カタログを見ると、イオン交換クロマトに使う担体のイオン交換容量で、
eq/Lという単位が使われていますが、これは一体どういう単位なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 eq=equivalent(当量)、L=litterです。


 よく使われるのは、
 1)gCaCO3g/L
   膨潤樹脂1リットル当たり処理できるの炭酸カルシウムのグラム量。
 2)mg-eq/ml
   膨潤樹脂1ミリリットル当たりの交換当量のミリグラム量。
 3)mg-eq/ml
   乾燥樹脂1ミリリットル当たりの交換当量のミリグラム量。
 ご質問のeq/Lは2)のリットル当たりのグラム量だと思います。    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、equivalentとは気が付きませんでした。
仰る通り、どうも膨潤した状態での交換当量のようです。
解りやすい説明で助かりました。

お礼日時:2001/01/20 00:33

若干うろおぼえですが,あっていると思います。



eq/Lという単位は,単位体積あたりの担体で交換できるイオン量の事だったと思います。

つまり,単体1Lでイオン何当量交換できるかです。イオンの当量は御存知かと思いますが,念のため,n 価のイオンであれば,1モルが n 当量です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
メーカーによって単位が異なっていて、少し混乱していたので、
教えてもらって助かりました。

お礼日時:2001/01/20 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン交換クロマトについて

イオン交換クロマトについて調べています。

例えば陰イオンクロマトだったら、正の電荷をもった担体に
溶液中の陰イオンが結合するわけですが、では、この担体に結合した状態の
物質の安定性というのはどう変わるのでしょうか。
室温で安定(もちろん溶液中で)な物質が、担体に結合した状態だと
他の物質に変換したり分解しやすくなるというようなことはあるのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MiJunです。

いろいろ置換基があって難しそうですね?
「シクロヘキサジエニル」に関して検索すると、以下の参考URLサイトがHitしましたが、参考になりますでしょうか?

⇒#2の回答で調べるか、樹脂メーカーのテクニカルサポートの問い合わせてみてはどうでしょうか?

もう、既に文献調査はされているのでしょう・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.nies.go.jp/seika/gaiyo/a25_2000/2-3-2.html

Q単位について Eqとは?

単位のなかで、4mEq/Lとあったんですが、Eqってなんですか?読み方も教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。

Eqですが読みは「イクイバレント」と読み、当量を示します
通常mEq/L「ミリ-イクイバレント・パー・リットル」と読み1/1000当量を示します

以下は教科書の抜粋です

mEqとは何か。

 食塩(NaCl)のような電解質は水に溶解したときには、Na(+イオン)とCl(-イオン)が同じ重量で反応するのではなく、同じ当量(エクイバレント)で反応する。
イオンには原子量があり、原子価がある。
Naの原子量は23、原子価は1価、Clは原子量35.5で原子価は1価であって、食塩は23gのNa(+イオン)と35.5gのCl(-イオン)が結合して58.5gの食塩(NaCl)が出来るのである。
g当量で表すには体内では量が少なくすぎるので1,000分の1の単位、すなわちmg当量(mEq)で表すのが一般的で、最も適した量がミリエクイバレント/リッタ-(mEq/l)である、すなわち、この値は1リッタ-中の溶質のmg数を原子量で割って、これに原子価を掛けたものである。

お役に立ちましたか?

Qイオン交換クロマトグラフィー (どちらの交換体使うのか。)

等電点8.5のたんぱく質を精製するためにこのたんぱく質をカラムに吸着させなければならない。このとき使うイオン交換体は陽イオン、陰イオンどちらの交換体がよいか?
という問題はどういうふうに考えればよいのですか。緩衝液の最初のpHとかは考えなくてよいのでしょうか。 
私は陽イオン交換体なのかなと思ったのですが、自信がないので、わかる方がいらっしゃいましたら詳しく教えてください。

Aベストアンサー

そのタンパク質の安定pHにもよりますね。

もし、中性で安定で、中性の条件でクロマトを行うなら、等電点より酸性側になるので、そのタンパク質はプラスチャージの状態になっていますので、通常は陽イオン交換でいいと思います。

もし、pH8.5を超えるアルカリ条件でクロマトを行うなら、陰イオン交換にするのが良いかもしれません。

Q体積の単位 ℓ を L や l に修正(高校教科書)

 今回の教科書検定で、物理II 化学II で体積の単位を示す「ℓ」が「L」や「l」に修正されたそうです。(産経新聞 4月11日)

 小中学生に算数・理科を教える場合、今までは筆記体でリットルを「ℓ」と書いていましたが、今年から印刷文字のような大文字のエル(L)や小文字のエル(l)にした方がいいのでしょうか?

 小中学校の教科書は変わったのでしょうか?あるいは今後変わる可能性があるのでしょうか?

 個人的には印刷文字のような小文字のエル(l)は数字のイチ(1)と間違えやすくてわかりにくいと思うのです。

 また、産経新聞の記事内の小文字のエルは数字のイチに見えるのですが、私の勘違いでしょうか?

 お詳しい方がたくさんいらっしゃると思いますので、ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です

筆記体のエルを書いても間違いではありませんが
生徒の将来を考えると大文字のエルで教えるのが良いと思います。

ルール上で間違いではありませんし、文書を書いた時に間違えにくい。
筆記体のエルも間違いを避けるために使用していたと思われますが
パソコンでいちいち筆記体を指定するのは手間がかかるし困難なことも多いので
今のうちから大文字のエルを使う癖をつけたほうが良いからです。

Qg単位からL単位の変換について・・・

比重、密度[g/cm3]ともに0.84で濃度95%の物質、0.086[μg]
をリットル単位に直したいのですが、

計算方法としては、
0.086/0.84/0.95=0.110[μL]
で合っているのでしょうか??

Aベストアンサー

比重、密度[g/cm3]0.84のものが、濃度95%のものを示している場合は、
濃度は、計算に関係ありません。

その場合は、0.086/084nLとなります。

比重、密度[g/cm3]0.84のものが、元の物質の物を示している場合は、
何に溶けているかより、体積が変わるため、これだけの情報では、
計算不可です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報