はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

ロウソクの沸点と融点を教えてください。
ネットで調べたのですが、融点は60℃から100℃と幅が広く、沸点は見つけられませんでした。

よろしくお願いいたします!

A 回答 (1件)

沸点とか融点とかは純物質の相変化するものです。


ロウソクはパラフィンの混じり物ですから融点に幅があります。(逆にシャープに特定温度で融けることが物質の純粋さの証明になります。)いろいろな融点のものの重ね合わせという面と、混合による凝固点降下の効果が混じりあいます。
さらに加熱すれば沸騰はあるかも知れませんが、一部の成分は沸騰前に気化して抜けているでしょうし、一部は分解するかも知れません。(良くわかりません)
あまり明確定量的でなくて済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりすみません。

お礼日時:2008/11/13 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロウソクって何でできてる?

今のロウソクって、パラフィンできてますよね?
パラフィンが主材料となる前は、何で作ってたんでしょうか?
ずいぶん昔から、ロウソクは使用してましたよね。
江戸時代のロウソクとか、何で作ったたのでしょうか?

あと、
パラフィンって石油系の材料だから、ケーキとかに立てたりするのは、あんまりよくないような気がするのですが・・・。
その点、昔のロウソクは、天然材料でしょうか?

Aベストアンサー

「和蝋燭」で検索してみると、古くからのろうそくの情報が得られます。
ハゼの実が使われるようですね。
私は、魚油のろうそくを見たことがあります。
これは、明かりをつけると結構おいしそうな香りがした記憶があります。

Q蝋は固まるまで同じ温度ですか

水は沸騰すると100度で安定していますが、蝋は臭うほど過熱しないで溶けているときには一定の温度なのですか。

Aベストアンサー

熱伝導性の違いもあり温度のムラが大きくなることもありますが、
温度のムラを生じないくらいゆっくり加熱/冷却する場合で、固体と液体が共存している状態では一定の温度を保持します


人気Q&Aランキング