A 回答 (2件)

ミクロネシアを含むアメリカは18歳(成人)未満の飲酒や酒の購入は禁止されています。

違反すると逮捕ですネ。
スウェーデンでは18歳から店内での飲酒は可能ですが、酒屋で酒を購入できるのは20歳からです。
イギリスでは16歳からバーで働くことを認められており、また、akopops(ジュースやレモネードにアルコールを加えた子供向け飲料)も販売されています。
ドイツやベルギーでは子供向けビールが販売されていますネ。
法律上の問題のほかに、宗教上の問題もあります。イスラム教では飲酒は全面的に禁止事項です。従って、中近東やインドネシア・マレーシアなどの国々では法律以前に宗教上の理由から、未成年のみならず、大人も含めて、飲酒は禁じられています。マレーシアやエジプトのように旅行者は飲酒を認めるというところもあれば、イランなどの中近東諸国の多くでは、旅行者を含めて全面禁酒というところもあります。
現在、タバコに次いで、アルコールの害を追及する動きが強まっています。WHO等の試算ではアルコールによる健康被害や経済的損失はかなりのものであるということが示されています。
自動販売機で酒を買うことができ、店でも身分証明の提示なしで酒を買え、さらに、2003年には酒類販売を自由化するという日本は世界の流れに逆行しているようです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

詳しくは知りませんが、


水よりお酒のほうが安い国などは、子供でも
お酒を飲んでいると聞いたことがあります。

フランスなどでも、水代わりにワインを
子供のころから飲んでいるという話もありますね。

真偽の程は保証しませんが・・・(苦笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報