録音した音楽を老後にも聞きたい。カセットテープとMDとではどちらがよいでしょうか。30年~50年が目標です。保存用のタイムカプセルに入れるのではなく棚か引き出しに入れて常温で時々聞きながらの保存です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 別の質問をするために検索していましたら,この質問を見つけました。

面白いテーマだと思いましたので横やりだと思って聞いて下さい^^;。
 まず,現在ビートルズのCDはどこの販売店でもレンタル屋さんでも手に入りますよね?。それを再生する装置も簡単に手に入ります。しかし・・・。
 60年代,ビートルズをリアルタイムで聴いていた世代の人は,CDとその再生装置から出てくる音に,かなりの違和感を持つはずです。
 
 (これは私の聞いていたビートルズじゃない!)って・・・。
 
 私も中学生時代はビートルズに大変のめり込み,おばからもらったTEACのレコードプレーヤーで熱心に聞いていました。既にビートルズが解散して何十年も経っていましたが・・。
 60年代にしっかりとしたステレオセットを持っていた家庭がどの程度あったのでしょうか?。おそらくその頃,多くの皆さんはラジオから流れてくるビートルズの曲に耳を傾ける程度が精一杯だったのではないでしょうか?。
 かく言う私も初めてビートルズの「CD!」を聴いたときに,大変な違和感を覚えました。先に述べたレコードプレーヤーはスピーカー付き,そしてLPレコードを載せたらスピーカーが半分隠れてしまうような代物でした。
 ところが自分の身体が,その音を覚えてしまっているのです。
 確かに本当の音・・はCDに録音されたものが近いのかもしれません。でも実際にリアルタイムで耳で聞いていた音とは違うのです。これはどっちがいいとか悪いとかの問題ではありません。その時に聞いていたサウンドこそがその人にとっての本物の音・・なのだと思います。

 私達は3次元の空間で生きている生き物です。時間と空間です。
 音の劣化・・とは何でしょう?。
 カセットテープに録った音はやがて音質も悪くなり,音量も少なくなっていきます。時間が経っているからです。
 FMの放送局の近くでは良い音を受信できても,遠くなるにつれて音質は低下していきます。距離が離れていくからです。
 
 ねっ?!・・時間と空間でしょ?^-^。
 
 だから最近は私は「音が劣化する」という事を悪しき事・・として捕らえずに,むしろ時間と空間の変化の(当然の)帰結として受け入れる事にしています。
 もちろんマスターは誰かが保管しているでしょうから,新しいメディアに簡単に移行できますし,やる気になれば当時の音の再現も可能でしょう。
 しかしむしろ音楽とは一瞬一瞬に空気に溶けてなくなっていくもの・・その時放たれて二度と戻ってこないもの・・だけれども人の心に深い感動を与え,永久に心の中には存在し続ける。
 そんな風に考えるのって素敵じゃない?。(笑)
 
 二度と同じものは聞けない・・・。
 逆にそれがすばらしい事のように感じる今日この頃です。
 
 お読みいただきありがとうございました。(__)
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その考えすばらしいですね。本当だと思います。感動しました。

お礼日時:2001/06/11 09:04

>メディアを乗り換えていくのはやめたほうがいいと思います。

(業務用を使わな
>い限り)デジタルメディアには必ず付いてくるなんでしたっけ?
SCMSでした!あと、水に弱いというのはレーベル面でした。すみません。
    • good
    • 0

自分もtatimiさんと同じ意見です。

CD-Rは、色でドットを打っていますから、(たぶんです)紫外線や水に弱いです。カセットテープは湿気で伸びたり縮んだりしますから、音質の保証はありません。でも、プレイヤーがあるという確立は半分ぐらいあります。メディアの値段もプレイヤーの値段も安いからでです。MDはどうかというと。今後MDのように編集できて音質も良くメディアの値段が安いメディアが生まれれば予想でMDはなくなるでしょう。結果としてはどちらともだめだということです。どうしてもというんなら、MDのほうが良いです。MDではだめだと言うんならDATがおすすめです。でもDATはたかいですしね~。あと、一言付け加えます。メディアを乗り換えていくのはやめたほうがいいと思います。(業務用を使わない限り)デジタルメディアには必ず付いてくるなんでしたっけ?1度デジタルコピーしたのをまたデジタルコピーすることをできなくすること。簡単に言うと乗換えをしていくと必ず音質は劣化するでしょう。50年ごとなればノイズだらけになるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんさまざまなアドバイスありがとうございます。しかしこれといった決定打が出ませんね。思うに音楽の保存は個人で行うのではなく音楽産業にまかせなさい、という見えない圧力の存在さえ感じます。
とりあえずカセット・MD複数のメディアを使ってバックアップしようかなと思います。

お礼日時:2001/01/16 10:53

みなさんとは別の回答になりますので、参考程度に聞いてください.



MDとカセットなら、カセットかなと思います。

理由は、20年後にMDのプレーヤーがあるという保証が全然無い為です。
現行のMDよりも良いものが出てしまえばそちらに移行してしまいます。
しかし、カセットは東南アジアで大量に作られていて
しかも、もう移行する方向も無い方式です。
世界的な普及率を見たらMOとFDぐらいの差があります。

さて、カセットの音質を守る方法ですが
1)早送りは禁止、巻戻しは最小限に
2)聞き終わったら、巻き取り方向に全部巻き取る
  (このとき、早送りで巻き取ってはいけない)
3)ヘッドの消磁は忘れずに
というあたりにご注意ください.

ついでに、放送関係の保存は、今まではオープンリールが主でしたが
現在は完全にDATに移行しています.
NHKのラジオはDATでないと完パケ(出来上がった番組)搬入も
できません。
プロ用のDATデッキは今後かなり長い間供給されると思います。
    • good
    • 0

CD-Rを推しているかたが多くて気になりました。


CD-Rって紫外線で劣化して最後は読めなくなるようですね、。
たとえ棚の中にしまってあっても何十年というと結構不安を感じます。
ではハードディスクの中にしまっておくとどうかといいますと、
時々動かすような状況でそんなに長期間持つか不安です。

では、私の提案。
プロバイダーのハードディスクに置くのなんていかがでしょうか?
(ホームページスペースとかありませんか?)
あそこなら、勝手にバックアップしてくれますし、
データーは保障しないとは言っていても、本当に消えるようなら
そんなプロバイダーはみんな見切りをつけてつぶれますし。

今の所はアップロードもダウンロードもいやになるほど遅いですが、
数年後には快適にデーターの取り出しができるようになると思います。
    • good
    • 0

同じことを考えたことが今から15年前にありました。

私の場合というよりそのころは、アナログ録音からデジタル録音に、モノにたとえれば、レコードからCDに移行した頃で、録音する側も、2Ch/38Cm/SのオープンリールデッキからPCMプロッセッサーによるデジタル録音機に買い換えた頃でした。このPCMプロッセッサーは普通のビデオテープに3倍モードで6時間それもダイナミックレンジは98db/44.1K=CDと同じレートでAーD録音できる製品でした。また、ビデオデッキを2台用意して、PCMプロッセッサーを使いコピーすることで、デジタルコピーも可能でした。今現在、私はそのマシンを車に積み込んで、昔のレコードを録音したテープを聞いています。DATの前身になったPCMプロッセッサーですが、DATは開発段階で著作権の問題でデジタルコピー出来ないようになったようです。でも所詮ビデオテープも物理的に壊れたり、テープが折れたりしますから、保険のために1本はマスターを作っておいたらよかったと後悔しています。データに関しては、デジタル録音の強みで、1%でも磁力によるデータが残っていれば、デジタルコピーすることで100%復活できるのです。ここまで書くと、DATを私はお勧めしたいのですが、物理的損傷や取り扱いを考えればCD-Rでしょうが、どちらにしても永久的とはいかないらく、メンテナンスと技術の進歩による新しい媒体が発売されれば、そのときにまた検討することになるでしょうネ!
    • good
    • 0

僕は磁気による記録は余り信用していません。


と言いながら二十年以上前のカセットテープを大切に持っていたりしますが。
これは正直言って、かなり音質は劣化しております。
三十年近く前のラジオを録ったカセットテープもあります。今聞いたら凄いことになってるでしょう。ラジカセでモノラルだったし。
とりあえずCD-Rに録っておいて、時代の趨勢に従って移植を続ける。凄い手間でしょうが、頑張る。
これが正解に一番近いと思うのですが。

あるいは僕みたいに脳味噌の中に、思い出のように残しておく。
ここも安全ではありませんけど。あ、アルツ・・なんだっけ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

趣味に王道なし・・・か!。手間を惜しんでは趣味とは言えないようですね。しかしつらいなあ。私も30年前のテープがありますが聞くのがこわくなってきました。

お礼日時:2001/01/14 18:15

今から15年ほど前、オーディオに凝っていて何百本と録りためたカセットテープですが、今となっては当時の音質は再現不可能です。


ひどいものでは音はこもり、むにゃむにゃとした音が聞こえてきます。
おそらく湿気のせいでフィルムが伸び、カビも発生してしまっているためと思います。
MDのことは判りませんが、カセットテープの寿命はせいぜい10年、良くて20年といったところではないでしょうか?

ところで長期間保存する手段として、最新のデジタルメディアでの保存が
一見良さそうに思えますが、盲点があります。
一般にCDなどデジタルでの録音は、データ量を減らすため人間の耳に聞こえない高音域と低音域はカットされています。
最近の研究で、この音域に人間に心地よさを与える効果があるのではないかと、解明されつつあります。
したがって、老後本当の意味で音楽を楽しむためには、現在のデジタル技術では不可能に思われます。
    • good
    • 0

カセットかMDならMDの方がおすすめです。


ただ50年も経ったらすでにMDは廃れているかも知れません。
カセットの場合は10年後にはどこもサポートしていないかも知れません。
最近の技術は日進月歩なので皆さんの言うとおりそのときそのときに
対応して行くしかないでしょう。
    • good
    • 0

質問には有りませんが、理想はDATその次にCD-Rです。

MDかカセットテープに限れば、オリジナルソースがCDのようなデジタルか、LPのようなアナログかによってメディアを使い分けた方がいいと思います。保存性ではMDの方が明らかに有利です。しかしアナログの音を完全に入れると言う事に関しては、MDの情報量は少なすぎます。前の方のおっしゃる通り、順次新しいメディアにバックアップしていくのが一番良いでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエルカセット・ミュージックマイクロカセットについて

今テープオーディオといえばアナログカセット(以下ACC)ですが、昔はエルカセットやミュージックマイクロカセットもありました。
エルカセットはACCより大きいのでACCより高音質だと主張し、マイクロカセットのほうはACCよりはるかに小さいサイズだからACCより持ち運びが簡単だと主張しましたが、どちらも数年ぐらいで消えてしまいました。
この2つがあまり広まらなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

 エルカセットは、私がオーディオに最も関心を持っていた高校生くらいのときに発売されましたが、当時は、正直言って魅力を感じる、ほしくなる商品ではありませんでした。
 普及しなかった理由は、やはり中途半端なコンセプトの商品であった。オープン並みの高音質とカセット並みの手軽さで使えるというのが売りでしたが、カセットの手軽さを求めるユーザーは、オープン並みの高音質は求めない。反対に、オープンの高音質を求めるユーザーは、オープンの「操作性の悪さ」に魅力を感じるユーザー(たとえば、ハサミとスプライシングテープで編集を行うなど)が多かった。ということではなかったのでしょうか。
 ただ、以前ある評論家の方は、エルカセットが短期間で廃れてしまった一番の理由は、「犬猿の仲」といわれているソニーと松下が手を組んだのがよくなかった、という説も唱えられていました。ちょうどエルカセットが発売された1976年といえば、ビクターがVHSビデオを発売し、松下もこれに参入し、前年発売されたソニーのベータ方式との「第一次ビデオ対決」の火蓋が切られた年でもあり、こうした説もでてきたのではないかと思われます。
 しかし、エルカセットには、大きなメリットもあるという意見もありました。それは、テープ速度が9.5cm/秒のみなので、ヘッドのギャップ値などを、それにあわせた設計にできる。オープンリールの場合
マニアの方は38cm/秒、一般には19cm/秒が主に使用され、9.5cm/秒はオマケとしか考えられていないため、9.5cm/秒の速度だけで比較すると、オープンよりエルカセットのほうが音質面で有利とされたのですが、大きなセールスポイントとはなりえなかったようです。
 マイクロカセットについては、やはりテープ速度が2.4cm/秒とコンパクトカセットの半分のため、
ハイファイ再生にはメタルテープの使用が不可欠となるためコストがかさむ、それでもコンパクトカセットのノーマルテープの音質には及ばない。そしてマイクロカセットはあくまで会議録音用や留守番電話機用で
オーディオマニアは全く関心を示さなかったのではないでしょうか。

 エルカセットは、私がオーディオに最も関心を持っていた高校生くらいのときに発売されましたが、当時は、正直言って魅力を感じる、ほしくなる商品ではありませんでした。
 普及しなかった理由は、やはり中途半端なコンセプトの商品であった。オープン並みの高音質とカセット並みの手軽さで使えるというのが売りでしたが、カセットの手軽さを求めるユーザーは、オープン並みの高音質は求めない。反対に、オープンの高音質を求めるユーザーは、オープンの「操作性の悪さ」に魅力を感じるユーザー(たとえば、ハ...続きを読む

Qカセットレコーダーとカセットレコーダー間をダビングするコードの名前

カセットレコーダーとカセットレコーダー間をダビングするコードの名前を教えてください。
ヤフーオークションなどで購入したいのですが、名前がわかりません。マイクジャック口とマイクジャック口につないでダビングするものの名前です。

よろしくご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

はい。
ステレオミニプラグケーブルで大丈夫でしょう。
ただ、店員に聞くときなどはステレオミニプラグだけですと
種類が多く通じない事がありますので、
具体的に両端がミニプラグのケーブルがほしいといったほうが良いでしょう。
また、先ほども書きましたがヘッドホンジャックからマイクジャックにつなぐ際は
通常のケーブルではまともな音質での録音ができません。
ですので、参考URLのような抵抗入りのケーブルをお買い求めください。

参考URL:http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1045_144_504_19162321/15971.html

Q32年前のカセットデッキと10年前のカセットデッキ

・デッキ A

32年前にボーナスのかなりの部分をはたいて買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/682zx.html

が、今もほぼ完全に動作します。(我が家にある最も古い電気製品です。)

・デッキ B

デッキAが老朽化で壊れたら困ると、10年前に買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/tc-ka3es.html
(安価なものではなくクローズドループデュアルキャプスタン 3ヘッドの中級機です。)

これも完全動作します。
(そもそもこの時点でデッキAは長寿命。)

この8年ほどはカセットは新規録音には使っていません。
(CDレコーダーを使用しています。)
しかしながら40年以上撮りためたテープ資産があります。
(残したいものは少しずつCD化しています。)

不思議なのですが、32年も前に作られたカセットデッキの方がしっかりした
良い音を出してくれているように感じます。

一般にテープオーディオは自己録再がベストと言われますが、それほど使い込んではいない、
Bデッキで録音したものも、Aデッキでの方が音が良いように感じます。

これはなぜなのでしょうか?

・デッキ A

32年前にボーナスのかなりの部分をはたいて買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/682zx.html

が、今もほぼ完全に動作します。(我が家にある最も古い電気製品です。)

・デッキ B

デッキAが老朽化で壊れたら困ると、10年前に買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/tc-ka3es.html
(安価なものではなくクローズドループデュアルキャプスタン 3ヘッドの中級機です。)

これも完全動作します。
(そもそもこの時点でデッキAは長寿命...続きを読む

Aベストアンサー

明らかにナカミチの方が「音」として一枚も二枚も上の高級機だからでしょうね。

それは、ヘッド周りの精密さ、安定した走行系、録音・再生回路の設計、使用パーツ等々・・・
特に1970年代~1980年代前半(CDが登場するまで)は録音機器と言えばオープンリールかカセットで、
特にカセットテープは取り扱い易さで普及し、次第に各社がオーディオとして高性能・高音質な路線へと競い合っていた時代。

中でもナカミチは独自の独立3ヘッド、Wキャプスタン、高品位の録音・再生イコライザー、ラインアンプ等で驚異的なワウ・フラッターと周波数特性を出しました。(オープンリールに匹敵するほど)
価格も驚異的で庶民には高嶺の花でしたね。
この時代の高級機は物量をたっぷり投入し、実に丁寧に凝った作りで音自体にもしっかりした主張があるようです。

その後、CDに押されカセットは徐々に衰退していきましたが、90年代前半まではそれでも各社製造していました。デジタル時代に入り、それまでの重厚さは薄れシンプルであっさりした感じになり普通価格帯の製品でも十分高性能なものが現れ、また、それまでは主に家庭内で録音再生して楽しんでいたものからウォークマンなどの登場で手軽に外で聴けるスタイルへと変わったのも影響しているかと。
つまり、カセットには本来のカジュアルさが再び求められたということでしょうね。

しかし、厳密に音質を比較すると80年代前半までの高級機は明らかに違いますね。
実際、私もこの頃の高級カセットデッキ(ティアック)で録音したテープを持っていて、やはり90年代前半の7~8万クラスのカセットデッキ(ソニー)で録音したものとを聴き比べると、後者も確かに水準以上の音ですが前者はもっと落ち着いた説得力のある音という印象。つまり、何というかアナログ時代の最高水準のカセットの音なのです。当時は、レコードの再生に重点が置かれ(レコードが一番高音質で、他はオープンリールの2トラ38など)、カセットは主にFM放送やレコードを気軽にテープに置きかえるという単なる録音媒体だったのが、ナカミチなど専門メーカーの登場で一挙にレコードの音に迫る、或いはそれ以上になったのです。

というわけで設計思想や回路、作り(メカニズム、仕様部品)が半端でなく当時はこれ以上のものがなく最高を目指した成果の製品であったということが、現在でも「音」として残っており、確かに証明されているからではないでしょうか。

明らかにナカミチの方が「音」として一枚も二枚も上の高級機だからでしょうね。

それは、ヘッド周りの精密さ、安定した走行系、録音・再生回路の設計、使用パーツ等々・・・
特に1970年代~1980年代前半(CDが登場するまで)は録音機器と言えばオープンリールかカセットで、
特にカセットテープは取り扱い易さで普及し、次第に各社がオーディオとして高性能・高音質な路線へと競い合っていた時代。

中でもナカミチは独自の独立3ヘッド、Wキャプスタン、高品位の録音・再生イコライザー、ラインアンプ等で驚...続きを読む

QMDラジカセって、カセットテープからMDへ、MDからカセットテープへ録音できますか?

これから、MDラジカセを購入しようと思います。
今のコンポ(15年位前のもの)が調子悪くなってきたので、買い替えを考え始めたのですが、
せっかくなので、MD付きの方が、いいのかなと思いました。
しかし、よく分かりません。
MDラジカセって、カセットテープからMDへ、MDからカセットテープへ録音できますか?
MDラジカセって、MD,TAPE,CD、それぞれ、1つづつですよね。
TAPEを借りてきて、ダビングしたい場合、どうすればいいのでしょうか?
一度、MDに録音できるのですか?
それから、また、TAPEに録音できますか?

今は、かなり昔の大きなコンポで、CDとダブルカセットです。
友達の中に、まだ、MDでなく、カセットテープの人もいるので、
カセットのやり取りが意外と多いです。
私も、MDプレーヤーは、持っていません。

安く、場所もとらない方法がいいのですが、おすすめのものありますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

i-haradaです。

TAPEからCDを焼く事はできますよ。
お手持ちのCD-RWに添付のアプリケーションによってはPCのaudio入力からTAPEの音を入れながら録音すればデジタルに変換できます。
アプリケーションもフリーウエアのものから市販のものまで色々ありますよ。
アダプティックのスピンドクターとかクリエイティブのcreative recorderとかたくさんあり、デジタルの「WAVE」ファイルというものに変換してしまいます。
そうすると、切ったり貼ったりボリューム(ゲイン)を変えたり、色々な事ができるようになります。音質を変える、基の音とはまったく違うものにもできます。
お手持ちのライティングソフトと一緒にレコーダーが有ればすぐにでもできます。一度確認してみて下さい。

ただ、アナログからの音は若干はクリアになり音質も向上しますが、やはりデジタルからダイレクトに持ってくるよりはかなり音質は落ちます。
そこで、CD-RWをお持ちで、カセットのやり取りをされているのでもったいないなと思ったしだいです。

「DAT」とはデジタル・オーディオ・テープの略だったとおもいます。
現在使用されているのはPCのバックアップ用とかプロのデジタル録音で使用しているぐらいかもね。今はあまり知っている人はすくないです。

CD-Rに「MP3」ファイルにして渡してあげればPCで再生できて普通のCDの10倍ぐらい入りますよ。超お勧めです。CDラジカセでは残念ですが今のところ聞けませんが。ウォークマンタイプにはあります。確か。

音楽の音はやはり綺麗な音が「GOO」ですよ。

i-haradaです。

TAPEからCDを焼く事はできますよ。
お手持ちのCD-RWに添付のアプリケーションによってはPCのaudio入力からTAPEの音を入れながら録音すればデジタルに変換できます。
アプリケーションもフリーウエアのものから市販のものまで色々ありますよ。
アダプティックのスピンドクターとかクリエイティブのcreative recorderとかたくさんあり、デジタルの「WAVE」ファイルというものに変換してしまいます。
そうすると、切ったり貼ったりボリューム(ゲイン)を変えたり、色々...続きを読む

Qカセットテープを聞く機械

うまく説明できなくてすみません。
カセットラジカセというのでしょうか?カセットテープを聞く機械なのですが、オールリピートというかテープが最後まで再生されたら自動的に反転されて裏面のテープに変わって音が出る、もしくはボタン操作1つで反転できる機能のついた機械って、昔ありましたよね。今でも売っているのでしょうか。また。このような機械や機能の名前って何でしたっけ。(カセットラジカセとリピート機能で合ってますか?)

知り合いに聞かれたのですが、知り合いも自分もどうもうまく説明できないのです。言いたいことはお互いにわかるのですが。

Aベストアンサー

ラジカセ=カセット&ラジオ
リピート→オートリバース機能
ですね。
http://joshinweb.jp/av/297/4901780366552.html
売っていますよ。

今更ですが、どうせ買うならカセットデッキが良いでしょう。
http://www.enet-japan.com/shop/g/g4907034203567/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報