プロが教えるわが家の防犯対策術!

 大人の人が、若者に対して「情けない」と言う心理は、ルサンチマンの心理でしかないか否か、が答えていただきたい質問です。
 最近の若者は情けない、と言われます。しかし、そんなに情けないことはいけないことでしょうか。頑張って生きてきた大人の人は、ゆるりと生きている今の若者に対して、ただ憧れているだけのような気がします。
 確かに、大人の人が努力してきたおかげで豊かになったし、それは大事なことだと思います。ただ、それだけではないのではないのでしょうか。お金持ちでなくても幸せは感じられるし、最低限のことをしていれば世界は終わったりしない。豊かになって救われる命もあるかもしれないけれど、今の大人を見ているとそのような他人の為に努力しているとは思えないんです。
 僕が考える、大人の人が若者に対して「情けない」と言う心理は以下。昔は嫌なことでも努力させられました。一方、努力すると褒められました。そんな状況が昔にあって大人の人は努力してきました。そんな他人の評価にこだわり続けたり、嫌なことをしてきた自分を納得させるために、自分の好きなように生きている若者をけなして安心する。ただそれだけのこと。努力することそのものの価値、伝えたい価値があるのなら「情けない」と言うことによってではなく、その伝えたい価値を語りだせばいい。それをしないのは、若者を否定して自分を肯定して安心したいだけなのではないか。

大人の人が若者に対して「情けない」という心理はルサンチマンでしかない、という考えに対しての意見を述べていただきたいと思います。
(僕は若者です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中1~10件)

>  努力のほうに若者を向けたくて言っているのかもしれません。

でも、少なくとも僕はその言い方に健全ではないものを感じ取ってしまいます。それは怨恨ではないか、というのが質問の意図です。

では、逆に伺いましょう。

あなたが、「大人」に対して、「大人の人が若者に対して『情けない』という心理はルサンチマンでしかない」と、いうのは、あなたの「ルサンチマン」でしかない、という、私の仮説に、あなたはどうお答えになるでしょう。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%EB …

要するに、あなたの言っていることは、そのままあなた自身のやっていることに当てはまります。あなたが、その「大人」の言辞を「ルサンチマン」というのであれば、あなたの言っていることこそ「ルサンチマン」のカタマリのようなものだし、「若者とか言って一緒くたにするんじゃねぇよ」と思うのであれば、それは「大人」と一般化してこの「質問」をしている、あなた自身に言えることです。

あなたの、「補足」に対して回答するならば、あなたのいう怨恨、「ルサンチマン」を溜め込んでいるのはあなたのほうです、ということになります。

私も多くの回答者と同じように、あなたは哲学的な思索により、一般的な問いとしてこのような「質問」をしているのだと思っていたのですが、特定の「大人」の、特定の発言に、単に腹を立てているだけのようですね。少々用法がおかしいとはいえ、「ルサンチマン」などという、いまどきの若者には珍しい、哲学的な言葉にちょっとだまされていたようです。

あえてもう一度申しますが、あなたのその「若さ」を、そのような「ルサンチマン」のために、こんなところで牙をむいて浪費しているとは、大変に惜しいことです。それこそ、なんと情けないことか。

この回答への補足

僕は不勉強なのでルサンチマンの歴史的なつかわれ方を知らずにこの言葉をつかったのでなんだか今は後悔しています。この言葉をつかうことで何だか頭が良くなったような気がしたかったんだと思います。
僕がこの言葉をつかおうとするとき、意味するのが「価値の転倒」です。本当は自分では羨ましいと思ってはいるが、どうしようもないことがあって、それを見下して優位に立って納得安心する。ルサンチマンの例として「狐と葡萄」の話を聞いていて僕はこういう定義をしてしまっていました。あの例には隷属関係だとかそういうのはないので。
情けないと言う大人が楽をしている子供を実は羨ましいと思うところがあって、でも今の自分から抜け出せない状況があるから「子供は情けない」と言って見下して優位に立つ。このときこの大人は僕の言う意味で(間違っているかもしれませんが)ルサンチマンに駆られているといえると思います。

その意味でルサンチマンという言葉を考えると「大人の人が若者に対して『情けない』という心理はルサンチマンでしかない」と言ってしまう僕の心理はのルサンチマンでしかない」という仮説に僕は、「違うような気がします」と答えます。
僕は「情けない」と若者に言う大人になんら憧れ魅力を感じません。このように言い切ってしまう事自体ルサンチマンであるかもしれないのですが、一通り考えてみてもなんら良い事を思いつかないし、最初から魅力を感じていないんだと思います。また一方そのような大人を見下し否定して僕は優位に立とうともしていません。「ああ、なんか言ってるなあ。」って思うだけです。彼らを否定して新たな道徳的な価値観を創出しようとも思っていません。牙を剥いているという感覚でもありません。これも実はやせ我慢して言っているだけかもしれませんが。だからanachronismさんの仮説に対しては「違うような気がする」と言うにとどまります。
それと、大人全てにまで一般化してなどいないつもりです。あくまで「情けないと言う大人」がどうしてそのように言うのか。僕も尊敬できる大人がいることは知っています。僕は哲学的な解答を求めてこの質問をしたわけではありません。情けないと言う大人がどんな心理でその言い方でもって言うのか、その単純な気持ちを、ルサンチマン以外にあったら、聞きたかったんです。それをルサンチマンという言葉で本当に勘違いさせてしまったのなら、僕がこの言葉をつかうべきではなかったんだと思います。
あと、この質問をすることで若さを浪費しているとは思いません。いろいろ考えながらこの文を書いています。きっと役に立つ、いろいろ。

もう一度聞いておきます。
大人の人が、若者に対して「情けない」とその言い方で言う心理は、ルサンチマンの心理でしかないか。他に何かあったら教えていただきたいと思います。

補足日時:2007/02/13 22:56
    • good
    • 0

他人を情けないという人は、自分が情けない存在ではあろうはずがないと過信しています。

ですから自分を棚にあげて他人を批判できるのです。成熟した人間は、自分がどれだけ情けないか知っている人です。

成熟するためには、やはりいろんなものから知識なり経験なりを吸収してゆくことでしょう。いつもと同じような顔ぶれの人間とつきあい、いつもと同じような本を読み、いつもと同じようなことをしていては成熟は望めないのではないでしょうか。

残念ながらこの国には成熟した人間は少ないと思います。いや、別の国だってそうかも知れません。人間が成熟してゆくのは、大変困難なことのようです。どれだけ知識を増やし、経験を積んでも、あっというまに年をとってしまいます。もしかしたら成熟する必要などないのかも知れませんね。人間はみんな未熟で、互いに競い合い、争うしかのうのない存在であることを宿命づけられているのかも知れません。

もし地球上の人間が、すべて成熟したのなら、この世界は、大変素晴らしいものになるでしょう。いまこの世界が、戦争や貧困のある残酷な世界なのは、すべて人間が情けない存在であるからです。

ですから若者が情けないのは、確かであるし、それを指摘する大人も同様なのですから、若者も大人に対してもっと情けなさを指摘してもいいと思います。

大人の人が若者に対して情けないという心理はルサンチマンでしかない、という考えは、ちょっと違うかも知れませんね。
    • good
    • 1

こんばんわ。


未熟な大人が多すぎるんですよ。 
ではなぜ彼らは成長できなかったか??

まあ、それはよくわからない。より多くの人とのふれあいがなかったからかもしれない。

こういう大人がいる。自分に向かって吠え立ててきた犬に向かって、人間に向かって吠えるのは、けしからんと、吠え立て返して向かっていった。そして噛まれてしまった。犬が吠えるのは自然の摂理であったのに。犬を若者としてみると面白い。


こういうことも考えられる。自分が情けないから、他人が情けないと自分の嫌な面を見せられているようで腹立たしい。

そんなとこじゃないかな。質問者さま、いい加減でてきてくださいな。そして締め切ってくださいね。この問題は永遠の課題なので、収拾つきませんよ。
    • good
    • 0

shun6066さんは、私の回答をご覧になってないようですが、他に気にしてみてらっしゃる方も居るようなので、追記します。



>今、「若者」でない「子供」がたくさんいます。大人の評価に依存し>て、大人の言うことを何も考えずにただそのまま受け入れて何かをし>ている子供。こういう心性の延長線上には、アル中や虐待がありま>す。そんな状況が良くないものだったなら、そんな子供に無自覚に「情>けない」と言うことは良くないことではあります。

shun6066さんは、自分や世の中を客観的に見る能力は、あるようなので、それだけでも、私の後輩より全然マシですよ。
私の後輩は、自分の言動に全く責任感がなく、後で指摘すると必ず「そんな事、言いましたっけ?」とか「そんな事してないですよ~」と言い、それだけでも私には、ミラクルな対象です。
それでも私が1年間うるさく言い続け、お尻をたたき(別に苛める事が私の目的ではないので、私としては言いたい事の6割程度しか、言っておらず、後輩は一見、わかったような返事をしますが、実質、理解しているのは、その半分程度だと認識しています)、少しは成長がみられますよ。たぶん、私と関わった1年間で、それ以前の彼女の3年分は成長していると思います。
本来なら、いちいち他人に言われなくても、身につけていて当然と思われるレベルですけどね。

確かに自分の事しか、考えられなくなっている大人も多いですよね。
現代人に不足しているのは、想像力です。
日常生活で脳をフル回転させていれば、脳トレゲーム機なんて必要ないんですよ。仕事、家事、日常の雑多な用件を上手に片付けるには、多くの想像力が必要なのに、そういう肝心な所で脳を使わず、ゲームでトレーニングするなんて、愚の骨頂としか言い様がないと思います。

shun6066さん、あなたも、いい素質を備えていますよ。
是非、その能力を生かして、世の中を少しでも、良い方向に持っていけるように協力してくださいな。
世の中を変えるのは政治家や有名人だけでは、ないのですよ。
何でも世の中のせいにしたり、他人事と思うにはやめにしませんか?
今の日本は、幕末と同じだと思っています。
高度経済成長期や、バブル経済の名残で、長く平和で安穏とした時代が続いていました。その中で、私も、あなた方も育ったんです。
でも、鎖国という一国の中だけで完結していた時代は社会主義国の崩壊と共に終わりました。
日本の高度経済成長期を支えた製造業の多くは、人件費の安い東南アジア圏に移り、今の日本には、何の資源も無く、人的財産しか、ないんです。
日本は今、嫌がおうでも、世界競争の中に投げ込まれ、多くの企業が生き残りを掛けて戦っているのが、ちゃんと見えていますか?

私は前述の後輩と関わってから、日本はすぐ中国に追い抜かれるだろうなと予測していましたが、まさに今朝、TV番組で報道されていました。たぶん、GDPかと思いますが、朝の身支度をしながら、何気なく聞いていたので、正確な情報ではないですが、後進国であったはずの中国が15位(?)日本は24位となっていたと思います。
私の予測より、はるかに早い時期です。

shun6066さんや、私の後輩は、多くの人生の先輩たちが築きあげてきたものに安穏とおんぶに抱っこしているに過ぎないんですよ。
私は3年くらい前に下町(最も日本らしい土地であるはず)であるはずの上野の回転寿司屋さんに、人に連れられて入り、従業員が全員、外国人である事に非常に違和感を覚えました。
一番、日本の食文化と思われるのに、外国人ばかりで経営していけるという事実に・・・・。

今、あなたが当たり前・・・と思って享受している便利さの数々は、あなたが反感を覚えているであろう、多くの人生の先輩たちが、そのまた先輩達に「そんな事、無理。できるわけないじゃん」と言われたことを、地道にひとつひとつ問題をクリアし、築きあげてきたものなんですよ。

そんなに、くら~く考えず、もっと自分の持つ能力を生かして、生かされている喜びを実感してください。
嫌な人間も沢山いるでしようし、嫌な事も沢山あるかもしれません。
それは反面教師にすればいいんです。
でも自分の目の、心の持っていきようで、世の中には、沢山、面白いことや楽しい事もあるってこと、実感してください。
これを実感するためには、自分の努力も必要なんですよ。
何にもしないで、他人がお膳立てしてくれるものではありません。
今の無気力感ただよう若者には、自分の五感をフル活用して、ちゃんと生きている実感を味わって欲しいと思います。
そしたら、世の中、楽しいですよ~!!

私は今、あらためて京都にハマってるんですよ。
若い頃に、修学旅行などで、強制的に見せられたものと違って、感動するんです。
何の機械もない時代に、何千、何万という人々が、気の遠くなるような時間を掛けて、築き上げたものが、数百年後も存在し(復元もありますけどね)全く違う時代に生きている、たった一人の人間を感動させるという事実に・・・。ロマンを感じませんか?

今、自分の事しか考えられないオトナには、芥川龍之介の「雲の糸」を是非、読み返して欲しいですね。
情けは人の為ならず。
先人の知恵を生かし続ける日本であって欲しいと心から
願わずにはいられません。
    • good
    • 0

こんにちは。

新たに書き込みがあったようなので、僕もさせていただきます。chacha7さんのおっしゃることはその通りだと思いました。僕は先日、父の法事で、20歳位のいとこにあったのですが、その幼いこと、幼いこと。正直あまりの無礼さに、翌々日まで憤りました。、、、ですが、chacha7さんに、よき先輩達がいらっしゃったように、僕もよい先輩として大目にみることにしました。暖かい目で見てあげること、が大切なんだと僕は感じました。これはあくまで僕個人の考えです。押し付けたりはしません。確かに情けない若者は増えたと思います。ですが情けない大人も増えていると思います。日本はあぶないと思います。

新たに書き込みがあったので、感じたまでを、、、、ですが、質問者さんは、見られていないようですね、、、。
    • good
    • 0

shun6066さんは、団塊ジュニア世代、もしくは真性団塊ジュニア世代と呼ばれる世代ではないかとお見受けいたします。

私は長年、接客業をしてきて、6~7年前くらいからかな?客層が変わってきたな~と、しみじみ思っていました。そうした中で昨年、転職した先で、20代後半の後輩の面倒を見る事になったのですが、大学を出ているにもかかわらず、あまりの精神的な幼稚さに驚愕しました。
他の方の回答にあるように、「若者が情けないっていうのは、太古の昔も、大人は若者を情けないっていっていた」という点は、私も理解したうえです。そして就職氷河期と言われる時代に社会人となり、リストラされる親世代?なども見てきたのかもしれません。そういう時代背景をどんなに割り引いてみても、とても大学を出た大人の女性とは思えず(驚かされた言動は数知れずで、私は二十歳と思い込むように努めて付き合ってきましたが、自分個人と比較すれば、15歳くらいの自分と一緒くらいかな?と思ってました)、これが今の日本の高等教育を受けた20代後半の女性なんだ、という現実を突きつけられ、私は絶望的な気持ちになりました。海外に住みたいなんて思った事もなかったですが、日本はヤバイな、と思い、将来的には海外移住も検討の視野に入れないといけないと思い始めました。
それくらい、情けないんですよ。決して頭が悪いわけではないのに、人として生きる事への責任感などが、あまりにも無さ過ぎるんです。こういう大人を育てた日本社会(ほとんど親の責任だと思ってますが)に、日本文化に愛着を持っている私としては、日本を離れて暮らしたい気持ちなど本来は無く、憤りさえ憶えます。
質問者様は、一時でも一生懸命、何かをやる事に歓びを感じた事があるとの事ですし、こういう質問を真剣に投げかけるだけ、まだマシだと感じます。私の後輩は、きっと何にも一生懸命やった事がないし、その先で得られる歓びも知りえないままだと思います。
心底、哀れだと思ってます。
いい素質を持っているのに、興味があるのは、寝ること(先輩の前でやたらと面倒くさいを連発するのも私には驚きでしたし、昼食後、電車での移動中、先輩の私が運転中、果ては自分がハンドルを握っている信号待ちに至るまで、寝るので、私は睡眠障害じゃないの?病院行った方がいいんじゃないの?とまで言いました。私が同じ年齢の頃より、ずっと楽な勤務内容にもかかわらず、なので)、美味しい物を食べる事、お酒を飲むことだけは一人前、常にトロい(他に表現のしようがない)のかと思ったら、長期休暇の遊びの予定を組んだりするのだけは、素早いので、私には、正直、ただのナマケモノにしか思えませんでした。
私は、陰でコソコソ言うのは嫌いなので、本人にも言いましたが、2~3年前までの私なら、2~3ヶ月で見切ってます。私には面倒を見る義理もないし、本人が自覚が無いものを、先で彼女がどうなろうが、私の知ったことではないし、私自身、そんな甘ったれた世界で生きてきてはいませんから。
腹が立って仕方がないのを我慢しつつ、本来なら、親が教えてしかるべるところから、面倒見たつもりです。
我慢に我慢を重ね、半年くらい様子を見て説教したら「別に食べるのに困った事ないし」「まわりもみんな、そうですよ」とヒネているわけでもなくサラッと言われ、ホントにホントにのけぞりそうに驚きます。
ここまで、ひどくは無いんでしょうけど、本来、専門職である私はプロを育てたかったんですが、私が彼女の面倒を見ているのは、一応、本人に結婚して出産する気があるようなので「このまま、子供を育てさせちゃーいかんだろう!!」と思ったからです。
それと私自身が若い頃、未熟であったであろう自分に親切に、また時には厳しく、いろいろ教えてくれたり、ご馳走してくれた先輩方が居たからです。目上の人に受けた恩は、その人自身には返せません。親も同じです。いつまでもたっても、追いつける事はないのですから。私は、そういう人たちに恵まれてきたので、たとえ無駄かもしれないと思っても、未来を担う人の為の努力は少しでもしていきたいと思っていますよ。
若い頃に私もカッコいい気がして哲学っぽい本も読みましたが、あなたには、もう少し、わかりやすい人間味のある回答の方がいいかと思いましたので。自分はノホホンとしてれば、いいかもしれませんが、それで周りが被る迷惑も少しは自覚して欲しいものです。
いろんな事件を起こす人たち、昔なら見た目や生い立ちで、理由がわかりやすかったです。今、事件を起こす人達って、日常生活では一見、普通っぽいですよね。同時に、一見、普通に見える人の中に、かなり常識の無い人間が増えているという事、私は、この後輩と関わって気づきました。
    • good
    • 0

若者が情けないっていうのは、太古の昔も、大人は若者を情けないっていっていた(笑)。

羨ましいのもあるんでしょうし、本当にそうでもあるんでしょう。両者入り混じった感情かな。若者が上の世代と話しても共感は得られないだろう。もう成長しちまってるんだし。俺からすると10代のやつは羨ましい。ルサンチマンかどうかは知らないけど。友人に限っては、いい子だよ。まあ、情けない10代も確かにいるだろうね。けどそんな10代に、お前情けないっていって、効果があるかどうかは分からない。きみのようなやつは好感もてるし、情けなくなんかないぞ。というか俺は情けないやつになりたいぞ!(笑)。年配の方も年をとったら情けないこともいう。いや、失礼。でも人間、本質的には皆、情けない存在なんで。(本当だろ??)
    • good
    • 0

団塊世代の親と、団塊世代の子では主従関係教育が当たり前でしたから


(むしろ常識)、教育面ではルサンチマンの心理でしょう。

逆に言うと、同じ価値観、同じ体・神経の使い方なら「情けない」
という言葉はでません。
ようするに、徹底的に働いて徹底的に負荷かけて
壊れるまで働いてないという事でしょう。
親子関係とかであれば、あーよくある話だ
仕事関係ならshun6066さんは甘甘ちゃんだと断言できます
    • good
    • 0

質問者のいうルサンチマンとすれば、


きちんとした自主性をもって、相当な努力をしないとなれない「自由人」はカッコイイ。

だけど、ただの「社会不適格者」や「怠惰の正当化」は情けない。
これを「本当は羨ましいだろう」だって?
肩身の狭い、精神的に不自由な思いはしたくありません。

※きつい事を書いて、もうしわけありません。

この回答への補足

きつい言葉は大歓迎です。ありがとうございます。

-----------------------------------------------------------
ここで質問を打ち切ります。

こういう質問をすると泥仕合のようにはなるのだろうとは思っていました。「お前らなんか羨ましくない、お前こそが羨ましがっているのだ」「いやいや、そんなこと言ってるあなたこそが羨ましがっているのだ」などと延々と続くのだと。実際、そうなりかけていたので、回答に対するコメントを一旦控えました。ルサンチマンという言葉から受け取るべきものは、このように何かにつかまってしまって暗くなってしまう必要などないということではなかったでしょうか。不誠実な対応だったかもしれません。すいません。

今、「若者」でない「子供」がたくさんいます。大人の評価に依存して、大人の言うことを何も考えずにただそのまま受け入れて何かをしている子供。こういう心性の延長線上には、アル中や虐待があります。そんな状況が良くないものだったなら、そんな子供に無自覚に「情けない」と言うことは良くないことではあります。

僕は、大人の人が、何を伝えたいのか知りたかった。実際生きてきて、具体的に何を、感じてきたのか。

変な、下手糞な質問に答えてくださった皆さん、ありがとうございました。

補足日時:2007/02/26 10:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、この質問自体はあけておきます。
何か言いたいことがあったらお願いします。

お礼日時:2007/02/26 10:30

shun6066さんが悩まず幸福に生きる為にどう考えるか、皆さんがストレートに貴重な回答されていることを認識出来ていないように見えますよ。

「情けない」という心理はルサンチマンですその通り!
といってほしいのかなぁ? だったらどうなの? 自分がルサンチマンだと思うけどね それより、その親父を手玉に取りなよ!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよく両親に情けないや役に立たないと言われるのですが、それは教育上いいことなのでしょうか。 小学生の頃

よく両親に情けないや役に立たないと言われるのですが、それは教育上いいことなのでしょうか。
小学生の頃から言われています。

Aベストアンサー

良くないと思います。
親は子供の幸せを願い、叱ります。
「情けない、役に立たない」は躾や叱りと異なり、単なる怒りの表現ですよね。残念ながら、あなたの親はその区別がまだ出来てません。
親も子供に育てて貰ってます。学校で育児は習いません。子供を持っていろいろ学ぶのが人間です。
親を反面教師にして、あなたは立派な親になりません。働けるようになれば、親を切り捨てることはいろいろ出来ます。一切会いにいかないとか、戸籍を抜くとか、仕返しはいくらでも出来ますよ。最大限利用してポイでもできるのです。
それまでに、親も育ち、家族関係が良くなるのがベスト。

Aベストアンサー

>情けない

ここで問題にしている「情けない」は「自分や他人をそう思うときの感情についていっておられるのでしょうか。
「ああ、こんなこともできないのか!情けないなあ!」こういったせりふが自分に対しても、他人に対しても発せられることがありますが、これはなぜか?ということですね。

情けない:興ざめである、嘆かわしい、惨めだ  こんなところでしょうか。

私達は普段でもそれなりの乗りでことを進めています。いはば感情が行動を後押ししているのですが、あるときその感情が途切れることがあります。これを興ざめというのですが、その原因は自分がすすめている行動が頓挫してそののりが途切れた時でしょうか。まあ、普通ならそののりはなかなか途切れないのですが、あまりにその頓挫が激しくて、事実上行動の継続が不可能になった時、急に今までの乗りがなくなって、現実の状況が見えてくる、ああ、もう、だめだ、これ以上進められない、といった絶望に似たブレーキの感情が現れますが、これをいうのではないでしょうか。

情け:感情のことですが、それがなくなった、すでにないという意味が”なさけない”なのでしょうか。

>情けない

ここで問題にしている「情けない」は「自分や他人をそう思うときの感情についていっておられるのでしょうか。
「ああ、こんなこともできないのか!情けないなあ!」こういったせりふが自分に対しても、他人に対しても発せられることがありますが、これはなぜか?ということですね。

情けない:興ざめである、嘆かわしい、惨めだ  こんなところでしょうか。

私達は普段でもそれなりの乗りでことを進めています。いはば感情が行動を後押ししているのですが、あるときその感情が途切れることがありま...続きを読む


人気Q&Aランキング