プロが教えるわが家の防犯対策術!

 高速道路で看板を見ていたら、ふと疑問に思いました。


 山の場合は、「○○サン(ザン)」だったり、「○○ヤマ」だったりします。
 川の場合、「△△カワ(ガワ)」しか聞きません。
 海の場合、「□□カイ」しか聞いたことがありません。

 固有名詞として「○○山」「□□海」「△△川」を発音する場合、なぜ、山の場合は音読み訓読みが混在し、海の場合は音読みのみとなり、川の場合は訓読みのみとなったのでしょうか?

 ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

 (面白い回答もお待ちしています(^_^;))

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

えーと、ご質問を読ませていただき、ボンヤリと思ったことを書きます。

いつもは裏付けをとって確認するのですが、今夜はそろそろ寝ようかなという所でそうするだけの気力がありませんので、いい加減な話でお許し下さい。

海が音読みのみということについて。
訓読みが日本人の古来の読み方であり、身近なものにつけた名前であることはご存知ですよね。で、古代の日本人にとって「海」・・今の私たちが世界地図を見て例えばベーリング海とかバルト海とかいう名前で呼ぶような海は身近ではなかったのでしょう。彼らにとって身近であったものは「入り江」であり、「入り海(いりうみ)」であり、「潟」であり、「瀬戸」や「灘」といったものだったのでしょう。つまり、広く一般的な名称としての海ではなく、もっと身近な海のあらわれ方が日本人にはあったと思われます。熊野灘とか玄界灘とか音戸の瀬戸とかそういう形での固有名詞はたくさんあることがその証拠であると思えます。明治維新後、日本人にとっての世界が広がり、世界の海を知ったときにはじめてそれらを「○○かい」と呼ぶようになったのでしょう。(ついでながら、このような海関連の地名については、高速道路の標識に出てくることはありえませんね。)

「川」や「池」や「沼」などの水関係の地名についても同様でしょう。これらは生活していく上で身近であったからこそ「○○せん」と読んだり「××ち」と読んだり「△△しょう」と呼ぶことは無かったと思われます。

また、「山」については説明が難しいですが、基本的には山は見るものであったことが大きいと思います。日本人にとって「山(やま)」とは里山であるか、おじいさんが芝刈りにいく所のことであって、風景の遠くにあってそびえ立っているものはおそらく「山(やま)」ではなく「山(さん)」であったのでしょう。この場合は「岳」と呼ぶ方がふさわしいのかもしれません。一例を羽黒三山という、修験道でなじみの山を考えますと、実際に修験者たちが修行の場とし、慣れ親しんでいたのは「羽黒山(はぐろやま、今では、はぐろさんとも言います)ですが、遠くにあって見るものとして「鳥海山(ちょうかいさん)」「月山(がっさん)」があります。

もう一つ「山」に関しては名前の呼び変えもあるような気がします。いつのころからか「××やま」というよりは「××さん」と呼ぶ方がかっこいいというような感覚ができて名前を呼び変えて行ったということも考えられます。それでもあまりにも身近なものは天香具山(あまのかぐやま)とか畝傍山(うねびやま)のように「やま」のままで残るということでは無いかと思います。

以上、例にあげた地名の変遷などについて、チェックしたわけではありませんので自信なしにいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ついでながら、このような海関連の地名については、高速道路の標識に出てくることはありえませんね。

 はい、最初疑問に思ったのは、○○ヤマの標識を見てからです。「あれ、そういや、なんで山はヤマとサンが混在しているんだろう。何を基準に区別しているのかな??」ってところから、川は海はとなったわけです。

 身近なものには訓読み、とのお話は「あ~なるほど」と思いました。

 ありがとう御座いました。

お礼日時:2002/07/19 17:36

またまたやってきました(ハマってまぁーす)



古事記・万葉集・古典・古語 などなどで呼ばれた名前が、現在では違う名前になっていることに注目

そこで「氷ノ山」
「日枝の山が氷の山といつしか呼ばれるようになったとの伝承である」とあります、
http://www.asahi.com/nature/meizan/new/outline.h …

結局呼びやすい名前に変わっていくのでしょうかねぇー

名前が2つある山「白石山(和名倉山)」
http://www.asahi.com/nature/meizan/z09/outline2. …
これは国(藩・県)にまたがったためですよねぇー
って、県と藩の境界は違うんだよなぁーー

島なんですが、
日本の島は「 ○○しま」

日本以外の島は「○○とう」
じゃありません?
(地理は苦手なので、間違っているかもぉーーー)
これは、aminouchiの海説と同じ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>またまたやってきました(ハマってまぁーす)
 度々、ありがとうございます。うれしいです。

 でも、こういうのって、気になりますよね(笑)

>日本の島は「 ○○しま」・・・ じゃありません?
 そうですね、明治あたりまでは確か北海道は蝦夷の地で、海外扱いでしたよね、だから北海道の島は「トウ」なのかな?



 さて、質問に対する皆さんの回答を読ませていただいて、

1、古語の段階ではいろいろな言い方があった
2、歴史をたどる過程で呼び名が変わってきた。(呼びやすいようになど)
3、変わってくる方向性は、身近な物は基本的に訓読みとなり、身近でない物・畏敬の念を持って接するものが音読みとなった


 のかな、と自分なりに当初の疑問には整理がつきました。裏付けが取れないので間違っているのかもしれませんが有る程度すっきりしたので、この辺で質問を締め切りたいと思います。

 回答いただいたみなさまに、あらためてお礼申し上げます。ありがとう御座いました。

お礼日時:2002/07/20 13:41

古典・古語ではけっこう例外(山・海)ありますよ。


「ひえのやま(比叡山)」「むこのやま(六甲山)」「ふじのやま(富士山)」
「ちぬのうみ(茅渟海・大阪湾)」
湖では「ちかつあはうみ(近江・琵琶湖)」「とほつあはうみ(遠江・浜名湖)」
やっぱり語感の問題では?
ちなみに「山・セン」の例は「大山」「蒜山」「龍頭山(経典に登場)」
山をあらわす日本語って他にもありますね。「山・やま」の他、「森・もり」「岳・嶽・たけ」「峰・みね」など、、、、。御嶽山や大峰山みたいに両方ついてる山もある。

思うに昔は訓読みオンリーだったのが、かっこつけて貴族たちが漢語を使ったのが広まったのかも。日本の漢詩では「川」をどう読んでたのかが興味深いところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 古典・古語では例外ありですか・・・・。難しいですね
 古典の読みを調べる必要があるってことでしょうか(^◇^;)ニガテデス

 ところで、沢山の方に興味を持ってもらって、ちょっとびっくりしました。

お礼日時:2002/07/19 17:40

NO.1のDQNさんの英語表記の追加ですが、


XXDOU STREET とかXX-DORI Ave ってのもあります。(一般道ですが。高速ではMt.XX-YAMAってのがあります。)

メインテーマである音訓に関しては日本では「ふじさん」ですが、外国では「ふじやま」の方がとおりがいいようです。

全然ご存知でない輩からの面白くない回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとう御座います。

 そうですね、海外ではなぜか「ふじやま」が多いですね。なぜでしょうか・・・・???

お礼日時:2002/07/19 13:27

話はそれますが



島も該当しますよねぇー

「○○しま」と「○○とう」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね~(^_^;) あーー、頭痛の種が増える。

お礼日時:2002/07/19 13:24

-中海-


由来を調べていたら
生まれてらずぅーと「海」と思っていたんですが、「湖」だったんです
ショック

それで、出雲古事記では「意宇の海」と言われてたそうで、
いつから「中海」になったのかまでは、わかりませんでした

-山-
鳥取に「大山(だいせん)」があるんですが、
「だいやま」「おおやま」だとやっぱりダメですねぇー
逆に「浅間山」は「やま」ですよねぇー

尚、由来がわかった山がありました(真偽は不明)
四阿山(あずまやま)
「日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征からの帰り、鳥居峠の上に立って東を振り返り、弟橘姫を偲んで「吾妻はや」と歎かれた。」

-川-
万葉集他ですでに「かわ」と謳われていますので、「かわ」以外ないのかもしれませんね

近畿の川の由来サイト
http://www.kkr.mlit.go.jp/river/97S-Win/name/

あふくま川
あふくま川は、おおくま川とも呼ばれました。
その由来の一つは、あぶくま征伐を行った将軍田村麻呂が「オオクマ」にのってあぶくま川を渡った「熊渡し」伝説から来ています。

綾瀬川の由来
http://www.kosuge-net.jp/timesweb/page1.html

仁淀川の名前の由来
http://kochi.cool.ne.jp/tosa/niyodogawa/na_yurai …

福井の川物語
http://www.fukui-moc.go.jp/index.html

舟川の由来
http://www.katsushika.org/~tacky/hikifune/yurai. …

大府の地名の由来(川や池)
http://www.city.obu.aichi.jp/rekimin/minzoku/chi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうもかなりお手数をかけてしまったようで、心苦しいです(^_^;) ありがとう御座います。

 考えてみると、山や川の名前のゆらいはそれぞれ個々に違うので、私が疑問に思っていた「山」総体や「川」総体としての読み方についての回答は無いのかもしれませんね。段々、その思いが強くなってきました。

 質問を書いた後で、ふと思ったのですが、近くにある某山がこちら側での呼び方と、山の反対側での呼び方が違いまして、「○○ヤマ」と「△△サン」に分かれているんですよ。
 同じ山でも「ヤマ」の場合と「サン」の場合があるので、単純明快な答えはあり得ない可能性が高いですね・・・。

 ま、もう少し、皆さんの意見や知識をお聞きしたいと思います。

お礼日時:2002/07/18 18:11

>海の場合、「□□カイ」しか聞いたことがありません。


島根と鳥取に挟まれた海を「中海(なかうみ)」と呼んでます

「なかかい」では、言いにくいだけじゃないかと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとう御座います。

 すみません、固有名詞として「中海(なかうみ)」があるとは知りませんでした。

 そうなると、語呂の関係で「音」だったり「訓」だったりするのでしょうかね、やっぱり??

お礼日時:2002/07/18 15:28

最下行に該当するかな?


10年ほど前、荒川は「arakawa-river」と表記するくせに淀川は「yodo-river」でした(今はどうだか知りません)。ちょっと変。
さらに
○○かわと○○がわとの違いも知りたいところです。あらがわじゃなんでだめなんでしょうね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとう御座います。

 そうですね、ときどき、「arakawa-river」みたいな表記の看板を見かけますよね。私も「ヽ(。_゜)ノ ヘッ?
」って思います。

 語呂の関係でしょうか?

お礼日時:2002/07/18 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音読み.訓読みについて

音読み訓読みの区別がいまだにつきません。

区別のつけかたや重箱読みなど詳しく分かりやすく教えて下さい!!

Aベストアンサー

【音読み】
中国での発音に基づくもの。漢字字典ではカタカナで示される。例→【山】サン・セン
【訓読み】
日本語の意味を当てたもの。漢字字典ではひらがで示される。例→【山】やま
【重箱読み】
二字の熟語で、初めの漢字を音読み、次の漢字を訓読みにする読み方。例→【試合】シ-あい
【湯桶(ゆとう)読み】
二字の熟語で、初めの漢字を訓読み、次の漢字を音読みにする読み方。例→【夕食】ゆう-ショク

Q〈訓読〉と〈音読〉とが混じるのはなぜですか?

「豆蔵」(まめゾウ)
「豆炭」(まめタン)
「豆本」(まめホン)
 適当に、辞書から上記の言葉を拾ってみました。
 そこで質問です。
 一文字目の「豆」(まめ)は訓読で、二文字目は三者とも音読となっています。これは日本語では多いことなのですか?
 例えば、
「豊作」(ホウサク)
「豊満」(ホウマン)
「豊年」(ホウネン)
 とか別になんでもいいのですが、音読だけで文字が形成されていることが多いと思うのです。これ以外にも。
 訓読と音読とが混じっている言葉というのは、もっといっぱいあるのでしょうか?
〈訓読と音読とが一緒になってはいけない〉というルールがあるわけではないのですね?
 訓読と音読とが混じるのはなぜですか?

 上記四つのクエスチョンマークに答えて頂けるとありがたいです。
 どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

高島俊男氏の著作に詳しく書いてあります。
「漢字とに日本人」「お言葉ですが・・・」シリーズ、どれも肩のこらない面白い本ですので興味があればご一読を。

日本語の語彙の大半を占めるのが、漢語由来の「字音語」と本来の日本語である「和語」です。
そしてこれらが癒着し、音訓が混ざった語は日本語の中で約4%ほどだそうです。つまり結構たくさんあるが本流では無いということですね。
漢語以外の外来語(シャツ、コップ、カレーなど)の方が数が多い。

つまり音訓が混じってはいけない、というルールはありませんが、多少違和感のある語のようです。慣用として定着していないと耳障りに聞こえますね。目線(めセン)とか四月をよんガツと読む等。

訓読と音読(つまり和語と字音語)が混ざるのはなぜか。
これは難しいですが、わたくしなりに推測すると
1、対象になじみがありすぎて字音語か和語か意識していない場合。
 例えば「ぶたニク」。「ギュウニク」の場合は「うしニク」とはいいませんが、肉(ニク)が字音語であることはあまり意識に登らないので違和感がすくない。
2、和語の不足。
 和語は日本起源のことばですが、日本語の語彙に占める割合は字音語(漢語由来の語)の方が多い。石段の「いし」は是非「いし」と訓で読みたい、しかしダンに対応する和語(つまり訓読み)が無い。
3、字音語は音だけでは意味が解らない。
 同音異義語が多すぎて耳で聞いても解らない。「セキダン?なんじゃそりゃ?いしダン、ああ石でできた階段ね」という具合。

この2と3の事情が合わさって、新しい熟語は発生する際に音訓が混ざったのではないでしょうか。

高島俊男氏の著作に詳しく書いてあります。
「漢字とに日本人」「お言葉ですが・・・」シリーズ、どれも肩のこらない面白い本ですので興味があればご一読を。

日本語の語彙の大半を占めるのが、漢語由来の「字音語」と本来の日本語である「和語」です。
そしてこれらが癒着し、音訓が混ざった語は日本語の中で約4%ほどだそうです。つまり結構たくさんあるが本流では無いということですね。
漢語以外の外来語(シャツ、コップ、カレーなど)の方が数が多い。

つまり音訓が混じってはいけない、というル...続きを読む


人気Q&Aランキング