今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

「血液型(ABO型)はどういう経緯で分化してきたのか」
という問題について、ある血液型別ダイエットサイトには掲載されているのですが、それ以外には見たことがありません。

血液型の分化にはどういう合理的要因があり、どうやって分化していったのでしょうか。

お詳しい方、ご教授頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

病気と関係があるのではないかという説があります。


が、きちんと証明されているのはダフィー式血液型とマラリアの関係くらいのようです。
http://tetsujin.hiho.jp/chishiki/type08.html

ちなみに、ABO式血液型は梅毒やコレラの影響ではないかという説もあるようですが、証明はされていないと思います。
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/sin22.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。

証明はされていないだけで、理論に無理がある訳でもなく、今後何らかの形で明確な因果関係が発見される可能性もある訳ですよね。

お礼日時:2007/07/11 08:56

O型の糖鎖が免疫力において優位と言ううわさはあります。


自然に選別されてできたO型だけのコミュニティもあるようです。
信憑性は少しあるみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。

そういう話は私も聞いたことがあります。
そして私にとってはすごく自然にも思えます。

お礼日時:2007/07/11 08:54

いわゆる多形というやつで、自然選択に対して中立(有利でも不利でもない)な変異なので、分化した合理的な要因はないと思われます。



輸血の際以外は問題にならない、つまり血液型に意味が出てきたのはここ100年で、それ以前は意味がなかったと考えられます。単なる個性、とでもいいましょうか。

メカニズムとしては、糖転移酵素と呼ばれるタンパク質一種の構造(アミノ酸配列)が偶然変わることで、赤血球表面の糖の構造が変化したのが血液型の分化の始まりです。

この回答への補足

ご回答、ありがとうござました。

> 自然選択に対して中立(有利でも不利でもない)な変異なので

ABO型を司るのは糖鎖であり、糖鎖は免疫の性質に差が出る…と聞いた事があるのですが、これとは別の話でしょうか。
あるいは、実はABO型に免疫の性質の差異などないということなのでしょうか。

補足日時:2007/06/19 21:38
    • good
    • 0

血液型は血の型ではなく体質の型ですので


分化?とかは利益目的の怪しいサイトで利用されているだけです。
体質型や全身型で検索すれば良いサイトに当たるでしょう。
世の全ての事象において先入観でだまされない様にしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました

お礼日時:2007/06/19 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故血液型というのは存在する?

いくつも種類がある必要がないと思うんですが、O型は免疫が強くてA型は弱いと聞きます。
ならとっくにA型は淘汰されてO型ばっかりになってても良さそうですが…
伝染病対策に(O型のみが掛かる病気とか?)色々血液型を分けて行く必要があったんでしょうか?
個人の推測に寄る回答はしないで頂きたいです。

Aベストアンサー

 血液型と言っても何百種類もあって、そのうちABO型とRh型(とJr(-a)型)は血液の凝固が起きるので有名ですが、アレルギー反応(抗原抗体反応)はおきます。血液も水以外のほとんどはタンパク質ですから、当然人によって差があります。
【引用】____________ここから
抗原は、赤血球・血小板・白血球・血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上という説もあり)になる。世界を捜しても、一卵性双生児でもない限り自分と完全に同じ血液型をしている人はいないとすら言われる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[血液型 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B )]より
 血液型による病気のかかりやすさは、現在ではないとされています。それを調べるより、DNAを調べるほうが良い。

≫A型は弱いと聞きます。
ならとっくにA型は淘汰されてO型ばっかりになってても良さそうですが…

 これは間違っています。優生学的( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E7%94%9F%E5%AD%A6 )な考え方ですね。

 血液型ともいえますが、鎌状赤血球という赤血球が三日月のように曲がり強い貧血を起こす重い遺伝病があり、多くは若くして死亡します。しかし、マラリアの流行地域ではこの血液型は淘汰されていません。
 なぜなら、鎌状赤血球はマラリアに強い耐性があるのです。

 たとえば、三つの遺伝子型しか持たない簡単な生物を考えて見ましょう。その生物は(Aについては、a1とa2,こについてはb1,b2,CについてはC1,c2,c3があるとすると、組み合わせから、2×2×3=12通りの遺伝子型があります。そのうち、a1は寿命が短い(繁殖期まで生きるものが少ない)とすると、淘汰されて、a2と組み合わせの6通りの遺伝子型になるはずですが、a1の遺伝子を持っていると、特定の病気にだけ強いとすると、その病気が発生して流行したときに、この6種類は死滅してその生物は消えてしまいます。しかし、a1の遺伝子を持つものが生き残っていれば、それだけが生き残ることが出来ます。その病気が宿主がいなくなって消えると、再びその生物は復活するチャンスがある。

詳しくは
【参考サイト】
優生学 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E7%94%9F%E5%AD%A6

★今、国家レベルで遺伝子バンクが取り上げられています。アメリカは世界最大の遺伝とバンクをもっている。すでに絶滅してしまった野生種をふくめて膨大なコレクションを持っている。たとえ、私達にとって劣っていると、みなしている遺伝子でも私達が知りえない価値をもっているかも。
 新型インフルエンザが大流行しても、人類の何パーセントかでも生き残れば、人類は復活できる。
 

 血液型と言っても何百種類もあって、そのうちABO型とRh型(とJr(-a)型)は血液の凝固が起きるので有名ですが、アレルギー反応(抗原抗体反応)はおきます。血液も水以外のほとんどはタンパク質ですから、当然人によって差があります。
【引用】____________ここから
抗原は、赤血球・血小板・白血球・血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上という説もあり)になる。世界を捜しても、一卵性双生児でもない限り自分と完全に同じ血液型を...続きを読む


人気Q&Aランキング