私の家は賃貸マンションなんですが、結露がひどく、とうとう窓の淵の壁紙がはがれてしまいました
少しですがカビも出ました
この結露は寝る前拭き取っても、朝にはびしょびしょという状態でお手上げ状態です

このようなひどい結露で部屋に損傷が出た場合は敷金から引かれるのでしょうか
それともマンション管理者の負担になるのでしょうか
(以前、テレビで結露は借主の負担だと言っていたので心配です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

鉄筋コンクリート造の住宅は、外気に冷やされ、結露が起こりやすく、


それまでマンション住まいをされていなかった方を、驚かせることがあります。
結露が起こるための、特殊な要因があるというなら話は別ですが、
特に欠陥のない、一般的な鉄筋コンクリート造の住宅にお住まいだと、仮定してみましょう。
すると、十分な換気をしないと、結露が起こりやすいのは当然です。
湿気の多い1階とか、冷やされやすい端部屋や最上階では、なおさらです。

さて、この結露がひどくて、壁紙がはがれたのは、誰のせいでしょうか?
ひとくちに言えば、人のせいではなく、自然のせいですね。
すると、借り手には、落ち度がないという解釈もできます。
換気を十分にするとは言っても、共稼ぎ世帯で昼は無人だとか、
それは借り手にもどうしようもないことですからね。

しかしここでひとつのポイントがあります。
それは、借り手が、“善良なる管理者である義務”を負っているということです。
これをこの場合に当てはめてみると、結露が起こるのは自然現象で仕方ないし、
壁紙に少々のカビが生える等、善良に管理していても避けられないものはいいとして、
住宅内は通常の場合、所有者が立ち入りできない訳ですから、
住宅内で何か起こる(水滴でぬれる)ことに対しては、
借り手が善良に管理しなくてはなりません。
そこで、“濡れたら拭く”という基本を怠って、
壁紙が剥がれたとか、出窓下の化粧板が腐ったとか、
そこを指摘される可能性はあるでしょう。

ただ、つまるところ、修理を要する、ある状態について、
“その状態が生じたのは、借主に過失・責任があるのか、
または通常程度の使用であったと言えるのか”が、ポイントとなる昨今、
結露は自然現象だという前提もある中で、
マンション管理者が、理論武装して、借り手に責任を問えますかどうか。

“通常の生活の範囲”、つまり“家を家として貸す以上、
大家が覚悟しなければならない負担”という方向に、
あなたが話を導いていければいいですけれど、どうでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうやら管理者とのバトルは避けられないようですね
ありがとうございました

お礼日時:2001/01/15 23:43

石油ストーブはお使いでしょうか?石油ストーブは結露の大きな原因となりますので、賃貸マンションなどでは賃貸契約上、使用を禁止している場合が多いです。

この場合、結露による壁紙などの損傷は、借り手の責任となるでしょう。
    • good
    • 0

賃借人が退去するときの原状回復の負担割合は、建設省が示したガイドライン


(一般的な基準であって法的な拘束力はない指針)で、具体例が示されています。

「損耗・毀損の事例区分(部位別)一覧表」に、クロス壁や天井に発生した
結露を放置したことにより拡大したシミ・カビについての”考え方”が
見つかりました。

以下-引用-
結露は建物の構造上の問題であることが多いが、賃借人が結露が発生しているにも
かかわらず、賃貸人に通知もせず、かつ、拭き取るなどの手入れを怠り、壁等を
腐食させた場合には、通常の使用による損耗を超えると判断されることが多いと
考えられる。
 (以上、「賃貸住宅の原状回復をめぐるトラブル事例とガイドライン」より)

これは、結露を放っておいてばかりでは、いずれ退去するときに、管理所有者から
改修費の全額は請求されないまでも、その一部費用は支払わなくてはならない恐れ
があるから、出来るだけ早く管理者に相談するとか、常識的な手入れの範囲内で
結露による建物設備の悪化を防ぐ手立てを賃借人も講じていかなければならない
と読み取れます。

もちろん入居時の契約書に、原状回復特約として、結露による損耗についての
負担割合の明記があるのでしたら、その内容が優先されることでしょう。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruchintai/ch …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

管理者に聞いてみます
参考になりました

お礼日時:2001/01/15 23:47

回答とは言えないかも知れませんが、アドバイス程度にお話させていただきます。


「窓の淵の壁紙がはがれ」るという状況から見て、結露の多くはガラス面に発生していると推測します。ガラスというの壁にくらべて熱伝導がよい、つまり冷えやすいので、結露がひどいんですね。結露が多いということは、それだけ熱が逃げているので、省エネの観点からも困ったことです。
我が家も結露がひどく、むしろ冷え(ガラス面で冷えた空気が足元をスースーさせるあの感じ)がいやだったので、ガラス面に断熱シートを貼りました。DIYの店なんかで売ってます。ガラス面に空気層をシートで作るんです。シマシマタイプとプチプチタイプ(包装用のクッションに使われるあれです)と透明シートがありました。我が家で使ったのはシマシマタイプです。結露も減りますし、あまりお困りのようなら試す価値はあるかと思います。
しかし、両面テープでそういうものを貼るとしたら、大家さんの承認っているのかなー、とふとおもってしまいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気液平衡について、コックでつながれた二容器に温度差がある場合、水滴は片側にしか結露しませんか?

こんにちは。
H2Oの気液平衡について質問があります。

コックでつながれた容器A,Bがあり、それぞれ60℃、20℃だとします。
コックが解放されているとして少なくともいずれかには水滴がついているとした場合、とりあえず温度の低い容器Bに発生しますよね。
20℃の蒸気圧が2.0*10^3Paだとすると、このとき容器Aにも水滴がついている可能性ってありうるのでしょうか?
分子の分圧がおなじであり、当然60℃の蒸気圧は20℃の時より高いので、発生し得る水滴は全てB側でしょうか…??

場合分けも頭の中で整理できず、混乱しています。
容量がA>B,A=B,A<Bの時で変わってきたりするのでしょうか?
H2O以外の気体分子が含まれるのと含まれないのとで異なるのでしょうか…?

本などを見ていると、場合分けとしてAもBもすべて気体か、Aはすべて気体でBは気液平衡と書かれてあり、前者を否定することで後者を導いていたのですが、他の可能性はないでしょうか?

お願いします!!!

Aベストアンサー

現実問題としては、その時の状況、つまり、結露に至る過程によっては両側で結露することはあるでしょう。
しかし、平衡状態ということであれば、両側の水蒸気圧が同じになるはずで、だとすれば、その時の水蒸気圧は20℃における飽和水蒸気圧になるはずですから、60℃の側に発生した結露はいずれ消失するはずです。
ただし、現実にそうなるかどうかは、放置した時間とかコックの穴の長さや径、容器の大きさなどにも影響されることなのでなんとも言えません。平衡というからには、十分に長い時間が経過した後ということになるので、それが1年であろうが10年であろうが気にすることはないでしょう。

Q賃貸マンション退去時の補修費用借主負担の範囲について

よろしくお願いします。
数か月前、主人の父(84歳)が死去し、賃貸マンション退去手続きを主人がいたしております。
手続きを代行している建築事務所からの補修費用の見積もりに疑問がありましたので質問させてください。なお、義父はこのマンションに25年以上生活しておりました。また最後の数年は一人暮らしのため、退去時に掃除は行き届いていない状態でした。場所は大阪です。

流し台、レンジフード、洗面台を新しいものに取り換えたらしく、新設備と取り換え工事費で30万円余の記載がありました。これはたぶん借主に全額請求してきているのだと思います。

そこで、
流し台などを20年以上使用した場合、「通常の耐用年数」を過ぎていることになるでしょうか?

これらを新品にすることは「原状回復」に当たるのでしょうか

その場合、全額を借主が負担することになるのは妥当なのでしょうか?

貸主・借主いずれの負担になるかの根拠になるような資料やサイトがありましたらご教示ください。
(すでに国土交通省発行の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は、ダウンロードして参考にしております。)

情報が不足しておりましたら追加いたします。
何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
数か月前、主人の父(84歳)が死去し、賃貸マンション退去手続きを主人がいたしております。
手続きを代行している建築事務所からの補修費用の見積もりに疑問がありましたので質問させてください。なお、義父はこのマンションに25年以上生活しておりました。また最後の数年は一人暮らしのため、退去時に掃除は行き届いていない状態でした。場所は大阪です。

流し台、レンジフード、洗面台を新しいものに取り換えたらしく、新設備と取り換え工事費で30万円余の記載がありました。これ...続きを読む

Aベストアンサー

私は行政書士に相談しました。

明細を全部見せて相談したら、私が諦めていた項目も「これも大丈夫。これも大丈夫。これは厳しいけれどどうする?」といった感じでした。
やはり専門家は違うと思いました。

特定のものを紹介するのは避けますのでその事務所は書きませんが
ネット上で見つけ、直接会わずにすべて終えました。

メールのやり取りは3報復ほど。
文書の行き来が2往復ほど。
大家さんからの返金振込みまで全てが5日ほどで終わりました。
費用5000円くらいでした(文書送付代金とか別)

ご参考程度で。
30万は大きな金額です。
無事に済むとよいですね。

Q冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

現在冷凍機について勉強中で、文献を読む中で冷凍能力(Cooling Power)と、高温側の熱交換器と低温側の熱交換器との温度差(Temperature Span)との相関について述べられていました。
温度差が大きいとき冷凍能力は小さくなり、逆に温度差が小さいときには冷凍能力が大きくなるようです。
この部分がよく理解できません。どおなたか詳しい方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エンタルピー変化は無いものと見做しますから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、垂直の直線になります。
 膨張行程は極めて短時間の内に行われますから、膨張行程が行われている間に、冷媒と外部との間で熱が移動する時間が無いため、膨張行程中には熱の出入りは無いものと見做せますし、液体は、熱の出入りが無ければ、圧力が変化しても温度やエンタルピーは変わりませんから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、飽和液線上の膨張前温度を表す点(等温線と飽和液線の交点)を通ります。
 圧力が高い程、冷媒が蒸発する温度は高くなりますから、飽和液線上の温度は圧力が高い程高くなり、飽和液線は右上がりに傾いていますから、膨張前温度が高い程、膨張行程におけるエンタルピーは大きくなります。
 一方、蒸発器内の圧力は、蒸発器内の何処でも殆ど同じですから、冷凍サイクル中の蒸発行程を表す線は、水平の直線になります。
 冷凍機の圧縮機(コンプレッサー)が液体を吸い込むと、圧縮機が損傷してしまいますから、蒸発器出口において冷媒は完全に気化していなければなりません。
 そのため、蒸発行程のラインの右端は、必ず乾き飽和蒸気線よりも右側の、乾き蒸気の領域に突き出ていなければなりません。(乾き飽和蒸気線よりも左側の状態では液相が含まれている)
 気体は、臨界圧力よりも充分に低い圧力の下では、その振る舞いが理想気体に近くなり、理想気体のエンタルピーは圧力に関わらず、温度にのみに比例しますから、蒸発器出口温度が低い程、冷媒のエンタルピーも小さくなります。
 凝縮器出口における冷媒温度を高くすると、膨張前温度も高くなって、膨張行程におけるエンタルピーが大きくなり、その一方で蒸発器出口温度を低くすると、蒸発器出口におけるエンタルピーが小さくなるのですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、蒸発行程を表すラインの長さは短くなります。
 蒸発行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差は、即ち単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱エネルギーの量の事ですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱量は少なくなります。
 単位質量の冷媒が吸収する熱量が少なくても、循環する冷媒の量が多ければ、冷凍能力を大きくする事は可能な様に思えるかも知れません。
 この場合は冷凍機が消費する電力が一定の場合を考えている訳ですから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事が少なくて済む程、より多くの冷媒を循環させる事が出来ます。
 圧縮行程は断熱過程であるため、等エントロピー曲線に沿って、左下から右上がりに進みます。
 圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事は、圧縮行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差になりますから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事を少なくするためには、凝縮器内の圧力を低くすると良い事になります。
 しかし、圧力を低くし過ぎて、凝縮器内の圧力に等しい圧力下における冷媒の蒸発温度が、凝縮器内の温度よりも低くなってしまいますと、冷媒は液化せず、蒸発潜熱を利用する事が出来なくなります。
 凝縮器の温度をあまり下げる事は出来ませんから、結局、冷媒の循環量をあまり増やす事は出来ません。
 結果、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくすると、冷媒が吸収する熱量が少なくなる事による影響が上回り、冷凍能力が小さくなります。
 逆に、凝縮器と蒸発器の温度差を小さくすると、冷凍能力が大きくなります。

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エ...続きを読む

Q修繕費用借主負担の賃貸契約書

来月入居予定で、今週末賃貸契約の手続に不動産屋さんにいくのですが、先週郵送された契約書のコピーを確認すると、「借主は退去時に畳の表替え・襖の張り替えの50%、ホームクリーニング全額を負担することに承諾します。」と書いてありました。またたばこのやにによる壁・天井のよごれ、電気やけは経年劣化に該当せず、借主が修繕費用を負担することになっています。
そもそも日常の損耗による修繕は、本来貸し主が新しい入居者に対して負う義務と思い、電話して「承諾はできかねますので、上記部分は削除してほしい」と担当者に依頼したところ、始めのうちは「みんなこの契約書でやっている」といっていましたが、そのうちに店長がでてきて、大家さんと交渉するが、大家さんがこの契約書でなくては契約したくないと言ったら仕方がない(あるいはこの契約書で契約するか、または契約はできない)というのです。
さらに、家賃の改定について「甲乙協議の上」決定するというのが標準だと思うのですが、「」部分が入っていないので、「」部分の追加も依頼しました。
しかし2日後に電話をしても、まだ結論がでていない、と状況も教えてくれません。
物件は気に入っていますが、同意できない契約には署名できません。
こちらの希望どおりの契約書で契約できるようにするにはどうすればよいのでしょうか。

来月入居予定で、今週末賃貸契約の手続に不動産屋さんにいくのですが、先週郵送された契約書のコピーを確認すると、「借主は退去時に畳の表替え・襖の張り替えの50%、ホームクリーニング全額を負担することに承諾します。」と書いてありました。またたばこのやにによる壁・天井のよごれ、電気やけは経年劣化に該当せず、借主が修繕費用を負担することになっています。
そもそも日常の損耗による修繕は、本来貸し主が新しい入居者に対して負う義務と思い、電話して「承諾はできかねますので、上記部分は削除して...続きを読む

Aベストアンサー

納得が行かない物件であれば、正式契約前なら契約を
やめましょうというところですが・・・

ただ、物件は気に入ってる契約書の内容だけが・・・
ということなら、どちらにしても賃貸物件の不要な
更新手数料、リフォーム代などは不当ですので、
今は消費者センターが間にも入ってくれます。
消費者契約法が出来てから、そういった悪質な契約が
完全に断れるようになったので、大丈夫です。

契約書はなんとでも書けます。でも実際にそれが通用
する訳ではありません。

こちらの希望通りというのを完全に通すことが出来なく
ても、どちらにしても妥当な金額しか取れないのです。
普通契約であれば、住んでしまえば、住居権のある
貴方の方が強いです。借地借家法より、民法や判例
などの方が強いんです。

しかし、問題なのが契約前からどうこう交渉して、オーナー
側と信頼関係をこじらせてしまうと後が大変かもしれま
せん。これは貴方のお気持ち次第ですが・・・

物件が気に入ってるなら速やかに契約して、不要なお金
は払わないでOKです。

心配であれば、管轄の(社)宅建協会に連絡してみて
下さい。アドバイスを貰えます。

納得が行かない物件であれば、正式契約前なら契約を
やめましょうというところですが・・・

ただ、物件は気に入ってる契約書の内容だけが・・・
ということなら、どちらにしても賃貸物件の不要な
更新手数料、リフォーム代などは不当ですので、
今は消費者センターが間にも入ってくれます。
消費者契約法が出来てから、そういった悪質な契約が
完全に断れるようになったので、大丈夫です。

契約書はなんとでも書けます。でも実際にそれが通用
する訳ではありません。

こちらの希望通りというのを...続きを読む

Q熱交換器-対数平均温度差

並列式熱交換器において 高温流体が当初、入り口温度Th1のものが出口温度Th2の下がり、低温流体が入り口温度Tc1が出口温度Tc2に上昇するものとする。ここで 総括熱伝達係数U 伝熱面積A 対数平均温度差ΔTmとすると この熱交換器の交換熱流量Q=UAΔTmで表される。
ここでΔT1=Th1-Tc1 ΔT2=Th2-Tc2 とすると
対数平均温度差ΔTm=(ΔT1-ΔT2)/IN(ΔT1/ΔT2)となる。
--------------------------------------------------------------

この文章を読んでいて対数平均温度差というものの意味が具体的にわからないのと 対数平均温度差を求める式の中にINという字があり、
この意味がわかりません。本当に申し訳ないのですが
ご教授願いたいと思います。

Aベストアンサー

対数平均温度差については、
ΔT=(ΔT1-ΔT2)÷IN(ΔT1/ΔT2)で
定義される温度差ΔTを対数平均温度差という。
LNは、自然対数のことと思います

Q賃貸契約における、現状回復借主負担の特約について

賃貸契約時に、「退居時のクリーニング、畳替えを借主が負担する」
という特約があると説明されました。
現状回復は貸主負担が原則だと思っていたので、質問をすると、
「そういう契約もある」とのことで、
リフォームを要求する場合すらあるとの返答でした。
念のため費用を聞くと、クリーニングは通常3万程度、
畳替えは一枚5千円が標準的だという答えだったので、
仕方がないかと思い、契約してしまいました。
しかし、気になったので、ネットなどで調べてみると、
だいぶ異例の特約のようですし、クリーニング代ももっとかかりそうで、釈然としません。
契約期間の開始日までまだ1週間ありますが、
契約内容を変更するとか、
契約解除をして支払ったお金全てを返還してもらうことはできるでしょうか?
(錯誤による契約・・・ということは通用するのでしょうか?)
また、もし契約変更、あるいは解除が可能であるならば、
早急にすべきことは何でしょう?
とても困っているので、できるだけ専門家の方の回答をお願いします。

Aベストアンサー

都道府県庁の宅建指導課か消費生活センターへ相談して下さい。

Q男女の温度差

自分が彼を想う『今まで誰にも感じたことがない情熱的な好きという気持ち』と彼の私に向ける『嫌いじゃない=好きという気持ち』に温度差をすごく感じています。

この温度差に耐えかねているのか、食欲不振・激しい胃の痛みとか出てます。
ものすごい温度差は、時を経れば解決するものでしょうか?
また、解決するとしたら、その経なければならぬ時間は、長いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

男女の恋愛とはそういうものではないでしょうか。
お互いに同じくらい好きという場合もあるでしょうが、ほとんどは温度差があるでしょうね。
その温度差をお互いのコミュニケーションで確認し合い、それぞれが考えていくものなのでしょう。

Q賃貸借の法律。借主と貸主。借主が過失で火事で借りている家を全焼させて、さらに隣の家まで全焼さ

賃貸借の法律。

借主と貸主。

借主が過失で火事で借りている家を全焼させて、さらに隣の家まで全焼させてしまったとします。

借主は失火法で近隣の家が全焼した責任を取る必要がありません。

しかし賃貸借契約時に記入した保証人と貸主は隣家の全焼の弁償をしないといけない。

↑これってなんという法律ですか?

賃貸借契約書に記載されているから保証人は支払わないといけなくなるというものですか?

それとも法律でそういう決まりですか?

あと貸主は借主に対して損害賠償請求は出来ない?

貸主は火災保険で自分で直す必要がある?

借主は自分が燃やしたのに、貸主に現状復帰を要求出来るのですか?

自分の家が燃えるのは良いですが、貸主が借主の性で燃えたのに隣家を現状復帰しないといけない責任があるというのは納得がいかないですがこれはなんという法律で決まっているのですか?

貸主が一旦、隣家の全額弁償して、そこから保証人に請求をする?

借主は失火法で免除されて、保証人や貸主が弁償しないといけないってなんか納得いきません。

これって本当に法律で決まってるんですか?本当ですか?

隣家を燃やしてしなったら貸主が弁償しないといけないっていうのが本当なのか知りたいです。

なんという法律で決まっているの教えてください。

賃貸借の法律。

借主と貸主。

借主が過失で火事で借りている家を全焼させて、さらに隣の家まで全焼させてしまったとします。

借主は失火法で近隣の家が全焼した責任を取る必要がありません。

しかし賃貸借契約時に記入した保証人と貸主は隣家の全焼の弁償をしないといけない。

↑これってなんという法律ですか?

賃貸借契約書に記載されているから保証人は支払わないといけなくなるというものですか?

それとも法律でそういう決まりですか?

あと貸主は借主に対して損害賠償請求は出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

>借主は失火法で近隣の家が全焼した責任を取る必要がありません。

そうです。

>しかし賃貸借契約時に記入した保証人と貸主は隣家の全焼の弁償をしないといけない。

いいえ。弁償しなければいけないのは、賃借人(保証人)が大家に対しての借家の弁償です。

>↑これってなんという法律ですか?

民法の不法行為に伴う損害賠償です。大家と賃借人は賃貸借契約を結んでおり、それにより賃借人は善良なる管理者として借家を管理する義務があります。自分のチョンボでその家を燃やしてしまったなら、賃貸借契約で「元の状態で大家に祖も家を返す」という義務を果たすため賃借人が賠償する必要があります。賃借人が払えなければ保証人が払います。

Q船の温度差航法は、可能か?

甲板と海底に接する部分には温度差がありそれを電子にしてモーター走行可能だと思いますか。海洋温度差発電の応用ですね。そんなボートなりクルーザーが出来ると需要かなり有るように思うのですが。

Aベストアンサー

まず、「電子にする」ことなんて出来ません。
ゼーベック効果( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C )などで電位差を得る事はできますし、もっと効率の良い温度差発電も使えるでしょうが、それで得られるエネルギー量なんて知れた物です。
>水の温度差による対流現象はスクリューを回す事が出来るでしょう。
 それじゃ永久機関の一種--第二種永久機関の話になっちゃう---ので無理

 そんな事するより、太陽電池を貼ったほうが良い。温度を上昇させるのは太陽からの光(電磁波)中の低エネルギーの赤外線ですが、波長の短い可視光線はずっとエネルギーが大きい。あわせて甲板を熱するより前の段階で太陽熱を利用した温水器を利用したほうが効率的ですよ。

Q賃料不払いの借主への明渡し訴訟と借主からの反訴

母の所有する収益マンションの事でご質問させて頂きます。

賃料の滞納が1年以上に及ぶ借主に対して簡易裁判所にて未払い賃料請求及び建物明渡し請求の訴訟を本人訴訟にて起こしました。
なお、母が病気療養中なので私が代理人となっています。

賃貸借契約書等、賃貸借及び未払いの事実を証明する書面は揃っているので、短期間で勝訴判決が出るものと思っていたのですが、被告は、2回目の口頭弁論で、このような事を言ってきました。
「300万円の反訴を準備中です。内容は住居に家主が勝手に入ってきて、金品を盗んだ事、家賃が1ヶ月程遅れた事を理由に家のドアに鍵を
取り付けて閉鎖した事、風呂がまを壊された事等の損害賠償です」
上記の様な事実は全くなく、今の時点では被告も何の証拠も出して来ません。
また、こちらの請求事実についても否認すると言うばかりで何の証拠も出しません。

被告が証拠を出せない以上、勝訴判決が出るものと思っていたのですが、裁判所は、「被告が反訴をすると言っている以上、訴訟を終了して判決を出すわけにはいかない」と言うのです。
そのような意味不明な内容の反訴の相手をする事で訴訟が長引く事は避けたい(明渡しを長引かせる事が被告の狙いとは思われますが)のですが、何かよい対抗策はありませんでしょうか。
なお、連帯保証人はいません。

こちらの一番の願いは、滞納家賃はあきらめてでも、被告に1日も早く出ていってもらう事です。ただ立退きの強制執行の費用が相当かかると思いますので、被告に金銭を支払う事は避けたいと思っています。

ちなみに、裁判官に和解をしてはどうかと言われたのですが、被告からの回答は「1年間待ってくれたら出て行く。その代わりその間の家賃は無償とし、今までの滞納分も一切免除とする」という到底受け入れられない内容でした。

学生時代の知識を元に自分なりに必死で勉強して頑張っているのですが一筋縄ではいかず困っております。恐れ入りますがご助言宜しくお願いいたします。

母の所有する収益マンションの事でご質問させて頂きます。

賃料の滞納が1年以上に及ぶ借主に対して簡易裁判所にて未払い賃料請求及び建物明渡し請求の訴訟を本人訴訟にて起こしました。
なお、母が病気療養中なので私が代理人となっています。

賃貸借契約書等、賃貸借及び未払いの事実を証明する書面は揃っているので、短期間で勝訴判決が出るものと思っていたのですが、被告は、2回目の口頭弁論で、このような事を言ってきました。
「300万円の反訴を準備中です。内容は住居に家主が勝手に入ってき...続きを読む

Aベストアンサー

>そのような意味不明な内容の反訴の相手をする事で訴訟が長引く事は避けたい(明渡しを長引かせる事が被告の狙いとは思われますが)のですが、何かよい対抗策はありませんでしょうか。

裁判所が期日続行を指揮したのでしたら、やはり早期解決は困難かもしれませんね。ましてや、相手の要求が「1年間待ってくれたら出て行く。その代わりその間の家賃は無償とし、今までの滞納分も一切免除とする」などと言っているのですから、難しいでしょうね・・・。

>なお、連帯保証人はいません。

これは最初から契約をとってなかったんですか?連帯保証人がいれば、その方への家賃の請求は当然ですが、間接的に圧力が掛けられるのですが・・・。

早期解決は確かに誰しも望むところですが、交渉ごとや早期解決のポイントは、「早期解決をしたいという姿勢」を相手に悟られない事・知られない事が一番重要です。確かに執行費用は、数十万円かかりますが、被告も「滞納家賃を全額免除にしたい」などという思惑があるわけです。なかなか大変でしょうが、相手の不安要素を探し出して、そこをガンガン押していって、あるときにポッと引いて、少額の立退き料を提示してみると早期解決することもありますよ。相手には少なくとも一度は、「一銭もやらん!断固として戦う!」という姿勢は見せた方がいいと思います。

あと、相手に圧力をかける要素としては・・・
・相手のもっている財産、勤務先を調べて「強制執行いつでもやったる」準備をする。中年の方だったら、父母の相続財産を持っている可能性もあります。
・判決後に、不動産賃貸借における動産の先取特権の強制執行や、車の強制執行をかけてみる。勤務先があれば債権執行も勿論のことです。
・判決後にも、定期的に書面で「現在、滞納家賃○円、不法占拠による損害賠償○円、遅延損害金○円」と通知し、お金がどんどん増えていく事を認識させる。
・・・・などでしょうか。徹底的に争う事になった場合の情報は大事です。こんなに大変なの!と不安にもなるでしょうが、相手への圧力材料もありますから。

ただ、郵便物をみて、消費者金融から郵送物が来ていたり、無職、精神的な疾患あり、何も財産がない、などの場合、こればっかりは何とも仕様が無いかもしれません。何も怖いものがないですからね・・・。

大変でしょうけど、頑張ってください。相手の反訴は、証拠がなければ問題なく棄却されますよ。

>そのような意味不明な内容の反訴の相手をする事で訴訟が長引く事は避けたい(明渡しを長引かせる事が被告の狙いとは思われますが)のですが、何かよい対抗策はありませんでしょうか。

裁判所が期日続行を指揮したのでしたら、やはり早期解決は困難かもしれませんね。ましてや、相手の要求が「1年間待ってくれたら出て行く。その代わりその間の家賃は無償とし、今までの滞納分も一切免除とする」などと言っているのですから、難しいでしょうね・・・。

>なお、連帯保証人はいません。

これは最初から...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング