プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨年、自宅の火災保険が満期となり、内容を確認したところ
契約書の建物の面積が、実際よりも80m2ほど多いことがわかりました、
登記簿で確認しました。
保険料が違ったのではないかと、保険会社に問い合わせたところ、m2数の違いは認めましたが、保険金額に対しての、保険料を算定しているとのことで、取り合ってくれません。
建物の面積は、火災保険料金設定にかなり重要なことと思いますが・・
保険料不払いの多い昨今、このような保険契約は許されるのでしょうか
ご意見をよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

損保代理店に15年ほど勤務している者です。
実際よりも建物延べ床が80m2大きい契約内容だったのですね。
さて、「保険金額」とは建物の価額のことをいいまして、
(建物の価額)=(述べ床面積)×(坪当たり建築費用)となり、
確かに述べ床が実際よりも大きかったとすると、
「ちょっといい加減じゃないの??」
「保険を付け過ぎじゃないのか!」ってなりますよね。
お気持ち良く分かります。

火災保険のポイントは、「保険金額」です。
火事や台風の時に支払われる保険金は、
この「保険金額」が全て!と言っても過言ではありません。
述べ床はあくまで「算出基礎」なんです。
つまり、今回返ってきた保険会社からの回答の意味は、
算出基礎に誤りがあったかもしれないが、
契約自体つまり保険金額には誤りはない、という判断です。
保険金額を契約するからですね。
反対に、この判断のおかげで、現実に火事になってしまったときの
支払い手続きをスムーズにする効果もありますので一長一短なんです。
(燃えちゃったら述べ床なんてどうでもいいですから)

でも、素人=お客さんと、プロ=保険会社というレベルで考えると、
難しい話は分かりませんから、ちょっと不親切ですもんね。
契約している代理店に問い合わせてみてください。
保険会社はダメです。埒があきません。
大事なのは、acr58770様がその代理店の回答と説明に納得できるか、
そして今後もずっと付き合っていけるかどうかだと思います。
お客さんの立場でモノを考えてくれて、出来ること出来ないことを
しっかりじゅうぶんとことん説明してくれるかどうかです。

ほとんどの方が、保険は難しいからよく分からない、って思って、
保険会社のおすすめプランで契約したまま何年も経過しています。
これからは、保険証券もご自身でチェックしてくださいね。

蛇足ですが、
私の経験上、登記簿はあてにしません。
増築改築していらっしゃることも多いのです。
私は実際に建物をメジャーで測ります。

ちせつな解説ですみません。
    • good
    • 0

保険料は、保険金1000円に対していくら、という料率が決まっています。

建物を再度建設するための費用、という考えですので、面積はさほど大事ではありません。
それより大事なのは構造で、ようは、燃えやすさにより、保険料が違ってきます。木造は高く、鉄筋コンクリート造は安いです。

満期を迎えたとのことですので、更新手続きの際に、正しく修正されればいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登記と契約上の延べ面積の違いによる火災保険の減額

実家が、隣家が火元の火事で全焼しました。
火災保険会社から、登記の延べ面積と契約書の延べ面積が違っているので、登記の分しか支払えないと言われています。
登記は22坪、契約書は40坪で、実際に建っていた坪数も40坪です。増築しているので差異が生じています。ちなみに保険契約した時点で40坪ありました。契約のときには登記の書類の提出は求められませんでした。

支払ってきた保険料は40坪から算出された補償額分に対する保険料のはずです。それなのに、登記が22坪なので約半減した補償額しか支払われないというのが、納得いきません。
どうにか交渉の余地はないでしょうか?どのように交渉したらよいかどなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

通常保険会社がそのような誤った主張をするとは考えられません。
契約時に40坪として保険金額を算出し契約しておれば
新価実損払いの契約なら40坪で計算した保険金が支払われます。

火災保険では現実に40坪あったことが確認されれば
登記面積とは関係なく損害査定をして保険金が支払われます。

そのために鑑定人が来て、実測するのです。

極端に云えば、無登記でも実際に建物があったことおよび正当な
被保険者(所有者)が確認できれば支払われます。

もし本当に保険会社の主張なら、新米社員の主張でしょうね。
現実に私も損保社員のときに、何回も無登記や今回のように
増築などで登記面積が異なるケースを実際の面積で支払ってきています。

これはどこの保険会社でも同じ扱いです。
損保協会に公正な第三者機関としての苦情処理機関(損保協会ADR)
がありますのでそこへ提訴してください。

>http://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/index.html

Q火災保険の内容相違

質問です。
戸建て住宅を2年前に購入し、不動産会社の提携の火災保険に加入しました。 今回火災保険会社から、内容確認の手紙が届きました。
内容を確認すると、建物構造が契約申込書と証書で相違があることが判りました。本来は3階建てなのですが、2階建てと記載があるのです。
このようなミスはよくあることなのでしょうか?
保険会社にはどのように話しをしたらよいのでしょうか?
また、一般的に追徴金が必要になるものでしょうか?
ご回答の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

元保険代理店です。
残念ながら、ミスやクレームが頻発していた様です。
但し、単なる建物構造の記載ミスであれば追徴金は不要です。
以下は私が以前属していた保険会社の概念です。

保険金額=保険料が年次取得法(土地代を除いた購入価格)で計算されており、新価設定されていれば問題無いと思います。

但し、概観法{建物の構造(鉄筋や木造+外壁や屋根の素材)}による保険金額=保険料設定であれば以下の計算式になりますので、検証が必要です。
基準m2単価を居住区(都道府県)毎に算出し、
そのm2単価×建物の床面積合計=建物の評価となります。
建物の評価×0.7~1.3の範囲で加入する事が私の属していた会社のルール(業界のルールだと認識しておりましたが・・・)でした。

あなたの場合、記載が2階建てになっていても、3階建ての床面積で計算されていて、かつ、建物評価×0.7~1.3の範疇であれば追徴金は不要です。従いまして、記載変更のみ依頼すれば良いと思われます。
代理店よりも、保険会社への連絡をお勧めします。

まずは、登記簿謄本の原紙である登記申請書が必ずご自宅に保管されていると思いますので、登記申請書の1階+2階+3階の面積が、保険証券記載の面積と相違が無いかの確認をして下さい。
相違があり、再計算をした場合に建物評価×0.7未満で加入していた場合は追徴金が必要かと思います。逆に、建物評価×1.3を超える保険金設定の場合は返金があります。

当然ながら、年次取得法での保険金額設定で加入した場合は、上記の様な登記申請書等の確認は不要です。新築物件に関しましては、基本的には年次取得法による計算をしますので、問題無いと思われます。但し、保険金額=保険料に土地代が含まれている場合は、超過保険になりますので返金されます。

ついでに構造級別もご確認下さい。構造は一戸建ての場合A・B・C・Dがあります。A構造の保険料が一番安くあとはアルファベット順です。商品によってはC構造とD構造の保険料が同一だったりしますが、先ずあなたのご自宅の構造級別に相違が無いかの確認が重要です。3階建てですから、恐らくB構造以上だとは思われますが念の為構造級別が正しいか否かの確認をして下さい。
仮に木造住宅であった場合、木造住宅C構造でも省令準耐火構造であれば、割引が適用される為、4割~5割安くなります。(それでもB構造やA構造の方が安いです。)
不動産会社提携の保険会社であれば、まず間違える事は考えにくいですが。万が一割引が適用されていなければ返金されます。

元保険代理店です。
残念ながら、ミスやクレームが頻発していた様です。
但し、単なる建物構造の記載ミスであれば追徴金は不要です。
以下は私が以前属していた保険会社の概念です。

保険金額=保険料が年次取得法(土地代を除いた購入価格)で計算されており、新価設定されていれば問題無いと思います。

但し、概観法{建物の構造(鉄筋や木造+外壁や屋根の素材)}による保険金額=保険料設定であれば以下の計算式になりますので、検証が必要です。
基準m2単価を居住区(都道府県)毎に算出し、
そ...続きを読む

Q自動車保険の異動・解約の発効時刻について

下記のような自動車保険の異動・解約の効力発効時刻について教えてください。

たとえば9月15日付けで異動・解約の下記のような場合には、
15日の何時からその異動・解約の効力が発効するのですか?

(1)解約の場合

(2)21歳以上補償→全年齢に変更する場合
 逆に全年齢→21歳以上補償に変更の場合

(3)運転者限定なし→家族限定に変更の場合
 逆に家族限定→運転者限定なし に変更の場合

(4)車両入れ替えの場合

その他特約の追加・削除の場合等などいろいろあると思いますが・・
とりあえず、上記の例で教えてください。

なお、前日(9月14日)までに申し出る場合と、当日(9月15日)に
申し出る場合でも異なるように思いますが・・
とりあえず、前日までの申し出としてお願いします。

Aベストアンサー

通常どこの保険会社も「契約内容変更依頼書」では何時からという
時刻を記入する欄はありません。

したがって、別途社内規程で時刻に関する解釈を決めています。

(1)解約の場合(単純解約で、中途更改なしの場合)

 この場合には全社で統一した解釈です。
 解約した契約は解約日の24時まで有効であり、解約により
 契約が消滅するのは、解約日付の24時以降=翌日の午前0時
 からです。

 したがって、9/15付けで解約して、当日の夜に事故を起こしても
 9/15の24時までは契約は生きているので、保険金も支払われる
 ことになります。

 ただし、中途更改(他社での中途更改を含む)の場合には
 その中途更改契約の時刻で解約は発効します。

(2)年齢条件の変更。
 
 この場合には、各社で異なるかも知れませんが、ほとんどの
 会社は下記のように、契約者に有利な解釈で対応しています。

 (1)21歳以上補償→全年齢に変更する場合
 
 *異動日の午前0時から発効

 (3)全年齢→21歳以上補償に変更の場合

 *異動日の24時(=翌日午前0時)から発効


(3)運転者限定の変更の場合も(2)と同じで、契約者に有利になるように
   解釈しています。


 (1)運転者限定なし→家族限定に変更の場合

  *この場合は異動日(9/15)の24時まで運転者限定なしで
   翌日(9/16)の0時から家族限定になります。

 (2)家族限定→運転者限定なしに変更の場合

  *この場合は異動日の午前0時から運転者限定なしになります。


 (4)車両入替の場合

  *この場合には、実際に新規取得車両を取得した時刻となります。

 以上はご質問のように前日までに申し出があった場合の規定解釈であり
 当日申し出の場合には、また解釈も異なる場合があります。


 この解釈は自由化以前からの各社の統一解釈であり、自由化以降も各社が
 それを踏襲し、同じ解釈になっていると思います。 

 

通常どこの保険会社も「契約内容変更依頼書」では何時からという
時刻を記入する欄はありません。

したがって、別途社内規程で時刻に関する解釈を決めています。

(1)解約の場合(単純解約で、中途更改なしの場合)

 この場合には全社で統一した解釈です。
 解約した契約は解約日の24時まで有効であり、解約により
 契約が消滅するのは、解約日付の24時以降=翌日の午前0時
 からです。

 したがって、9/15付けで解約して、当日の夜に事故を起こしても
 9/15の24時までは契約は生きている...続きを読む


人気Q&Aランキング