マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは。
半年ほどスクールでDTPを勉強しまして、趣味程度に名刺やチラシを作成する素人ですが、このほど、仕事としてデザインの依頼を頂きました。
依頼主さんから料金を決めてと言われたのですが、どのくらいの金額が妥当なのかわからず、困っています。

そこで、本職のデザイナーの方にお伺いしたいのですが……

1.下記のような内容の場合のデザイン料の相場を教えて下さい。

2.今回のお話では、依頼主さんにお世話になっていることと、DTPのお勉強をさせて頂ける良い機会なので、なるべく安く価格設定しようと思っています。
 ただ、世間ではデザインにかかる労力や価値を理解してくれないクライアントに買い叩かれて泣くデザイナーさんが多いと聞きます。
 特に、今回の依頼主さんは今までデザインを単体で発注したことがないらしいので、あまり安くして「デザイン料ってこんなもん」と思われてしまうと、私個人は良くても、デザイン業界の問題として(←大袈裟)、デフレにつながって良くないかも?と思いました。
 そこらへん、プロの方はどうお考えになりますでしょうか?
 おそらく、「素人仕事なんてどうでもいいから、好きにして~」って感じだとは思うんですが(笑)、今後のこともあるので気になっています。

以上、宜しくお願いします。

=====
<依頼されているデザインの内容>
※使用ソフトはIllustrator、Photoshop、場合によってはMS Wordです。
※原稿は文章と要点のみ手書きで頂き、一部コピーや説明文をこちらで付け加えたりもします。
※印刷所は依頼主指定で、打ち合わせあり。

・DMハガキ(小売店セール用)
 1.4色、3パターン(基本は同じで、支店名のみ変更)、写真加工なし
 2.1.のスミ1色

・チラシ B5~A4 片面
 3.4色、写真加工1~2点あり
 4.3.のスミ1色

・ポスター A3
 5.4色、写真加工4~5点あり
   ※コピーや説明文の作成もあり。

・地図(略図)
 6.住所案内用の簡単な地図、4色
   これをDM、チラシ、ポスターに転用

・イラスト
 7.販促用のキャラクターの作成

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

DTPの作業とSPツールをデザインするということは


次元が違うものだと思います。
DTPの作業自体はあなたがかかった時間で計算すればよいでしょうが、
SPのデザインは必要な要素をそれぞれのツールに
どのように落とし込んでいくのかなど経験が必要と思います。
あなたが一人で全部を引き受けてやるのは少し無謀な気がします。

あなたが作ったデザイン物やキャラクターを
先方が気に入らなかったらどうしますか?
プロは何パターンかの案を出して、
クライアントの意見とすり合わせをして
クライアントが満足するような、ものづくりをします。
時には効果的なセールの展開の仕方のアドバイスなどもします。

SPツールの目的とは商品を売ることです。
売り上げにつながるようなトータルなアドバイスもきちんとできて、
ちゃんとした金額を請求できるのだと私は考えます。

あなたにとって一番勉強になるのは
そういった経験があるデザイナーさんと一緒に
仕事をさせてもらい、その仕事を見て覚えることではないでしょうか。
私ならそういうやり方をおすすめします。

また、地図はともかくキャラクターについても別のものと考えます。
今回限りのものか今後ずっと使うのかによって料金も変わりますし
クオリティによって数千円から数十万円の差が出ますし、
有名イラストレーターなどを起用すれば、数百万円かかったりもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、DTP作業とSPツールの制作は別物ですよね。
現状では、依頼主さんが「よくわからないから適当にやっといて」とおっしゃるので、複数デザインを提示して選んで頂くのはもちろん、指示通りに作って紙面が寂しかったりした場合に、「ここにこんな感じでコピー入れたらどうでしょう?」「こんな感じで説明文があるとわかりやすいと思いますが?」とご提案したりした結果、ごちゃまぜになった…という感じです。

>あなたにとって一番勉強になるのは
>そういった経験があるデザイナーさんと一緒に
>仕事をさせてもらい、その仕事を見て覚えることではないでしょうか。

本当にそう思います!
本業の方ではデザイナーさんに発注することがあるのですが、残念ながら一緒に仕事をする機会はなく…。
そういう機会に恵まれましたら、目を皿のようにして、勉強させて頂きたいと思います。

丁寧なご回答ありがとうございました。
色々と考えさせられました。

お礼日時:2007/05/03 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(受注側より)DTPデザイン料の目安を教えてください

知人の方から頼まれて、その方のお店の宣伝用のフライヤー(ポストカード)を2つデザインし、印刷会社へデータ入稿を行いました。
印刷代を除いたデザイン料をお支払いしますといわれたのですが、
私はプロのデザイナーではなく(フリーでも会社所属でもなく、デザインは趣味+α程度の範囲)
通常はなにかをデザインをしてお金をいただくという仕事をしていないので、料金の目安がわかりません。

下記のような条件で、どれくらいデザイン料をいただいたらよいかアドバイスをいただけませんでしょうか。
条件・・・というのも、どの程度のことを書けばよいのかわからないので
他になにか判断に必要な点があればご質問ください。


◆ポストカード(4c/4c)×2枚
 ※2枚とも下記条件は同じです
◆Illustrator + Photoshop使用
◆写真は店舗外観をのぞき、すべて自分で撮影(計2時間程度)
◆店舗の周辺地図作成×1回
◆店舗ロゴをトレース×1回
◆デザイン案提出後、依頼者による修正指示あり→再提出を何回か
◆白紙の状態から完全データで印刷会社に入稿までの作業
◆作業時間は一概に計れないので、考慮に入れないでOK
(アマチュアなのでプロの方に比べるとかなりスピードは遅いと思います)
◆打ち合わせや写真撮影に行った際の交通費は請求可能?


私が素人だし、相手も知人の方なので、あまり高額でも申し訳なく
かといって無料ではダメ・・・だそうです(今後頼みにくくなるかららしい)


どなたか参考までに教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

知人の方から頼まれて、その方のお店の宣伝用のフライヤー(ポストカード)を2つデザインし、印刷会社へデータ入稿を行いました。
印刷代を除いたデザイン料をお支払いしますといわれたのですが、
私はプロのデザイナーではなく(フリーでも会社所属でもなく、デザインは趣味+α程度の範囲)
通常はなにかをデザインをしてお金をいただくという仕事をしていないので、料金の目安がわかりません。

下記のような条件で、どれくらいデザイン料をいただいたらよいかアドバイスをいただけませんでしょうか。
条...続きを読む

Aベストアンサー

デザイナー歴10年、内フリー経験5年です。
ピンキリってのが実情ですが友達というのと
ポストカード2枚、というので自分であれば2~3万です。
交通費も含めた金額です。もし、あまりに移動頻度があり高額になれば
内訳を提示して乗せた金額でも可。

お友達も、クオリティやスピードを求めているのであればプロに頼むでしょうし
質問者さまも、仕事意識があってギャランティを求めて動くのでは無いなら
かかった時間もボランティア感覚って感じですかね。

お金のトラブルや気の使い合いが嫌でしたら引き受けない方が無難ですが。

ちなみに中級レベルのイラストレーターがイラレで込み入ったもの描いても
相場は1~2万ですね。
ごちゃごちゃのB4両面チラシでも外注なら1面1~2万です。

QDTPの流し込み 相場価格

フリーでデザイナーをやっているのですが
印刷会社からフォーマット、校正済原稿支給での
流し込みを依頼されました。
企業のPR本らしいのですが1p700W程度で210p、
作業日数は土日含めて4.5日です。
ページ単価の相場を教えて下さい。

また、普段は雑誌のデザインをやっているのですが
流し込みその他は全て印刷会社でというワークフローなので
クォークで製版データまで作った経験がなく、
組版の専門知識はありません。
流し込みだけといっても、安易に引き受けて
良いものかどうか躊躇しています。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
OSやフォントの環境は、クオークということなら、まあ通常はMAC OS 8.6~9.2あたり、フォントはモリサワならだいたいは対応できちゃうということでしょうね。
内部校正2回と提出時のプリントアウト1回として経費を出して、かかる時間で計算してみては?
ちょっと多めで見積もり出して様子を見てもいいかもです。1000円としても210ページで21万ですよね。4.5日で。うーん、トラブルなければおいしいですね。もっと安くする人もいるかも。

QPhotoshopで2色分解の方法

Photoshopで2色分解の方法を
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
まず、2色分解とダブルトーンは違うものです。
ダブルトーンはグレースケールに2色以上のインキを使用して深みを持たせるものです。

Photoshopでの2色分解ですが、
1.イメージ→モード→CMYKカラーに変更。
2.描画色を白にする。
3.チャンネルパレットを開いてシアン、イエローチャンネルをAlt+Delキーで白に塗りつぶす。
これですでに満足できるなら完成です。
チャンネルごとに分解する必要があるならチャンネルパレットの横にある矢印から「チャンネルの分割」をすればOKです。

思っていたような色が出ていないならマゼンダ、ブラックともにトーンカーブでそれぞれ変えて調整してみては。

いやいや、まだ満足できない、C版、Y版が飛んでしまうのでその階調もM版、K版に生かしたいというなら、
最初に白で塗りつぶす前に、
イメージ→演算から、第1元画像のチャンネルをブラックorマゼンダに、第2元画像のチャンネルをシアンorイエローにして
乗算してみてはどうでしょう?
もちろん不透明度を調整する必要があります。
演算ダイアログにある「生成」は「新規ファイル」を選択した方がわかりやすいと思います。
その演算で出来た新規ファイルをコピーして、演算の時に第1元画像に設定したチャンネル
(ブラックorマゼンダ)にペーストし、シアン、イエローチャンネルを非表示にして様子を見る。
ダメなら演算をやり直したり、さらに違うチャンネルをためしてもよいかもしれません。
OKならシアン、イエローチャンネルを白で塗りつぶせば完成です。
思ったような作品に仕上がるといいですね。

こんにちは、
まず、2色分解とダブルトーンは違うものです。
ダブルトーンはグレースケールに2色以上のインキを使用して深みを持たせるものです。

Photoshopでの2色分解ですが、
1.イメージ→モード→CMYKカラーに変更。
2.描画色を白にする。
3.チャンネルパレットを開いてシアン、イエローチャンネルをAlt+Delキーで白に塗りつぶす。
これですでに満足できるなら完成です。
チャンネルごとに分解する必要があるならチャンネルパレットの横にある矢印から「チャンネルの分割」をすればOKです。

思...続きを読む

QグラフィックデザイナーとDTPデザイナーとの違いについて

私は転職したいと考えており、
将来的にはアートディレクターという役割を目指したいと
考えております。ですが、未経験者なのでデザイナーとしての
経験をしたいと思っています。

会社の事業内容で偏りがあるかもしれませんが、実際現場を
見たことが無いので経験された方にお聞きしたいのです。
グラフィックデザイナーの職務内容と
DTPデザイナーの職務内容の違いを教えてください。

雑誌や書籍を読んで、それぞれの職務定義の違いというのは
理解するのですが、実際行う仕事は同じようなものに
感じてしまい違いがイメージ出来ないのです。
違いは殆ど無いのではないか?
そもそもそれぞれの職務目標が全く違うのでは?
グラフィックデザイナーと
DTPデザイナーでは将来目指すモノが違うのか?

このような疑問を解消出来ればと思っています。
基本的な質問で申し訳ありませんが教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「DTPデザイナー」という名称は
専門学校や養成学校が勝手に作った名称でしょう。
「DTPオペレータ」じゃ生徒が集めにくいからそうしたんでしょうね。

そもそも「DTP」は印刷準備の手段のひとつであって、
それ自体に創造的な部分が必要とされるものではありません。
オペレータに求められる能力とは
「昨日と同じ作業が正確に繰り替えし行える」ことであって
デザイナーに求められるものは
「昨日と違うものを創り出す」ことなのですから
出発点も着地点も全く違います。

昔で言うと「デザイン」はデザイン、「DTP」は版下・製版と同じです。

ま、中にはデザイナーと称してオペレーヨン業務をしている人もいますし
逆にDTPオペレータのはずがデザインまでさせられている人も多いですから
はっきりした線引きは出来ないのかもしれませんが
ご自身が何を目指したいのか?を見失わない、同時に勘違いしないように
したほうがいいですね。

それと同時に、「こっちが上、あっちが下」という考えも持たないほうがいいです。
どちらがなくてもデザインを完結させることはできません。

分かりやすく言うと「デザイン」という表現行為の後に
「DTP」という処理行為がある、と思えばいいです。
つまり、グラフィックデザインはパソコンがなくても出来ます。
DTPはパソコンがなければ、そしてそれを操作できなければ出来ません。



それと、「グラフィックデザイン」の解釈ですが
それは平面での表現処理の全面を指します。
その中に細分化されて広告デザインとかポスターデザイン、ロゴデザインなどがあります。
ですので「グラフィックデザイン」とひとくちに言っても
それを展開する環境や方法は無数にあります。

それと、これも今の時代でははっきりとした線引きは難しいですが
イラストレーションはデザインの部品であって、
それ自体をグラフィックデザインとは呼ばないと思います。

「DTPデザイナー」という名称は
専門学校や養成学校が勝手に作った名称でしょう。
「DTPオペレータ」じゃ生徒が集めにくいからそうしたんでしょうね。

そもそも「DTP」は印刷準備の手段のひとつであって、
それ自体に創造的な部分が必要とされるものではありません。
オペレータに求められる能力とは
「昨日と同じ作業が正確に繰り替えし行える」ことであって
デザイナーに求められるものは
「昨日と違うものを創り出す」ことなのですから
出発点も着地点も全く違います。

昔で言うと「デザイン」は...続きを読む

QPhotoshop で8bit /チャンネル と 16bitどちらを選ぶべき?

Photoshop 6の、イメージ→モードで、CMYKカラーやRGBカラーを選択しますが、同様に8bit /チャンネル, 16bit /チャンネルというものがあります。これはどちらを選んでおくべきでしょうか?
使用目的としては、photoshopで写真をレタッチしてから保存し、それをイラストレータに配置して印刷会社に出します。

Aベストアンサー

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修正後はトーンカーブが櫛の歯状になり画像の階調が失われたことがわかります。櫛の歯の山と山の間ではグラデーションが滑らかにつながらず、色の段差が発生するのです。軽い補正ならまずわかりませんが、大きく補正した場合にたとえば青空の緩いグラデーションに色の段差が見えることがあります。
16ビット階調のメリットは、このトーンジャンプを軽減できることです。16ビットモードに変換してから補正すると、トーンカーブのでこぼこが小さくて済みます。階調がほとんど失われずに画像補整が可能になります。
デメリットとして16ビット階調の方が当然データ量は倍になるので、パソコンに負担がかかります。また16ビット階調の画像を扱えるソフトは多くはないので、他の人にデータを渡す場合は、補正後に8ビットに変換して戻しておく必要があります。
Illustratorに配置する場合も8ビットに戻して置く方が無難です。

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修...続きを読む

Q印刷物納品後、クライアントから版下データを要求されましたが・・・。

はじめまして。デザイン制作会社に勤務しているデザイナーです。
先日あった、数年取引のある某飲食店クライアントとの話です。

今までの印刷物のデータ一式(折り込みチラシや、フライヤー、DMなど)を欲しいと言われました。
案件ごとに制作デザイン費、撮影代一式をその都度、支払っているからと言われれば、クライアントに権利がある気もします。
ただ、印刷する為の版下データ(イラストレーターデータ、画像データなど)の権利は制作会社のものとではないでしょうか。
基本的には、このような契約を結んでも無いですし、今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います。

このような場合のような、一般的な回答や、よいアドバイスがあればよろしくお願いします。

因みに、大きなキャンペーンや手の込んだ印刷物など以外は、ほかの出入り業者が請け負っているようです。

Aベストアンサー

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化してからスタートするといったケースが少ないことに加えて、かなりまとまった額の制作料を支払ったクライアントにしてみれば、著作権や版権はすべて当方に帰属するものととかく考えがちなもの、そこに双方の考え方の違いが問題して生じてしまいがちなものです。

 わたくしもこれまでに何度かこの問題に遭遇したことがありましたが、まずは相手さんによく説明して十分に納得してもらうことから始めました。幾つかのケースでは著作権について理解を頂いて解決しましたが、中には物分りが悪い向きもありますからやむなく金額的な面で妥協したケースもあり、幾つかは一切拒否の姿勢を貫いたものでした。

 ただ、こうしたケースでは一旦作品が自分の手を離れると、当然のことながら作品が理不尽な一人歩きを始め、しかも多くは他人の手が加えられと、オリジナリティと品位を保てないことになりますので、わたくしの場合は全件に対して、たとえ手弁当の無料奉仕であろうとも、印刷などの際には監修をさせてもらうことを条件としながらも、権利の一切を移譲するということだけはお断りしてきました。

 とは言うものの、ケース・バイ・ケースとはよく言ったもの、事情はそれぞれで違います。もちろん「今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います」とお考えなら、それはそれで妥協もしかたがないでしょう。ただし、それで不利益を回避できるかどうか、わたくしは疑問を感じますが。

 ただ、ひと言言いたいのは、結果的にどのような道を選ぼうと、このような著作権の存在、そしてその主張と移譲、あるいは流用の許諾といったクライアントとクリエィティヴの関係についてはキチンと理解し、プロの立場からクライアントに十分な説明を行いつつ、一貫して曖昧な姿勢を取らないことが大切だということだけは申し上げたいところです。
 

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化し...続きを読む

Q在宅DTPオペレーターの方 単価について

はじめて 在宅DTPオペレーターの方にお仕事をお願いしようと考えています。
そこで、報酬金額/単価について教えてください。

私の勤務先は、
24頁から40頁程度の冊子を制作している 小さな編集事務所で
半年前にオペレーターの方が辞めてから 社長と、従業員は私だけです。

現在、私が本を見ながら、印刷屋さんのお力を借りてインデザインで作業をしています。
今からどんどん仕事が来る時期で 一人ではもう手一杯なので 
オペレーターさんのアルバイトを募集しましたところ 全員の方が在宅希望でした。

とにかく人手がほしいので在宅の方にお願いしようと決めた次第です。


なにしろ、はじめてなもので報酬金額がいったいいくらなのかもわかりません。
検索しても、派遣会社のものが出てきたり、
あやしげな(?)内職会社のものだったり・・・・・
実際のところは把握できません。
ちなみに、
3ヶ月前に派遣会社を通して7日間出社していただいた
派遣のオペレーターさんは時間給で1900円でした。

お願いするのは、インデザインCS4での作業で テキストの配置が主です。
現在、多くの方が応募していただいていますが
テストも兼ねて、何人かの方に3ページから5ページを振り分けて
作業していただこうと思っています。
そして、
そのお仕事を見て、今後一緒に仕事ができる方を選びたいと考えています。

報酬金額、単価の設定について、教えていただきたく
お願いいたします。

☆補足☆
もし、よろしければ、このように資料を渡したほうがやりやすい、こんなクライアントはNGなど
実際に在宅で働いておられる方のご意見もうかがえれば
今後、在宅のオペレーターさんが働きやすいよう参考にさせていただきます。

はじめて 在宅DTPオペレーターの方にお仕事をお願いしようと考えています。
そこで、報酬金額/単価について教えてください。

私の勤務先は、
24頁から40頁程度の冊子を制作している 小さな編集事務所で
半年前にオペレーターの方が辞めてから 社長と、従業員は私だけです。

現在、私が本を見ながら、印刷屋さんのお力を借りてインデザインで作業をしています。
今からどんどん仕事が来る時期で 一人ではもう手一杯なので 
オペレーターさんのアルバイトを募集しましたところ 全員の方が在宅希望でした...続きを読む

Aベストアンサー

企業の広告ページのデザインで、
1ページに1企業の巨大広告なら5000円くらいは必要でしょうけど、
1ページに複数企業がのってる程度なら2000~3000円が妥当です。

コラムとか特集ページなら1枚1500円くらいじゃないですかね。
テキストがあって、若干の画像があるならば。

いかにデザイン力が関わるか、で、
1500円~5000円で決めればいいと思いますよ。
このページはしょぼい構成でいいから1500円、
このページはお得意様の企業のページだから5000円、
このページは雑誌の肝の部分だから3000円、という具合に。



ちなみに私の場合、1000円~3000円程度の仕事をいただいてます。
デザインを必要としないDTP、文章の差し替え程度ですね。

Qデザイン(組版)料どのくらい見積もりますか?

個人で自費出版のデータ制作の仕事をうけました。(前職がDTPオペレーターだったので)
次の内容の場合いくらの見積もりを提出されますか?

印刷所やデザイン会社によって値段に大きく開きがあるので相場がよくわかりません。
参考にきかせてださると助かります。

ページ数 58p(表紙込み)
サイズ A5
テキスト有り
1ページあたり 45文字 16行 一段組み
文字校含む
本文は1色でデザイン性はなく文字を流し体裁を整える作業になります。

表紙は ●1色でタイトル文字 著者名などの文字が入る。簡単なデザインをする。
      ●4色でタイトル文字 著者名などの文字が入る。イラストを描き起こす、
       又は写真を加工するなどのそれなにり凝ったデザインにする。
の2パターン。

本文の価格、表紙は2パターンどちらの場合もどのくらいの金額になるか教えていただきたいです。
こういった場合ページの単価を出して計算していくのでしょうか…。はじめてでわからないことだらけです。

お詳しい方どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>文字校は誤字脱字チェックも校正も含みます。(時間のかかる内容なのでこれもふまえた方がいいものと思い書きました)

だったら「校正料」も別計上したほうがいいでしょう。校正ミスの責任もかかってきますから中途半端なことはできませんし。



>8ページ、4ページで割り切れないから本にできないということでしょうか。

製本方法が「平綴じ」なら2ページ単位で本にできますが「中綴じ」だったら4ページ単位になります。
「中綴じ」の場合は実際には折り都合もあって8ページ単位にするのが普通です。
その辺りは製本方法を確認しないといけません。



>だいたいの金額を教えてくださるのなら本文は64ページに設定します。

その部分の金額は印刷会社の裁量ですからデザイナー側では出せませんが
印刷紙の使い方次第では8ページ×8台=64ページも8ページ×7台=56ページも金額的には大差ないこともあります。
8ページ×7台では余った1台(つまり、用紙の半分)は捨てることになりますから。



>質問ですがデザイン料をとれないのはなぜでしょうか?

冊子の表紙のデザイン料は5~10万円前後でしょうか。もちろん、出版社や出版形態にもよりますが。
それくらいを請求できるのなら「デザイン料」としてもいいですが
1~2万円しか取れないのなら「デザイン料」という名目にはしないほうがいい場合もあります。
それが慣例になってしまえば今後デザイン料を上げることが難しくなりますから。



>ページ単価で受けられないのはなぜでしょうか?
>ページ単価で見積もりを出す印刷所がいくつもありましたのでそういうものなのかもと思いました。
>時間給で計算してページ数で割った単価だったのかもしれませんが…。

見積書に書く都合でページ単価を出すことはしますが、それは作業総額を割って出す場合が多いです。
つまり、1ページ仕事でも損にならなくて、1000ページ仕事でも過剰金額にならないように見積もるには
最初に作業総額を出して、それをもとにページ単価を出したほうが確かだからです。

が、ページ数が決まっていて、作業内容も予測がつくのなら
わざわざ見積り体裁上の「ページ単価」などは入れずに「総額」で出したほうが分かりやすいのではないでしょうか。
作業中にページ数が大きく変わる恐れがある場合ならページ単価も有効かもしれませんが。

>文字校は誤字脱字チェックも校正も含みます。(時間のかかる内容なのでこれもふまえた方がいいものと思い書きました)

だったら「校正料」も別計上したほうがいいでしょう。校正ミスの責任もかかってきますから中途半端なことはできませんし。



>8ページ、4ページで割り切れないから本にできないということでしょうか。

製本方法が「平綴じ」なら2ページ単位で本にできますが「中綴じ」だったら4ページ単位になります。
「中綴じ」の場合は実際には折り都合もあって8ページ単位にするのが普通です。
その...続きを読む


人気Q&Aランキング