【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

日立のCOBOLとIBMのCOBOLと富士通のCOBOLの相違を教えて下さい。記述面や操作面等の内容が分かれば有り難いです。Webやマニュアルの情報も分かればお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは RDB」に関するQ&A: RDBとは何ぞや!

A 回答 (1件)

日立のCOBOLは、COBOL85でビット操作やアドレス操作が可能でした。


最近、アドレス操作等について、他メーカーでも日立の仕様を取り入れるといった製品が出てきたようです。

DBMS操作に関しては、日立はXDM/SD、XDM/RDなどの埋め込みDMLの記述が可能です。IBMなら、DEDBやDB2、富士通ならNDBやRDB2(その後のSymfoware)ということになります。

ファイル入出力の宣言、画面の定義などには、各メーカーにより、仕様差があると認識しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

連絡が遅れましたが、回答有り難う御座いました。やはり、ファイルの入出力の宣言。画面の定義等で仕様差があるのですね。よく分かりました。有り難う御座いました。

お礼日時:2007/06/25 09:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCOBOLの種類

COBOLは標準言語といいながら、英語のCOBOLや日本語COBOLがあるようですが、他に違うものありますか。

Aベストアンサー

「JIS X3002」これが日本における標準COBOLの仕様です。
この仕様を満足しつつ独自機能を付加された製品が市場には無数に存在します。

「ISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOL」こちらは世界標準のCOBOL仕様です。
JIS X3002もISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLに準拠していますが、文字セットの違いなどで【完全に同じ】とはなりません。

「ANSI X3J4」アメリカの標準COBOL仕様です。
基本的にISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLと同じです。

昔はもうひとつ、CODASYL版のCOBOL標準仕様があったんですが、ANSIと統合されたので現在はISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLが世界標準です。

まとめます。
・世界標準はISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOL
・ISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLを元に各国で自国向けの標準化が行われており、日本ではJIS X3002
・市場に出回る製品は【標準COBOL仕様】を満足しながら独自の機能を持っている

製品としてのCOBOLにはポインタが使えるもの、再起ができるものなどがあります。
極端な例だとオブジェクト指向を取り入れたものもあります。

「JIS X3002」これが日本における標準COBOLの仕様です。
この仕様を満足しつつ独自機能を付加された製品が市場には無数に存在します。

「ISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOL」こちらは世界標準のCOBOL仕様です。
JIS X3002もISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLに準拠していますが、文字セットの違いなどで【完全に同じ】とはなりません。

「ANSI X3J4」アメリカの標準COBOL仕様です。
基本的にISO 1989:1985 Programming Languages -- COBOLと同じです。

昔はもうひとつ、CODAS...続きを読む

Qオフコン(富士通Kシリーズ)COBOLと汎用機COBOLの違い

 私、富士通オフコン(KやPRIMERGY6000)でのシステム開発を10年以上やっています。当然COBOL言語での開発です。オフコン市場が縮小傾向(AS400は別のようですが)にあるなか、汎用機の開発やリプレースは盛んに行われていると認識しています。

 私の勘ではデータベースのREAD/WRITEのあたりや画面プログラムの表示のさせ方などが違うのでは、と思うのですが、実際に富士通オフコンのCOBOL-Gと汎用機(富士通でもIBMでもなんでも構いません)COBOLを経験された方に、その相違点をお聞きしたく存じます。

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

COBOLというより、DBMSやDCモニタ(富士通ならAIM,IBMならCICSやIMS等)による違いですね。
DBについてはSQLをサポートするRDBMSなら、アプリケーションのコーディングレベルは大きな違いは無いでしょうけど、階層型やネットワーク型DBだとそれぞれ独自の特色があるので使うDBMSによって大きく異なるでしょう。
画面は最近はメインフレームでもWWWを使ったりもするようですが、そうでもない限り、これもDCモニタによってやり方は全然違います。
従って、メインフレームの勉強をしたいのなら、まずターゲットとするDB/DCを決めないといけません。

Q「OS/DB/DC」の「DC」って何?

プログラマーの技術経歴書のフォームに
「OS/DB/DC」という項目があるのですが
「DC」ってなんのことでしょうか・・?

今まで関わったプロジェクト毎に
システムの詳細や使った言語などを書くフォームなのですが・・
OSはOS、DBはデータベースの事ですよね
DCって・・?

Aベストアンサー

昔、DCシステムの開発を行ったことがあるものです。
通常DB/DCのようにデータベースと対で使われます。

WindowsやUNIXなどはOSがネットワーク機能を持っていますが、ホスト(メインフレーム)はそうではありません。そこで、ホストのデータベースが端末と通信するときにはそのデータベース専用の通信ソフトウエアが必要でそれをDCシステムと言いました。
だから、ホスト以外にDCと言う言葉を使うのは違和感があります。

QPL/Iについて教えてください

簡単にいうとCOBOLとPL/Iの違いってなんですか?
IBMが開発したものだとものでCOBOLやfortranのいいとこどりをしたような言語という認識があるのです。
人によっと認識がまちまちでcobolのソースだったとう人もいれば全く別ものという人もあり。
実際どうなの?というのが質問です。
初心者ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは可也旧い言語です。多分、旧い資産の手入れ以外に使う人もいないだろうと思います。
PL/Iと云う名称ですが、プログラム・ランゲーヂ・ナムバーワンの頭文字の略です。
当時一般的の言語は、科学技術計算用のフォートランと、事務計算用のコボルしかありませんでした。そこでIBMのユーザ会(米州)で、両方の需要に応える言語を拵えさせたものがこれです。当時としては色々の事が出来る反面、当時としては相当のリソースを要求したため、オフコンクラスでは使えませんでした。
フォートランやコボルのソースと云うのは全くの記憶違いか、その方のお使いだったマシンの特殊事情でしょう。別物です。
現在新たの需要が出てくるとは思えません。


人気Q&Aランキング