織田信長の家系に苗字として津田を称する(一時期称した)武将が多くいます。
信長の兄・信広、弟・長利、子・勝長、甥・信澄、従兄弟・信成等々。
津田は織田の発祥縁の苗字(平家落人の伝承・母が近江津田家再婚し、子が織田剣神社の神官の養子となった)である事は存じています。

さて最近、書籍やネットの中でこの津田を苗字とする織田一族について
 「尾張国内で織田を名乗る城主の内、家格が上の嫡流家以外は津田に苗字を
  改めさせ、織田を名乗ることを禁じた」
と、紹介されたものも幾つかあります。
ですが、その出典についてはどこも触れておりません。

江戸時代の徳川-松平の様なものであるとも思えるのですが、徳川のそれのように
御三家・御三卿と言った明確な家系別にはなっていないようですし。   

実際に織田を称することを禁じた事を発布した文書は何でしょうか?
若しくは、それについて何らかの事が書かれた文献や日記などはあるのでしょうか?
ご存じの方、お見えに成られましたらよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

文書などの文献で禁止令を見たことがありません。

たぶん無いのではないでしょうか。「織田嫡流以外は禁じた」というのは、状況証拠ではないかと思います。

織田信長在命時、織田姓だけだったのは信忠・信包・長益くらいでしょうか。決して嫡流だけではありませんね。

「織田信雄分限帳」を拾ってみましたが、織田姓は恐らく長益の「源五殿」だけでした(一万三千貫文)。津田姓は十二名(掃部・勝右衛門・三四郎・勝三郎・勘平・七右衛門・左近・上・孫十郎・小平次・清次・利助)。判読できる範囲で津田姓の最大は二千貫文。ご存じの通り源五長益は後に大名として独り立ちします。

信長在命時と信雄分限帳とに共通するのは、大名(万石?)級で他家に養子に出されていない者と嫡流です。江戸時代はどうなのか、さっぱりわかりませんが、これらから状況証拠的に「織田を名乗ることを禁じた」と言われるようになったのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「織田信雄分限帳」を拾ってみましたが
あぁ、そういう事に全然気が付きませんでした。
参考になります。ありがとうございます。

ともかく明確な命令はなかったのでしょうね。
他家の名跡を嗣がせたり津田姓を名乗らせたりしていくうちに、「禁じた」かの様になってしまった。
と、いったところかもしれませんね・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/23 14:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納付書が送られてこない

都民税、区民税についてお聞きします。
税金の納付書が自宅に送られてきません。
どのような事が考えられますか????
社会保険に加入済みです。

昨年3月、新しい派遣先に変わりました。
その前のほぼ一年は未収入です。
都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

今、同じ派遣先で一年間働き続けています。
まだ、税金の納付書が送られてきません。

同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?
もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をしておらず,またkoike333さんも確定申告をしておられない。つまり,どこからも申告していないので課税できない。
・5月末が住民税の当初課税の期限ですから,もうすぐ来る。(自治体によって納付書の来る時期が多少違います。)

などが考えられます。

>社会保険に加入済みです。

これは,特に関係はないです。

>昨年3月、新しい派遣先に変わりました。その前のほぼ一年は未収入です。都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

・住民税は,前年の収入に課税されますので,一昨年に課税されるだけの収入がなかった場合は,昨年は非課税であったものと思われます。

>今、同じ派遣先で一年間働き続けています。まだ、税金の納付書が送られてきません。同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

・一概には言えませんが,人口の少ない自治体ほど早く処理(住民税の計算)ができますから,早く納付書が来ます。

>昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?

・上記のとおり,一昨年は収入が少なかったようですので,昨年は住民税が非課税だったのではないでしょうか。

・具体的には,自治体によりますが,年収100万円(もう少し基準額が低い自治体もあります)以下ですと,多くの自治体では住民税は非課税です。平成18年1月1日から平成18年12月31日の収入が100万円以下ですと,平成19年度は住民税は非課税です。

>もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

・平成19年1月1日から平成19年12月31日の収入が100万円以上ですと課税されますから,そろそろ来ると思います。

---------------
 念のためなのですが,派遣先は給与支払い時にkoike333さんのお住まいの自治体に給与支払い報告はしてくれているんですよね?
 してくれない場合は,koike333さん自身で確定申告をしないと住民税が計算できません…

 補足が必要でしたらどうぞ。

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報