あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

母が亡くなり空家となっていた住宅を利用して塾を始めました。
先日、この住宅に対する火災保険(JA共済の建更、母が加入していたもの)の保険料支払のお知らせが届き、保障内容等の見直し、名義変更をしようとしたところ、どうしたものかと困っています。
現在、住まいは別にあり、当該住宅は1階を教室として使用、時々は2階で寝泊りする、というように事業用兼別荘(?)のように使っています。
このような状況で使用している建物の火災保険はどうしたらよいのでしょうか?

近くのJAに聞いてみたところ住宅用でもよいのでは・・・と言われましたが、
こちらの過去の問答やその他ネットで検索したところ、それではいざという時に保険金がおりない、使えない保険になってしまうのではと不安に感じています。
(JAの窓口職員に対して少し頼りない印象をうけており、余計不安に・・・)
JAまたは損保他社と交渉する上で少しでも知識を得たいと思いご相談いたします。

まとめますと、
1、住宅用として、現在契約している共済の名義変更だけでよいのでしょうか?
2、空家は一般用、別荘は住宅用として契約するようですが、損保、共済で住宅用と判断する基準は何なのでしょうか?住民票?家財の有無?
3、住宅用で契約した場合、事業の必要経費としても良いのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。


>当該建物に住んでいれば住宅用として契約と考えてよいのでしょうか?
 ちょっと違います。保険の世界ではまず大きく2つに分かれます。「住宅物件」と「一般物件」です。「住宅物件」というのは住居にのみ使用されている建物のみを指します。店舗や事務所のみの物件やこれらと住居をかねている、いわゆる「併用住宅」といわれる物件を「一般物件」とします。
 質問者さんが「住宅用」とされているのはこの「住宅物件」のことだと思われます。当該建物に居住しているだけでは「専用住宅」=「住宅物件」にもなりえますし、「併用住宅」=「一般物件」にもなりえます。
 ポイントになるのは「居住しているか否か」ではなく「専用住宅か併用住宅か」という点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。了解しました。
丁寧にご説明下さり、ありがとうございました。

専門家の方々の意見をいただき、大変助かりました。
実際の契約となると、保障内容等いろいろ考えることがありそうですが、まずは一歩前進です。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 11:54

1.JAの窓口担当者の保険に関する無知識はひどいものです。


 本部に聞いて下さい。
 損保の規程とは異なるかもしれませんので・・・

2.住宅物件か一般物件かの判断基準は「住宅物件料率表」で規程
されています。
この料率表の規程は各社が使用しているもので、旧料率算定会(現損害保険
料率算出機構)が策定し、自由化後も各社はこの規程で判断しています。

3.事業で使用している面積の比率で損金処理可能です。

この回答への補足

ご回答下さり感謝いたします。
皆様の回答を読むと一般用で考えた方が良さそうですね。

現状の補足をNo1さんの補足欄に書き込みました。

このような場合、現状のように住まいが別にあるでは一般用、当該建物に住んでいれば住宅用として契約と考えてよいのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。

補足日時:2007/07/31 12:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方々の意見をいただき、大変助かりました。
実際の契約となると、保障内容等いろいろ考えることがありそうですが、まずは一歩前進です。
JA共済本部に問い合わせしてみます。JAに限らず末端の生保、損保の担当者の知識の個人差は激しいですね。(以前、生保でえらいめにあったことを思い出しました。すいません、余談です。)
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 12:02

 住宅とするには、まずそれ用の設備があることが条件になります。

簡単に書くと「水まわり」ですね。これがあるとすると質問の物件は「専用住宅」「店舗併用住宅」のどちらかになります。問題になるのは「教室」とされている点です。何の教室かはわかりませんが、常時教室としてセッティングされているような状況では、とても住宅とは言えません。この場合は「店舗併用住宅」=「一般物件」として契約することになります。

 住宅というのは、専用住宅を指します。住宅兼○○とした時点でもはや専用住宅ではないですね。

この回答への補足

ご回答下さり感謝いたします。
皆様の回答を読むと一般用で考えた方が良さそうですね。

現状の補足をNo1さんの補足欄に書き込みました。

このような場合、現状のように住まいが別にあるでは一般用、当該建物に住んでいれば住宅用として契約と考えてよいのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。

補足日時:2007/07/31 12:06
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2007/08/01 12:06

1→ダメです。


2→不特定多数の人が目的をもって日常的にあるいは定期的に出入りする場合は一般物件になります。教室という業務・事業に関する営みがあれば当然住宅ではありません。
住宅とはまさに日常生活を営む住居専用の建物です。
3→住宅用では契約できません?

書き込みだけでは、断言できませんが専用住宅としては少々ムリがあるような気がします。

自己中心的に解釈し・常識的範囲を超えて拡大解釈しないように・・・。

質問の建物と一般的・常識的に考えられる別荘とは明らかに違います。
一般的にイメージする別荘は、ある季節時期に一定期間・不定期間 家族で過ごす建物ではないでしょうか?時にはゲスト参加はあるでしょうが・・・。

この回答への補足

ご回答下さり感謝いたします。
皆様の回答を読むと一般用で考えた方が良さそうですね。

現状の補足をNo1さんの補足欄に書き込みました。

このような場合、現状のように住まいが別にあるでは一般用、当該建物に住んでいれば住宅用として契約と考えてよいのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。

補足日時:2007/07/31 12:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方々の意見をいただき、大変助かりました。
実際の契約となると、保障内容等いろいろ考えることがありそうですが、まずは一歩前進です。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 12:03

共済の基準はわかりませんが、損保の場合、建物内に業務に使用する部分がある場合は、その面積の多い少ないにかかわらず一般物件として扱われます。


一部、お稽古事やマッサージなど住居スペースがそのまま使えて、什器・備品などを備える必要のないものについては、例外的に住宅物件として扱ってもよいとされています。

1.単位農協ではなく、JA共済連に問い合わせてみてください。
2.普段空家でも、季節的に住居として使用する別荘などは、住宅物件・一般物件どちらで扱ってもよいとされています。
3.差し支えないと思いますが、事業割合を乗じた金額にする必要はあると思います。

この回答への補足

ご回答下さり感謝いたします。
皆様の回答を読むと一般用で考えた方が良さそうですね。
ただ、当該建物はごく普通の一戸建てで、すぐにそこで生活が出来るものです。少し遠いが「離れの建物」的な感覚で使っています。
また、塾、教室といっても改装して机等の什器を設置しているような状態ではなく、「一般家庭の居間、台所のテーブルでお父さんお母さんが子供に勉強を教える」といった体裁で少人数対象の学習塾です。JA窓口で「住宅用でも・・」と言われたこともあり、分からなくなりこちらに相談をいたしました。

現状のように住まいが別にある場合では一般用、当該建物に住んでいれば住宅用として契約と考えてよいのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。

補足日時:2007/07/31 11:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方々の意見をいただき、大変助かりました。
実際の契約となると、保障内容等いろいろ考えることがありそうですが、まずは一歩前進です。
JA共済本部に問い合わせしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 12:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗併用住宅の火災保険が住宅用の火災保険になっていた。

4年前位に、父が店舗を出すのにあたり、火災保険をかけ始めたのですが、その時点で、住宅専用の火災保険となっていたようで、それから継続という形で更新してました。
すると、今回の更新時に店舗用に切り替えないと保険が下りませんと言われました。いま勉強してみて、どうやら一般保険に入っていなければならないことは解りましたので、更新に伴い一般に切替るようにしたいと思います。

しかし、ここで腑に落ちないことが・・・、もし以前の保険内容で火災があった場合には、保険は下りてこなかったということなのでしょうか?
それとも、今までは下りたが、改正により下りなくなったということなのでしょうか?
もし前者だとすると、下りない保険をずっと支払いつづけていたということでしょうか?これって詐欺じゃないか?と思ってしまいます。
代理店も、店には何度も来ていますし、最初から店舗としていたので、知らなかったということはありません。
父とどういう話があったか知らないですが(当人も覚えていない)こういうことってありですか?

Aベストアンサー

今までの状態だったら…

別に商品改訂があったわけではありませんので、従来から「店舗併用住宅=一般物件」として契約するべきでしたし、業務内容・作業内容によっては割増も必要でした。今回の更改を機として間違っている契約を正そうということです。

もし間違った契約中に事故があったら…ということですが、大原則として保険の適用は受けられません。ただ代理店の落ち度ということが明らかであれば何らかの救済措置も絶対ないとはいえません。

ちなみに保険証券は毎年契約者宛に送られているはずです。交開示には火災保険申込書(契約書)に押印しているはずです。契約内容が間違っていた=100%代理店の落ち度とはいえません。

Q店舗併用住宅の火災保険について

現在、住居兼パソコンスクールの建物を建築中で、もうすぐ完成予定です。1階が教室、2階、3階が住居になります。
火災保険に入るため、保険会社と話を進めているのですが、住宅ローンの関係で35年一括払いの火災保険に入ろうとしています。当初、65万円程度の掛け金と聞いていました。後になって、保険会社から住宅用の火災保険で見積もっていたが、1階が教室なので店舗とみなして、併用住宅の扱いにしないといけないという話がありました。そのため、掛け金が110万円にはねあがりました。
予想外の出費で困っているのですが、火災保険の金額や、併用住宅の扱いというのはどの保険会社でも同じなのでしょうか。1階教室、2、3階住居という構成で安く火災保険がかけられる保険会社、プランなどがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

住宅等・・・住宅物件
事務所・店舗等・・・一般物件
ですが、建物の一部でも事務所・店舗等に使用している場合、一般物件としての料率を適用せねばならず、これはどうしようもありません。

ただ#1さんのいうとおり保険料が高くなりすぎのように思います。

具体例を挙げると
大阪市1等地 耐火構造建物(1級またはA構造)
保険金額5,000万円 35年長期一括の場合
住宅総合保険(専用住宅の場合) 728,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 826,500円
です。

これが非耐火構造物の場合(3級またはC構造)
住宅総合保険(専用住宅の場合) 2,153,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 2,545,000円
です。

地域や個別事情によって異なりますが65万円対110万円というのはあまりにも差が大きすぎるように思います。

これはもしかしたら銀行からの提案でしょうか?私の知り合いも住宅ローンを借りた銀行から火災保険の提案を受けたところ、構造級別の判定が間違ってして、もう少しのところで2倍近い保険料を払わされるところだった、とのことでした。銀行の担当者はほとんどの場合、保険についてはド素人なので、セカンドオピニオンという感覚で地元のプロ代理店に相談されることをお勧めします。なお、火災保険はお金を借りた銀行で加入しなければならない、というルールはありません。もし銀行が融資をたてに保険加入を迫るのであれば、立派な保険業法違反であり金融庁にタレこめば担当者の首を飛ばすことも可能です。

住宅等・・・住宅物件
事務所・店舗等・・・一般物件
ですが、建物の一部でも事務所・店舗等に使用している場合、一般物件としての料率を適用せねばならず、これはどうしようもありません。

ただ#1さんのいうとおり保険料が高くなりすぎのように思います。

具体例を挙げると
大阪市1等地 耐火構造建物(1級またはA構造)
保険金額5,000万円 35年長期一括の場合
住宅総合保険(専用住宅の場合) 728,500円
店舗総合保険(併用住宅の場合) 826,500円
です。

これが非耐火構造物の場合(3級ま...続きを読む

Q店舗併用住宅の火災保険について

お世話になります。
築20年、木造2階建て、総建坪76坪(内居住部分48坪、自営店舗7坪、店舗として貸し出している部分21坪)です。
併用住宅としての火災保険加入になるのですが、前の保険が切れたので少しでも安い方法を検討中です。火災共済は随分安いなあと思っています。そこで、
1、居住部分のみ火災共済、店舗部分は火災保険という方法は可能でしょうか。
2、併用住宅用火災保険で安くお勧めのところがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.分離しての加入は規定上不可能です。
火災保険は「ひとつの建物」単位で保険を付けるという大原則があります。
店舗部分と住宅部分が物理的に別となっておれば可能ですが・・・

2.火災保険の場合日本の損保ではそれほどの差はありません。
安さだけを求めるのなら共済しかありません。
但し共済は自分自身でよく研究して加入して下さい。
安いだけに思わぬ落とし穴もあります。

Q自宅兼事務所の火災保険

新築予定で自宅で仕事をします。
通常の住宅用の火災保険ではいざというときに対応できないと聞きました。

ローンは組まないので自分で保険を選べると思うのですが、おすすめの保険を教えてください。

それとやはり生命保険や自動車保険など同じ業者で申し込んだほうがお得でしょうか?

Aベストアンサー

以前は併用住宅であれば、普通火災保険や店舗総合保険といった一般物件専用の火災保険に入るしかありませんでしたが、昨今販売されている新しいタイプの火災保険では、住宅向け火災保険を併用住宅でも加入できるようにつくられていますので、保険料もその分安いですし、ライフスタイルに合わせた特約を付帯できたりしますので、おすすめです。

同じ代理店で契約するほうがいいかどうかですが、代理店といっても色々で、火災保険に強い代理店もあれば弱い代理店もありますので、一概にどうとは言えません。
ただ、日頃自動車保険ばかり扱っている修理工場なんかでは加入されないほうがいいと思います。
できれば専業のプロ代理店で加入されることをおすすめします。
火災保険は自動車保険以上に専門的知識が必要です。
代理店の知識不足によるデタラメ契約が昨今問題になっていますので、ちゃんとした代理店を選ぶことが最も大切です。

Q店舗共用住宅の火災保険(地震保険付き)どれが良い?

 店舗共用住宅の火災保険(地震保険付き)の加入を検討しています。できるだけ安い掛け金にするため、保証内容を自分で選べる「セゾン自動車火災」のものを考えたのですが、店舗共用住宅という部分がネックで加入でできません(ちなみに自宅の一室を利用して学習塾を営んでいます)。
全労済は加入が可能で掛け金が安いのですが、地震に対する保証が火災に対する保証の30%しかありません。やはり50%はほしいと思います。
 (1)店舗共用住宅の加入が可能で、(2)しかも掛け金が安く、(3)かつ地震に対する保証が火災の50%ある保険を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

建物の構造や建築年及び耐震性能、また面積などがわからないと保険料の計算は出来ませんが、一般的な火災保険で保険料の安さだけで見るなら、セコム損保や朝日火災が大手よりは安いです。
ただし個人的には火災保険は少々保険料が高くても大手での契約をお勧めします。
理由は大規模災害時の対応に雲泥の差が生じることが珍しくないからです。
個々の事案については大差ありませんが、大規模災害時などは大手は損害サービス部門は当然のこと営業部門からも応援を出してローラー作戦で対応に当たります。
しかしセコム損保や朝日火災などは元々の人員が少ないですし、サービス拠点も大手に比べると極端に少ないです。
また鑑定会社や調査会社なども損保会社の要請を受けて応援に出ることもありますが、これらの会社も大手とそうでない損保会社から依頼を受ければ、基本的には大手を優先してしまいます。
保険料の安さというのは非常に重要だとは思いますが、保険は結局出口が一番重要なわけで、万一の時にこんなはずじゃなかったのに・・・、という事態だけは避けなければなりません。
まあこのあたりの考え方は人それぞれですのでご自身で判断されるといいでしょう。
損保は生保に比べると乗合している代理店は少ないですが、大手とセコム損保・朝日火災の代理店に当たってみて同じ条件で相見積を取ってみればいいと思います。
なお地震保険はどこの保険会社も全く同じ仕組みで同じ条件なら保険料も1円も変わることはありません。
火災保険の契約額の30~50%で契約が可能です。

建物の構造や建築年及び耐震性能、また面積などがわからないと保険料の計算は出来ませんが、一般的な火災保険で保険料の安さだけで見るなら、セコム損保や朝日火災が大手よりは安いです。
ただし個人的には火災保険は少々保険料が高くても大手での契約をお勧めします。
理由は大規模災害時の対応に雲泥の差が生じることが珍しくないからです。
個々の事案については大差ありませんが、大規模災害時などは大手は損害サービス部門は当然のこと営業部門からも応援を出してローラー作戦で対応に当たります。
しかしセ...続きを読む

Q新価実損払いとは?

建替え中です。
タイトル通りですが、今までの火災保険では新築時と同等の保証はしてもらえないが、これだと可能というセールスの手紙が届きました。

メリットデメリットについてもう少し詳しく知りたいのですが、お願いします。
掛金自体もやはり高くなるものでしょうか。

Aベストアンサー

結論から申し上げると、質問者様が今ご契約されておられる保険会社、代理店でも取り扱っていると思いますので、ご確認されればいいと思います。

新価実損払いの火災保険とは「価額協定保険特約」を付帯した火災保険ということになります。
価額協定保険特約は、住宅火災保険、住宅総合保険、その他損保各社から出ている新型の火災保険等、どのタイプにも付帯でき、保険料の割増もありません。
具体的には、保険の対象になる建物を再調達価額(現在同等のものを新築するといくらかかるかという額)で評価し、その金額を保険金額として設定するものです。
従って、全損の場合には建物の新築費用、一部損の場合には修理費用が全額支払われることになるわけです(もちろん保険金額が限度になりますが)

先に申し上げたように、特約付帯にかかる割増はありませんが、再調達価額をベースに保険金額を設定するため、その分保険料が高くなるということはあります。(すなわち、時価額ベースで1000万円、再調達価額ベースで1500万円であれば保険料は1.5倍になるということ)

住宅火災保険、住宅総合保険、その他新型の火災保険の保険料の差は、主に補償範囲の広さの違い(補償される事故の種類が多い、事故の際かかる諸費用等の補償が異なる)によるものです。
この点については、代理店、保険会社の説明をよく聞いて納得できる商品をお選びになればいいと思います。

なお、建物だけでなく家財も新価ベースでお支払いする保険商品がありますのでご参考まで。

結論から申し上げると、質問者様が今ご契約されておられる保険会社、代理店でも取り扱っていると思いますので、ご確認されればいいと思います。

新価実損払いの火災保険とは「価額協定保険特約」を付帯した火災保険ということになります。
価額協定保険特約は、住宅火災保険、住宅総合保険、その他損保各社から出ている新型の火災保険等、どのタイプにも付帯でき、保険料の割増もありません。
具体的には、保険の対象になる建物を再調達価額(現在同等のものを新築するといくらかかるかという額)で評価し、...続きを読む

Q大家が入る火災保険について

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので、当方でこれから掛ける保険はとても重要だと感じています。

こちらの書き込みや保険会社のHPで、火災保険・地震保険のしくみや個人住宅の保険についてはある程度理解できたのですが、大家さん用の保険というのがありそうでなかなか見つけられないでいます。世の中の大家さんは貸家にどんなふうに火災保険を掛けているのでしょうか。。

今のところの考えとしては、地震保険(特約)にも加入し、地域柄、「水害」「地震」「地震による火災」の順で重点を置きたいと思っています。貸家に掛ける場合はどんなことに気をつけて保険を掛ければ良いか、アドバイスを頂ければ幸いです。

実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に、建物そのものの保険は家主、中身の家財は借家人というのが一般的です。

複数軒お持ちなら、自分で保険の代理店をやって、借家人にも家財の保険に加入してもらう、ということで多少のお小遣い程度の収入を得られますよ。
資格試験に合格するなど、簡単にはいきませんけどね。

積み立て保険があります。
貸家といっても、定期的に外壁の塗装など、修繕が必要ですよね。そういう費用を、月々の保険料とともに積み立てておく、というプランです。どこの保険会社でも「積み立て総合保険」という名前で売っていると思います。

Q自賠責の更新はいつから出来ますか?

自賠責の継続更新をするのは、今の自賠責が切れる何日前から出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

別に決まりはありません。半年前でも継続できます。

Q個人商店の店舗総合保険料はいくらぐらいですか?

状況によって変わるとは思いますが、おおよそのところで掛け金はいくらぐらいなのでしょうか?
たとえば賃貸店舗で営業する6畳ぐらいの広さの小物の雑貨屋さんとでも仮定して(飲食店を除く)
主に目的は火災保険、生産物賠償責任、施設所有管理者賠償責任、ガラス保険などでしょうか。
盗難保険は建物のドアを壊されたなどの目的程度、対象となるような高額商品はなく、店舗休業保険は必要なし、労働者災害総合保険が従業員2人ぐらいを対象・・・といったところでいかがでしょうか?
参考までに、賃貸住宅の保険料は一人暮らしで2年間で約2万円位ですよね。それと比べられるような金額ではないのかな?
現在店舗が実在するわけではなく、保険会社に問い合わせるには向かないのでご存知の方お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

すみません。
すべて書き終える前にクリックしてしまいました。
ごめんなさい。
以下続きです。

質問者が望む保険は大手の損保会社なら事業保障か事業総業保障という形で保険があります。
個人であれ、父ちゃん母ちゃん会社であれ事業を行う以上リスクを背負っており、それをカバーする保険はあるべきであり、あるのです。

現状で実際に事業をしているかどうかは関係なく、これから始める事業内容と概算の売り上げ予想、事業を開始する場所を事業者(質問者)が想定し、それを保険代理店に伝えれば概算保険料は出せます。
事業を始める前に契約することはできませんが、事業を起こす準備が整った時点で保険を契約することは可能です。実際に事業を始めるなら場所も事業内容も確定しており、大半の保険料確定の為の要素が備わっていると判断できるからです。

重要
保険料確定について一番重要なのは売り上げ高ですが、
これについては最初は予測で契約して1年後に確定として実際の売り上げ高で清算する方式で保障が確保されます。(予測より売り上げが高ければ追加保険料を支払えば良いだけです。)

すみません。
すべて書き終える前にクリックしてしまいました。
ごめんなさい。
以下続きです。

質問者が望む保険は大手の損保会社なら事業保障か事業総業保障という形で保険があります。
個人であれ、父ちゃん母ちゃん会社であれ事業を行う以上リスクを背負っており、それをカバーする保険はあるべきであり、あるのです。

現状で実際に事業をしているかどうかは関係なく、これから始める事業内容と概算の売り上げ予想、事業を開始する場所を事業者(質問者)が想定し、それを保険代理店に伝えれば概算...続きを読む

Q自動車保険の車両所有者とは?

お世話になります。
同じような質問を検索してみたのですが、まだよくわからなかったので
質問させていただきます。
今回、自動車保険の更新にあたり、証書を良く見てみると
被保険者の欄に、車両所有者はディーラー名になっていました。
賠償使用者の欄は空白で、記載のない場合は契約者(契約者名は
主人の名前です)と書いてありました。
これってどういう意味なのですか?
使用者(賠償)が主人名義なので、保険の効力には問題は
ありませんよね?
無知ですみませんが、どなたか詳しい方、お教えいただけると
嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険加入の際 ポイントは3つ
契約者→保険料払う人
記名被保険者(賠償被保険者)→その車を主に運転する人 等級継承権利者 限定割引を含め補償はこの人を中心に考えます。
車両所有者→車検証上の名義がディラーの場合(所有権留保)使用者となります。
>被保険者の欄に、車両所有者はディーラー名になっていました。
ここは、継続更新の際にでもご主人に書き換えしていたほうが良いでしょうね。このままでもとりたててデメはないとは思いますが・・・。

あなたの場合 記名被保険者欄が空欄ですから契約者=記名被保険者(ご主人)となりなんら問題ありません。
保険料算出は契約者ではなく、記名被保険者により計算されます。

ローン返済後は車検証上の名義はきちんと変更すべきです。車検の際にされれば、多少手間が省けるのでは・・・・。
そのままにしていた場合のデメは、勝手に処分できません。
個人売買 譲渡されるときに名義上の所有者の印鑑が必要かと思います。
また不幸にして、名義人の車屋が倒産した場合に名義変更に手間がかかると思います。


人気Q&Aランキング