ちょっと変わったマニアな作品が集結

多分マナーに関する質問に当たると思うんですが…

バイトしてる喫茶店に新聞社の方など営業の方がよく来られるんですが、
店長とお話し終えてその方が帰られる時、私は「ご苦労様でした」と挨拶していたんです。
すると先輩に、年下が年上の方に「ご苦労さまです」というのは失礼に当たると注意されました。
それが年上全般のことを言ってるのか年上の営業の方に限ってのことを言ってるのかは分からないのですが、このような場合に「ご苦労様です」ということは何か失礼なことなんでしょうか?
もしそうだとしたらどのような言い方が適切なんでしょう?

気になってしまったので教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

本当は身内でない人なら、「ご苦労様」もありじゃないかと思うのですが、不快感を持つ人もいますね。



私の場合は、職場の人は「お疲れ様です」と使い、営業その他なら、あなたのような感覚で使うのは「お世話様でした」あるいは「ありがとうございました」と言っています。

自分のほうがお客状態な訳ですから、お世話になっているわけではありませんが、適当な言葉がないのです。

市役所で、お疲れ様でしたといわれたときも目が点になりました。
お疲れ様は身内で使う言葉で、それ以外に用いるとすれば、職場に作業に来た人には、ありだと思いますが、それ以外は不自然ですよね。
    • good
    • 1

「ご苦労様」がいつから使用されていたかは不明ですが、


本来はこちらしかなかったと言う説が強く、「お疲れ様」は後から出来た表現だそうですので本来は気にせず「ご苦労様」でいいそうですが、
現在のマナーでは、目上の人が目下の人に使う場合は
「ご苦労様」
目下が目上又は同僚などに使う場合は
「お疲れ様でした」です。
「お疲れ様」ではなく「~でした」をつけるのが正しい表現だそうです。
同僚の場合は「お疲れ」で済ます場合もありますけど。
    • good
    • 0

「ご苦労様」というシチューションを考えると宅配の人に言ったりお店で買い物をした時に店員に余計な手間をかけた時に言う場合がほとんどですよね。


自分より立場の下の者に言う言葉なんですよ。
会社や仕事場で同僚や立場の上の者に言う場合は「お疲れ様でした」と言うのがふさわしいですよ。
    • good
    • 0

「ご苦労さま」いずれなくなりそうな言葉の1つです。

もともとは目下のものに使う言葉です。
「お疲れさま」は目上の人に使う言葉です。いまでは目下のものというか部下に使うことに違和感のない上司も増えていることでしょう(^^)
同じ意味の言葉に「ありがとうございます」があります。

この3つの言葉が無神経に混同されていることも多いでしょう。質問の例は新聞社の人は「上司にあたらない」が「部下でもない」。お客様は(表向きは)自分より上とみなすから「ご苦労さまは失礼」という先輩は正しいです。

敬語には丁寧な言い方のほかに上下関係や身分差別しめす言い方もあるが、将来的には丁寧な言い方、相手を尊重する言い方だけ残ればいいでしょう。

質問者はそういうケースでは「お疲れさまです」「ありがとうございます」使えばいい。
    • good
    • 0

以前にも同じ質問がありました、内容は「宅配便の運転手さんになんといいますか」というものでした。

その時にも書いたことですが、私は失礼なこととは思いません、昔お殿様がいた時代にお殿様が家来に言った言葉が「ご苦労」だそうでそれが「ご苦労様に」なったため本来的には目上の者が目下の者に対する慰労の言葉が本来らしいです。しかし、言葉は本来人間と一緒に生きた存在です。当然時代とともに代わっていっていいはずですし変らなければいけないものと思います。あなたのように「ご苦労様」が一般的な感謝の言葉では無いかと思う人が多くなっているのが今の日本です。当然言葉の意味もニュアンスも代わって当然です。「女心と秋の空」は広辞苑では「男心と秋の空」と書いてあるという話は有名ですが、そうはいっても現代では誰も広辞苑の様には使わないでしょう、私の会社の社長は朝一番で社員に「お疲れ様です」といわれると仕事もしない内から疲れているようでいやだといってましたが、私の息子は体育会系ですので後輩でも先輩でも「お疲れ」「お疲れ様」のどっちかです。要は気持ちだと思います、相手に感謝の気持ちを表すのに「ご苦労様」で表現するならそれでいいと思います。いちいち目くじら建ててそれは間違いだといっても時代と言葉は生きて死んでゆくのだから。私はいつでも誰でも「ご苦労様です」相手は「お疲れ様です」という人もいますが。挨拶もしないで何にもいわないよりいいのでは無いかと思います。
    • good
    • 2

「年下の上司」が「年上の部下」に言う場合は「ご苦労さま」もOKでしょう。


ご質問者さまの場合は、
・相手の方が年上
・相手の方が外部の方
という点で「ご苦労さま」は不適切だと思います。
私は「お疲れさま」が妥当だとは思うのですが、以前、このサイトで「お疲れさま」というような「労い」の言葉を、下から上に対して言うのも不適切、という指摘を読みました。
「お疲れさま」もダメだとなると、「ありがとうございました」でしょうか。
私は「お疲れさま」でいいと思うのですが…。

私の部署(勤務先は金融機関。資金運用担当部門)にも取引先(銀行、証券会社等)の方が多数いらっしゃいますが(なかには著名人もいらっしゃいます)、確かにお帰りになるときに「お疲れさまでした」とは言わず、「ありがとうございました」と言いますね。
    • good
    • 0

#1の方と同意見です。


私も一度指摘を受けたことがあります。

お疲れ様とご苦労様とどう違うのか、と突き詰められると返答によわるのですが、「うん、よし、ご苦労であったぞ」に通じるのかもしれませんね。あるいは「苦労をかけた」に通じるのかもしれませんね。
    • good
    • 0

「ご苦労さまです」は目上の人が目下の人に対して使う言葉です.


「お疲れさまです」なら目上の人に用いても良いという見解はあります.
ですが「お疲れさまです」も目下の人に対する言葉で,目上の人には用いるべきではないという説もあり,ややこしいですね.
質問者様の挙げられた例の状況で一番適切な表現は「ありがとうございます」といったところではないでしょうか.
他の状況で,例えば先輩より先に自分が帰るというような場合は「お先に失礼します」というのが丁寧ですね.

ですが私は「お疲れさまです」が特別に失礼な表現とは思いませんので「お疲れさまです,ありがとうございました」,「お疲れさまです,お先に失礼します」というような言い方をすることが多いです.
いずれにしても「ご苦労さまです」とは言いませんね.
    • good
    • 1

失礼に当たります。

気にしない人も多いですが。

http://pro.tok2.com/~nhg/qa/keigo-1.htm(ここのQ8)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=569853
    • good
    • 0

目上の者が部下などに対して使うのであれば「ご苦労様」でいいと思いますが、目上の人や先輩に対しては「お疲れ様」を使うのが違和感無いと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「ご苦労様」はなぜ失礼?

 ときどき「ご苦労様」は目上の人には失礼である、という文面をよく見かけます。
 ですが、どうして失礼なのか、を説明した文章等が見つかりません。

 理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんなことが書かれていました。
「ご苦労さま」は、他人の苦労を高みから見物しているような語感があります。

やはり、「お疲れさまでした」がよろしいでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k990615.htm

Qご苦労様っておかしくないですか?

こんにちは。20代半ばの女です。

彼氏は3才年下ですが、まめな性格でメールを
よくくれます。
私が仕事が終わる時も、時間を見計らって毎日くれます。
そこでいつも気になってるのが、「お仕事"ご苦労様"です」と書いてあることです。

私はいつも、友達にも彼氏にも"お疲れ様"って書きます。
ご苦労様って、目上から目下の人に使う言葉じゃないでしょうか??
些細なことかもしれませんがいつも引っかかっています。おかしくないことなのでしょうか?

ご意見下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 わたしも 当初は raincoatさんのように 「ご苦労様」は目上の人が目下の人に対して用い 「お疲れ様」は目下の人が目上の人に対して用いる・・・と 考えていました。
 ところが 以前 NHKの番組でこのことが取り上げられ 両方とも 目上の人が目下の人に対して用いる言葉である・・・と知りました。
 その番組では 「そもそも 労いの言葉は 目上の人が目下の人にかけるものだ・・・」という意味の説明をしていたと記憶しています。

Q「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けについて

最近の若い人の言葉使いについて疑問があるのですが。

自分の考えが古いのかもしれませんが、終業時に年下・部下の人間が自分に対して「ご苦労様です」と言う若者が増えているのですが、それって言葉使いが違ってはいないかと感じる時があります。

「ご苦労様」「ご苦労さん」は自分より年下・部下に対して使う言葉ではないのかと、47年間生きてきた経験からそう思ってきたのですが。

自分が思うには、目上の人・上司への挨拶は「お疲れ様です」「お疲れ様でした」ではないのかなと思うのですが、
・自分の考えが古いのですかね? 
・それともなめられているのかな? 
・それともまだ言葉の使い方が分らないのかな? 

「そんな事いちいち気にして、ケツの穴が小さいな~!」と言われそうですが、どうも違和感があるのですが、自分の考えは間違いですかね?

皆さんのご意見次第では、その若者達に指導していきたいと思います。
自分の考えが間違いなら考えを改めたいと思います。

ご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

私は、昨年ある本を読んでいて、帰り際の目上の人にお疲れさまは失礼だという文に接し考えを改めたばかりでしたので回答しました。
質問者さまの言う通り眼下の人間に「御苦労サン」と声をかける上司もよく見かけるのですが、「お疲れ」のほうが「御苦労」よりもいたわりの気持ちが弱い表現と感じませんか?
 確かそんな内容の文だったと思います。取引先の同じくらいの社会的な立場の人の悩みを聞いた時、それは疲れることですねとは言わず、それはご苦労されますねと答えると思います。
 言葉の持つ意味から上司に「お疲れ様」はかえって失礼になるとの文意でした。
 古くはあまり「お疲れ~」などと語尾を飛ばした挨拶はなかったのですが最近は「お疲れ」と語尾を言わない挨拶が普通に行われるようになってきました。「本来はお先に失礼します」の前置き言葉がそのまま挨拶に使われるようになってしまったんだと思います。

Q「ご苦労様」の使い方

一般的に上の人が目下の人に対して使うといわれているかと思います…。施設なので職場ではお互いに「お疲れ様」と言ってますが、ご家族の面会には「ご苦労様」と言ってます。宅配便や訪問者には、わざわざ足を運んで下さって…という意味で「ご苦労様」と使うとありますので、ご家族に言っても間違いではないと思うのですが、反対意見もあります。好ましくないのでしょうか?

Aベストアンサー

「お疲れさま」も「ご苦労さま」も労いのことばです。労うということ自体が「上から下へ」の考えに立つものなので、「目下に…」となるわけです。
ただ、現実と照らし合わせ、言い換えのことばもよい物が未だに生まれないこともあって、学者の間でも意見が分かれているのが現状です。
ただ、下から言われるとむっと来るという方が多いようですから、使うには十分注意が必要です。
ちょっと古いデータですが、1987年のNHKの調査では、「目上に『ご苦労さま』と言うのは失礼だ」と思う人は三割を切り、失礼でないと思う人が六割を超えています。これからすると、あまり神経質になる必要もないことになります。20ねんまえで既にこれですからね。しかし、抵抗を感じる人もいるのですから、下が上をねぎらうというイメージを弱めるために「ご苦労をおかけしました。ありがとうございます」
「お疲れになりましたでしょう。ありがとうございます」
と感謝のことばを添える表現をお勧めします。
私個人としては、どちらを言われても、気持ちがこもっていれば問題なく受け入れます。もちろん、言う方は、職業上十分注意をします。
「ありがとう」のように使えるようになるといいのですが…
面会のご家族にかけることばも、気になるようならご家族にアンケートでもとってみてはいかがでしょうか?

「お疲れさま」も「ご苦労さま」も労いのことばです。労うということ自体が「上から下へ」の考えに立つものなので、「目下に…」となるわけです。
ただ、現実と照らし合わせ、言い換えのことばもよい物が未だに生まれないこともあって、学者の間でも意見が分かれているのが現状です。
ただ、下から言われるとむっと来るという方が多いようですから、使うには十分注意が必要です。
ちょっと古いデータですが、1987年のNHKの調査では、「目上に『ご苦労さま』と言うのは失礼だ」と思う人は三割を切り、失礼...続きを読む


人気Q&Aランキング