IDEのHDDをPCIに接続するインターフェイスが販売されていますが、この場合、このHDDはOSにどのように認識されるのでしょうか?(リムーバブルとか?)また、このようにして接続したHDDの使い勝手やデメリット等がありましたら、教えてください。
(例)以下のような商品です。
▼お使いのマシンに最新の「Ultra-ATA100」規格のインターフェースを付加し、最新HDDの性能を有効にします。

ULTRA-ATA100インターフェースカード/PCI
  商品番号:001018460
  PROMISE
  IDE CARD ULTRA100/SY
  ATA ADAPTERS Ultra100

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

(1)先ず文章に書かれた、「C=E-IDE(1)、D=E-IDE(2)、E=HotRod(M)、F=HotRod(S)、G=E-IDE CD-ROM」のドライブレターになるにはそのパソコンには最初はCD-ROMが無く、HDDがひとつで二つのパティションが切られて、稼動していた構成のパソコンに先ずHotRodを導入しHDDを2台追加し、その後にCD-ROMをつけた場合のレターの割り当てられ方です。

ですからそもそもあり得ない構成だと思います。すなわち最初からCD-ROMがついていたらEはCD-ROMになります。それはそれとして又そうだったと仮定した場合、Dのパティションを外したらC=E-IDE HDD、D=HotRod(M)、E=HotRod(S)、F=CD-ROMとレターがひとつづつ繰り下がることになります。私もパティションを切ったHDDを元に戻した経験はありませんのでここだけは推測です。
(2)PCIスロットの場所ですがどんな種類(目的)のCardであろうと1番目はなるべく使用しないようにとなっています。理由はAGP CardのIRQとの関係からです。私も理屈は良くわかりません。2番目以降は接続する機器のスピードが速いもの順です。すなわちHDD関係とかSCSIとかなるぺく上に持ってくればよいわけです。又どんな種類のCardであろうとなんかおかしかったら場所を変更してみるというのが鉄則です。私の場合は上からnetwork card,SCSI1枚目,scsi2枚目,HotRod card,sound cardとなっています。
但し、cardの場所を変えると又ドライブレターは変わってしまいますので気をつけてください。
以上で基本的な理屈はご理解頂けたのではないでしょうか? 頑張ってください。

この回答への補足

ありがとうございました。
ドライブレターの件は、tmukaiさまの構成でCドライブ(E-IDE HDD)とCD-ROMの間にHotRodが挟まっていたので、HotRodを導入すると自動的に間に入るのかと思ってしまったのです。
そうすると、普通なら、C=E-IDE(1), D=E-IDE(2), E=CD-ROM, F=HotRod(M)となるのですね。
勉強になりました。

補足日時:2001/01/31 16:35
    • good
    • 0

IDEでもSCSIでもドライブレターは割り当てられます。


割り当てられ方はBIOSにより物理的に自動で行われますので制御できません。
(ゼロから組み立てる場合はある程度は考えて構成は出来ますが割り当てられ方は自動です。又Windows2000では物理アドレスを後で論理的に変更できます)
私の主機は、
A=FDD,C=E-IDE(M)8GB,D=HotRod(M)45GB,E=SCSI-no.1(1)3.8GB,F=SCSI-no.2 2.1GB,G=SCSI-no.1(2)2.4GB,H=HotRod(S)13.5GB,I=SCSI-Zip,J=SCSI-MO,K=E-IDE CD-ROM,L=SCSI CD-R,MとNとO=仮想CD-ROMとなっております。
(注:上記の(M)はプライマリーMaster接続、(S)はセカンダリーmaster接続、(1)は1番目のパーティション、(2)は2番目のパーティションの意味です。)
私のこのドライブレターはBIOSで割り当てられたものを論理的に一部変更しています。
くどくなりましたがDOS/V機はCドライブがOSをロードするHDDとして無条件になりますので例えばATAカードに接続したHDDをCドライブにするには工夫が必要になります。この理屈を良くご存じなければATA100を搭載したマザーボードに変更されるのが無難です。(マザーの交換は全く楽です)もし、既にPROMISEのCardを購入されたのならマザーのIDEにはHDDを接続せずにPROMIS CardのプライマリーmasterにHDDを接続したらそれがCドライブになります。2個目のHDDはプライマリーslaveに3個目はセカンダリーmasterに4個目はセカンダリーslaveに接続してください。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます。
何だか頭がこんがらがりそうです(笑)。
ところで、ATAカード接続のHDDのドライブレターは自動で振られるとのことですが、次のような場合、どうなるのでしょうか?
つまり、C=E-IDE(1)、D=E-IDE(2)、E=HotRod(M)、F=HotRod(S)、G=E-IDE CD-ROMのとき、Dパーティションを廃してCとDを一つのパーティションにまとめてしまったとき、HotRod接続のHDDのドライブレターは自動的にD,Eに変更するのでしょうか?(CD-ROMはFに)
(例)ドライブイメージforCD-Rの利用(パーティションマジック) or E-IDE HDDのFDISK、フォーマット&OS再インストール

また、話題は変わりますが、このカードをさすPCIスロットの選び方などについてアドバイス等がありましたら、是非お聞かせ下さい。

補足日時:2001/01/30 19:52
    • good
    • 0

HotRod100はおっしゃいますようにRAIDも可能なcardです。

RAIDの設定をしないとATA100のcardとして機能します。その分PROMISEなどに比べて高いですよね。(と言っても1万円もしない)
私はATA100のHDDにしたいと言う事は性能を求めていらっしゃるわけですからお勧めだと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
いまさら、こんな質問も恥ずかしいのですが、私、SCSIについてほとんど知りません。HDDがSCSIとして認識されるとすると、やっぱり、DとかEとかドライブレターが振られるんでしょうか。(IDE(C)と連続するようなイメージ)

補足日時:2001/01/29 15:20
    • good
    • 0

tmukaiさん、補足ありがとうございました。


ところでHotRod100ってRAIDカードじゃなかった
でしたっけ?違っていたらすみません。
    • good
    • 0

ackyさんの回答が正しいと思います。


私はA-BIT社の「HotRod100 Pro」を使用していますがCardはSCSI controlerとして認識され、HDDはSCSI Diskとして認識されます。
使い勝手:ATA100対応のHDDを新規購入してATA33又は ATA66にしか対応していないmother boardにつけるにはこの方法しかありませんよね。これにより結果的にはmotherのIDEに最大4台、Card側に最大4台のHDDがつけられるわけですからメリットは大きいです。又素晴らしい性能を発揮します。
デメリット:Cardを購入する費用がかかるだけでデメリットは全くありません。mother boardがATA100に対応していないのなら、くどいですが仕方ありませんよね。
その他:この前も同じような質問に答えましたが、その方はmother boardがATA100対応で私と同じHDDでしたがHDDのパフォーマンスは私の方が圧倒的に高かったです。すなわちcard接続の方が能力は上ということです。
もし、まだ購入されていなかったら「HotRod100 Pro」をお奨めします。
    • good
    • 0

認識はオンボードIDEではなくSCSIコントローラーとして認識されるはずです。

使い勝手はSCSIと非常によく似ていて、Win98ではとりあえずHDDを認識してくれますが、Win2kではセットアップの際にドライバをインストールする必要があります。
しかし現在ではわざわざU-ATA100の拡張IDEカードを使用しなくてもi815やVT82C686B(だったかな?VIAのチップです)でATA100をサポートしてますので、特にマザーが新しいものではないとか、IDE機器がたくさんある、という場合以外は必要ないでしょうね。ちなみにベンチでは(ウチの場合)i815チップのオンボードIDEの方がいい数値を出してました。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
私、恥ずかしながらSCSIについてはほとんど知りません。
HDDがSCSIとして認識されるとやっぱりDとEとかドライブレターが振られるのでしょうか。(IDE(C)に連続するイメージ)また、ドライバのインストールが必要とすると、起動ドライブには使えないのでしょうね。
ちなみに私のM/BはP3B-Fです。たしかATA66対応だったような気がするのですが(^^;うろおぼえです

補足日時:2001/01/29 15:28
    • good
    • 0

認識のされ方はオンボードのIDEと同じです。



これの導入の是非ですが、皆さん色々苦労されているようです。
実際どの製品もおおむね癖が非常に多いですし。お使いのパソ
コン次第ですが、扱い易さを考えるとM/Bを交換してしまった
方がわずらわしくないので吉かとも思ったりします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
なんだか考えてしまいました(^^;
簡単な方法かなと思っていたもので。。
M/B交換は大変なのでちょっと躊躇しますが、IEEE1394の外付けHDDなどがもっと安くなれば利用したいとも思うのですが。

補足日時:2001/01/29 15:37
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUltra ATA/66、Ultra ATA/100、Ultra ATA/133

Power Mac G4 Cubeを使っていて、今の内臓のHDDはUltra ATA/66ですが、Ultra ATA/100やUltra ATA/133と取り替えて正常に動作させることはできますか?
80GBくらいのと取り替えたいのですが・・・。
余談ですが127GB以上は認識できないそうです。

Aベストアンサー

Macについては知らないのです(私はWindowsマシンユーザーです)が,IDE(ATAPI)インターフェイスには下位互換性があるので,Ultra ATA/100やUltra ATA/133対応のドライブでもつなげるはずです。もちろん,動作速度はATA66になります。

QUltra ATA/66の環境でUltra ATA/33のHDDは動く?

Ultra ATA/66基準のPC環境でUltra ATA/33基準のHDDは動きますでしょうか?

やりたいことは、FMV-DESKPOWER M/40Lがいつの間にか壊れていて電源がはいらず、このHDDを後継機(Ultra ATA/66)に乗せ換え、OSWin98のインストールされたHDD(Ultra ATA/33)を動かせないかと考えています。

宜しくお願い致します。

FMV-DESKPOWER M/40L
http://www.efeel.to/thisServer/machine.html

Aベストアンサー

規格的には既出回答のとおり問題ありません。
「後継機のHDDを交換してWin98が起動しますか?」ということだと、
無理かもしれませんし起動するかもしれません。
「後継機に増設して認識しますか?」ということであれば、
既出回答のとおりでまず問題ないです。
私見ですが、データ救出のための暫定措置ならいいですが、
そのまま使用し続けるのはどうかと思います。

QATA133 HDDをATA100PCIカード上で使う場合の問題点

まず断っておきますが、この相談内容のハード的側面は多分に皆様の
日常使われておられるハードウェア環境とかけ離れたものであることを
ご理解ください。最終的には噛み砕いて説明しますが、序盤から中盤は
このカテの範疇外かもしれません。

目の前に1台、ATA100PCIという玄人志向のPCI ATA100カードを挿したSunの
Ultra5(UltraSPARC-IIi 400MHz/64Bit/L2=2MB; 384MB RAM; OBP3.31)という
マシンがあります。現在このATAカード上には40GBのATA100仕様の日立製HDDが
あり、そこにDebian GNU/Linux 4.0r1 etch(sparc)をインストールして
ブートできています。さて今回、このマシンをファイルサーバにしようと思い、
Linux(kernel 2.6.18)からSambaサーバとしてWindows(NT4/2k/XP/Vista)から
見えるように、400GBのHDD(E-IDE)に換装します。その際に問題になるのが
ATA66/100/133のことなのです。

そもそもこのマシンにATA100PCIというATA100カードを増設したのは、マシン
オンボードのIDEチップがATA66の制限を持っており(CMD646)、速度的な
パフォーマンスに満足がいかなかったからなのです。ATA100PCIカード増設後、
明らかにオンボードチップ接続時との差を体感できました。ご存知と思いますが
ATA66とATA100は速度的な違い以外の仕様変更はほぼなされなかったはずです。
ATA133規格の登場はそれとは事情が全く違い、Maxtorの提唱したBig Drive仕様を
満たすものは、従来の24Bitアドレッシングを解消し48Bitアドレッシングでの
HDD認識・動作が定義され、結果現在に至るまで、700GB超の大容量E-IDE HDDの
登場まで見ることになりました。

しかし、ここで私の疑問なのは、これだけATA133の問題がWindowsユーザを
中心に惹起したにもかかわらず、今なお新品のATA100インターフェースのディスク
(それも500GBクラス)が売られていることです。この500GB ATA100 HDDであれば、
従来の、今となっては古めかしいATA100カード(根本はチップですが)でも、
500GB全域の利用が可能となっているのでしょうか。

そもそもなぜ、ATA100規格でかつ137GBを超えたHDDが製品として
成り立っているのでしょうか。

一般のPCとは事情の違うハード的側面を含有していますが、
よろしくご回答のほどお願いします。
なお、使用するマシンのOBPとはPCでいうBIOSのことであり、
ATA100まではアドオンカードで対応可能となっており、
HDDやCD-RWドライブからのブートが可能になっています。

まず断っておきますが、この相談内容のハード的側面は多分に皆様の
日常使われておられるハードウェア環境とかけ離れたものであることを
ご理解ください。最終的には噛み砕いて説明しますが、序盤から中盤は
このカテの範疇外かもしれません。

目の前に1台、ATA100PCIという玄人志向のPCI ATA100カードを挿したSunの
Ultra5(UltraSPARC-IIi 400MHz/64Bit/L2=2MB; 384MB RAM; OBP3.31)という
マシンがあります。現在このATAカード上には40GBのATA100仕様の日立製HDDが
あり、そこにDebian GNU/Linux 4.0r1...続きを読む

Aベストアンサー

>オンボードのATA66チップでもATA100 500GB HDDの全領域を利用可能である(もちろんLinuxではサポート済)可能性が高い

IDEコントローラーのドライバがBig Driveに対応してれば、OS上では認識出来る可能性はありますが・・・・。
BIOSが対応してても、ドライバがが未対応では、OS上から正常に認識できませんので・・・。
実際にATA66世代のIDEコントローラーで、Big Drive対応のドライバがあるのかどうか・・・・。
(Linux系はドライバ等も自由に出来るので、対応するモノがあるのかもしれないが、私はLinux系は詳しくないのでそのへんは不明)


参考;WindowsでのHDDの容量の壁の話し
http://www.tadachi-net.com/pc_info/ide.html
http://wakouji.hp.infoseek.co.jp/ugoke2/pcsub37.htm

Q3.5インチ Ultra ATA100からSerial ATA II300に替えられる?

HDDが古くなってきたので交換したいのですが、
Ultra ATA 100からSerial ATA II300に替えられますか?

Aベストアンサー

マザーボードに対応コネクタがあれば簡単。
なければ増設カードを利用。
300MB/secに対応したPCI用は無い(私が見つけられないだけ?)ようですが、どうせHDDそのものの性能がそこまで無いから。
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ifc-pcie2sa/index.html
http://www.iodata.jp/prod/interface/ide/2004/sa-pci2r/index.htm

また増設カードではなく、変換アダプタも売られてます。
http://www.system-talks.co.jp/product/sata-tr150bms.htm
こちらなら電源にSATA用が無くとも、対応が簡単。

ただしどちらの場合も、使用環境やOSによっては起動デバイスとして使えない可能性があります。

QHDDの転送速度はUltra ATAでもシリアルATAでも同じですか?

ハードディスクの転送速度は、Ultra ATA 133とシリアルATA 1.5G/3G は、どの規格を使っても実質、同じ速度でしょうか?

今のHDDは、シリアルATAの最大転送速度を使い切れていない、と聞いたので、わざわざシリアルATA 3Gを買う必要の無いのかな、と思い、質問をしてみました。

もしそうなら、なぜ今、シリアルATA 3GのHDDが売られているのでしょうか?まだ、Ultra ATA 133でも十分のような気がしますが・・・。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内部転送速度が上がらなければ、いくらインターフェイス部分が高速になっても、体感的に速く感じることは確かに無いと思います。
ケーブルがスリムだとか、抜き差しが軽い、最近のマザーボードはパラレルの端子が少ない等の理由が大きいと思います。
性能面でもNCQに対応しているので、高速転送の工夫もされていますし。NCQについてか下記のページで解説しています。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070316/265437/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報