プロが教えるわが家の防犯対策術!

 最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)
  http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

 その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d …

 そこでお尋ねしたいのですが、太陽系の軌道面が銀河面に対して傾きを持っているのは何故なのでしょうか。
 また、銀河内の他の恒星系の軌道面は、銀河面に対してどのような傾きを持っているのでしょうか。

 これまでは漠然と傾きがないようなイメージを抱いていて、銀河の回転運動が太陽系の軌道面に直接影響を与えたのではないかと思っていました。

 参考になるURLでも結構ですので、ご紹介いただけると助かります。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

逆の発想で考えれば、銀河円盤面と太陽系円盤面が同一面である必然性はなく、それぞれが角度をもっているのが自然の姿なのではないでしょうか。

他にも惑星を従えた恒星は沢山あると考えられます。みんなめいめいバラバラのランダムな軌道円盤面で公転していると考えた方が自然なように思われます。天の川が60度の傾きで天空に横たわっている風情は本当にいいものです。全く答えになっていなくて、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答をお寄せくださり、ありがとうございます。
 確かに、太陽系軌道面が太陽系形成時の分子雲のゆらぎによるものだとしたら、まさのおっしゃるとおりで、恒星系ごとにてんでバラバラで、太陽系の軌道面が銀河面に対して約60度傾いているのも単なる偶然ということになりますよね。
 その一方で、ojisan7さんが紹介してくださったように、銀河系形成時のなごりの影響が関わっているのではなかろうかという予想も成り立つように感じています。
 この疑問を抱くようになってから、太陽系の形成過程と周囲の恒星系との関係、そして銀河形成の謎に興味を持つようになりました。
 いろいろと考えさせてくださるアイデアを示していただき、とても嬉しく思っています。
 それにしても、60度に傾いた天の川のなんと美しいことでしょう! 地球が宇宙を航行する一つの乗り物であることを感じさせてくれます。

お礼日時:2007/05/30 02:24

このことについては、銀河系や太陽系の成因と深く関わっているために、何とも言えませんが、1つの仮説として、2つの銀河の衝突を考えることができます。

渦巻き銀河の腕は、銀河の衝突により生成されることを計算で確認した記憶があります(だいぶ前のことになりますが)。衝突の結果、銀河の一部の領域の軌道面が、衝突の結果生じた二重銀河の銀河面に対して傾きをもつようになります。このことは、シミュレーションで確認した方が早いと思います。銀河衝突のシミュレーションはいくつかのサイトにも載っていると思いますので、検索してみて下さい。

参考URL:http://hubblesite.org/newscenter/archive/release …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お教え下さり、ありがとうございます。
 ご紹介いただいたサイトなどで渦巻銀河の衝突シミュレーションを拝見すると、確かに銀河面とは異なる軌道面ができそうですよね。その場合、太陽系近傍の恒星系の軌道面も太陽系の軌道面と同じような分布になる予想が立ちそうですよね。そうすると、ますます他の恒星系の軌道面について知りたくなりました。
 貴重な情報を提供してくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/27 21:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング