プロが教えるわが家の防犯対策術!

韓国語とロシア語どちらを勉強するべきか?これまで韓国語はNHKラジオで入門編を2年間聞きました。ロシア語は1年半でこちらも入門編のみ聞きました。4月からはどちらかひとつにしたいのですが、韓国語とロシア語どちらがいいでしょう?みなさんの考えを聞かせてください。回答、お待ちしてます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



ロシア語と韓国語とはいいところに目をつけているなぁ、という気がしました。

で、皆さんもおっしゃっていますが、興味の持てるほうを学ぶのが一番かと思います。文化や食事や、行きたい場所だったり、そういうものに連なっているほうが学習も進むのではないかと思います。

で、私個人の意見としては、ロシア語を学習していればよかったなぁ、と何度も何度も思います。韓国語はある程度読めるようになりまして、自分自身嬉しく思ってますが(なんのこっちゃ)、やはり絶対的に話者の多いロシア語のほうが応用が利きそうな気がします。

韓国語は文化にしろ食事にしろ政治にしろ、とにかく隣の国ですし、興味は尽きないわけで、それに東京や大阪に住んでいれば、韓国人の経営するレストランなども多いですし、実際、美味しいし(笑)。

しかし、一方、新聞の世界に目を向けると、旧ソ連諸国というのはこれからどんどん世界に出てくると思います。ロシアだけでなく、なんとかスタンという国々の動向は目が離せません。当然、それぞれの国にはそれぞれの国の言葉がありますが、なんといったって旧ソ連、ロシア語を話す方は今後しばらくは多いと思います。

文法面では御存知のとおり、韓国語は膠着語ですし、発音も難しくない。単語を増やせば簡単にその効果が発揮できるのは面白いくらいです(当然、基礎レベルの文法を学んだ上でですが)。しかしロシア語は日本語とは全く関係の無い文法ですし、発音も難しいですし。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、18日NHKの4月号のテキストを本屋さんで見ました。ちょっと見ただけです。また、今度よく見に行って決めたいと思います。

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/18 18:11

中国語には関心がないんでしょうか?中国語もやってて損はないので、


一先ず中国語を齧りながら冷却期間を置いて、韓国語とロシア語のどちらをみっちりやるか猶予期間を設けたら考えたらどうでしょう。いい加減な回答で申し訳ございません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国語はすこしだけやりました。すぐ文字を見てしまうため発音が身についてません。実は、韓国語とロシア語の講座を両方聞くと手が一杯に
なってしまうため他のことができなくなっていてどちらかにしぼろうかなと思ってます。

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/17 13:32

こんにちは。



個人的な独断と偏見ですみませんが(^^;)、韓国語をお勧めいたします。

ちょこっとした入門や、大学の第二外国語などでは、ハングルを覚える手間や発音の難しさなどから、韓国語はお勧めできないのですが、kereta様は入門が終了していらっしゃるので、基礎は充分だと思います。

それでしたら、俄然しゃべれる確率の高い韓国語を学習するのがいいと思います。
ロシア語は全く分かりませんが、恐らく格変化とかあるのでしょう?
そういうのに慣れて話せるようになるには、韓国語の数倍の努力が必要だと思います。
でしたら、できるだけ労力が低い韓国語をまずマスターするのが良いと思いますし、自信にもつながるでしょう。

また、韓国はロシアよりも手軽に安く行けるので、現地で韓国語を話す機会も多いです。
日本国内でも韓国語を話す人が意外とたくさんいるので、話す機会もロシア語よりは断然多いでしょう。

kereta様がこれらの言語をマスターして、これからどうなさるのかわからないので、どちらの言語が良い!とは一口でいえませんが、純粋にどっちでも良いと言うのでしたら、モチベーションを保ちやすい、比較的勉強しやすい韓国語をお勧めいたします。

また、韓国語学習者は意外と多いとお思いかもしれませんが、入門者はいざ知らず、中級以上の学習者はぐっと少ないです。これは、思った以上に韓国語が簡単でないと言うことと、やはり「趣味」だけで続けるのは困難であると言うことを示しています。

これを避けるためにも、積極的に韓国文化に触れたり、友人を作ったりするのが良いです。そういう機会が多いのもまた韓国語のほうであり、それが韓国語を勉強する目的の一つでもあるのです。
多くの人が途中で挫折してしまう中、中級以上の実力を持てたらかっこいいと思いませんか?
かく言う私も、中級者の下から中ぐらいに上がろうと必死です(^^;)。

言いたい放題ですみませんが、一つの参考意見として聞いてくだされば幸いです。
(ロシア語に関しては、何も知識が無いためアドバイスの仕様もなく申し訳ないです)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

韓国語初級レベルの人が多いというのは頷けます。4月になったらNHKのテキスト本屋さんに山ずみになりますものね。私の場合はハングル文字苦手です。それが原因でNHKでも応用編に一度トライして(応用編は)挫折です。
アドバイス、ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/03/17 13:26

BRICSの一角を担うロシアは、近年好景気に沸いています。

日本国内に話せる人も多いとは言えないのでマスターすれば重用されるかも知れません。が、難しい言語ですよね。シベリア抑留や北方領土問題・漁船銃撃事件など、あまりロシア人の国民性は尊敬できませんし。仕事用の言語と割り切って学習するならお薦めです。

韓国語は日本語の発音形態と似ていると言われ、比較的学習しやすい言語ですが、特に韓流ブーム以後は学習者も多いですし、なんせ本場の在日コリアンの方々も大勢いらっしゃいますので韓国語専門の仕事は競争率が高いと思います。
少なくとも言語能力に加えて武器になる「何か」がないと仕事上では辛いのではなかろうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

韓国語はできる人が多いですね。ネィティブの人で日本語がペラペラの人も多いですね。仕事の競争は高いですね。
ロシア語が今は勉強している人が少ないです。ロシア語専攻の学生も多分昔に比べれば減ったかもしれません。

回答、ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/03/16 20:07

やはり何が目的かによりますし、前の方もおっしゃるように文化面でも興味が持てないと深まりません。


コトバって字面だけのものではないですよね。
表現方法には生活や習慣も絡んできます。

もし趣味でなさっているなら好きなほうを先にやって、興味がまだあればもう一方もいつかまたやるのでもいいのでは?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2832205.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。他の人もやはり迷ったりしているなと思いました。
回答、ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/16 13:33

できれば両方と行きたいところですが、答えになりませんね。



まず、なんの為に勉強しているかという理由が大事です。
次にその言語の将来性ですね。仕事に生かせたりするか。

どちらかというと韓国語の方が修得している人が多いと思います。
が、話せる人が多いという事は、求人も多いが、競争も激しい。
その逆で求人は少ないが、競争も激しくない。

就職に限って言えば一長一短です。

私の父親はロシア語を船員の時に覚えて、今は陸で貿易会社に勤めています。
英語等数カ国語を多少話せるらしいのですが、ちゃんと会話できるのはロシア語だけです(笑)

父のアドバイスによると、文化面まで興味を持てそうな言語を選択されるのがよろしいかと思います。
そうでないと、身に付かないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お父様はすごいですね。ロシア語ができるとはすごいです。貿易会社でロシア語が役に立つことを始めて知りました。
回答、ありがとうございます。

お礼日時:2007/03/16 13:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む


人気Q&Aランキング