タイトルの通りです。人ってなんですか。誰か教えてください。

A 回答 (21件中1~10件)

こんばんは、saruuさん。




10年ひと昔とはゆうけれど、あれよあれよという間に早10年。

もう、10年も経ってるんだ、あれから。

不思議だね。いまここ開いて読んでるけど、10年経った気がしない。

お返事くれてたんだ、いま気づいた。元気にしてますか?

「人間ってなんだろ?」この問い、年月を重ねるに連れ、更に「?」が膨らんでいく。

たぶん、ふと立ち止まって「人間ってなんだろ?」って、考えることが多くなるからかな。

で、答えはみつかったかときかれれば、「なんだろう?」と相変わらず疑問の言葉しかまだ出てこない。

答えにならない答え。ひさしぶりに送る返事がこんなのでごめんね。





いまベランダに出て空見上げたら、重たい雲がドンと空を覆って今夜は星が見えない。

けどね、闇夜に虫の音がやけに賑やかに鳴り響いているよ。 星がまたたくように。
    • good
    • 4

道具依存者達です。

    • good
    • 0

こういう疑問が浮上する場合は問うことをやめてしまうのが1つの手だと思います。


こんなこと思いもしなかったような顔をして日々生きていきましょう。
しかしながら考えていくにあたり「人間」という「言葉」をそもそもあなたが聞いたことのない代物とするならばどうでしょうか?
ヒントはこんなところにあると考えますがどうでしょうか?
    • good
    • 1

人間ってホントなんなんでしょうね?


五体満足な身体があるないに関らず、その一人一人の生きざまによって物の捉えかた、考え方、価値観の違い人それぞれ。それは、それで至極当たり前のことなんだけど・・・・初めて、生まれ育ったこの国を離れて他の国(外国)に訪れたときすっごく自分がちっぽけに感じた。そのときまで、日本という国におさまっていた自分は自分の知る範囲のことでしかものを見ることができなかった。これがすべてのように・・・・ちょっと、飛行機にのって何時間か飛べばその先には、いろんな文化がありその国々のまたその中の土地々の風習・習慣といったいままで自分がお目にかかったことのないような考え方にでくあす。カルチャ―ショックというのかなぁ~?日本の国内にも雄大な景色というのも目にしてきたが、スケ―ルのでかさが違うことに腰砕け・・・・目前にした青々と生い茂ったとてつもなくでかい山、ガイドさんの話を聞けばイギリス人がその昔、この地を訪れ一本ずつ木の苗を植え今ではこのように木が生い茂るようになったのです。こりゃまたすごいと・・・ため息一つ。自然のすごさと、人間の根気強さをそのとき強く感じた。人間ってなんなんでしょうね?大自然を前にするとものすごくちっぽけ。地球、更に宇宙からみればチリかホコリみたいにちっぽけ以下。そんな、ちっぽけ以下なのに・・・・・はげちょろぴの山を木が生い茂るほどの山にしてしまう力を持っている。宇宙から見れば、そんなことも何もできないのと等しいのかもしれない。それでも人間はあ~でもない、こ~でもないと日々考えあぐねながら生きている。人間は考える生き物なのかなぁ~????人間ってなんなんでしょうね?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

自分はよく冷たい夜に外で夜空をみてました。自分がとても小さい存在であり、自然のでかさを感じました。ほんと人間ってなんだろ?でもそれがわかってしまったら、おもしろくないかもしれないな。とも思う2年後の今日この頃。。。

お礼日時:2003/01/25 03:31

teizさんへの反論というわけではないのですが、「究極の生物」と呼べる存在は人間の他にもあります。


人間以外に大規模な地球改造をやらかした生物として、藍藻類が挙げられます。本来はおとなしい還元的だった大気を、過激な反応性を持つ遊離酸素が20%も含まれる状態にしてしまったのは、おもにこいつらです。また藍藻類は高温・低温・乾燥・高圧・高酸素・低酸素・高放射能などに対して異常に強く、水爆実験に耐えたという報告もあるほどです(やや眉唾ですが)。それから、昆虫類の他に例を見ないほどの適応拡散と身体のシステム化も無視できません。百メートルを越える巨体と数千年の寿命を誇る針葉樹類も、一つの頂点と呼べる存在でしょう。

とまあ、上記は半分冗談ですが、こういった猛烈な生命力を持つ生物たちに比べたら、人間の肉体は非常に弱い存在です。他の生物はこうして、身体を改良する方向に進化することで生存競争を生き抜いてきたのですが、人間は知識・知恵あるいは文明と呼ばれるものを身につけて生存競争に勝ち残る方向を選びました。ハードウェアに対するソフトウェアの概念とも言えるでしょう。この選択が正しかったかどうかの回答はまだ出ていませんがとりあえず、ソフトウェア化の道を進んでいる生物は、いまのところ人間が唯一です。
    • good
    • 1

自然現象の一つです。

    • good
    • 0

多くの方が回答されてますが、私も一言。



※後ろ向き
「人間」ってサルです。
「人間」って地球史上初の地球のガン細胞です。

※前向き
「人間」って地球史上初の「地球そのものを変化させる事の出来る
究極生物で、今後も進化を続けます。」
「人間」ってひょっとしたら宇宙で一番考え事をしている生物です。

茶化している訳ではありません。念の為。
    • good
    • 0

俺の仮説ですが、人間は地球上の化け物です。



この概念から、どう捕らえるかは貴方の自由ですが、
悲観的になる必要もありません、無理に肯定する必要もありません。
ヒントになればと。
余計な意見で捉えるか、幅広く物事を捉えるか選択肢はもちろん貴方にあります。

基本的に人間は馬鹿で、悲しい生き物だと思いますが、とても面白く不思議な生き物だと思います。

この答えは宇宙人が公に現れてくれるならとも思ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくいい表現(^^化け物かあ~まったくその通りだとおもいます!でもいいところとかにくめないやつでもあるんですよね~。

お礼日時:2003/01/25 03:34

難しい質問ですね。

正解などないと思いますが、私なりの考えをひとつ。
人間というのは、単なるひとつの「存在」にすぎないものです。花や木、ワンコやニャンコと何も変わらない、ひとつの存在です。言い換えれば、あなたという存在が「人間」という役を演じているんです。私という存在が、たまたま人間を演じているんです。私が花や木、ニャンコ、ワンコであっても、フンコロガシであっても、何の不思議もないわけです。

ヘンテコな答えだと思われているでしょうね、間違いなく。そこで、私の勝手な説をぶってみます。
中学生だということですが、ビックバンセオリーというものを知っていますか? この宇宙は最初ひとつの小さな素粒子の塊だった、それが爆発して現在の宇宙がつくられていった、という説です。これは説というよりも、現代の科学者はほとんどすべて、この説を正しいとしています。
もう、原子の云々ということは習いましたか? 周期律表というものを、私も中学の頃に勉強したような気がします(高校だったかな)。一番軽くて小さくて、すべての原子の大本になっているのが水素原子です。この水素原子は、原子核のまわりに電子がひとつトラップされています。そして原子核は、陽子、中性子、中間子の三つから構成されています。さらにそれらを壊していくと、素粒子というものが飛び出してきます。これがすべての物質の大本で、この素粒子の塊が爆発して宇宙ができたと言われているんです。現在、数種類の素粒子が発見されていますが、もっともっと研究が進めば、それらもひとつの素粒子から生まれていたことが証明されるでしょう。
くどいようですが、簡単に宇宙の始まりから、現在に至るまでの話をしますね。素粒子が大爆発をしたショックで、素粒子同士がくっついて陽子、中性子、中間子をつくった。それらがまた一緒になって原子核をつくり、そこに電子がひとつトラップされて水素原子ができた。水素原子も結婚して、ひとつ重たいリチウムという原子ができた。そうして次々とくっついていき、周期律表にあるような原子たちが生まれていきました。やがて、いろんな原子たちが結婚をして、分子というものができます。分子たちもまた結婚して、高分子というものができます。高分子たちもさらに結婚して……、長い長い道のりの末、人間という生命体が生まれました。
てことは、人間もワンコも、ネズミもミジンコも、いやいや、今飲んでいるジュースのコップも、みんなひとつのもの(素粒子)からできていったわけです。

面白いことに、何千年も前に「山も川も、草も木も、人間も、みんなひとつのものからできているんですよ」と言った人がいました。お釈迦さまです。「山川草木悉皆成仏」という言葉がありますけれども、この意味は、万物はみんな仏から成り立っている、または、みんな仏さんですよということです。「仏」とは、キリスト教が言っている「神」という意味ではありません。般若心経で言われている「無」というものです。あなたも、ひょっとしたら、「すべては無なり」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。さらにその数千年前、インドの古代哲学では「すべてのものはひとつの物質から成り立っている」と言っていたそうです。
では、「無」って何だろうというと、何にもないという意味ではありません。無という「存在」なんです。そして、すべてをつくり出した元になるものです。それが人間であり、鮒であり、カエルであり、水草なんです。いや、地球であり、月であり、宇宙であるわけです。同時に、それらはすべて、この宇宙という劇を演ずるのに必要な役だったんです。

今、日米欧、国家を挙げて究極の素粒子、すべての根本となるものを探しています。新聞にも、時々そのことが出ていますよ。
「無=素粒子」とまで言えば怒られそうですが、案外、科学というものは、宗教的なものを真っ向から否定しながらも、実は知らず知らずのうちに、宗教が説いているものを証明していこうとしているんですね。この場合の宗教とは、仏教的なものを言いますが。

中学生だそうですから、ひとつ、私の勝手なお願いがあります。
今言いましたように、素粒子が集まって陽子ができたり中性子ができたり、また、水素原子が集まっていろいろな原子ができたり、またそれが集まって分子になり、高分子になり、やがて人間になっていった。これは誰もが否定できない科学的事実だと思いますが、じゃあ、なぜ素粒子が集まって陽子にならなければならなかったのか。なぜ、水素原子が結婚してリチウムにならなければならなかったのか。いやいや、分子同士がひっついた理由は何だろうか。この「なぜ」を研究してくださいな。陽子、中性子、中間子、電子が集まって水素原子が生まれたのはわかるけれども、なぜこの四つがひっつかなければならなかったのか、ということです。

仏教には、一応その答えがあります。すべてのものを善い方向に、成長発展する方向へと促していく「意思」があったからだ、というものです。つまり、「慈悲」というものがあるからだと、お釈迦さんは言っておられます。
でも、人間というのは悲しいもので、それを明確に目にできなければ(理論的裏付け)、信じないんですよね。だからぜひ、それを科学的に研究して、私の言う「なぜ」を究明してくださいな。もし究明できたら、間違いなくあなたはノーベル賞学者になれるでしょうね、それも歴史上最も優れた学者として。
ちなみに、中間子の理論的解明をしたノーベル賞学者、湯川秀樹さんが中間子の存在に気付いた間接的きっかけになったのは何かということを調べてみると、案外面白いと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

高3になったのでだいたい知ってます、がなんか知的好奇心が刺激される~。生物選択なんで、進化の根本を考えるような問いかけにびっくりです。なぜ、か気になるーー。でも医者が。。。。。。。

お礼日時:2003/01/25 03:41

 書こうかどうしようか迷ったんですが…いっちゃいましょう。


 実は人間の定義って、けっこう難しかったりします。というのは、「人間は言語を持つ」とか「人間は社会的動物である」とか「人間には理性・知性がある」とか「人間は労働・製作する存在である」とか「人間は遊ぶ存在である」とか「人間は死の観念を持つ」とか、もう数限りなく人間の定義があるのですが、実はこれらはすべて「近似的な」定義でしかないからです。
 このことを示すのは実に簡単です。例えば「人間は言語を持つ」でいきましょう。いったん「人間ならば言語を持つ」と書き換えます。意味は変わらない。で、対偶命題をとる(元の命題が真ならば、対偶命題も真である、という論理法則があります)。で、どうなるか。
  「言語を持たないならば、人間ではない」
と、なります。元の命題が真であれば、これも真であるはずです。はい、出産直後の赤ん坊は人間ではないことになりました。めでたしめでたし。
 んなアホなあぁぁぁぁ!!! バシッ! ビシッ! どごっ! …うう、痛い。
…えーと…つまり、元の命題「人間ならば言語を持つ」がまちがっているんです。厳密に言えば、ですが。
 他の「定義」も同様です。同じように対偶命題をとって検証すれば、まぎれもなく人間でありながら「人間であるかどうかテスト」に合格できない人というのは必ず出てくる。といっても、その人たちの責任じゃない。テストの方に問題がある。「定義」の方に不備があるのです。
 哲学の中にも数多くの人間観がありますが、それらはたいてい、このような「近似的な人間の定義」の上に立って論じられているのです。だからといって、それらが無意味だ、無価値だということにはなりませんよ、もちろん。ニュートン力学だって「近似的な」物理学ですが、相対性理論を持ち出すまでもない大抵の物理現象に関しては有効です。それと同じこと。
 ただ、このことは言っておきたい。
 「人間を定義する」とは、人間と動物、ないしは人間と自然との間に境界線を引く作業にほかなりません。ですから…
 まず一つ。その「人間と自然の間に線を引きたい」という欲望が、自然破壊の問題の根底にある、とも言えます。
 そして二つ。上の方で示したように、その線は「人間の範囲」の中に微妙に食い込んでくる場合がありえます。「人間が人間ではなくなる」場合。ここでは、二つの意味で「人間が人間でなくなる」ことが起こりえます。一つは「人間と見なされなくなってしまった人」、そしてもう一つは「人間を人間と見なさなくなってしまった人」です。後者は前者を殺すかもしれません。…実際、人類の歴史にはそういう場面がたくさんありました。
 つまり…「人間を定義すること」は意外と恐ろしいことでもあるのです。

 もちろん、あなたが抱いた疑問は大変有意義で価値のあるものです。是非考え続けていただきたい。でも、それと同時に、これから出会っていく一人一人の人間と関わり合い、大切にしていくなかで、「頭じゃないところで」人間のイメージを育んでいくことも大事にして下さいね。そうして将来の夢が実現できたら、素晴らしいことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンネやその他の学者が一義的に人間を定義したことには疑問が残ります。自分はこの質問に一つの答えをだそうとは思わないし、悩み続けようとも思わない。ただ、254さんのおっしゃった通りこれからの自分にとって有意義であると思うしときどき考えてみたいと思います。理屈屋のあたまでっかちにならないように(ならないけど)まわりの人を大切にし尽くしていきたいと思います

お礼日時:2003/01/25 03:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフーのオークションで、出品者からアクセスした人間は特定される?

回答にこちらの名前入れないでください<(__)>すみません。検索に引っかかりたくないので、、、。

◎ヤフーのオークションですが、出品者が、出品ページにアクセスした人や大体の地域を特定することは出来るのでしょうか?

ふつうのHPでしたら運営者が、アクセスした人間や大体の地域を特定できるようですが、、、。
前に、通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて驚きました。

ヤフーのオークションでもそのようなことされるのでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あるホームページにアクセスした場合、管理者には以下の情報がわかります。
「確認くん」
http://www.ugtop.com/spill.shtml
これ以上でも以下でもありません。
しかしこれは管理者がわかる事で出品者にはわかりません。
   
> 通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて
アクセスが少なくて、相手の使っているプロバイダがわかっていれば大体見当がつきます。
あくまでも見当であって特定は出来ません。

Q日本人の心の支えってなんですか。

私は、カトリックのクリスチャンでもあり神道でもあり仏教徒でもあります。中でも最も親交があったのはキリスト教でした。

幼少より、神父様や厳格なシスターに、人間は世界で最も尊いものであるから、病める時、幸福な時、嵐、雨の時いつでも隣人を愛しなさいと教えられてきました。そして、中学1年まで、人間の祖はアダムとイブだと本気で思ってました。そして、イエスキリスト
は、神から与えられた人間の形をした心の支えだと。聖書にある事は、全て事実だと。哲学者のカントもクリスチャンで道徳的な自由を肯定する為にこれでもかというくらい文章にならない屁理屈をこねくり回したと聞きます。


私は、心の支えとなる理想を現実に当てはめようと必死で、しかし、現実は愛することとは逆の事ばかりで、愕然とした事が数えきれないくらいあります。
。今の今まで、理想と現実のギャップに理屈ではわかっていても、「私は、人として選ばれたのに」と苛まれていました。

今、私は、こう思います。

理想は理想であっていい。それは、困った時にシェルターの役割を果たす十分なもので、必要である事はないと思いました。そして、現実を現実として受けとめ、前を向きながら現実を生き抜く事だと。ここまでくるのに、長い遠回りをしてしまいました。


そこで、素朴な疑問です。 日本においては、宗教をよしとしない見方が大多数です。しかし、人生における節目には様々な宗教が関わっています。過激な疑問ですが、大多数の日本人は、何を心の支えにしているのでしょうか。ほとんどの世界各国においては、宗教色がとても強いです。それによる争いが耐えないのも事実ですが。
最近、ある欧米の方から、復活祭についてとても楽しそうにある種ホームパーティーの一つとして家族の写真を見せてもらいました。私は、微笑ましくさえ思いました。
日本人は元来、外来されたものに対して、中国、韓国より受け入れが早く新しいものを吸収したから近代化が進んだなんてよく言われてますが、現代社会において宗教に関しては、特に新興宗教にネガティブであまり多くを語りたがらないとおもいます。

私は、日本で生まれ育った日本人なわけですが、大多数の日本人が精神的肉体的に究極に追い詰められた時、何を支えにするのかとても気になります。

因みに、私の親類の一人は宗教はあるけれども、心の支えは家族で無宗教だという答えが返ってきました。

私は、カトリックのクリスチャンでもあり神道でもあり仏教徒でもあります。中でも最も親交があったのはキリスト教でした。

幼少より、神父様や厳格なシスターに、人間は世界で最も尊いものであるから、病める時、幸福な時、嵐、雨の時いつでも隣人を愛しなさいと教えられてきました。そして、中学1年まで、人間の祖はアダムとイブだと本気で思ってました。そして、イエスキリスト
は、神から与えられた人間の形をした心の支えだと。聖書にある事は、全て事実だと。哲学者のカントもクリスチャンで道徳的な自由を...続きを読む

Aベストアンサー

>大多数の日本人は、何を心の支えにしているのでしょうか。

大半の日本人は「科学」を信仰していると思います。

言っておきますが、「科学的視点を徹底している」分けではありません。あくまでも「信仰」レベルです。何故なら、日本人の国民性の多くは合理主義よりも、慣習や伝統を重んじます。それに加えて科学的な視点を自分自身に徹底している分けではなく「科学で証明された→正しい事」などを判断しているだけに過ぎません。


これは「聖書に書かれている→正しい事」と言う信仰心に非常によく似ています。



私も科学の信仰レベルで、科学的分析力を自分自身に養わせるようなレベルには到底いたりませんが、そのような科学に依存する見識は、己の判断を鈍らせ、ふとした時に虚しさを感じるものです。


そして、聖書と違う点は、聖書に書かれている事は絶対に「変わりません」が、科学に書かれている事は時代によって変わります。そのため、信仰を求める多くの人は「変わらない正しいモノ」を求めますので、科学を信仰する事は相関性が若干悪いのは事実です。


それを支えにしているから、貴方のような「漠然とする空洞感」を感じるのだと思います。
(とは言え今の時代、国教を持っている国がその空洞感を完全に回避しているとは思わないが。)

>大多数の日本人は、何を心の支えにしているのでしょうか。

大半の日本人は「科学」を信仰していると思います。

言っておきますが、「科学的視点を徹底している」分けではありません。あくまでも「信仰」レベルです。何故なら、日本人の国民性の多くは合理主義よりも、慣習や伝統を重んじます。それに加えて科学的な視点を自分自身に徹底している分けではなく「科学で証明された→正しい事」などを判断しているだけに過ぎません。


これは「聖書に書かれている→正しい事」と言う信仰心に非常によく似ています。...続きを読む

Qペニーオークションは落札さえできれば問題ないのか?

ペニーオークションが問題になっています。
私が「ペニーオークションはいろいろ疑わしいことがある」と見聞きしたのは結構前ですが、その頃はペニーオークションの問題点とは

1回の入札ごとに少額の手数料が掛かり、それが積もり積もって気が付いたときにはちっとも安い買い物ではなくなってしまっている、

という点だけでした。
まさか、競争相手の落札者は一緒に参加している人間とおもっていたらまさかプログラムによる自動入札であり、絶対に人間には落札できない仕組みだったとは・・・・・

では
「きちんと商品を用意し、落札者には必ず商品を渡す」こととし、
「プログラムによる自動入札で、絶対に一般参加者は落札できない仕組みになっている」
という部分を是正すれば、ペニーオークションは問題ないのでしょうか?

(芸能人がブログで宣伝活動云々、はこの討議から排除します。それはまた別問題)

Aベストアンサー

問題があるかないか以前に、買い物するのに手数料払えって時点でおかしいだろうが。
数万円するものが数百円で落とせるなんて時点で、出品者には何のメリットもないし、オークションの意味がないわ。

ちょっと考えれば分かるようなことを、考えもしないで騙される方が馬鹿なんだよ。

Q「約束は破る為にあるんだ!!」と言う人に、「良く言った!!その通り。」と言ってあげたいですね。

逆論理も論理も内。表と裏になりますね。
「約束は破る為にあるんだ。」そう。

では、
「ストレスも溜める為にある」んだよね?
刀は自分以外の者を切る為にある。
車は人を轢く為にある。

息とし生けるもの全てが、他者を犠牲にしなければ生きられない。
ここで仏教学には、「"人は死ぬ為に生まれて来た。"と言う自己矛盾に陥っている。」
だからこそ、他者を犠牲にして生きる。それで一方は倒れる。
生まれた後に、何も食わず飲まずそのまま御臨終でも良い。

人は生きる上で他者と関わる以上、他者と衝突し合う。他者と言う生命を削り取る。

「他者と助け合う。」は「他者と譲り合う。」
これすなわち
「他者と殴り合う。」、「相手を嘲笑い合う。」に等しい。
いや、大してそう変わらない。

賢さは馬鹿の為にある。
頭の良い人ほど、頭の悪い人に、自分の時間や財産を削り取って恵み、それ相応の施しを与える。
だから、頭の良い者は馬鹿である。
愚かさほど要領の良いものは無い。


では最後に。

"この世そのものが、初めから
「天邪鬼(捻くれ者)」に出来ている"とすれば、素直に生きる事は愚かで無秩序。天邪鬼でいる事こそが素直且つ正義である。

増して、人間は所詮、地球にすくう害虫且つ、自己中心的な生き物であるからして、
善い人間はじわじわ踏み躙られる。

全員が悪になれ。
そして御互いに殺し合え。そこで見事に共倒れ。
それが正しいとも言える。

神がいないからこそ、人は平等ではない。
そして、何をしても自由だ。
そして最後に和解など、死後の世界でじっくりと行えれば良い。

生きる事そのものが、絶対悪。穢れている。
故に死こそが絶対善。清い。

ごく当たり前の臭い記述になりましたが、どうぞ更なる風を。

逆論理も論理も内。表と裏になりますね。
「約束は破る為にあるんだ。」そう。

では、
「ストレスも溜める為にある」んだよね?
刀は自分以外の者を切る為にある。
車は人を轢く為にある。

息とし生けるもの全てが、他者を犠牲にしなければ生きられない。
ここで仏教学には、「"人は死ぬ為に生まれて来た。"と言う自己矛盾に陥っている。」
だからこそ、他者を犠牲にして生きる。それで一方は倒れる。
生まれた後に、何も食わず飲まずそのまま御臨終でも良い。

人は生きる上で他者と関わる以上、...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の文章を読んで私の頭に浮かんできた言葉です。


====goo辞書より====

とうさく たう― 0 【倒錯】
(名)スル
(1)さかさまになること。逆になること。
(2)社会的規範から外れた行動や嗜好を示すこと。味覚倒錯・性的倒錯など。
「―症」「―した欲望」

===以上===


なんだか、ワザと「倒錯」した論を展開してやろうとしてませんか?

>生きる事そのものが、絶対悪。穢れている。
>故に死こそが絶対善。清い。

「善・悪」という「価値判断」を、「一般に言われていること」と逆転させているだけでしかありませんね。
物事はコインの表と裏のように、単純な2面性だけではありません。
ある場面では「約束は破る為にある」かもしれないが、それが許されない場面もある。

アリストテレスは「中庸」こそ「最もよい常態」だと言っていますね。
また、マキアヴェッリは「人間は悪党になりきることも善良になりきることも、まずできないものである」と言っています。

結局はケース・バイ・ケースであり、上手く立ち回った方が「上手な生き方」なのでしょうね。

ご質問の文章を読んで私の頭に浮かんできた言葉です。


====goo辞書より====

とうさく たう― 0 【倒錯】
(名)スル
(1)さかさまになること。逆になること。
(2)社会的規範から外れた行動や嗜好を示すこと。味覚倒錯・性的倒錯など。
「―症」「―した欲望」

===以上===


なんだか、ワザと「倒錯」した論を展開してやろうとしてませんか?

>生きる事そのものが、絶対悪。穢れている。
>故に死こそが絶対善。清い。

「善・悪」という「価値判断」を、「一般に言われてい...続きを読む

Qインターネットオークション・・・。

こんばんわ!
僕はまだ中学生なので、オークションに参加することが出来ません・・・(悲)。
先日オークションサイトをぶらぶらしていると欲しい商品があったので、
お年玉で購入したいなぁ~と思いました。
で、親(父)にオークションで品物を代わりに落札してほしいとたのんだんです。
でも・・・、
「ネット通販とかオークションは信用できんからアカン」
と言われました・・・(悲)。

そこで質問なんですが、こういう人間を説得するにはどうすればいいですか?
僕の親はそんなに頑固一徹みたいな人ではないんですけど・・・。
みなさんの説得術教えてください!!!

Aベストアンサー

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常に悪い」が0の人ばかりですから
信用できますもし、金銭トラブルを警戒されるなら
ちょいと高くつきますが代引きにしてもらうことだってできます。
ヤマト便で送料ほかに\315ゆうパックで送料ほかに¥250です。
私も個人で出品していますし、喜んでもらえるのって
なんか嬉しいです。もちろん買ってよかった!ってのもあるし。
いちいち店まで行かなくてもいいってのも便利さの1つですよね。
お父さんも一緒に参加するとかおかあさんも買うとかすると
家族で楽しめますよ。⌒(*^∇゜)v

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常...続きを読む

Q演繹ってなんですか?具体例お願いします。

帰納というと数学的なものでよく知っており、別のものから一般を導くものですよね。この反対の演繹が辞書をみてもよくわかりません。なにか難しく考えすぎていると思いますので、具体例か何かあれば教えてください

Aベストアンサー

演繹というのは、普通は「論理的に正しい推論を行って、一般的原理から特殊な原理や事実を導くこと」をいうのですが、実際の場面では前提から結論を見出すのは難しいのです。
たいていの場合はすでに結論があって前提からそれに至る論理が正しいかどうかを検証することになります。

それはともかく、演繹的推論の例を一つあげてみます。
前提a:私は1000円持っていて、1000円までのものが買える。

この前提が正しいとしてそこから演繹できることは、まず
私は1円のものが買える。(論理的に正しい)
私は2円のものが買える。(論理的に正しい)
・・・・
私は1000円のものが買える。(論理的に正しい)
という1000個の命題(結論)が導けます。

続いて、推論できることは
私は100円のものを買い、さらに900円のものを買える。(論理的に正しい)
私は100円のものと200円のものと300円のものを買える。(論理的に正しい)
など、(計算する気になれないほど)多くの命題(結論)が導けます。

また、別の推論を行えば
私は1001円のものは買えない。(論理的に正しい)
私は1002円のものは買えない。(論理的に正しい)
と、無数の結論が見出せますが、普通はこれは「1001円以上のものは買えない」と一般的な命題にまとめます。

さらに初めの推論と新たな推論を組み合わせると
私は100円のものは買えるが、さらに付け加えて901円以上のものを買うことはできない。(論理的に正しい)
などこれまた無数の結論が導けます。
----------------------------------
今度は「買う」という言葉に「所有権を獲得し、所有権にはそれを自由に処分する」という意味が含まれる(と一般的には考えられますね)とするならば、
私は100円のものを買ってそれを自由に処分することができる。(論理的に正しい)
という結論を導けます。以下同様の命題が導けることは自明ですから省略します。

また「持っている」という言葉にも自由処分権があると推論すれば
私はあなたに1000円あげることができる。(論理的に正しい)
という結論が導けますし、このことから
前提a1.私は1000円持っている。
前提a2.私はあなたに100円あげる。
結論.あなたは100円のものが買える。(論理的に正しい)
という結論が導けます。なお、注意して欲しいのは前提2も前提1から演繹できる正しい命題であることです。

ここで新たに前提を2つ出します。と言っても「100円のもの」、「600円のもの」という抽象的一般的なことに具体的なことを当てはめただけです。
前提b.100円でチョコレートが買える。
前提c.600円でラーメンが食べられる。

すると、前提a1、a2、b、cを組み合わせることによって
結論:私はラーメンを食べられるがあなたはチョコレートしか食べられない。
と言うことができます。

いかがですか。これは当初の前提aからは想像もできない結論であるかもしれませんが、実際には当初の前提の中に含まれていたものです。このように一般的な命題から特別な命題を引き出すことが演繹です。ただし、いまの場合には元の前提aに前提a2、b、cを付け加えました(とは言え無理な前提を付け加えたつもりはありません)から特殊な命題を引き出せましたが普通は----------------------の上の部分だけが推論としてひきだせるもので、考えてみればこれは当たり前のことなんですね。

演繹推論によって意外な結論が出て来るというのは、いくつかの前提の組み合わせによることが多いし、一般命題の個別命題(特殊命題)化の仕方によって、当初思われていたことよりも意外な結論がでてくるということでしかありません。

あまり良い例では無かったかもしれませんが、asao2345さんが、「演繹」についてある程度のイメージを持てるようになれば幸いです。

演繹というのは、普通は「論理的に正しい推論を行って、一般的原理から特殊な原理や事実を導くこと」をいうのですが、実際の場面では前提から結論を見出すのは難しいのです。
たいていの場合はすでに結論があって前提からそれに至る論理が正しいかどうかを検証することになります。

それはともかく、演繹的推論の例を一つあげてみます。
前提a:私は1000円持っていて、1000円までのものが買える。

この前提が正しいとしてそこから演繹できることは、まず
私は1円のものが買える。(論理的に正...続きを読む

Qオークションサイトの作成、及び運営をしてみたいのですが・・・

はじめまして、オークションサイトに興味があり質問がいろいろあります、よろしければご教授ください。

実はちょっとアイデアがありまして、オークションサイトを運営したいと思ってます。
ですが、ホームページ作成ソフトやネットショップ作成ソフトを使ってもヤフオクのようなシステムなどは作れないということでしたので、1からオークションサイトを作るにはどうしたらいいのでしょうかか?
プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
など、もしご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
もしヤフオクなみのシステムを望むなら億単位の資金が必要になります。
1日2日で作れるような小規模なシステムではないですし、なにしろ
お金がかかわるシステムなので相当数のテストを行う必要もあります。
恐らくヤフオクのような商用システムだとデータベースにOracleを
使っていると思いますが、Oracleだけでも1プロセッサに対して100万円という値段なのです。
更に開発にかかる人件費は半端ではありません。一人の人材を1ヶ月確保するのに
約100万円かかります。10人で6ヶ月ならそれだけで6000万円です。

>ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
小規模なオークションサイトなら自分で作る事もできます。
その場合ネットワークやOS(Linux等)、オークションサイトを作成するための言語(PHP等)や
データベース(MySQL等)の知識が必要になります。

Q運命ってなんですか。

運命ってなんですか。
私は永遠の生を受けたものとして、多くの人に対してその目前に目の当たりにする死を阻み、生きる光明を与えました。
それは私が男子プリキュア、キュアブルームだからです。
悪とは死を阻む事です。
しかしそうして私が与えた生きる活路は、どうやらその人々にとって運命とまで呼ぶようです。
私は、運命を与えるとまで考えられることにちゅうちょしています。
縁を私とつなげることで、それがその人の運命とまでなるようです。
運命ってなんですか。

Aベストアンサー

運命とは、人の意図に関わらず決まった結果に至る=
物理そのものである。
しかし、「自我仮説(時間の流れ=記憶=過去=超光速)と
時空仮説(空間の広がり=予測=未来=光速下)の相補分化
(無(=無限不確定)の潜在としての認識仮説=感受表面の
量子相互作用(=光速)を階層現象表面的に捉える事による
非光速性)として、自我成立の相補=自己の必要として
派生している環境が、なぜ「自己」の思い通りにならない
のか?

自己の必要として生じている環境において存在がぶつかる
(自己の意志を阻害する)のは、そうした自己存在の本質
(物理)を自覚していない低認識による「自己矛盾」としてだ。
自己存在の本質に根差した意志(物理的相補性~環境との
物質循環~社会生命的自覚化による博愛)によれば、宇宙
の果てであれ自分の死後であれ予め意志(物理)の達成が
信じられ、「最大限の認識+最大限の意志+最大限の生産
性+最大限の充足」により、生きる真の目的である「人生を
通算した精神的充足量の総和の最大化」は達成され得るだ
ろう。

Qネットオークションでの とんでもない取引相手を教えて!

ちょっと探してみたのですが、同じ質問が無かったのでおたずねいたします。

私はネットオークション経験者で、取引回数は100回前後です。
今までは、幸いにトラブルもなく、ごく平凡に普通の取引をして来ましたが、

ネットオークション経験者の方で「とんでもない取引相手」を経験なさった方…
特に強烈な非常識人間などの体験談などを教えて下さい。(愚痴でもOKです)

今後の参考にさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>その後どうなったか非常に興味があります
どうやって連絡先を突き止めたかには触れずに、普通に取引を進めたらどうなるか、相手の反応が見たくて面白半分で試したました。
しかし相手もさる者で、最初は多少驚いたものの連絡先の出所などには全く触れず「商品を取り寄せるまで一週間掛かります」と平然と言われました。
普通に接したため今更怒りを爆発させるわけにもいかず、穏便にキャンセルとなりました。
今思えば、最初に文句の一つも言っておけば良かったです…。
ちなみに連絡先は、出品者の評価から以前の取引相手の出品物の質問を利用し、事情を話して教えてもらいました(匿名で)。

話は変わりますが、出品者が負担する落札手数料や、何故か消費税を請求されたこともあります。
あと質問は有料ですとか…。

Q「世界で一つだけの花」の考え方って誰かが言ってないですか?

 SMAPの「世界で一つだけの花」って、なんだか理屈っぽい歌だなあ、と思いながら(^^;も、こういう考え方を人々が支持している理由を私もよく理解できます。

 ところで、歌の内容としては、人間を優劣で価値付けることを否定し、違いがあることでもって意味づけすること。そして個々の才能の伸長すること。…といったところでしょうか(違う見方があったら教えて下さい)。

 こういうのって、なんだかよく聞く考え方のような気がするんです。部分的にでも、誰か思想家や宗教家、教育関係者などが言っていることなんでしょうか。
 また、興味として、最初に言った人っているのでしょうか。
 ご存じの方がおられましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その歌詞を知らないものですから推量なのですが、質問者氏のまとめられた内容にあてはまるものとして、私には「華厳経」がイメージされます。

華厳経は大変長大で内容も幅があるのですが、そこで説かれる重要な思想のひとつに、世界の全ての存在はそのままの形で仏性が現れたものだ、というものがあります。この世の全ては、存在も現象も一切が仏性の現れである、つまり仏の命が姿をとったもので、根本的には価値の優劣は全くないのだ、ということです。

例えば花を見ても、我々の目に映る現象面としては華麗であったり地味であったり、長短、大小、美醜、さまざまな差が感じとられるのが普通です。しかし華厳経では、それらは全て本質的には同じ仏性が仮に異なる姿をとったに過ぎず、根底では仏性のあらわれという意味でつながった存在である、と説くのです。

この意味で、仏の立場から見れば全ての存在はそのままの形で絶対の存在、肯定されるべき存在なのであって、美しい華麗な花ばかりでなく、小さな花、名もなき花もそのままに絶対の価値を持つ存在である、と説くわけです。こういう見方に立てば全てがそれぞれに個性だということになり、わざわざ個性と言うことすら必要でなくなるのですが、あえて言えば「そのようであること」そのままが肯定される、ということになります。

また、よく「一即多、多即一」と言われるのですが、ひとつの存在は世界全体と関係しあって存在するという広がりを本質としては持っているものだし、また逆に世界全体があるひとつの存在のありように投影されて存在するのだ、という風に華厳経では考えていきます。名もなき路傍の一つの花という存在には、実は背後で世界全てが関わっているのであって、それだけを取り出して価値を云々することは本来できるはずがないのです。

そもそも「華厳経」の華厳とは、雑華厳飾(ぞうけごんしき)の略だと言われます。厳飾というのは飾ること、雑華というのはいろいろな華、ありとあらゆる華という意味です。要するに良い・悪いという相対的な価値を論ずることなく、全ての華で飾られている世界をありのままに見ようとするのが「華厳」なのです。
普通にいわれるきれいな華、そうでない華という区別を超越して、つまり私たちの狭い価値判断を超えて、全ての華の個性をそのままに認める世界のありようが説かれるわけです。もちろんこの華というのは単なる比喩で、実は人間存在の価値について説いていることは言うまでもありません。

その歌詞を知らないものですから推量なのですが、質問者氏のまとめられた内容にあてはまるものとして、私には「華厳経」がイメージされます。

華厳経は大変長大で内容も幅があるのですが、そこで説かれる重要な思想のひとつに、世界の全ての存在はそのままの形で仏性が現れたものだ、というものがあります。この世の全ては、存在も現象も一切が仏性の現れである、つまり仏の命が姿をとったもので、根本的には価値の優劣は全くないのだ、ということです。

例えば花を見ても、我々の目に映る現象面としては華...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報