人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

パンジーの花を食べる虫がいるのですが目に見えません。  プランターにはナメクジがいたので、ひとつひとつ取り払い、ナメクジ用の駆除剤も撒きました。  玄関にあるプランターのパンジーはその後無事でいるのですが、裏庭のプランターと地面に植えたパンジーは毎日食べられています。  そこにもナメクジ駆除剤を撒いてあるのですが効果がありません。 ナメクジは見当たりません。  他の虫も見えません。  どうしたらいいでしょうか。  地面にパンジーと一緒に植えてある他の花は食べられていないのです。   どなたか助けてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No1です。



実際の虫を見なくちゃわかりませんが、ナメクジ以外で考えられるのは
No2さんと同じくヨトウムシだと思います。


質問者様のお住まいの地域がわかりませんが、
ナメクジが活動してるとのことなので、比較的暖かい地域だとおもいます。
ヨトウムシにも種類はあるのですが
ハスモンヨトウは休眠しないので、温度があればこの季節でも活動します。

ヨトウは夜に活動するので、暗くなっってから、
懐中電灯でパンジーを照らせば、簡単に見つけられます。
捕殺してください。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

No.1の欄のお礼のところに補足を書き込んでしまいました。 
住まいは東京です。 暖かいですね、特に今年は。  他の方もおっしゃっていらっしゃるように今晩見てみようと思います。  ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 16:34

多分鳥が食べてます


私の家のパンジーも食べられてるのですが糞が落ちてたことからして
ヒヨドリが来て食べてるみたいです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ヒヨドリの糞って結構大きいですか? 2-3cmくらいで、あまり(はとのフンみたいには)べちゃべちゃしてないものですか?  何かのフンはプランターの近くに落ちていたことがあるのですが、この数日、フンは見かけないのですが、相変わらずパンジーの花びらはぼろぼろです。  ヒヨドリは極小の鳥ではないようですので、庭に来ていたらきっと気が付くとおもうのですが…  相変わらず原因がわからずに「?」の状態です。  回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/05 09:53

#5ですが、そうですか、犯人は分からずじまいでしたか。


ワラジムシやダンゴムシならすぐ目につきますので、きっと違いますね。
ナメクジもキラキラネバネバが残されていないのであれば違うでしょう。
となると、やはりヨトウムシやその他のイモムシ・アオムシ・ケムシ系統の可能性が高いかもしれません。
彼らは花にくっついて食べている最中だったら目につきやすいですが、茎にくっついているときですと、虫を探すのに慣れていない人ならなかなかその姿が目に入ってきません。大きくなったヨトウムシなら一目瞭然ですが、小さいうちは茎と見分けがつきませんからね。

とにかく、再度昼と夜に花をじっと観察して見つけ出すしかなさそうです。
なお、ケムシなどに対するスプレータイプの殺虫剤をかけると、大きくなったものは死にませんが苦しんで身もだえしたり、ブランと糸を垂らしてぶら下がったりしますので、発見しやすくなります。
一度お試しになってみることをおすすめします。
その際、エアゾールタイプのものは近くからかけると冷害を起こして花がダメになってしまいますので、離してかけることをお忘れなく。
ノンガス・ハンドスプレータイプのものだと近接散布の冷害の心配もないし安心ですね。
http://www.rakuten.co.jp/sundaysgarden/535816/53 …
    • good
    • 3

 おそらくムクドリまたはハトのような中型の鳥だと思います。

この暖冬ですから、虫も活動しているという可能性もありますが、パンジーの近くに小さな糞がありますか?1mmくらいの黒い粒が散乱していたらヨトウ虫です。ナメクジ駆除剤があればナメクジは全滅するはず。

 葉っぱではなく花専門に狙っているというところが鳥だと思います。食べ残しの花びらが汚らしく散乱していたら間違いないでしょう。
 パンジーの花にはミツが微量ですがあるので、その甘さを鳥が狙っているのだと思います。鳥ならネットで防ぐしかないですが、この時期は餌が少なくかわいそうなので許してあげてはどうでしょうか。3月になると爆発的に花が咲くしそのころは餌もたくさんあるので大丈夫です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

居間からすぐの屋外にあるプランターと地植えの花なので、鳥だとしたら目につくと思うのですが、鳥の可能性は低いような気がします。  さて、昨晩、他の回答者様からのアドバイス通り、懐中電灯を持って虫との「対決」をするつもりだったのですが、空振りに終わりました。  花・葉っぱに虫がたかっている事もなく、土も4~5cm掘ってみましたが、なにもみつかりませんでした。   ナメクジ駆除剤のせいかどうかわかりませんが、ナメクジが這った痕もないので、ナメクジは先日手で駆除した後、いなくなったようです。  でも今朝花をチェックしましたら、確実に食べられていました。   (今まで回答してくださった方々への報告になってしまいました。)  
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/01 09:09

あと、ダンゴムシやワラジムシの可能性もあります。


うちでは過去にワラジムシが何匹もパンジーに群がって食べ、花がきれいに開く前にみんなやられてしまったことがあります。

ワラジムシは腐った葉っぱなどしか食べないから害虫ではない、と書かれているサイトなどがありますが、あれは100%間違いです。こちらにはダンゴムシはまずいなくてそれらしきものはすべてワラジムシなのですが、全部のワラジがムシャムシャ食べるわけでもないようなものの、味をしめた連中なのか、とにかく夜になると花に群がってすごい勢いでむさぼり食べています。

ヨトウムシにせよナメクジにせよワラジムシにせよ、活動するのは暗くなってからですので、#4さんがお書きの通り夜に懐中電灯で照らしてみると犯人はすぐ分かると思います。

ヨトウムシやナメクジなら捕殺、ワラジムシやダンゴムシならそれなりの殺虫剤で対処なさるといいでしょう。とにかくまず犯人捜しですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ダンゴムシ、ワラジムシなど、虫が嫌いな私にはちょっとビビッてしまう名前ですが、今夜懐中電灯持って「対決」しにゆきますね。  ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 16:37

夜盗虫もこの寒さではね、


たぶん小鳥がついばんでいるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

暖冬のせいでしょうかね。  回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 16:36

多分、夜盗虫(読み仮名はヨトウムシ)、いもむしですね。

昼間は土にもぐって隠れているので分からないのです。周りを軽く掘ってみてください。見つかると思います。土と同じ色です。パンジーの花びらが大好物です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。  今晩、懐中電灯持って掘ってみますね

お礼日時:2007/01/31 16:35

パンジーの花びらだけの食害ですか?

    • good
    • 11
この回答へのお礼

そうなんです。 パンジーの花専門。

お礼日時:2007/01/31 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンジーにつく毛虫の予防法はありますか?

こんにちは。
お世話になります。

10月から会社の周りに12個のプランターを並べ、パンジーを育てています。
昨年の春は、そのプランターに毛虫(黒とオレンジの模様)が大量発生してしまい、泣く泣く処分する事になりました。

今年はもっと長くお花を咲かせておきたいので、
発生する前に何か予防策があればやっておきたいと思います。

とはいえ、会社なのでお休みの日は手入れも出来ませんし
休み時間外世話をしているのであまり時間も掛けられません。

何かよい方法がありますでしょうか?
また、発生してしまった場合の対策法がありましたら教えて頂けますと
幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その、黒とオレンジの虫は、たぶんツマグロヒョウモンとゆう、最近では珍しくなった、チョウチョの幼虫です。
蝶は結構キレイなんですが、あの毒々しい色の幼虫をはじめて見られたのなら、さぞやビックリされたことでしょう。

でも鳥に、「毒あるぞぉ~、わしを食べてもマズイぞぉ~」っておもわすために毒々しい色をしているだけで、実際毒はありません。
なので、手でさわっても大丈夫です。まぁ、触りたくないでしょうけど。


で、予防方法はネットかけて、蝶を近づけないか、薬剤(粒剤)に頼りしかありません。

オルトランぐらいでも死ぬとは思うのですが、、パンジーのツマグロヒョウモンの登録は無いのです。つまり、農薬取締法にヒッカカるのです。まぁ個人で使用するには問題はないのですが建前上はオルトランなどは、パンジーのツマグロヒョウモンには使えません。

私的には、12個のプランターのうち、1~2個を「キッチン・パンジー」として、ツマグロちゃん専用食堂として、諦めていただきたい。
見つけ次第、パンジー食堂におつれして、接待してやっていただきたいのです!
よろしくおねがいします。

その、黒とオレンジの虫は、たぶんツマグロヒョウモンとゆう、最近では珍しくなった、チョウチョの幼虫です。
蝶は結構キレイなんですが、あの毒々しい色の幼虫をはじめて見られたのなら、さぞやビックリされたことでしょう。

でも鳥に、「毒あるぞぉ~、わしを食べてもマズイぞぉ~」っておもわすために毒々しい色をしているだけで、実際毒はありません。
なので、手でさわっても大丈夫です。まぁ、触りたくないでしょうけど。


で、予防方法はネットかけて、蝶を近づけないか、薬剤(粒剤)に頼りしか...続きを読む

Qパンジー・ビオラの害虫?被害について

今秋に苗から植えたパンジーやビオラの花弁が、虫に食われたように欠けています。見たところアブラムシなどの害虫は見当たらないのですが、一応、数回「害虫と病気に効く」という殺虫剤を散布していますが、気が付くとせっかく咲いた花がまたかじられた様になっています。
原因と対策をご存知の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

原因として
ナメクジ・カタツムリ
ダンゴムシ
バッタ


蕾が小さい時にナメクジに食われたのではないかと思われます

殺虫剤はナメクジには効果が有りません
今は寒いので野外では冬眠しているでしょう
暖かくなったら専用の駆除剤を使ってみてください

鳥も花を食べることがあります
ヒヨドリとかが咲いた花をついばんで食べてしまうけど
どんどん食われてなくなりますよ
一つの花で被害が拡大するのなら鳥かも

Q鳥?パンジーの花が摘まれてしまう

プランターに育てているパンジーなのですが、
ここ最近、花びらだけが摘まれてしまうんです。

実は隣家と我が家の間に塀が無いのですが、
隣家の果樹(金柑など)が何本かうちに隣接
(中にははみ出ている^^;)していて、
最近ムクドリなのでしょうか...?
鳥がすごい時は、何十匹と停まっているんです。
GD-Rをぶら下げたりしているのですが、おかげでうちも糞だらけです。

パンジーも、他に子供に悪戯されたりという事は無いので、
もしかして鳥の仕業かと思います。

せっかく芽がいっぱい出て花が咲いても、
すぐ摘まれてしまいます。どうすればいいでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

鳥の被害だと思います。
寒い時期は、鳥のエサが少なくなるので、苗や花芽、南天などの実を食い荒らします。
なぜか、12~1月よりも、2月頃の被害が多いですね。
一般的には、ヒヨドリの被害が多いみたいです。
(こいつは、夏の間は、果樹を狙ってきます。)

CDなどは、鳥が慣れてしまうと効果が薄くなります。
暖かくなってくれば、他に食べるものもでてきて、被害はなくなってきますので、
それまでの間、プランターにネット(網戸ネットの古いものとか)や、園芸用の不織布などをかけて防除するしかないですね。
縁は洗濯バサミなどで止めておくと、風でめくれなくていいですよ。
がんばって、鳥対策してくださいね。(^^)

Qダンゴムシって害虫ですか

初心者的な質問ですみません。
最近は夜な夜なナメクジ退治に奮闘しているのですが、ダンゴムシもナメクジと同じように花にくっついてじっとしている姿を大量に見かけます。
それって、食事してるって事でしょうか?
昼間は数えられる位しかおらず、子供たちがダンゴムシを見つけては喜んで遊んでいるので、できれば今のままにしてあげたいのですが、もし害虫だとしたら花も大事なので退治したいです。
小さい子供がいるので、薬をまくという事もできません。また、大量に死んでいる姿も見せたくないです。
何か良い方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

害虫ですかと言われると駆除剤が売られていますから害虫です。
検索して調べてみると草花の芽や木の新芽を食べる食害虫だそうです。

我家は根切り虫(どうやらコガネムシの幼虫らしいのですが)の
被害が酷く殺虫剤を撒くとダンゴムシも大量に死にます。

殺虫剤の効能にはダンゴムシも入っているので当り前ですけど。
私が観察している限りに置いては枯葉など食べている姿は良く見かけす。
生きた葉は食べている様には見えないのですが・・・



害虫のページ
→http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/gaichu17.html

日本ダインゴムシ協会(??面白のでついでに)
→http://homepage2.nifty.com/e-mon/dango/

Q庭でガーデニングをしている方、虫対策について教えてください!

この春から、庭(一戸建て)で本格的にガーデニングを始めました。
大きな花壇やたくさんのテラコッタなどがあります。
ガーデニングを始める際、腐葉土の混じった土を使いました。

この腐葉土が原因だと思う(今になって分かったのですが)のですが、コバエ(ハモグリバエ)が大量に発生してしまいました。
気づいたころにはもう葉っぱのうらにたくさんのハモグリバエの幼虫の跡があったのです。。。

恥ずかしながら、虫のことについて何も知らずに、何も気づかずに植物の世話をしていました。

色々な情報を集めた結果、最近では、オルトランを撒いたり、手で地道に幼虫の駆除を行っています。

しかし、今日、玄関の外のランプを夜何時間かつけていたところ、ライトにびっしりそのコバエが集まっていたのです!!!
玄関の壁、天井一面びっしりでした。
慌ててフマキラーで退治しました。

とてもショックです。こんなに虫を発生させていた(去年はこんなことなかったので、やっぱりうちの庭が原因だと思います。周りの家はガーデニングなんてほとんどしていないし。。。)とは考えてもいませんでした。

気持ち悪いのは当然ですが、きっとご近所に迷惑をかけていると思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ガーデニングをしている方(特にベランダなどではなく、もっと大規模に)はこのような虫にどう対処しているのでしょうか?

やはり、発生する前に色々な対策をなさっているのでしょうか?
でも、ガーデニングの規模が大きくなるにつれて、対処するのも大変になりますよね?
やはり、少しの虫は我慢するのでしょうか?

ご近所に迷惑かけることを考えると、大好きなガーデニングをこれから続けていけるか。。。どうしよう。。。。

今日の虫はとてもショックでした。
皆さんの対処法、予防法、駆除法、ご近所様への影響などについて、経験談や意見などを教えていただきたいです。

どうか、よろしくお願いいたします。

この春から、庭(一戸建て)で本格的にガーデニングを始めました。
大きな花壇やたくさんのテラコッタなどがあります。
ガーデニングを始める際、腐葉土の混じった土を使いました。

この腐葉土が原因だと思う(今になって分かったのですが)のですが、コバエ(ハモグリバエ)が大量に発生してしまいました。
気づいたころにはもう葉っぱのうらにたくさんのハモグリバエの幼虫の跡があったのです。。。

恥ずかしながら、虫のことについて何も知らずに、何も気づかずに植物の世話をしていました。

色々...続きを読む

Aベストアンサー

園芸を始めると、害虫や病気に悩みますね。
でも、効く薬はありますね。
園芸を数年前にはじめて、分からないことが多くて、園芸の学校に行っていますが、ナメクジ退治で何種類もの薬やビールやコーヒーを試しても駄目で、ナメクジの被害を受けないバラに切り替えました。
が、学校でナメクジ対策用の薬を知って、今までの努力が何だろう、と思いました。
これからも園芸を楽しむには、噴霧器を購入して消毒が必要になりますね。買いましょう。
お隣さんには、コバエが多くて消毒しますので、と、一言お声をおかけになった方が宜しいですね。
私のお隣は無農薬とのことで、消毒を言えず夜遅くこっそりとしていました。(音が出ますが)がお隣から・害虫等の悩みを聞き、消毒しましょうか?と言いましたら、指定した木や花への散布を頼まれました。
1日に1時間も点検できないなら(細かにみて、虫を潰せない)、薬を使うしか有りません。(野菜・果樹・バラ等)
長い名前ですが、ハダニ・ハモグリバエ・コナジラミ・コロマイト乳剤30ml・820円が、一番良い様に思います。北興産業となっています。
噴霧した後残ったら、水を足し薄くして、土壌に撒きましょう。
園芸は楽しいのですが、ツルバラが多いため、お隣に枝が侵入します。
迷わず、切るなり、引っ張るなりしていますが、目が離せません。
お互いに、素敵な庭を作りましょうね。

園芸を始めると、害虫や病気に悩みますね。
でも、効く薬はありますね。
園芸を数年前にはじめて、分からないことが多くて、園芸の学校に行っていますが、ナメクジ退治で何種類もの薬やビールやコーヒーを試しても駄目で、ナメクジの被害を受けないバラに切り替えました。
が、学校でナメクジ対策用の薬を知って、今までの努力が何だろう、と思いました。
これからも園芸を楽しむには、噴霧器を購入して消毒が必要になりますね。買いましょう。
お隣さんには、コバエが多くて消毒しますので、と、一言お声を...続きを読む

Q花壇などのナメクジやダンゴムシなどについて・・

うちの庭や花壇(とくに花壇!)に気持ち悪いほどのナメクジやダンゴムシ、あとヤスデ(?というんでしょうか・・ムカデのようなゲジゲジした虫)最近ではアリ、わけの分からないケムシなどが、数え切れないほど沢山います。
花や葉にまでついているときもあるほどです。
これらの虫は植物や人に対して、害はないのでしょうか?
こどもが分からず触ってしまうこともあるので心配です。

退治する薬などを使おうかとも思ったのですが、植物に害はないのでしょうか・・?
花壇などは密集しているので、植物に当たらないようにまくのも無理があると思います。

なにかいい対策はないでしょうか?

Aベストアンサー

minaminatoさん、こんにちは。
なめくじやダンゴムシが沢山いる花壇は、きっとお花も綺麗に咲いているのでしょうね。お子さんがいらっしゃるという事なので、気になって回答させて頂きます。

他の方が既に言われているように、そのムシに合った薬剤を使用すれば、虫を減らすのは簡単です。ただ、お子さんがお庭に出て遊んだりするのであれば、薬剤ほど効果てきめんではありませんが、ハーブ系の植物を原材料にして作られた「虫くんバイバイ」というスプレータイプのものをお勧めします。(ハーブ系の植物って、なぜか虫がつかないんですよね。)

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qなめくじの駆除~初心者です。

テラコッタに寄せ植えされた花(マーガレット、ネモフィラ、サフィニア)
を購入して育てています。

購入後二週間した頃、大雨でマーガレットが傷んでしまいました。
傷んだ花を摘み、茎や葉っぱも日々伸びてきたので、剪定したりして手入れをしていました。

虫が多く飛んでいたり(毛虫もいたので退治)、葉っぱが食べられていたのでネットで検索して、オルトランを購入し散布して様子をみていました。栄養剤も与えて花数も増え順調だと思っていたのですが今日になって、なめくじが大量?発生していました・・・・。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

花が好きで、やっとガーデニングを始めたのに、次から次へと問題が出てきて早くも挫折してしまいそうです。

ご回答宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なのは捕殺:大嫌い・気味が悪いですが、大事な花や実の敵ですから、目をつぶって天誅と心で叫びながら退治!

朝夕の小まめな点検で、見つけたら、速攻で割り箸orピンセットで捕まえてレジ袋に入れ、ゴミ出し時に一緒に捨てます。


◇仕掛け型:じっくりと取り組むと漢方薬のように徐々に少なくなり、やがて見かけなく成ります。
そして気味の悪いナメクジ・大事な花を食い散らす天敵→仕掛けに掛かっていると段々と獲物の掛かっている喜び、!快感に!
その方法とは・・・
夕方に、バナナの皮・メロンの皮・スイカの皮・リンゴの芯・桃の芯等の果実を食べた後に果肉が少しついた状態で鉢やプランターとか草木の株元において置く。

早朝に見回ると、ナメクジ・ヨトウムシ・ダンゴムシ・ヤスデ・蟻が食いついていますから、レジ袋に回収しゴミ出し。
また、果物が少し効果が薄れた頃には、アイスクリームやヨーグルトのカップを仕掛けても効果がありますので、まさかグルメだったり偏食や飽きが来るのではないでしょうが、交互に繰り返すのも良いのではないでしょうか・・・
ビール缶は、人間と違って銘柄・種別を選ばないと思いますが、あんまりナメクジには人気がないように思います。<入っているのは、蟻やヤスデ、ダンゴムシが多い)
姿を見るのが苦手・ダメと仰る向きには、トングのような火バサミがホームセンターにありますので、ゴム手袋とレジ袋と火バサミを用意して、仕掛けごと入れてゴミ出しすれば良いのでは・・・


◇忌避効果:原理は分かりませんが、プランターや鉢に株元周辺に散布すると翌朝には余り見かけません。

ニンニク・唐辛子を入れた竹酢液、無ければ焼酎をナメクジと出没する土壌にに吹き付ける。


◇駆除または退散:園芸店やホームセンターで用途用法を確認して使用。

ナメキールorナメトックスをばら撒いておく。※商品名はメーカーで異なる。
初回は効果的だったようですが、相手は土壌の中からドンドン出て来ますので、まるで地球と戦うような観があります。
根気よく、駆除と予防<日照・風通し・葉っぱや堆肥の清掃で発生させない増やさないのがポイント>



ナメクジさんよサヨウナラ!
大切な草花・野菜を守るのは私の使命、その花や実を楽しめるのは、嫌な仕事(ナメクジ退治)への天からの報酬です。


※参考記事

http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/030.htm

http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html

http://www.iris-saien.com/buz/p02.html

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なの...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q花がすぐに枯れます

 花がすぐに枯れる人っていますよね?
 私もその一人です。肥料も書かれている通りにするし、毎日水やりもします。
 日当たりも書かれているようにして、底に水がたまらないように水はけも良く、プランターで栽培します。
 
でも大方、すぐにかれてしまうのです。
これってどうしてなのでしょうか?
すぐ枯れてしまう人って、花木と相性が悪いのですか?それとも運が悪いからそこに影響が出てしまうのでしょうか。

 どうしたら長く咲かせることが出来るのでしょうか。
 簡単に栽培できるものを教えてください。一度挑戦してみたいのです。
 それで枯れたら運が悪い人なんだと思うようにして諦めます。

Aベストアンサー

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれています。植物の根っこは水分や養分を吸収するだけでなく、空気から酸素をとりこんで呼吸もしています。水やりをすると土の中の空気が押し出されていったん水分で満たされます。そして植物の吸収や蒸発で水分は抜けていき今度は新しい空気が土の中に入ってきます。毎日水やりでは水分ばかりで根は吸収しきれず、空気がないので根は「窒息」状態になり「根腐れ」が起こるわけです。
水の好きな植物や生長の早い植物では、このサイクルが早いので水やり間隔を短く、乾燥を好むものや冬の休眠期などは、水やり間隔が週一回とか長くなるのです。なので水やりの原則は、鉢土の表面が乾いたらそこから勢い良く流れ出すまでたっぷりと、なのです。水やりは毎日の食事ような「日課」にしてはうまくいきません。

肥料についても食事ではないので、ルーチンでやってはいけません。植物がどんどん大きくなるときや、花が次々咲くとき肥料をやり、弱っているときや休眠期には一切やらない、です。特に肥料が濃い状態だと根を傷めてしまうので、液体肥料は濃度を、固形肥料は撒く量を守ることが大事です。

水やり以外の要因で「すぐに枯れる」というのは意外に少ないものです。運や相性では植物は育ちませんよ。日々接しているとそのうち「水をほしがっている」「暑がっている、寒がっている」なんて、植物の「気持ち」がわかるように(笑)なってくるもんです。ベテランだって最初は初心者、かくいう私も枯らしたものは数知れず(多くは水やりの失敗)! 質問者様も失敗を恐れず、お花に数多く接していってほしいと希望します。

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング