はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

最近、エコロジー指向の表れか、市販の洗剤の変わりに、重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜて掃除する方法がはやっているそうですが、アルカリと酸を混ぜると中和してアルカリ、あるいは酸としての洗浄力が無くなってしまうので、重曹と酢(あるいはクエン酸)は混ぜないで使用した方がいいのではないの?と素人考えには考えてしますのですが、如何でしょうか?

重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜることは、どのような洗浄効果を期待しているのでしょうか?

また、重曹と酢(あるいはクエン酸)で中和すると発熱すると聞いたのですが、このときの発熱量の計算方法を教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中和熱について調べてみたところどうやら


炭酸水素ナトリウムとクエン酸の中和は吸熱反応のようなので熱くなるのではなくむしろ冷えるようです。
手のひらの上でクエン酸と重曹を混ぜてから水をたらすと実感できるようです。

もちろん化学系の洗剤などのほうが洗浄力は強いでしょう。天然よりも良いものを開発して販売しているわけですから…
しかし、近年は質問者さんも書いておられますがエコロジー志向ということもあり、天然由来成分を使った方法が流行っているのです。
たしかに一昔前の合成洗剤などは河川を汚染したりと問題があったのでしょうが現在では下水の整備と洗剤の分解性の向上からそれほど問題ではなくなってきています。
であれば単純に使いやすく洗浄力の強い洗剤を使えばいいと私などは思ってしまいますが…
もはや好みの問題ですね

この回答への補足

>炭酸水素ナトリウムとクエン酸の中和は吸熱反応のようなので熱くなるのではなくむしろ冷えるようです。

そうなんですか・・逆に冷えるんですか・・
だとすると、私が聞いた事例は熱が原因の可能性はないということになるわけですね。

>もはや好みの問題ですね

どうやら、そのようです。

補足日時:2006/12/26 18:36
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとう御座います。参考になりました。

お礼日時:2006/12/26 18:40

重曹と酸を混ぜると炭酸ガスが発生して発泡します。


前にテレビで見たのですが例えば流しの排水溝など中を洗いにくい場所では重曹をまいた後に酸をかけることで泡が立ち、これが汚れを浮かして落とすようです。
完全に一対一で混ぜてしまうと出来上がる液は中性になってしまうので確かに意味はないかもしれません。
しかし実際にはどちらかが過剰であることが多いので泡も重曹か酸の洗浄力を持っていると考えてよいでしょう。
発熱に関してはそれほど気にしなくてもいいと思います。

この回答への補足

>前にテレビで見たのですが例えば流しの排水溝など中を洗いにくい場所では重曹をまいた後に酸をかけることで泡が立ち、これが汚れを浮かして落とすようです。

ですよね。私も、この場合の洗浄力要素として、泡を考えました。以前に、洗剤のいらない洗濯機の洗浄原理として、人工的に泡を糟内で発生させ、泡がはじける時に発生する超音波(音波)を利用して汚れを落とすという製品がありましたが、重曹と酸(酢酸、クエン酸)を混ぜる方法もつまりは、超音波洗浄なのかなぁぁ・・・??と考えました。

また、中和で発熱も伴うのですから、重曹と酸(クエン酸、酢酸)を中和して掃除する方法は洗浄力要素として、
(1)熱(温度)
(2)超音波

を主に利用している洗浄方法ということなのかもしれませんね。(場合によってはキレート作用も・・)

ただ、その場合、酸素系漂白剤(過炭酸ソーダ)にお湯を注いだ方がよっぽど効率的でないの??と考えてしまいます。

>発熱に関してはそれほど気にしなくてもいいと思います。

私も、そう考えていたのですが、重曹と酸(酢酸、クエン酸)を混ぜる方法で、発熱による??と思われるトラブルを耳にして厳密に発熱量の計算式を知りたいと考えています。ご存知でしたら教えてください。

補足日時:2006/12/26 13:12
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとう御座います。

お礼日時:2006/12/26 13:40

混ぜないで使用した方がいいでしょう。


酸性、アルカリ性をいうなら質問文の通り混ぜたら科学的には意味がなくなる。
#1のサイトにも混ぜる使用法はなかった。

なお、クエン酸は酸性の他にキレート作用(カルシウムとかをつかまえる)が
あるので水道周りの白い汚れにはより効果的かもしれません。

酢酸(酢)と炭酸水素ナトリウム(重曹)の中和熱については
知りませんが、掃除に使う程度の濃度であればぬるくなる程度です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私と同じ見解のご意見ありがとう御座います。

お礼日時:2006/12/26 13:12

別の場所にも書いたのですが、こちらが参考になるかと思います。


http://allabout.co.jp/living/sumai/closeup/CU200 …

この回答への補足

すいません、こちらのサイトは以前から何回も見たのですが、このサイトの考え方によれば、重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜることは【意味がない】という結論になるように感じるのです。

それに、ご指定のHPでは重曹、酸(酢、クエン酸)を使った個別の掃除法は載っているのですが、混ぜ合わせる方法が効果があるという理由は私には見つけられませんでした。回答者さんは混ぜ合わせると効果があるであろう理由をこのHPの具体的に何処の部分から見つけた(参考になると考える)のですか?

補足日時:2006/12/26 00:39
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考意見ありがとう御座います。
しかし、私の様な素人には、ご指定のHPからは重曹と酢(あるいはクエン酸)を混ぜることは「意味がない」という結論しか導けませんでした。

お礼日時:2006/12/26 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重曹と酢で逆効果に・・・。

重曹の魅力にひかれ、重曹と酢水を使って掃除を始めました。
ネットで調べてやったのですが、逆効果になってしまいました。。

鏡が水垢で汚れていたので、トイレットペーパーに酢水を含ませて、しばらく湿布をしました。
その後、水ぶきしました。

最後にかわいた布でふかなかったのが悪かったのか、逆に水垢が目立ってしまいました。。

なので、別の日に、重曹をスポンジに含ませて磨きました。
そして水拭きしたのですが、乾いたらやはり水垢が。。
その後、酢水をスプレーして拭き、水拭き→から拭きしました。
それでもやはり水垢が。。どんどん目立ってしまいました。。

掃除する前の方が、全然きれいでした。
どこが間違っているのでしょうか。
ここまで水垢が目立ってしまって、これから綺麗にできるのでしょうか。。|ェ・`。)・・・ショボーン

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水垢は水のミネラル分の付着を酸性のもの、酢でふくのはあってます。

水垢の下に、手の汚れや、その他のホコリなどが混じっていて、いろいろ混ぜこぜの汚れになっていたと予想します。

普通の石けんでいいので、スポンジに石けんを泡立て、柔らかいほうでなでてみて、水で流すか、雑巾でふいて、かわいた布でふいてみて?
鏡は重曹だと、傷がつくこともあるです。
手あかなどの酸性の汚れには、アルカリ性の重曹や石けんが有効です。

洗濯の汚れは、洗濯石けんで洗う、のと同じ容量です。
洗濯の汚れに、いきなり、クエン酸などの酸性では洗わないので。

クエン酸や酢の酸性は、アルカリ性できれいになったものの、仕上げ剤として中和させるのはピカピカになります。
ほかの回答者さんのコメントの通りですが、今回の鏡の場合は、いろいろ混ざっているのでしょう。

ちなみに、石けん百科というwebがあります。
アルカリ性や酸性、掃除のノウハウなど、エコなやり方や、情報満載です。

Q重曹+クエン酸→二酸化炭素 の化学反応式

自由研究に書きたいのですが、調べてもなかなか出てきません。知ってる方お願いします。
また、「3」と「₃」などの区別もしていただけると助かります。

また、期日が迫っているので、なるべく早くお願いします。

自分でろくに調べないくせに、催促するなんて、とんだゆとりだと思われているかもしれません。ごめんなさい。しかしこれに頼らざるを得ない環境を作ってしまいました。反省しています。来年はできる限り自力で頑張ります。ごめんなさい。

Aベストアンサー

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です.
カルボン酸というのは有機物の酸と考えて下さい.

反応式はクエン酸中のカルボン酸1つと炭酸水素ナトリウム中のナトリウムが反応して,クエン酸ナトリウムと水,二酸化炭素が生成します.

反応式(式中の数字は全て下付き文字 クエン酸中の-は結合の手を示しています.)
HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH + NaHCO3 →HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COONa + H2O + CO2↑

式中の数字について,今回の反応式では全て下付き文字ですが,数字の書き方のルールとして分子中に含まれる元素の個数は下付き文字で書きます.書く場所もその元素の右下です.例えば組成式ではクエン酸はC6H8O7と書き,その数字は全て下付きです.
一方mol数を書くときはその分子より前で普通の大きさの数字を入れます.
例えば硫酸に水酸化ナトリウムを反応させて,硫酸ナトリウムと水が生成する場合では

H2SO4 + 2NaOH → Na2SO4 + 2H2O

と書きます.元素の個数で考えれば2H2Oの場合,H2Oが2つ有る意味になるのでHは4,Oは2つ有る事になります.

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/resume030.html

先ず質問者さんがどこまで化学を知っているのか?というところが分からないので,知っているであろうと思われる内容を含めて回答します.


重層とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO₃)で炭酸イオン(CO₃2-:2-は上付き文字で2価の陰イオン)とナトリウムイオン(Na+ 1価の陽イオン),水素イオン(H+ 1価の陽イオン)から成るイオン性化合物です.

一方クエン酸はIUPAC命名法においては2-ヒドロキシプロパン-1,2,3-トリカルボン酸(HOOC-CH2-CH(OH)(COOH)-CH2-COOH 式中の2は下付き文字)という3価のカルボン酸です....続きを読む

Q中2です!理科の自由研究で「なぜ酢と重曹で汚れが落ちるのか」を調べたいのですが、それが分かる実験って

中2です!理科の自由研究で「なぜ酢と重曹で汚れが落ちるのか」を調べたいのですが、それが分かる実験ってありますか?
お答えお願いします!

Aベストアンサー

1. 実際にやってみて、
2. どうなったかよく観察
3. 汚れが落ちる理由を自分で考えてみる
4. 理由が正しいかどうか、調べてみる

の順にやるとそこそこ面白くなるのでは、と思います。

ところで、酸化と還元、という回答がありますが、誤りなので気をつけて下さいね。

Q重曹水は何性?

掃除用に重曹水を作り床拭きしようと思いますが、
これは、アルカリ性、弱アルカリ性、中性、酸性、弱酸性のどれでしょう?

Aベストアンサー

家庭内のお掃除に重宝する重曹とクエン酸

それぞれの性質は真反対であるが、極端ではなく穏やかな性質なので家庭でも安心して使える

という事で重曹は弱アルカリでクエン酸は弱酸性

石鹸カスや水垢にはクエン酸で皮脂汚れには重曹という感じでそれぞれの特性によって使い分け

Qサンポール(塩酸?)と重曹

ポットントイレの便器の汚れが気になります。
そこでよく掃除の仕方で見かける洗剤+ティッシュで汚れをラップして
みようと思っています。

古い使われたいなかった便器の汚れなのでサンポールを使用してみたいと思っていますが、
この洗剤の強さが気になります。
そこでサンポール、ティッシュでラップ、ブラシでこする、その後便槽の中に重曹を撒いて
中和をしたいと思っています。
しかし、別の質問サイトである方が、薄めたサンポールで掃除した後、中和したいと考え
重曹水を撒いたが大丈夫でしょうか?とういう質問に

「重曹は水に濡れると弱アルカリ性に変化します。
サンポールがかなり薄まった状態なので運が良かったです。
今日はずっと窓を開けたままにしましょう」
という答えがベストアンサーになっていました。

これは本当なのでしょうか?

私としてはサンポールに重曹がかかると危険というより、酸性の効果がなくなるだけだと
思うのですが、何か危険な化学反応がおこるのでしょうか?

Aベストアンサー

しつこいようですがあえて書くことにしました。

>酸性の強いものを(汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を
痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。

サンポールの中に何故塩酸が入っているか、考えてみて下さい。
便器の黄ばみ、汚れ、こびりつきなどを取るためですね。
このようなものが塩酸に溶けるということが前提のはずです。
「塩酸に溶ける」ということは「塩酸と反応する」という事です。
反応した塩酸はもはや塩酸ではなくなってしまいます。
わざわざ中和するということを考えなくても汚れが取れたということ自体で中和と同じことが起こっているのです。使用するサンポールの量もそれ程多いわけではありません。容器を手で押してしゅっしゅとふりかけて使うだけでしょう。買ってきた容器の中身を一度に全部入れてしまうという使い方ではないはずです。便槽の中には塩酸と反応するものがたくさんあるはずです。いつまでも酸性が残るといううことは考えられません。

濃塩酸を4倍に薄めた希塩酸というのは中学校で使うものよりは少し濃いだろうと思いますが高等学校の生徒実験では普通に使います。傷さえなければ手についても何ともありません。
そうでなければスーパーでふつうに売っている商品であるはずがありません。

サンポールの容器のラベルに「酸のちからとマイナスイオンの相乗効果で便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とす」と書いてあります。「マイナスイオン効果」という怪しげな、根拠のない言葉が使われているのを見てうんざりしてしまいました。でもこれを見て買う気になったという人もいるでしょうね。

しつこいようですがあえて書くことにしました。

>酸性の強いものを(汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を
痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。

サンポールの中に何故塩酸が入っているか、考えてみて下さい。
便器の黄ばみ、汚れ、こびりつきなどを取るためですね。
このようなものが塩酸に溶けるということが前提のはずです。
「塩酸に溶ける」ということは「塩酸と反応する」という事です。
反応した塩酸はもはや塩酸ではなくなってしまいます。
わざわざ中和するとい...続きを読む

Qまぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。

まぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。
家中のいろんな場所を掃除してたときなのですが、
汚れていた2F洗面台をこまめに掃除していて普段は中性の台所用の洗剤で済ますのですが
朝シャンによる髪の毛がかなり排水溝のネットにからまっていたので
排水溝まわりと排水溝の中に液体ジェル状の(パイプ洗浄用)を流し込み
ちょっと時間を置いて下さいと書いてあったので、その間他の場所を掃除してました。
(トイレ、キッチン、フローリングその他色々)
その時に、トイレ周りで使っていたクエン酸の付いた(クエン酸を水で薄めてますがかなり濃く作ってます)
タオルを(タオルにスプレーして使っていました)
先ほど、掃除途中だった洗面台にて(液体ジェルを流さずにしてあった)
クエン酸のたっぷり染み込んだタオルを水で洗ってしまいました。(水を流しながらです。)
すぐさまツンをする異臭がして(プールの匂いそのものです)
とっさにジェル状の洗剤を思い出し有毒ガスが発生したのではとパニックになり
タオルを捨てればよかったのですが、気が動転してしまいタオルについてる
クエン酸を落とさないとと一生懸命タオルを洗ってしまいました。
ツンと来る匂いなのですが、時間的には5秒ぐらいは匂っていたと思います。
すぐさまそこから移動して部屋の窓を開け放せばよかったのですが・・・
動転してしまい。。。

タオルを洗った後には(2~3分後だと思います。)もうツンとする匂いはなかったのですが
20分ほどして鼻や喉に少し違和感を感じました(喉は乾燥した時みたいに少し痛みがありました)
廊下周りの窓を開け近寄らないようにしていましたが、
隣が寝室ということもあり
気になるので1時間ほど水を出しっぱなしにして置きました。
匂いはもうしませんが、大丈夫でしょうか?

体のほうは気にしだすと気になるので喉の痛みがちょっとあるだけで他は頭が痛いぐらい
(たぶん神経的にだと思います)

液体ジェル状のアルカリ液にクエン酸の付いたタオルを洗うとは
なんともなさけないやらで。。。

鼻と喉は8時間経ったいまでも少し違和感を感じますが病院にいかないで大丈夫でしょうか?

また排水溝なので手で触ったり見たいできなので教えて頂きたいのですが、
排水溝からまだ有毒ガス等はでていないのでしょうか?
またそのガスが無害になって心配がなくなるのはどこぐらい時間が必要でしょうか?
寝室の前を通るたびに匂いはしませんが、まだガスが発生してるのでは?と心配になります。

液体ジェル状のアルカリ洗剤の成分には
水酸化ナトリウム(1%)、次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)と
書いてあります。

お忙しいと思いますがよろしくお願いします。

まぜるな危険の洗剤を混ぜてしまいました。。。
家中のいろんな場所を掃除してたときなのですが、
汚れていた2F洗面台をこまめに掃除していて普段は中性の台所用の洗剤で済ますのですが
朝シャンによる髪の毛がかなり排水溝のネットにからまっていたので
排水溝まわりと排水溝の中に液体ジェル状の(パイプ洗浄用)を流し込み
ちょっと時間を置いて下さいと書いてあったので、その間他の場所を掃除してました。
(トイレ、キッチン、フローリングその他色々)
その時に、トイレ周りで使っていたクエン酸の付いた...続きを読む

Aベストアンサー

私は最後に

専門家の方も含めて色々な意見を出して頂、良かったですね。

蛇足ですが
私は最初、発言するのを躊躇っていました。
白熱して良かったと思います。

Q掃除のとき、重曹と酢をあわせると中和するのでは?

掃除のとき、重曹と酢をあわせると中和するのでは?
http://allabout.co.jp/family/ecokaji/closeup/CU20061130B/
こちらのサイトを参考に、換気扇の掃除をしていて思った疑問なのですが。

重曹はアルカリ性なので油汚れに使うのはわかるのですが、そこに酸性の酢を入れては中和してしまうのではないですか?

過去の質問を検索したところ、「中和時に泡が発生しそれで汚れを浮かす」とありました。
確かにそれだと排水口など、手の届きにくいところなら有効でしょう。

しかし、換気扇など頑固な油汚れに対しては、酢を使わず重曹のみに長く浸すほうがよいのでは?
どちらがいいのかわかる方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは♪
大阪でハウスクリーニングのお仕事を
営んでいる者です(^^ゞ


換気扇のクリーニングの時は
お湯(熱ければ熱いほど、とれます)に
その業者によって、エコ洗剤や、アルカリ洗剤など
入れて、差込ヒーターという
水を温める棒を差し込んだまま

浸けおき(1~2時間程度)
その後、ブラシやスポンジ等でこすります。

知っている業者さんで、お湯に重曹を2袋くらい
入れて浸けおきしていますが

お酢を入れるなどはしませんね。


やはり、酢+重曹は 一般家庭などで
排水口など、洗いにくい所に使うようですが

一体化してしまうと中性になってしまって
意味はないようですね(^^ゞ


では、参考までに♪


大阪のエコハウスクリーニング
Angelic-エンジェリック-
http://angelic-eco.mond.jp/

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qお風呂の白い石膏のようなかたまり、汚れ?

お風呂に、白い石膏のようなかたまりが薄くついています。
その汚れを取る方法を教えてください。


結婚してすぐに体調を崩し、実家で一年ほど療養し、
自宅に戻りました。

すると、お風呂の扉や、イスや鏡などに、白い汚れがたまっていました。
以前、テレビで“界面活性剤の蓄積”と言っていたような気が...(記憶が定かではないですが。)


これは、結局、何の汚れなんでしょう?
ブラシなどでこするとだいぶ落ちますが、全部取り切るにはすごく大変です。

そこで、その汚れを浮かせたいと思い、
手持ちのセスキか、クエン酸は効くのかな?と、悩んでいます。

もしくは、このどちらでもなく、
この汚れに有効な成分のものがあるのでしょうか。


この汚れの正体を知っている方、
落とし方がわかる方、
セスキとクエン酸に詳しい方、
居りましたらお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

白い石膏のようなかたまりはカルシウム成分です。これですとクエン酸で溶けます。水溶液で洗うだけで落ちない場合は何回も繰り返します。

クエン酸は強い酸ではありませんから下地を冒すことはほとんどありませんので水を加えてネバネバ状にしたものを塗りつけてしばらくしてから水洗するのもよいです。下地が心配でしたら目に付かない個所でお試しして下さい。

なお風呂ですと石鹸かすや油脂成分の汚れもあるでしょう。これらはクエン酸とは反対のアルカリ性の薬剤で落とせます。セスキは重曹と同じようなアルカリ薬剤です。

大ごとにはなりませんがクエン酸に重曹等を混ぜるようなことは止めましょう(この場合ジュワジュワと泡が出ますがこれは炭酸ガスで危険なものではありません)。
【注】トイレ用の酸性洗剤と風呂/台所/洗濯機用の塩素系洗剤を混ぜると猛毒の塩素ガスが発生して大変危険です。

Q重曹を使った蒸し物に、酢を入れる理由は、なんですか。

饅頭や、蒸しパンのレシピに酢を入れるものがありますが、その理由はなんでしょうか。
入れないとどのような不都合がありますか。

Aベストアンサー

重曹に酸を加えると炭酸ガスが発生するからだと思います。生地を膨らませるために炭酸ガスを利用するのは良く使われる方法ですが、重曹の場合は酸との化学変化でガスを発生させるので、必然的に酢も同時に使うという事でしょうね。


人気Q&Aランキング