人類史上古代ローマ以後、100万人規模の都市が発生したのは
近代になってからだと聞きました。
その課題として、自ら食料を製作しない都市市民の食料調達
手段に問題があったという話ですが、
では古代ローマはどうやって100万人もの食を
作り、そして腐敗する前に運搬していたのでしょうか?

仮説や補足情報、
どんな書き込みでも結構ですので
気軽にご回答下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

古代ローマの時代食料は当時の穀倉地帯であるエジプトや北アフリカ、から船舶(ガレー船や帆船)によつて輸送されました。


北アフリカは現在の砂漠化以前は豊かな穀倉でこの地方の内陸の岩絵に船や漁猟の様子が残されている位です。
小麦は亜麻袋にいれ葡萄酒などの液体は壷に入れて輸送しました。
当時の沈没船の発掘ではこのような壷が多数積載されています。

従って海上交通の安全確保、手段は国家の重要事項でこの為度々戦争さえ起こっています。
小麦はパンとして供給され腐敗の心配はよほど古いものを除きありません。
地中海は海上交通に長けたフェニキア人が主に生活していました。
彼らの建国したカルタゴはローマに征服された時、3日以上炎上が続いたといわれる程栄えた都会でした。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
重たいワインなどを運べる当時の航海術や造船技術は
驚きですが、現実に行われていたと思うと不思議です。

ローマは色々な民族を征服し、その力を結集させることで都市の
反映を維持していたのですね。
一時的とはいえ巨大な国家が建設できた秘密に興味があります。

補足日時:2007/07/17 17:47
    • good
    • 1

 「ローマ人の物語」を読みましょう。


 あなたの疑問への答えは、ほぼ書いてあります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
今アマゾンで検索してみたのですが、
すごい量がヒットしました。
とても15冊は読めそうも無いんですが、
1~2冊で良いのは無いでしょうか?

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上 下)
が最適でしょうか?

http://www.amazon.co.jp/ローマ人の物語-―-ローマは一日にして成らず-上-新潮文庫/dp/4101181519/ref=pd_bbs_sr_2/503-0803414-6789514?ie=UTF8&s=books&qid=1184662489&sr=8-2

補足日時:2007/07/17 17:56
    • good
    • 0

余談ですが、古代ローマの調味料として使われた「ガルム」とは


塩漬けの小魚を発酵させた魚醤だったそうです。なので…
腐敗する食料を発酵として利用する技術もあったのではないでしょうか?
http://digilander.libero.it/piazzaitalia/cooking …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
魚醤は私も好きですが、当時からあったのですね。
何か私が想像していたよりも豊かな食卓が繰り広げられていたのかもしれませんね。
パンにワイン、野菜に果物、お肉に魚と、調味料、
一部では今と変わらぬ料理も可能だったかもしれませんね。

補足日時:2007/07/17 17:52
    • good
    • 0

1番の方も書かれていますが、ローマの食料の大半を供給していたのは、現在のチェニジアを中心とした北アフリカ地区と、シチリア島、エジプトでした。


ローマがカルタゴとの戦争(ポエニ戦争)を行ったのは、地中海の覇権をかけた戦いという側面もありますが、食料供給地帯の確保という面もありました。

西ローマ帝国が簡単に滅びたのも、北アフリカの穀倉地帯を、ゲルマン人のバンダル族に奪われたためと言われています。

ローマ時代の主な食料は、パンですから、小麦の状態で運べは、簡単に腐敗することはありませんでした。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
小麦での運搬で腐敗も避けられたということですね。
当時は国の権力維持の為の情報伝達すらまま
ならなかったでしょうから、
それだけ大規模な食糧輸送は驚きです。
もっと細かな、
治安維持の方法や、
異なる民族の束ね方や
領土の情報伝達手段、役人の不正まで
どのような方法で国を維持していたのか興味深いですね。

補足日時:2007/07/15 15:00
    • good
    • 0

植民地より、地中海を船を用いてローマまで運んでいました。


ローマ帝国が地中海全域に広がり食料需要が増大すると帝国領内各地が穀倉地へと変わっていった。
紀元前58年にローマ市民への食料の無料配給が始まるとそのスピードは加速、北アフリカは中でも生産性の高かった地域の一つであるが徐々に侵食され今では広大な荒地が広がるようになってしまった。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
北アフリカが食料庫として機能していたのですね。
今とは運搬手段の動力源も異なりますし、
維持だけでも相当な労力が必要なはずで
それだけローマの権力があったと言う事ですね。

補足日時:2007/07/15 14:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QコアコアCPIの定義について(日経新聞記事より)

日本の三種類のCPIの定義は、

・通常の総合指数(CPI)
・「生鮮食料品」を除く総合指数(コアCPI)
・「食料(酒類を除く)」及び「エネルギー」を除く総合指数(コアコアCPI)

という認識ですが、
11月1日の日本経済新聞朝刊の大機小機「金融政策の役割は終わらず」において、コアコアCPIのことを「生鮮食品とエネルギー価格の影響を除いたコアコアCPI」と表現していました。
新聞がいつも完璧とは思いませんが、このような初歩的なミスをするのはちょっと気になりました。
「シュミレーション」「食後の後」「射程距離」「汚名挽回」レベルのついやってしまいそうな初歩的なミスのような気がするのですが・・・。

コアコアCPIの除外項目について、
エネルギーは当然として、もうひとつの除外項目は「食糧(酒類を除く)」ではなく 「生鮮食料品(生鮮食品)」という捉え方もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ないと思います。

ただの勘違いでしょう。

Q史上最大規模の陸戦(スターリングラード攻防戦) 史上最大規模の海戦(レイテ沖海戦) 史上最大規模の空

史上最大規模の陸戦(スターリングラード攻防戦)

史上最大規模の海戦(レイテ沖海戦)

史上最大規模の空戦(バトル・オブ・ブリテン)

これであってますか?

Aベストアンサー

史上最大規模の陸戦、スターリングラードはちょっと違うかも。最大で最も悲惨な市街戦かと。
クルスクでしょうね。航空機もたくさん参加してますが。まぁ主役は陸上でしょうから。
インパクトではラインの守り作戦かな。

Q今の日本人は新聞やネットを見ているの?

過去に同じ質問しましたが
「出荷停止でない地域(問題ない)ほうれん草が売れない」
「電池・水・ガソリン等の必要のない買いしめ」等あります。

風評被害ですが、そこで思ったのが「最近の日本人は新聞やインターネットを見ているの」
の事です。選挙もそうだしあれこれそうですが「周りのクチコミで判断してしまう」

結局今回のガソリン買い占めも需要があるのに
「関東地方でガソリンの買い占め」行為、
「緊急度が薄い商品のまとめ買い行為」
「必要以上の食料(酷いケースは野菜やパンや牛乳を買い占める)」

これって「きちんと新聞やインターネット等で情報で正しい情報を判断すればこんなバカ騒ぎ
は起きなかった」と思います。今回の地震でも確かに政府等の情報や新聞等の情報を正しく
判断した人、そうでなかった人で分かれて、結局「新聞・インターネットで情報を知らない人間
がこんなおバカなまとめ買いや風評被害の種を作った」しか思えません。

皆さんの意見はどうでしょうか?

Aベストアンサー

今の日本に一番欠けてる危機管理の行動ではないでしょうか

万が一のことを考え行動してるのだと思います 今回の原発にしても想定外との言葉を使ってますが
この先何が起こるか誰にもわかりません その為満足いく備えをしたいということではないでしょうか
ごく普通の考え方かと思います 

安心できない理由としては発信する政治家に対する信用がないからではないでしょうか
買いだめなどは私はしませんが 政治家の言うことは全く信用してません

Q東ローマ帝国のコンスタンチノープルが都市の大きさでローマを抜いたのはいつ?

西ローマ帝国の首都としてのローマはいつ、コンスタンチノープルに抜かれ、キリスト教圏最大の都の座を奪われたのでしょうか?

Aベストアンサー

テオドシウスがコンスタンチノープルに常駐するまでは、地方都市だったらしい。
(在位 379年 - 395年)
402年にイタリア本土が西ゴート族に侵略されたとき、西ローマ皇帝のいたラヴェンナ以外は破壊されたらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Rome
によれば476年に西ローマ帝国が無くなったときには2万人程度。
402年がくさいですね。

Q日本は、現在、中国から、食料の大部分を輸入していますが、もうすぐ、中国

日本は、現在、中国から、食料の大部分を輸入していますが、もうすぐ、中国は、食料の輸入国になると聞きました。
そうなると、日本は、中国から、食料の輸入ができなくなるんでしょうか?
日本は、どこから、食料を輸入するんでしょうか?

Aベストアンサー

 日本の食料輸入の相手国としてはアメリカが断然トップで、中国は2位とはいいながら、輸入全体に占める割合は相対的に小さいのが事実です。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001062867&requestSender=dsearch

 この統計によると、輸入品目は鶏肉調製品(ヤキトリ用)、野菜(冷凍が主)が主なもので、日本の商社などが現地生産しているケースが多いと思われます。

 中国は日本の工業製品の大きな市場ですが、中国から輸入する商品がないと、貿易が成り立ちません。やたらに危機感をあおるニセ専門家に乗せられないように、自分でデータを集める努力が必要ではないでしょうか。

Qオランダ商館長一行は参府時の食料の肉をどこで調達したのでしょうか。

今度、「オランダ商館長の江戸参府」という授業をします。ケンペルの旅行記は一応読んだ(20年ほど前に)のですが、そう言えば彼らの食材の一つである肉(牛肉・豚肉)はどこで調達したのでしょうか。鳥などは宿屋で調達できたかも知れませんがどうしても牛肉・豚肉の調達方法がわかりません。

Aベストアンサー

質問の意図ですけど、オランダ商館長が持参する干し肉や塩漬けの肉などは、長崎から持参したか途中で購入したか、もし途中で購入したならどこで買ったかという質問でしょうか。
つまり、江戸時代は現代のように肉屋があって、どこでも買えたわけではありませんが、近江牛や薩摩の黒豚など、現在のブランド肉の産地では肉が生産されており、江戸にいる藩士たちも当然郷土料理として食べますから、藩邸で豚などを飼っていますし、故郷から燻製や塩漬けにして送ってもらいます。
他藩の大名や家臣もお土産で貰って食べたりしますので、ルートを知っていれば入手できますし、オランダ商館長のように恒例化してる方は、代々決まったところで買いますから、苦労はしないと思います。
質問は、例えば近江を通過するときに、近江牛を買っていくのかとか、実際に肉を買う商店や場所を知りたいということでしょうか?

Q日本産の食料品が高い理由について

カテゴリーが違っていたらすみません。

日本産の食料品は高く、中国産などの海外産の食料品は安いとニュースなどでたまに聞きます。これについて自分なりに少し考えてみたのですが、やはり日本人の人件費が高いために日本産食料品は高く、中国などは人件費が安いために中国産食料品は安いのでしょうか。

Aベストアンサー

人件費も高いのですが、そもそも生産するためのコストも高いんです。
日本の物価は総じて高いので、その物価でいくら安く作ろうと思っても東南アジアの低い物価にはかないません。

それに、日本の流通にも問題があります。
日本では世界にも珍しい、卸、仲卸、問屋など、中抜けする業者が多くいます。
これのおかげで経済を実体以上に膨らますことができたという利点がありましたが、
国際競争社会になると、その利点がそのまま欠点になりました。

さらに言うならば、戦後の農地改革があります。
アメリカ主導で大地主から、小作人に農地を分割して売却したわけですが、これにより大規模農業が日本でできなくなり、
その結果、効率的に農業を営めなくなってしまいました。
だから、原材料となる農作物なども国産は結局高いんです。
米や国産の野菜が高い理由がこれです。

つまり日本の食品は、安くできない仕組みなんです。
人件費だけであれば、仕組みさえよくなれば、アメリカのように大規模農業で生産コストを落とせたんですが・・・・

Q古代ローマの町

昔は土地なんてたくさんあったと思うんですけど、
古代のローマ人などは町や都市を作るときに、
どのような土地を選び、誰がどのようにそこに作ると決めていたのでしょうか?

気になったので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

まずは利便性ですね。
食料の調達場所と住むところが十分に確保できる所、例えば港町や農村部ですね。
あとは戦争時に備えて守りがやすい場所、例えば丘の上や山を背にできた町ですね。
それを前者は自然発生的に後者は当時の権力者が決めて作らせたものです。

Q食料自給率と、過剰生産について、教えてください。

食料自給率と、過剰生産について、教えてください。
食料自給率(カロリーベース)は40%と低く、日本は自給率を上げていく目標がある一方で、
すでに過剰生産で、生産調整のための減反政策もとられています。

この相反することの意味がわかりません。

食料自給率は、他の先進国のように100%近くまで上げていくことが、
自立した国として必要なことだと思います。

米は食料自給率の中に含まれていないのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、食料自給率の中には米も含まれています。

ただ、質問文に
> 食料自給率(カロリーベース)
とあります。これが全てだと思います。

食料自給率(カロリーベース)は、その国の人口が摂取するカロリーと、その国で生産されているカロリーとの差引です。細かい品目まで考慮していません。

もちろん、過剰生産された米を輸出すれば食料自給率は上がります。
しかし、そこには需要と供給のバランスがあり、生産したから売れると言うものではありません。
そして、最終的にあまったら廃棄となります。廃棄は食料自給率の計算上どう扱うか分かりませんが、食料自給率のためだけに廃棄処分するものを生産するのは本末転倒だと思います。

つまり、日本は米だけで見れば輸出を考えても必要以上に生産できますが、その他の食料があまりにも輸入に頼りすぎているので、均してみると40%くらいと言う事になるのです。

ちなみに、減反を余儀なくされている背景には、日本人の食の多様化もあります。
今まで主食と言えば米だったのが、小麦(麺・パン等)にも推移し、コメの需要そのものが減ってしまっていることもその一因です。

もちろん、食料自給率の中には米も含まれています。

ただ、質問文に
> 食料自給率(カロリーベース)
とあります。これが全てだと思います。

食料自給率(カロリーベース)は、その国の人口が摂取するカロリーと、その国で生産されているカロリーとの差引です。細かい品目まで考慮していません。

もちろん、過剰生産された米を輸出すれば食料自給率は上がります。
しかし、そこには需要と供給のバランスがあり、生産したから売れると言うものではありません。
そして、最終的にあまったら廃棄となります。廃棄...続きを読む

Q古代ローマの十二表法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E8%A1%A8%E6%B3%95#.E7.AC.AC4.E8.A1.A8
十二表法第4表に、「明らかに醜い子は殺さなければならない」とあります。
現代の日本では間違いなく人権侵害なので、
最初は冗談かと思っていたのですが、
これは性格ではなく外見の事を言っているのでしょうか?
・・・酷くないですか?(笑)

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF

スパルタの「新生児は部族長老の面接を受け、虚弱者は山奥の洞穴に遺棄された。」と同じ感じではないでしょうかね?


人気Q&Aランキング