こんにちは。

最近よく田んぼに稲を植える風景をよく目にするのですが、
近くに行って見てみると、カブトガニを小さくした
ような生き物がフワフワと泳いでいるのを見かけます。

あれはなんという生き物なのでしょうか?そして部屋に
90センチの水槽があり、エンゼルフィッシュやマーブルグラミー
が泳いでいるのですが、捕まえてきて一緒に飼育することは
可能なんでしょうか???

もし一緒に飼えなくても、違う方法で育てることが出来るので
あれば、是非教えてください!!!

お願いします^^

A 回答 (7件)

採集物を水槽に入れることはお勧めしません。


採集するにしても、田んぼの持ち主に許可を得ないといけないと思います。

正式な名前は「豊年エビ」もしくは「ホウネンエビ」です。

他人の回答に突っ込むのは嫌いなのですが、エンゼルフィッシュやグラミーは「淡水魚」です。
基本的なことも知らず、「自信あり」で答えると質問者様は混乱しますし、他の回答者様に迷惑です。
止めてください。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/machima/diary/2006112 …
    • good
    • 1

親が死んでも底の泥に卵が残っているので、また生まれます。


飼育キットのなかにはホウネンエビの卵が混ざっていることがあります。
結構楽しいですよ。一度チャレンジしてください。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~suge/kame/triops/tri …
    • good
    • 2

この種のエビは、ペットショップなどで、卵の状態で飼育セット


として一緒に売っていますよ。
ですから、こちらの購入のほうが良いかもしれません。
そのほうが雑菌や寄生虫などの心配はないしね。

でも長生きはしないようで、一夏で終わりです。
また水草を食べるから、逆に水槽に被害がでるかもしれません。
    • good
    • 1

地域によって違うのですね。


うちの近所はホウネンエビだらけです。

参考になりました。
    • good
    • 3

こんにちは。


それは、カブトエビですね。地域によって種類は異なりますが、ヨーロッパカブトエビが多いです。続いて、アメリカカブトエビでしょうか。
No.3さんの言う、ホウネンエビは、よく似ていますが違います。もちろん、ホウネンエビもこの時期、田んぼでよく見かけますよ。

>90センチの水槽があり、エンゼルフィッシュやマーブルグラミー
一緒には飼育できません。確実に魚に食べられてしまいます。

プラケースにその水槽の水を入れ替えながら、熱帯魚用の餌をちょこちょことやると割りと長生きします。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%96% …
    • good
    • 0

懐かしいカブトエビってまだ居ましたか。



仮に金魚の水槽に同居させるつもりでも、魚体に多大なダメージを与える寄生虫やその卵も水分に混じって一緒に持ち込む可能性があるので、自然界の生物には草木を問わず要注意です。
    • good
    • 1

もしカブトガニだったら天然記念物なので勝手に飼えません、でもあいつは海水に住むのでカブトガニじゃ無いです(^_^;



カブトエビですね。

エンゼルフィッシュも海水魚ですからカブトエビを入れたら死んでしまします。

淡水の水槽が用意できるのであれば、飼育は可能です。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~suge/kame/triops/tri …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q田んぼのカエルの生活

田んぼのカエルにお詳しい方に質問です。


春になり田んぼでカエルが鳴き始めましたが、
土の中では耕運機や田植え機に巻き込まれそうな・・。
カエルは田んぼのどこで眠っていたのでしょうか?
種類によって色々違うのでしょうか?

また、田んぼのカエルは何を食べているのでしょうか?
かなり騒がしいのでそれなりの数が居ると思うのですが、
それだけのエサはどこから生まれているのでしょう?

そして、カエルはあんなに大声で一晩中鳴いていて
天敵がいるなら食べられるリスクが高いのではないでしょうか?

最後に、田んぼの外でもはぐれカエルが居る様ですが、
1匹で大声で鳴くのは更に危険そうなのですが、
新天地探しをしているのでしょうか?

解る範囲で構いませんので教えて頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

> カエルは田んぼのどこで眠っていたのでしょうか?

 子供のころ田の畦に穴を掘って冬眠しているのを何度か見ました。田の土の中に眠っているカエルも多いのではないかと思います。

> 土の中では耕運機や田植え機に巻き込まれそうな・・。

 耕耘機の刃は、正面から見ると「細い」です。

 先端がザックリ言うとL字型に曲がっていて、Lの底の刃で下にある土を持ち上げて、上下の土をひっくり返すことに主眼があるので、刃と刃の間は「広い」です(カエルにとっては)。

 で、まあ、カエルの体が切断されるということはめったにないと思われます。


> 田んぼのカエルは何を食べているのでしょうか?

 大人になってからは田の水目当てに寄ってくる虫や草むら(畦)の虫ですね。稲の苗にも張り付いて、やってくる害虫なども食べていたはずです。

 卵から孵って、オタマジャクシになるころは、ちょうど田の水の中にミジンコなどが大量発生しますので、それを食べます。

> エサはどこから生まれているのでしょう?

 どこからと言われても・・・ 。成虫で冬を越すものもいますし、トンボのように卵が田に産み付けられて孵化するものもいるでしょうし。

 まあ、人間には気づかれない程度にあちこちに産み付けられた卵から孵る、とでも言えばいいですか。

> 天敵がいるなら食べられるリスクが高いのではないでしょうか?

 カエルを食べる主な生物は、鳥や蛇の類でしょうが、鳥は主に日中に活動し目やクチバシの感覚で捕らえます。蛇は、舌をペロペロだして獲物の体温を感知して獲物を見つけるようですので、どっちにしても「カエルの鳴き声」はあまり関係ないような気がします。

 因みに、朱鷺は、鳴かないドジョウを捕って食べ過ぎて、栄養失調(栄養の偏り)になっていました。細かい事は忘れましたが、ドジョウは朱鷺に必要な栄養を分解するような性質があったと記憶しています。もっとカエルなどを食べてくれるといいらしいのですが。

> 田んぼの外でもはぐれカエル

 カエルに限らず、鳴くのはテリトリーの宣言、最終的にはメスの獲得ですので、鳴いているカエルは他のオスから追い出され、ようやく新天地を得てメスを呼んでいるものと思います。

 田園地帯で、網戸にカエルがくっついていることがありますが、これは電灯に引き寄せられた虫を食べに来たのであって、この場合、網戸で鳴くということはありませんので、やはり鳴くのはテリトリーを確保してメスを呼びたいからでしょう。 
 

> カエルは田んぼのどこで眠っていたのでしょうか?

 子供のころ田の畦に穴を掘って冬眠しているのを何度か見ました。田の土の中に眠っているカエルも多いのではないかと思います。

> 土の中では耕運機や田植え機に巻き込まれそうな・・。

 耕耘機の刃は、正面から見ると「細い」です。

 先端がザックリ言うとL字型に曲がっていて、Lの底の刃で下にある土を持ち上げて、上下の土をひっくり返すことに主眼があるので、刃と刃の間は「広い」です(カエルにとっては)。

 で、まあ、カエルの体が切断され...続きを読む

Qカブトガニはお目目が三つあるのですか??

こんばんは

今日、友人宅へお邪魔した処、水槽の中にカブトガニが一匹いました。
小さいカブトガニは小さい頃にペットショップで見た事があったのですが、
詳しい事や生態等は全く知らず、今迄興味も持った事が無かったのですが、
友人に「こいつら目三つももってるんだよなー可愛いよなぁー」と云われ、
「え!?三つもあるの!?」と驚きました。

友人によると、複眼が二つあり、その二つの複眼の間に単眼が一つある、
とのことでした。ということは、カブトガニは目を三つももっていると云う事ですか??
何故三つも必要なのでしょうか……。
目が三つあるのが可愛い、というのは解りませんでしたが、
確かにカブトガニは可愛かったです。昔はそんな事思わなかったのですが……。


どなたか教えてください。。

Aベストアンサー

カブトガニの眼は三つではなく五つあります。
背に四つ、腹に一つです。

背のうちの二つは物が見えて、
もう二つは光を感じるだけのものです。
腹の一つも光を感じるだけのものです。

なぜあるのかと言うと、そういう進化を
とげたから・・・なんでしょうね。

Qなぜ田んぼにカエルはいるのか

うちの横に田んぼがあって、
毎年田んぼに水が溜まるとカエルが鳴き始めるんですけど
このカエルってどこからやって来るんですか??

住宅街なので田んぼの周りはアスファルトの道路ですし、
森とか池とかも近くにありません。

むっちゃなぞです。

教えてください!

Aベストアンサー

 蛙は、みなさんご指摘のように、土の中で冬眠して春になったら出てきます。ですから、もともとその田んぼにいたということです。
生物が生きてゆくためには、餌が必要です。オタマジャクシの時に、必要なミジンコや小さな稚魚が田んぼにはたくさんいます。そのために、代々その周辺で住み着いているのでしょう。
 さて、早春になると、水を入れずにトラクターで引きます。その後ろから白鷺など数羽がついて歩いています。これは、トラクタで引いたときに出てくる冬眠蛙などを(他にも虫など)拾うためです。ぜひ観察してみてください。

Q金魚は水槽に合った大きさの数を飼えと言いますが。

60cm水槽の中で5cm(口から尾まで)程度の大きさの金魚を7匹飼っています。

よく、水槽の大きさによって飼える金魚の数や大きさも違ってくると
言いますが、私の場合、もう大きくはならないのでしょうか?

やはり、大きくするにはもっと大きい水槽に移さなければなりませんでしょうか。

教えて頂けると有り難いです。

Aベストアンサー

 このメンバーではワキン、リュウキンは確実に成長をしますが、ナンキンに関しては成長は望めません。ワキンは餌取り名人の域ですから成長しますし、リュウキンは食いの好い個体の成長は可能ですが、それ以外の個体は大きくなりません。

 ナンキンは個別で浅いタタキで飼育しても20cm以上にはなりませんし、餌を獲るのは下手くそですから同じランチュウの系統同志でないと上記の大きさに至りません。また、オオサカランチュウでも同様な事は言えますし、これらを成長させるには専用水槽でないと駄目です。

 私の専門であるオランダは日本産の系統に関しては頭部から尾鰭の先端まで測ると50cm以上になるジャンボと呼ばれる個体はワキンに近いタイプですから成長は望めますが、中国産の系統は50cm以上にはなりません。水槽での飼育は半分位の大きさがベテランでも限界ですし、30cmまで行けば合格です。

Qこのお玉じゃくしは何カエルになるのでしょうか? ち千葉の田んぼでみつけました。

このお玉じゃくしは何カエルになるのでしょうか?
ち千葉の田んぼでみつけました。

Aベストアンサー

色が黒いので、トノサマガエルかも知れません。
もう少し大きく成ればハッキリするかも。

Q最近駅でよく見かけるスイカペンギンて…

このカテゴリーでいいのかわかりませんが,タイトル通りスイカペンギンのことです。私の母が「あのスイカペンギンかわいい!どこかで売ってないかな?」と言い出したのです。最初はただの冗談だと思っていたのですが本気らしく,ほしいほしいとうるさいです(笑) あれってどこかで売ってるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

同様の声が多かったらしく、つい先日から販売がスタートしています。今のところ山手線主要駅の NEWDAYS にて取り扱っているようです。

詳しくは参考 URL のプレスリリースをご参照ください。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/press/2005_1/20050701.pdf

Qカエルについて。裏が田んぼの土地

新築を検討しています。土地の候補はふたつです。

1、65坪北向き少しだけ横長の長方形の土地で、南側に、用水路を挟んで3、4メートル先に、低い網で仕切られて田んぼ(東西は新しい家)

2、これから分譲地を造成するらしいので、想像ですが、50坪西向き少しだけ横長の長方形の土地で、東側すぐに1.2メートルほど下がったところに田んぼ(南北は新しい家、50メートルほど先には、上記と東西が反対に家が面している)

どちらが、カエルの被害が少なそうでしょうか。
また、オススメの対策があれば教えてください。
カエルの鳴き声は慣れるにしても、できれば姿を見たくないし、ベランダに住み着くとか、窓にいっぱい張り付くとか、ゾッとする書き込みを見ました。
でも、主人が気に入ったところにしたいし、、、というふうに迷っています。
学校区は、2の方が断然近くていいですが、住む環境は1の方がいいし、、、などなど。←これは自分で決めるとしても、カエルの問題もめっちゃ大きいです。
やめて他を探すというご解答はご遠慮ください。

Aベストアンサー

 恐らく1だろうが2だろうが、カエルの量はさほど変わらないと思います。

 私は以前、田んぼから30mほど離れたマンションの2階に住んでいました。朝ベランダに出ると、ベランダの手すりにカエルのフンがチラホラ見受けられましたし、実際手すりでカエルがくつろいでいる姿も何度か見たことがあります。洗濯物に引っ付いていて、洗濯物を取り込んだ時に部屋の中をピョンピョン跳ね回ったヤツを捕まえたこともあります。

 その後、マンションの裏手にある田んぼに面した土地を購入し、一戸建てを新築しました。6月に引き渡しされて住み始めたのですが、最初の年はものすごくカエルが多くて、郵便受けの上や表札の上など、カエルを探そうと思えば30秒以内に見つける自信があるといっても過言ではないほど、カエルが沢山出没していました。
 ところが、翌年からカエルの姿は激減しました。夜中に田んぼから鳴き声が聞こえるのは相変わらずですが、家の敷地内でカエルの姿はほとんど見られなくなりました。環境が変わって、カエルが冬眠する場所が無くなったのかどうかは定かではありませんが、引っ越して3年目ですが今では殆ど姿を見なくなりました。
 現在では、マンションに住んでいた頃よりもカエルの姿を見なくなったかもしれません。

 私の私見ですが、田んぼに面した土地でも、敷地内に土がむき出しの庭が無ければ、あまりカエルが出没しないのではないかと思います。

 まあ、いずれにしても、石を投げて届く範囲に田んぼがある以上、カエルの出没は覚悟しておく必要があると思いますよ。

 恐らく1だろうが2だろうが、カエルの量はさほど変わらないと思います。

 私は以前、田んぼから30mほど離れたマンションの2階に住んでいました。朝ベランダに出ると、ベランダの手すりにカエルのフンがチラホラ見受けられましたし、実際手すりでカエルがくつろいでいる姿も何度か見たことがあります。洗濯物に引っ付いていて、洗濯物を取り込んだ時に部屋の中をピョンピョン跳ね回ったヤツを捕まえたこともあります。

 その後、マンションの裏手にある田んぼに面した土地を購入し、一戸建てを新築しました...続きを読む

Qカブトガニの飼育は難しいのでしょうか

先日、ネットオークションでカブトガニが出品されていました。薄い青色で、外国産と言うことでした。飼育に関して全然分からないので、手を出しませんでしたが、飼育は難しいのでしょうか?また、飼育には海水と砂以外に何が必要なのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

自然界でのカブトガニは、海底の泥の中にいるゴカイや幼貝などを補食して暮らしていますが、生態についてはまだ分からないことが多いので、飼育も簡単ではないでしょう。
それから、皆さん誤解していらっしゃるようですが、カブトガニそのものは天然記念物ではありません。岡山県の笠岡湾が「カブトガニ繁殖地」として天然記念物に指定されているので、その他の地域では採取しても違法にはなりません。
とはいえ、国内で4000尾程度しか生息していないとも言われる貴重な生物ですから、無益に殺生することは避けなくてはなりませんね。
それから「外国産」とのことですが、国内産の幼生でも青色がかったものは珍しくありません。出所の不確かな、しかも飼い方の分からない生き物は、手を出されなくて正解だと思います。

参考URL:http://www3.famille.ne.jp/~ochi/kabutogani/index.html

Q田んぼの中の家

気に入った分譲地があり購入を考えているのですがその土地は1年前に田んぼを埋め立てた土地だそうです。すでに2軒の家が建っているのですが敷地の裏はブロックを隔てて田んぼになっていて裏から見ると田んぼの中に家が建っているような感じです。
地盤的に弱いのでしょうか?
また地盤に問題がないとしてもカエルや虫など、すごいでしょうか?
それ以外に何か考えられる問題はありますでしょうか?

今の住まいも3軒先は田んぼなのですが時々敷地内にカエルを見かける程度です。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

田んぼというのは地面下に粘土層があり
その粘土層の上に水が溜まるという性質を持っています。

そしてその様な土地の一部を軽く埋め立てて家を建てた場合は
地下内部は隣の田んぼと同じ層を共有しているので
隣の田んぼで水を蓄えている時期は、あなたの土地の地面下の土地にも
自然と水分が隣の田んぼから染み込んで来ます。
したがってその様な土地では大きな地震が来たりすると液状化現象を起こりやすい状況となり
地盤沈下や建物の傾きを起こす原因となります。

「過去田んぼだった土地」で現在は住宅地になっている土地というのは
日本にはかなり多くあり一般的ですが
そのような土地でも今は土が乾燥して固まっている状態なので問題ありませんが
現在隣に田んぼがある土地の場合は
土地・地面が乾燥しておらず、水分を多く含んでいる土地となるので
強度的にまだ定まっていない不安定な土地と見て問題ないでしょう。

田んぼの土地に土を被せた土地ではなく
一度深く掘削して土壌改良をした土地であればさほど問題ありませんが
一般的にはそのような手を加えた土地は多くはありません。

蛙の鳴き声や虫の鳴き声も夏場はかなり大きなものですが
これは慣れれば風流・季節感・として受け入れられる範囲かもしれません
農薬散布の問題や害虫の問題も多くある事も自覚してください。

問題はやはり地盤の弱さ、地面下での水分量の多さ、が不安点で
地盤沈下が起こらなくても、大きな車が通っただけで大きく振動を感じたり
大きく揺れる・・という土地になる可能性も考えられるので
その点も慎重に検討した方が良いかもしれません。

田んぼというのは地面下に粘土層があり
その粘土層の上に水が溜まるという性質を持っています。

そしてその様な土地の一部を軽く埋め立てて家を建てた場合は
地下内部は隣の田んぼと同じ層を共有しているので
隣の田んぼで水を蓄えている時期は、あなたの土地の地面下の土地にも
自然と水分が隣の田んぼから染み込んで来ます。
したがってその様な土地では大きな地震が来たりすると液状化現象を起こりやすい状況となり
地盤沈下や建物の傾きを起こす原因となります。

「過去田んぼだった土地」で現在...続きを読む

Q水草を植えるそこ砂について

水草を植える底の砂って、根が張りやすいように
空間の生まれる小石などのほうがよいのでしょうか?
普通の砂場の砂のようなものでは、無理なのでしょうか?
一番いいものはソイルなのだとは思いますが
バリスネリア、アマゾンソード、カモンバなど
特別CO2や明かりがなくても育つものの場合
やはり砂なんかではだめなのでしょうか?

Aベストアンサー

60センチ 上部 2灯(1日6~8時間ぐらい点灯) 田砂12キロ
バリスネリア、アマゾンソードを植えていますが問題なく育っています
最初、バリスネリアは照明の真下に植えていたのですが、成長しすぎるので、上部フィルターの下の光があたらないところに植え替えしましたが枯れることも溶けることも無く成長しています。
アマゾンソードも新しい葉を良く出し順調です。
我が家のアマゾンソードは、植えてから1年ぐらいは、新しい葉は出るもののなかなか大きくなりませんでした。1年過ぎた頃から葉も大きくなるようになりました。

砂だから無理ということはないと思います。
植えたばかりで根が張ってないとか、底砂少なくて根がはれないとか理由は砂だということ以外だと思います。
アマゾンソードは一般的に植え替えに弱いと言われています。pekepom様の水槽でよく植え替えしているのであればそれも原因だと思います。実際に我が家のアマゾンソードも場所を動かすと元気がなくなるので、レイアウト変更したときもアマゾンソードは動かしません。
アマゾンソードについては、真ん中から枯れていくのであればだめですが、新しい葉が出ているとのことなので様子をみてはいかがでしょう?

初心者用の水草だからといってぐんぐん成長するわけではありません。日々少しずつの成長を見るのが楽しみだと私は感じます。

60センチ 上部 2灯(1日6~8時間ぐらい点灯) 田砂12キロ
バリスネリア、アマゾンソードを植えていますが問題なく育っています
最初、バリスネリアは照明の真下に植えていたのですが、成長しすぎるので、上部フィルターの下の光があたらないところに植え替えしましたが枯れることも溶けることも無く成長しています。
アマゾンソードも新しい葉を良く出し順調です。
我が家のアマゾンソードは、植えてから1年ぐらいは、新しい葉は出るもののなかなか大きくなりませんでした。1年過ぎた頃から葉も大きくなるよう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング