色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

セッケンの性質についてです。
セッケン溶液にフェノールフタレインを加えて、赤色になることを確認した→そこに塩酸を加えると、赤色が消え、泡立たなくなった→さらに水酸化ナトリウムを加えると、赤色と泡立ちが復活した
という実験です。
①セッケン溶液に塩酸を加えたときのイオン反応式
②さらに水酸化ナトリウムを加えたときのイオン反応式
を教えて下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ナトリウムでもカリウムでも良いのですが


R-COONa + HCl → R-COOH + NaCl
弱酸の塩 +強酸→弱酸+強酸の塩

R-COOH + NaOH → R-COONa + H2O
中和

なんですが、イオン反応式と言っているので…
R-COO- + H+ → R-COOH
R-COOH +OH-→ R-COO- + H2O
かなぁ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2019/02/18 07:51

1 石けん溶液は塩基性なので酸を加えると中和反応が起こります よってイオン反応式は


H++OH -→H2Oとなります
2 残った塩酸と水酸化ナトリウムの中和反応が起こるのでイオン反応式は1番と同様になります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング