ヶ月近く一切の飲食を行っていないため身体は骨と皮のみ。自力で立ち上がることも自分で歯を磨くことも顔を洗うこともできません。
意識は朦朧としていることはありますが、1週間ほど前から母や子供である私達に涙を流しながら「今まで面倒を見てくれてありがとう」「夕べ親父と兄貴がきて(どちらも昨年亡くなっています)俺たちと一緒に暮らそうって言ってくれたんだ」と言ったりして、顔は今までの苦しみから解放されたかのような穏やかな表情をしておりました。

しかし本日は一転。今まで見たことないような鬼のような形相をしており、血圧計や心電図などを外していました。言葉は怒鳴って話しますが何を言っているか意味が分かりません。
飲食は本日よりリハビリの一環で口内洗浄用のスポンジに水を湿らせて口の中に水分を与えるということは始まりましたが、リハビリ師に「嚥下ができないため固形物を飲み食いできる状態ではない」と言われました。
鼻から酸素投与をしておりますが、本日より外す方向で投与量を少なくしているとのことでしたが、とても呼吸が苦しそうで、時々肩で呼吸をしています。
また尿について、尿道に管を通し直接尿を出していますが、ここ1週間ほどは尿パックには血液のみというくらい真っ赤な尿がたまっています。(麻薬投与により本人は痛みなどはありません)また尿量も入院時の半分以下になっています。
血圧は高い日もありますが平均60/40前後です。(あがっても70くらい)

また本日内科の担当医から聞いた話ですが、「泌尿器科の〇〇先生のお話では父の前立腺がんの進行はあと1年は大丈夫であろうという見立てです」と言われました。(〇〇先生は父の担当医ではありません)

根本的な話ですが入院時一切の延命措置はしない、命を長らえるための治療は行わない。
ただ痛みだけは取ってあげてください。という話をしたため、それ以降血液検査やレントゲンなどの検査を1ヶ月以上全くしていません。
本日の担当医も「レントゲンや血液検査などはしていませんが、熱が下がっているので肺炎は収まっている」と言っていました。泌尿器科の先生は1年前の転院時に行った検査資料でお話をされていると思います。

父と話がしたいし、生きていてくれることはとてもうれしく思います。
でもこんな状態で父はまだ生きていけるのでしょうか?
私たち家族はどのような選択をしていけば良いのでしょうか?
退院/転院させることで、父を苦しめることになるのではないか?と思えて仕方がないのです。

頭の中が混乱しており、状況説明がうまくできていないと思いますが、どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがです...続きを読む

Aベストアンサー

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰って一晩泊まった次の朝、
1日のほどんどを眠り続ける母に、モルヒネを少し少なくしてもらったらどうか?
つらければすぐ追加が可能だそうだからと、提案すると母は聞いてくれました。
ですが、その後苦しみ始め、すぐモルヒネを頼みましたが、その前に呼吸が停止したのです。
すぐ、送還して呼吸は取り戻しましたが、まもなく亡くなりました。

私は乳がんの手術後4年で再発し、抗がん剤治療が始まりました。
胸のリンパ節への再発で、手術もできない場所です。
いろいろ自分で調べたところ97%の確率で死に至ることを理解しました。

それから4年が過ぎました。放射線と抗がん剤治療の後、私のがんは消滅し(寛解 
ないとは言えないが、見えない状態)お医者さんも首をひねっています。
もちろん、治療は続きます。今後また姿を現す可能性は高いでしょう。
実際近所のママ友は2000年初発2008年再発で、先頃亡くなりました。
私はというと、今は元気に生活し、仕事もしています。

長々書きましたが、何が言いたいかというと、がん患者の場合どのような早さで病状が進むのか、
人によってものすごく差があるということです。

お父さまにしても、いつ頃まで生きられそうだという、たとえ医者の言葉でも
当てにはならないと思います。私の周辺で、医者の予測が当たった人など、少ないくらいです。
確かに厳しい状態ですが、今できる、いいと思うことをやられたらいいのでは と思います。
他の回答者の答えにもありましたが、あなた自身もよい選択をしておられるように思います。

ただ気になるのは、そんなに弱ったお父さまを『今日明日にも』退院させようとすることが
理解できません。病状が静かに安定しているならまだしも、怒鳴ったり、呼吸が苦しそうなど
目が離せない状態で、今動かすことがいいとは思えません。
同じ病院にホスピスなどがあり。速やかに動かせるならいいかもしれませんが。
こんな状態で動かすのはおかしいということを、主治医に話してみてはどうでしょうか。
移転先を探すのもなかなか大変なことですし。
なぜ、急に退院させようとするのか真意を聞けるといいかもしれません。
難しいかもしれませんが...。
認知症による徘徊など、病気ではないものに対して退院を迫るということは聞きますが
お父さまは、医学的な治療(痛みをとるだけでも)が必要な患者ですから
退院を強制することはできないはずだと思います。

お役に立てたかどうかわかりません
看護もたいへんでしょうが、合間には体を休めて下さいね。
ご自分の健康も大切ですから。
お父さまが少しでも楽になられるよう祈っています。

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰っ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング