出産前後の痔にはご注意!

見積もりに書かれていたのですが、
それぞれどういうタイプのガラスなのか、さっぱり分りません。

LowE BR透明P3P3ビート付
LowE N透明P3P3ビート付
LowE N型F4P3ビート付

Low-Eのガラスで、
一番下以外は透明で、最初の数字は厚み?次の数字は??
よく分かりません。
どういうガラスなのでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

3組とも↓Low-E複層ガラスの組成が書かれているのですが


http://www.nsg.co.jp/csr/special/fukuso-glass.html
室外側にLow-Eだと「遮断高断熱」仕様となります。
http://www.hashibakinoie.com/html/lowe.htm

*LowE BR透明P3P3ビート付 
 BRははっきりしませんが、色でしょうか
 透明P3P3→フロートガラス(透明)3ミリ+フロートガラス(〃)3ミリ
 ビートはサッシとの緩衝材 

*LowE N透明P3P3ビート付
 N(?)以外上と同じ

*LowE N型F4P3ビート付
 N(?) 
 型F4P3→型板ガラス(スリガラス)4ミリ+フロートガラス3ミリ
 ビート付
   
【BR・N】に関してはガラスを扱っている会社の記号なのか
サッシメーカーの記号なのか・・・判別できません。
サッシメーカーだと、BR=ブロンズ N=ニュートラル なのですが
同一メーカーではないような。。

ガラスの色合いはこちらに。
http://www.nichifuku.com/glass/m/le/lowe.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
Low-Eの、型板ガラスもあるのですかね?

お礼日時:2009/01/16 15:15

>Low-Eの、型板ガラスもあるのですかね?


書き方が悪かったようですね。

Low-E自体は、色味はあっても、又特殊な金属コーティングはされていても、あくまでも透明なガラスです。なので、今回の見積もりに関しては、外から見えてしまったらまずい!という部分には防犯も兼ねて?「型板(スリ)ガラス+中間膜+透明ガラス」のペアガラスにして、ガス層を挟んでLow-Eガラスと共に複層ガラスに仕立てています。つまりは、

Low-E(厚さ3~5ミリ)+ガス層(6~12ミリ)+ペアガラス(F4+P3)です。

型板ガラス(ワイヤー入りもあります)は、単板ガラスで組まれるサッシにもあるように、お風呂場とかトイレ、他には一階に入る引違い戸・掃きだし窓の中桟より下の部分とかに使われていますよね。なので同じように、型板ガラス+透明ガラスのペアガラスを使った、中が見えない複層ガラスもある訳です。
    • good
    • 0

LOW-E→ Low-Emissivity 低放射率の


次はわからないけど色では?
BR→ブラウン
N→自然色ナチュラル

型→型ガラス
透明→透明ガラス

F→フロートガラス
P→ポリカ
あと数字は厚み(ミリ)でしょう。

ビートはガラスのまわりにぐらぐら揺れないための弁当箱のパッキンゴムみたいなのがついてるでしょ。あれのことです。

なので合わせガラスの仕様を記入されていると思うのですが、Pの左は確実にフロートガラスの厚みだと思いますが、ポリカ3ミリは住宅の防犯ガラスでは最上の仕様です。4+3+4の11ミリのセキュレを見ているのか?という想像ができます。

違ってたらごめんなさい。私だったら「セキュレレベルIV11ミリ」か「F4+P3+F4」とか書くかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

フロートガラスは普通の板ガラスですよね。
ポリカって、ガラスとはまた違うものなのでしょうか?
フロートとポリカってどっちがいいのですか?

お礼日時:2009/01/16 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q型ガラスとすりガラスとの違いは何でしょうか?

レベルの低い質問で恐縮ですが、型ガラス(漢字あってますか?)とすりガラスとの違いは何でしょうか?

最初、どちらも同じものを指していると思っていたのですが、住宅関係のカテゴリーを読んでいると、
・すりガラス:一枚のガラス板で一面のみを荒らしてあるもの
・型ガラス:二枚のガラス板から成りもっとも外側の面のみがすりガラス状になっているもの
ように思えて来ました。

無知な私にどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの回答のリンク先にある通りですが、ちょっと補足して。

すりガラスは普通の透明なガラス板として作ったものを加工(薬品や機械で)して、表面をざらざらにし光を乱反射させて白っぽい色を出しています。

型ガラスはその名の通り、表面がデコボコの型に流し入れて固めたガラス板です。

ですので型ガラスの方が乱反射は大きく、すりガラスが人の目には凹凸として見えないのに対し、型ガラスは凹凸があるのが分かります。触ってもわかりますね。

両方とも、ガラスを通したとき向こう側の物を見にくくするためのものですが、型ガラスの方が乱反射が大きい分、より見にくくなっています。

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Q「入隅」と言う言葉の意味を教えてください。

売り建ての一戸建てを購入、間取りや仕様などはだいぶ決まったのですが、外観の部分で迷っています。その中でも玄関ドアのカタログもいろいろ見ているのですが、そのなかで「入隅用」などと書かれている部分がよくわかりません。辞書を見たりもしましたが、具体的どういうことをさすのか、玄関ドアの場合はどういう意味になるのかがわかりません。初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

入隅とは部屋の内側の隅(角・カド)の部分で長方形であれば90度の部分、逆に外側の隅はカドが出っ張っている所(270度の部分)を出隅と言います。玄関などの場合、玄関建具が取り付く壁は玄関内側では多くの場合あまり巾が無い(壁芯で1820mm位が標準でしょうか)ので親子扉や両開き扉など全体巾の大きな建具枠が取り付く場合には通常のサイズの建具枠では内側の壁仕上り内法巾(扉に向かって直角方向に有る左右の壁の有効巾)より大きくなってしまって内枠に壁が被ってしまう事があります。それを避ける為に通常より小さい巾(玄関サッシの場合100mm位小さい)で同じデザインの建具がメーカーに用意されています。それを「入隅用サッシ」と言います。扉の全体巾は小さくなりますが子扉やFIX(嵌め殺し)部分で巾を調整してある事が多く扉自体の巾は変わりませんから(左右のバランスは変わりますが)納まり上だけで大きな問題は無いと思います。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

QAUTOCADなしでDWGファイルをDXFの変換する方法を教えてください。

AUTOCADが高価で購入できないため、図面のデータをdwgファイルでもらっても開く事ができません。
フリーソフトではDXF対応のCADソフトが多いと思うのですが、なんとかAUTOCADなしでdxfファイルに変換できるソフトなどはないでしょうか?
またはdwgファイルを開く事ができ作図も出来るソフトなどもあったら教えて欲しいのですが。。
知っていましたらぜひご教授願います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLからA9CAD(フリーソフト)をダウンロードして設定しましょう。Autocad互換をうたっているだけに便利です。dwgファイルも勿論読込めます。当然、DXF変換も可能です。
日本語もOKです。(但し新規に日本語の書込みは少し不便ですが多分OKです。)
フリーソフトなのでご利用されてはいかがでしょうか。
(CADとしての利用は機能不足がこたえますが、dwg<->dxf変換機能の利用としては充分と思います。
http://www.a9tech.com/

参考URL:http://www.a9tech.com/

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q縦すべり出し窓の場合の防犯方法はありますか?

一戸建てを購入したのですが、左右開閉型の縦すべり出し窓が多く、面格子やシャッターが付いていません。
市販の防犯グッズ(警報機タイプ)も普通のサッシ(引き違い窓と言うんでしょうか)に取り付けるタイプしか無いのですが、縦すべり出し窓にはどんな防犯対策ができるのでしょうか?
購入前は防犯に対しての考えが甘く、最初に確認しておけば良かったのですが・・・今更な質問ですが、今後何か出来る防犯対策があれば教えて下さい。

縦すべり出し窓の形状は取っ手ごと押し出すタイプです。
(窓枠に付いている取っ手を回して開けるタイプではありません)
形状がうまく伝わらなかったらすみません・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

窓ガラスに貼り付けて、ガラスの振動や開閉を検知して警報を鳴らすタイプの警報装置なら、取り付け可能だと思いますがいかがでしょうか?
参考URLのリンク先ページの下のほうにそのような装置が紹介されてます。

参考URL:http://www.kanamono.biz/mado-top.html

Qマンション内の仕切り壁

構造体でない、マンション内の仕切り壁は、一番薄くて何ミリですか?素材はどういったもので出来ているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には
木軸か軽量鉄骨を下地として両面にプラスターボードを貼って65mm程度です。
下地を縦づかいにすれば、50mm程度が可能です。
狭い面積であれば べニアにプラスターボード貼で22mm程度が可能です。

Q住宅の基礎の根入れ深さについて

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm
しか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから
200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmと
なり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですと
の事でした。

 また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに
100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので
土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが
正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。

 確かに最終的には根入れ深さは120mm以上(凍結深度はまだ未確認です)
ありますが一度掘削した土を現状GLから埋め戻して天圧した所で地震の
横揺れや激しい台風などでも基礎が横にずれたりしないものなのでしょうか。

 また、その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロ
ックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の
際に不具合などは生じないものなのでしょうか。


 もう少しで基礎工事が始まってしまうのですが、これで本当に問題がない
のかどうかが素人の私にはよく分かりません。

 ただ、これで建築許可もおりているので私の取り越し苦労かもしれませんが、
せっかく建てる新居なのでこの先地震や台風がくるたびにビクビクせず安心し
て過ごすためにも、誰か詳しい人がいたらどうか教えていただけませんでしょ
うか。

 何卒よろしくお願いいたします。

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm...続きを読む

Aベストアンサー

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はないですね。
なぜならば、設計で地盤改良なしでの良好な地盤との条件ですからね。故に埋めた土も同じ強度を確保する必要がありますね。是非このことを、この工事の設計士、設計事務所設計士、品質管理者に文書で質問、文書で回答を得てください。

2>また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。

回答2
ここに問題があり、設計士に文書確認の必要があります。
1)既存の壁(コンクリート擁壁)は、貴方の敷地内、貴方の所有ですか。確認ください。通常は壁の下側が境界ですが?
2)既存の壁の高さをブロックで200mm嵩上げするわけですが、この壁の変更は今回の確認申請の対象になっているでしょうか。通常条例にもよりますが2m以上であれば、変更には申請許可が必須です。
3)問題は、この壁が200mmプラスの土砂に対して強度計算をされているかどうか確認ください。家の基礎高さを関連づけした横断面図でその計算が適正か?ごまかしになっていないか。別途、第三者監理の方にチェックしてもらってください。強度計算でOkであれば新築の家の基礎部分の地盤の崩壊、移動、壁の転等等は問題なしですね。
4)問題の追加で、200mm上がった壁自体の強度チェック(壊れないか)です。ブロック(アンカー固定の強度チェック計算含む)強度の確認も必要ですね。ブロックはコンクリートとの耐久性に問題があり、本来ならばコンクリートで嵩上げ(樹脂アンカー施工)を施工すべきです。(無論10年は問題はないですが)

3.>基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。
回答3
埋めた土砂、壁の嵩上げ、に対して大雨などについてですが、上記の埋め戻しの適正な品質管理、確保、文書での報告確認、段差(上と下)に対する強度計算の確認、壁の強度計算確認を行い、文書で回答を得て残すことです。無論、自身に対する計算において確保されていなければなりませんね。
次に。雨に対しては、設備衛生工事の設計、雨水樋、排水管、排水溝、排水管、排水桝の適正な設計と世故運も確保です。水が溜まるようでは不可です。又既存の壁+200のブロック(コンクリート壁)の裏込め排水管の適正な配置と施工です。
要は、表面水、地盤に浸透した水の適正な処理が行なわれる設計、施工で、安全、安心が確保されます。
十分に、設計士、設計者、品質管理者、第三者監理の方に質問、納得が行くまで、なぜ、なぜ問答で確認ください。逃げるのは技術者でないですね。とことん確認してください。技術者は、素人に対して、インフォームドコンセント(説明責任、納得を得る責任義務)義務があります。メーカもCSR、行動規範、社会規範を掲げて専門企業として社会に受け入れられていますね。よく理解して旨くやってください。

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はない...続きを読む

Q複層ガラス窓の定価ってあるのでしょうか?

複層ガラス窓の定価ってあるのでしょうか?

例えば幅2600×高2230の引違い窓(履き出し)のガラスの定価(売価)を
知りたいのですが、メーカーカタログ(YKK)には記載がありません。

その理由はガラスはサッシメーカーでは取り扱いがなく
サッシ屋さん(ガラス屋さん)がガラスを加工してアルミ枠に
組み込む為ですよね?

他に幅1690×高970の引違い窓のガラスの定価(売価)を調べてます。
サイズが大きくなればガラス代は高くなるのは当然ですが、
どうも見積金額が納得できません。

【質問】
幅2600×高2230用の複層ガラスの定価(もしくは売価)は、
サッシメーカーのカタログ記載のアルミ部分と同じ位ですか?
簡単に言えば、このサイズですと、窓ガラスはサッシより安いですか?
同じ位ですか?高くなりますか?
幅1690×高970は逆にアルミ部品よりガラスの方が安くなりますか?

Aベストアンサー

No.2です。
>知りたい情報として、
(1)上げ下げ窓といった装飾窓の複層ガラス対応品はすべて完成品対応です。
フレミングJでもエイピアJでもエピソード/Sでも違いません。
お見積書にガラス代金が別途に記載されることはありません。カタログにも完成品対応ガラス一覧があります。

(2)フレミングJ(公表価格)
NHT-25622-M-AP ¥74,700 
P3+6+P3 ¥34,600X2枚=¥69,200 
網戸XMH-25622 ¥14,800

NHT-16509-M-AP ¥31,300
P3+6+P3 ¥9,100X2枚=¥18,200
網戸XMH-16509 ¥6,200

(3)エピソードtype S
ガラスの価格は上記に同じです。
但し、エピソードに関してガラスを押えるガスケット(呼称:Uゴム)は、別売りです。
18mm開溝(ガラス溝巾)で¥11,000(50m/梱包)です。

掛け率(値引き価格)は商品により違います。
新商品が出遅れる2番煎じが当然のYKKapでも開発費らしきものがかかっています。
メーカーとして販売店に対しても店により仕切り価格が違いますので、「なんで?」としたエンドユーザー思考には理解が難しいところもあると思います。
お見積書の内容に疑問があった場合には、説明を求めるべきと考えます。

こんなところで、よろしいでしょうか?

No.2です。
>知りたい情報として、
(1)上げ下げ窓といった装飾窓の複層ガラス対応品はすべて完成品対応です。
フレミングJでもエイピアJでもエピソード/Sでも違いません。
お見積書にガラス代金が別途に記載されることはありません。カタログにも完成品対応ガラス一覧があります。

(2)フレミングJ(公表価格)
NHT-25622-M-AP ¥74,700 
P3+6+P3 ¥34,600X2枚=¥69,200 
網戸XMH-25622 ¥14,800

NHT-16509-M-AP ¥31,300
P3+6+P3 ¥9,100X2枚=¥18,200
網戸XMH-16509 ¥6,200

(3)エピソードtype S
...続きを読む


人気Q&Aランキング