日本は火山がいっぱいあるのに、地熱発電をおおいに行っていないのはなぜか。
また、その解決策は?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建設コスト(建設費対電力出力の比率も含めて)というのもあると思いますが,ここでは技術的な部分で・・・



地熱発電は地面(地中)の温度で発電しているわけではなく,地下深くの熱水(地下で圧力がかかっているため200℃以上になっている)をくみ上げて,その蒸気でタービンを廻して発電します.そのため,火山の近くで熱水脈のあるところでないと発電できません.もちろん,その熱水脈の水量が豊富である必要もあります.そのため建設する場所が限定されます.

で,その解決策として高温岩体発電というのがあります.地下に熱せられた岩石があるのに水脈がない場合に,ボーリングによりその熱せられた岩石に地上から水を高圧で注入すると,岩石にひび割れを起こすことができます.そのひび割れを通して流れた水(熱せられて高温の熱水になっている)を別の場所から取り出すことで高温の蒸気を得ることができます.

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業紹介のページに詳しい説明があります.

参考URL:http://www.nedo.go.jp/introducing/activities_ind …
    • good
    • 0

最大の問題は自然環境保護ですね。


ご存知の通り、現在地熱発電に必要なのは火山と熱水です。
ところが、この2つが同居しているとことというのは、ほとんどが国立公園や、国定公園に指定されており、簡単に発電所を作るわけにはいかないのです。

建設自体が自然を壊してしまうことと、熱を利用する発電(火力や原子力など)では、どうしても廃熱を放出しなければならないので、その廃熱による周辺環境への影響が避けられません。

解決策は、linus127さんが述べているとおり、開発中の高温岩体発電が有望でしょう。ほかには、自然を極力壊さないような発電書の建設技術を開発する、というのが挙げられると思います。(トンネル掘って地下に造るとか・・・(^_^;)

あと、これは個人的な印象に過ぎませんが、政府が地熱発電に消極的だというのも理由の一つだと思います。
原子力発電に対しては国策として大いに予算をつぎ込んでいますが、地熱などクリーンエネルギーにはやたらとやる気が無いように思えます。
この点に関しては、次の選挙でクリーンエネルギーを推進する政党に投票する、というのが一番の解決策ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地熱発電は原子力発電のかわりになりますか。

http://www.youtube.com/watch?v=3gFvgSFumog
によれば
関東大震災は900ガル、兵庫県南部沖地震は820ガルだった。
静岡浜岡原発は600ガルの耐震性だが、他の原発は400ガル程度の耐震性である。
(つまり地震がきても大丈夫はうそ)

というようなことを言っています。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf
上記によれば

発電所の設備量で見ると、原子力は全体の18%しかありません。
その原子力が発電量では3割を超えているのは、原子力発電所の稼働率だけを上げ、火力発電所のほとんどを停止させているためです。
原子力発電が生み出したという電力をすべて火力発電でまかなったとしても、なお火力発電所の設備利用率は7割にも達しません。
それほど日本では発電所は余ってしまっていて、年間の平均設備利用率は5割にもなりません。
つまり、発電所の半分以上を停止させねばならないほど余っているのです。
(上記より引用)

とあります。

質問
(1)上記、ふたつのサイトの内容は正しいのでしょうか。
もし間違いがあれば教えて下さい。

(2)地熱発電が有効であるというカキコミを読んだのですが、地熱発電は原子力発電のかわりになりますか。

http://www.youtube.com/watch?v=3gFvgSFumog
によれば
関東大震災は900ガル、兵庫県南部沖地震は820ガルだった。
静岡浜岡原発は600ガルの耐震性だが、他の原発は400ガル程度の耐震性である。
(つまり地震がきても大丈夫はうそ)

というようなことを言っています。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf
上記によれば

発電所の設備量で見ると、原子力は全体の18%しかありません。
その原子力が発電量では3割を超えているのは、原子力発電所の稼働率だけを上げ、火力発電所のほとんどを停止...続きを読む

Aベストアンサー

地熱発電は有望な技術ではありますが、現状では原子力に代わるほどの容量は期待できません。

地熱発電というのは、温泉の熱で発電するというイメージが強いようですが、そのまま人が入れる程度の温泉(40~50℃)では、くみ上げに要する電力の方が発電できる電力を上回ることになりかねません。せめて80℃、ぎりぎり最低でも60℃以上ほしいところで、できればもっと高い方がありがたいのです。ですが、水は100℃で沸騰しますから、それ以上の温度では温泉になりません。つまり、「温泉」は、条件に恵まれていないとなかなか発電には使えません。(条件に恵まれていても難しいことは、他の回答者様のおっしゃるとおりです。)

と、いうわけで、地熱発電にはむしろ蒸気を吹き上げる「蒸気井」というものを探したり、掘り当てたりして、そこから吹き上げる高温高圧の蒸気を利用するのが一般的ですが、これも、そうおいそれと見つかるものでもありません。と、いうのは、高温の蒸気が噴き出すということは、高温の地熱(マグマ)があり、かつ、高圧の水脈があるという条件が重ならないとできないのです。

で、これらの条件がそろったところでは多くのところですでに地熱発電が行われています。それで、電力の0.2%というのが現実です。力を入れればそれなりに増えるでしょうが、10倍ぐらいになれば御の字で、数%が関の山です。それでも、省エネルギーの方法としては非常に魅力的ではありますが、原子力発電の代わりになるほどではありません。

で、最近開発されているのは、高温岩帯発電などとよばれるもので、高温の地熱のあるところに、こちらから水を入れてやることで、高温高圧の水蒸気を作って発電する、というものです。これが実用化されれば、地熱発電の発電可能量が飛躍的に増加します。どの程度かは未知数ですが、これなら原子力発電に匹敵す可能性もないわけではありません。
...が、今のところ開発中で、まだ実用化には至っていません。(やってみると、口で言うほど簡単じゃないんですよ...)

と、いうわけで、今後の技術開発次第では可能性がない訳じゃありませんが、今のところ、めどがついているわけではなく、現状の延長では正直なところ微々たるものです。

以上、ご参考まで。

地熱発電は有望な技術ではありますが、現状では原子力に代わるほどの容量は期待できません。

地熱発電というのは、温泉の熱で発電するというイメージが強いようですが、そのまま人が入れる程度の温泉(40~50℃)では、くみ上げに要する電力の方が発電できる電力を上回ることになりかねません。せめて80℃、ぎりぎり最低でも60℃以上ほしいところで、できればもっと高い方がありがたいのです。ですが、水は100℃で沸騰しますから、それ以上の温度では温泉になりません。つまり、「温泉」は、条件に恵まれ...続きを読む

Q【火山】日本で火山噴火が増えている理由って何だと思いますか?何が原因で火山噴火が増えているのでし

【火山】日本で火山噴火が増えている理由って何だと思いますか?

何が原因で火山噴火が増えているのでしょう?

火山活動が活発化しているのは地道変動が活発化しているため。

じゃあなぜ地道変動が活発化しているんですか?

地殻変動ですね。

Aベストアンサー

東日本大震災の地震のせいだとテレビで専門家が言っていましたよ。あれが引き金になったと。

Q地熱発電について

先日地熱発電に調べていくつかの疑問点が出てきました。

1・地熱発電はマグマ溜まりの付近の蒸気溜まりから蒸気を得ることが分かりました。このようなマグマ溜まりがあるということは火山性の地帯で地下の断層も不安定だと想像してます。そこで、蒸気を得るためにドリリングした穴から蒸気を得ているのに地震などにより断層がずれその穴が埋まってしまうことはあるのでしょうか?
またその場合どのように対処するのでしょうか?

2・地下に人工的に蒸気溜まりを形成させることは可能なのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。
断層があったら断層線から高圧の熱水が流れてしまいませんか?

蒸気だまりがあるって事は、蒸気が保持される地質構造があるって事だと思いますけど。

火山活動により、マグマの上昇・貫入や地震による地層破壊でそういった構造が壊れる事はあるでしょう。
一度壊れてしまった穴井は放棄されるようです。
ケーシングパイプを打つので、それが潰れてしまう為、利用できなくなります。

2、穴井を2つ作り、片方から水を入れて地下の蒸気だまりをボイラーみたいに使う方法があると聞きます。
一部の地熱発電で使われてるらしいです。

蒸気だまりがない所に水を入れたら・・・どうでしょうね?
地下構造が蒸気の封止に適していて、なおかつ十分な地層強度のある所なら可能でしょう。
でも迂闊なことやると水蒸気爆発になります。
セントへレンズ火山や磐梯山のように山体崩壊を起こす位、凄まじい破壊力になるから相当慎重にやる必要があるでしょうね。
地下の圧力のモニターが非常に重要になるでしょう。

Q地熱発電開発促進について

聞いた話ですと火山国である日本で地熱発電を行うと原発の発電分を充分賄えると言う事です。
これは本当なのでしょうか?
地熱発電開発の弊害となっているのは自然公園法と温泉の出る観光地の反対であると言う事です。
地熱開発関係者に言わせるとこれで温泉が枯渇する事はなく、後は発電所の存在が景観を多少は損ねる位だと言います。
グーグルアースで日本を眺めますと山岳緑地が実に多い事が分かります。
そしてほとんどが自然公園法で守られた国立公園に指定されている様です。
自然公園法は1957年に成立したそうですがこの未開地を開発する様に改正すべきではないかと思い始めています。
勿論出来るだけ自然破壊を防止する事を条件としますが、もしこの発電でかなりの電力不足を解消するのならこの地熱発電の開発を推し進めるべきではないかなと考えますが皆さんはどう思われますか?
尚この質問において私は専門家でもなく詳しいデータを検証した訳ではないのでその点含みおいてください。

Aベストアンサー

基礎となる資料は以下でしょうか。
ただし、飽くまで「エネルギー量を中心に考えている。(=理論最大)」であるという点には御注意を。

http://www.env.go.jp/earth/report/h23-03/chpt6.pdf


私も地熱推しなんですが、ちょっと思うところを。

>これは本当なのでしょうか?

現在の国内原子力総出力が2000万Kwくらいでしたか。
理論最大が1400万Kwなので、ちょっと足りない(70%程度しか賄えない。)

さらに、余り僻地に作ると、稼働用補助燃料の補充が不可能だとか、補修点検できないなどのデメリットも出ますので、ザックリ見てゆくと理論最大は半分程度に下がりそうに見えますので、現実的には原子力の30%程度になるでしょう。
これを「30%しか」とみるか「30%も」と見るかは置いておきます。(私は30%も.....派です。)


>発電所の存在が景観を多少は損ねる位だと言います。

温泉の枯渇が起きることもあり得ると思います。
ある程度の温度域以下は利用しないとはいえ、熱源から大きな熱量を取りだす(温泉に供給しない)ですから。
「起きない」と断定できるような項目は冒頭URLの調査には入れていません。

景観の「多少」は、その人ごとの官能(感じ方)に影響されますので......。
「原子力を無くしたい!」と強く願う人が増えるなら、国民総体としての受忍限度も上がりますから、景観損壊の限度は上がりますし。


ここからは意見として。

公園法を改訂し、ある程度の反対は踏み破っても、地熱を導入することが重要だろうと私も思います。
発電所が新しい景観資源になるとも言えますし、露天風呂や宿から見える景観って、意外と近距離ですしね。
温泉枯渇については「タカリにならない程度の補償」で何とか我慢してもらう。

確かに先祖代々の温泉地(生活の場)が破壊されるのは申し訳ない次第ですけど、それで得られるものと比較したら、ここは何とか我慢していただきたいと。


ただし。
「完全に○○である」と「確信を持った断定」を持った意見を元に進める危険性も認識しながら進めるということですかね。

基礎となる資料は以下でしょうか。
ただし、飽くまで「エネルギー量を中心に考えている。(=理論最大)」であるという点には御注意を。

http://www.env.go.jp/earth/report/h23-03/chpt6.pdf


私も地熱推しなんですが、ちょっと思うところを。

>これは本当なのでしょうか?

現在の国内原子力総出力が2000万Kwくらいでしたか。
理論最大が1400万Kwなので、ちょっと足りない(70%程度しか賄えない。)

さらに、余り僻地に作ると、稼働用補助燃料の補充が不可能だとか、補修点検できないなどのデメリ...続きを読む

Q地熱発電の実用化

実際に地熱発電をこれから進めて行くとして、原発1基分の地熱発電所を実用化するのにどのくらいの月日がかかるのでしょうか?

政府が地熱をやることにして、予算も計上している状態からということにします。

Aベストアンサー

何も一局の大規模で無くバイナリー発電の小規模でも良いのでは、
それから国はスマートメーター網、既存の宅内光又は携帯PHS基地局で構築して
今の余った太陽光と風力発電の売電全量認める事電力に義務づける必要がある
資源が無い国ですので、地産地消のエレルギーにする必要が有る、それと原発の利権者の淘汰も必要。
http://www.dailymotion.com/video/x9hv4n_yyyyyyyyyyyyyyyyy_news


人気Q&Aランキング

おすすめ情報