『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

デジタルカメラで撮影したものを雑誌に投稿しようと思うのですが、その雑誌には、投稿する場合は「35mm以上のリバーサル」とか「35mm判以上のカラースライド」等と記載されています。
デジタルカメラで撮った写真を、普通の写真店にCD等に焼いて持ち込めば、こういった形式に変換してもらうことは可能なのでしょうか?
仮に可能な場合、画質が劣化することはないのでしょうか?
また、費用の目安も教えてくださると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

一般的に規格されてるし、ポラロイドのフィルムレコーダーは使いません(フィルムレコーダーその物は使いますが、ポラロイドのフィルムは画像が悪いので使いません(^_^;)



http://www.horiuchi-color.co.jp/index2/index2.html
こちらのデジタルサービスからポジ・ネガフィルム(LVT・ライトジェット)出力というサービスを利用します。

Photoshopなどの画像処理ソフトにて予め、出力サイズに合わせたデータを作っておかなければいけません、データの持ちこみはCD-RかMOとなります、デジカメのカードからはできません。

他にも、プロ向けのラボ(現像所)で発注が可能ですので、お問い合わせください
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/suppor …

町の出力屋さん(キンコーズなど)でもフィルム出力をしている場合がありますが、廉価な出力システムな場合がありますので、ご注意ください。印刷原稿としては使えない場合があります。

また、#2さんの説明にあるように一般的には町のカメラ屋さんで、外注という形の注文が可能です
http://fujifilm.jp/personal/print/conversionserv …
料金などはお問い合わせください

元データが出力に耐えうるデータであるならば、ポジ出力をする事で画質が劣化する事はありません、でもまあある程度のデータ作りをする知識と技術が無いと希望どうりには行きませんが(^_^;


あと、ポジ(スライドのみ)投稿可能となっている場合、デジタルデータからフィルム出力した物は受けつけないなどの決まりがある場合がありますので、その辺は一度確認をとってください、せっかくやったのに、応募できなかったら泣きますので(^_^;
    • good
    • 1

こんばんは



私自身雑誌に写真を投稿したことがないので良く判りませんが、私が思うにリバーサルフィルムを使って撮影されたポジを投稿する物と感じます。

確実な答えは、Dackychanさんがその投稿先に連絡を取り確認されるのが一番はっきりするのではないでしょうか?

こうゆう答えはこのサイトで聞いてこられる方に返す返答ではないような気がしますが、すいませんです。
    • good
    • 0

プロラボに持って行けばどこでもやってくれますよ。


「35ミリポジフィルムプリント」と言えば通じるでしょう
(そのへんのカメラ屋じゃ通じません。プロラボ相手です)。 
 
値段は書き込み解像度にもよりますが
35ミリフィルムで1コマ5,000円から10,000円くらい。
大判フィルムになると1コマ数万円はします。
ちょっと前までデジタルデータはこうして印刷原稿として入稿していましたから
品質はデジタルデータと殆ど変わりません。
場合によってはいいくらいです。
要するに印画紙へ出力するかポジフィルムへ出力するかの違いだけです。

注意しなければいけないのは
元データの縦横比を2:3にしておかないと絵柄が切れる事があるのと
場合によってはラボの求める解像度に変換して依頼する必要がある事です。

応募要項にポジフィルムとあるのは
審査の段階で媒体がまちまちになるのを防ぐ意味もあります。
実際にデジタルデータやプリント、フィルムなどが混在した審査は
ポジをスライド映写するだけの場合と比べて効率が落ちますから
媒体を統一したいのだと思います。
ですので複写であろうとポジ出力であろうと気にすることはないと思います。
    • good
    • 0

>デジタルカメラで撮った写真を、普通の写真店にCD等に焼いて


>持ち込めば、こういった形式に変換してもらうことは可能なので
これって雑誌社の投稿規約の意味を取り違えていませんか?
要はデジタル写真の投稿不可って意味でしょう。
写真雑誌でデジタル不可はもう無いと思っていました。
銀塩(フィルム)とデジタルの部門別になっている筈ですが
それともあえて銀塩部門へ投稿って事でしょうか?
それとも写真雑誌ではないのかな?
    • good
    • 0

一般的にはポラロイドのフィルムレコーダーでフィルムにします。



http://www.poladigital.co.jp/etc_products/HR-600 …

http://www.poladigital.co.jp/etc_products/PP7000 …

知人が退職したらくれるというので、私もほしいのを我慢して待っていますけど。

写真屋に頼むとかなり値段差があり、数百円でやるところもあれば数千円取るところもあります。
出来はそれほどよくないです。

某学術雑誌の投稿規定でもデジタル不可というところもありますけど、結局デジタルですと画像処理でどうにでもなり、写真の腕とか感性とか関係なくなるということではないかな。
いんちきもやり放題ですし。

現在私は手元に先の紹介した機器がないので、#1さんが紹介された方法で自分で撮影しています。
目的は白黒の銀鉛写真を作りたいので、白黒フィルムで撮影し、自慢ではないですけどバラ板を使って焼き付けています。
    • good
    • 0

いわゆるネガ起こしとか、ポジのディユープ(複製)のように、規格化されたサービスは有りません。


実際に、デジタル画像をスライド化しようとすれば、自分でプリントを複写するか、プロラボに依頼するしか方法は無いでしょう。
撮影用のポジフィルムを使うと可也硬調になります。

第一、画質云々以前の問題として応募規定に反します。
「35mm以上のリバーサル」とか「35mm判以上のカラースライド」等と記載されている趣旨は、ポジフィルムを用いて撮影したもので、複製は不可と解するのが常識です。
    • good
    • 0

普通の写真店にではなく、専用ラボに取次ぎがある写真屋にCD等に焼いて持ち込めばできますね



ようするに、デジタルデータからネガを起こすことは可能です
このネガの指定を35mmのリバーサルに指定すれば出来上がります

店屋に持ち込んで中4日くらで戻ってきます

http://fujifilm.jp/personal/print/conversionserv …

値段はやったことないので知りませんが・・・
基本料+1枚の@単価でしょうね
    • good
    • 0

「リバーサル」というのはフイルムのことです。

合成樹脂のフイルムです。
「リバーサル」と「カラースライド」は同義と思っても差し支えありません。
いずれにしても、デジタル媒体の形式ではありません。念のため。

どうしてもというのであれば、デジカメの写真をいっぺん紙焼きして、
無反射ガラスの下に敷いて、それをフイルムカメラで複写することになります。
しかし、これは写真を写した写真であって、
被写体を写した写真とは言いかねます。
なので、コンテストに応募するのは問題外ですが、
雑誌に投稿であれば、まぁ、受け付けてもらえるかな……と言う気もします。

もっとも、いまどきデジタル媒体を受け付けない雑誌編集部って何?
ってギモンがそれより先に立ちはだかりますが。
質問の範囲ではないので差し控えときます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポジのプリントで不満に思ってます

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかしすぎると言われ再プリントをお願いしました。

カメラ店外注先よりプリントが出来ないとの返答があったそうです。

同じポジは
CANONの8000Fのスキャナーでスキャンした画像を
CANON IP8600のプリンターでプロフォト紙にプリント、普通紙にプリント、年賀状(インクジェット用紙)にプリントしてます。

色は多少違うのは仕方のないことだと思いますが、
フロンティアや合計6万円のスキャナーとプリンター同等レベルのプリントが出来ないっておかしいと思いませんか??

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかし...続きを読む

Aベストアンサー

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身に付けるをの練習をすることもあります。

ネガフィルムの場合 ラチチュードが広い為、適性露出からはずれていてもプリント時にかなり補正が可能で、かなりの露出不良でもけっこうキレイにプリントされます。
ましては 今はデジタルラボ機が主流ですから デジタル処理により 上記のような露出不良でもかなりの補正が可能になりました。

フロンティアにしろCANONのスキャナーにしろデジタルの力による補正が自動でかなりはいっているのではないでしょうか?

再プリントしても あまり変わらないということはその補正で限界の可能性があります(確認の余地はまだありそうですが・・・ダイレクトプリントでは補正によって激変することはまずありえません。変わっても気持ち変わったくらいでしょう)

逆に デジタルの自動補正の便利さになれているのかもわかりませんね!
きれいなプリントをお望みであれば(スライドが必要ないのでなければ)ネガフィルムの使用をお勧めします。

ながながとした説明になり すいませんm(._.)m
よりよい写真ライフをお送りください

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身...続きを読む

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Qデジカメでリバーサルフィルムのような色は出せる?

主に夜景と花を撮っているのですが、リバーサルフィルムのような色はレタッチで出せますでしょうか?

フジのF-クロームがそういう色が出るということを聞いて買おうかとも思っているのですがレタッチで出るなら買わなくてもいいかなとも思いまして質問しました。

使ってるカメラはEOS10DでRAW+JPEGで撮っています。
レタッチソフトはフォトショップCSです。

Aベストアンサー

 SAI4675さん こんばんは

 まず回答ですが、RAWで撮影されていてその上フォトショップCSでレタッチされるのであれば、リバーサルフィルムのような色(この言い方が良く解りません。言いたい事は解るのですが・・・)は出せます。

 フジの言う所のF-クロームとは標準状態の設定よりはコントラストを強めた設定状態のことで、言ってしまえばこのF-クロームと同じ設定がフォロショップ上で作れるのであれば同じ色合いの画像に仕上げる事が可能です。

 ところで「リバーサルフィルムのような色」と言われていますが、どのリバーサルフィルムの色を言われているのでしょうか??各社が数種類のリバーサルフィルムを販売しているのは、感度の違いもさることながら発色の違いのよるものなんです。例えばコントラストや何をメインに発色させないか等の違いです。同じメーカーのリバーサルフィルムでも銘柄が違えば同じ発色はしませんし,ましてやメーカーが違えばもっと違う発色をするわけです。ですから、どのメーカーのどの銘柄のリバーサルフィルムのような発色をさせたいかをまず考えないといけない事になります。
 その上で、ご希望のリバーサルフィルムに近づいた発色をさせる事は、今お持ちの機材で可能です。後は試行錯誤で頑張って下さい。

 #2さんが言われる通り,ご希望の発色をするリバーサルフィルムがフジクローム類なら、一番安易な方法がS3Proの「フジクロームモード」だと思います。これだとほとんどレタッチする事無く「フジクローム」類のリバーサルフィルムに近い発色をしますから・・・。

 SAI4675さん こんばんは

 まず回答ですが、RAWで撮影されていてその上フォトショップCSでレタッチされるのであれば、リバーサルフィルムのような色(この言い方が良く解りません。言いたい事は解るのですが・・・)は出せます。

 フジの言う所のF-クロームとは標準状態の設定よりはコントラストを強めた設定状態のことで、言ってしまえばこのF-クロームと同じ設定がフォロショップ上で作れるのであれば同じ色合いの画像に仕上げる事が可能です。

 ところで「リバーサルフィルムのような色...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較