永井荷風の「小説作法」という文章にこういう一節がありました。

在来の国語存するの限り文学に志すものは欧洲語と併せて漢文の素養をつくりたまへ。翻訳なんぞする時どれほど人より上手にやれるか物はためしぞかし。

どういうふうに漢文が翻訳に役立つのでしょうか。

荷風がこれを書いたときは、外来の品物や概念を片っ端から訳していかなければならない時代でもないのでしょうから、語訳をつくるのに役立つというわけでもないでしょうし・・・

漢文の意義を説く人がよく口にする「簡潔と明晰と学ぶには最上の手段」、「文体感覚を養える」ということですか。もっとも、これは翻訳に限らず日本語の散文を書くとき一般に言えることですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考意見と思ってお読みください。



以前テレビで、映画の字幕翻訳で有名な戸田奈津子さんが
「翻訳はただ訳せばいいのではなくて、時には直訳とは違う文章にもする」
映画の場合は、時間的な制限がありますからその意味もこめられていますが
簡潔な言葉の方が読む人に意味合いが伝わりやすいとおっしゃっていました。

また、プログラマでその業界では有名な結城浩さんが
翻訳の心がけ
http://www.hyuki.com/trans/tratips.html
というページを出しておられますが、その内容は
>漢文の意義を説く人がよく口にする「簡潔と明晰と学ぶには最上の手段」、「文体感覚を養える」ということ
に通ずるものがあると思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画の場合は文章と違い、かなり「端折り」が要求されますから、それはそれで高度な日本語力が必要でなんでしょうね。

「翻訳の心がけ」:やはり原語と同等に日本語への言及が多いですね。
どうもありがとうございました

お礼日時:2007/09/10 12:43

 永井荷風ご当人の文章のことで恥をかきました。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3304108.html
 にある質問に答えた時のことです。漢文の素養があるはずの荷風が「紅囲粉陣」と書いていたので、質問があったのですが、荷風を信用して頭をひねって回答しました。その時の回答はそれほど見当違いでもなかったのですが、別の人から「香囲粉陣」の誤記だと指摘されました。後からネット検索をしたら、まさにその通り、「こういふんじん」で「香…」が沢山ヒットしました。

 それはさておき、鴎外・漱石その他の文人が、ベルリン・ロンドンなどに留学し、欧米語に堪能だったと同時に、漢学の知識があったことはよく知られています。漱石などはそれを悪用して変な当て字を使って人を惑わせています。荷風もパリ留学の経験があると同時に、漢学の知識が深かったことは作品から分かります。

 翻訳に至っては、言語に対する深い知識と経験はいうまでもなく、日本語に訳するときに漢語を使いこなせなくては、いい翻訳は出来ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漢語はむずかしいですね。

荷風のオヤジさんは名の知られた漢詩人だったそうで、そっち方面の(環境も含めた)「血筋」がいいみたいですね。

漢語は外来語でも外国語ではないですからね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/09/10 12:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文 玉について書かれている漢文・玉の歴史 について教えてください

はじめまして、質問させて頂きます。

学校でレポートの課題を出されたのですが、調べ方なども分からず困っています。
期限が5月中ということで、なるべく早めの回答をお願いしたいです。すみません。
「玉について語られている漢文」と、「玉そのもの(美術)の歴史」の2つが知りたいです。
前者がなければ後者、と言われているので、できれば前者でお願いします。
以下、2つについての説明を書きます。

「玉について語られている漢文」
こういう風に使われていた、などと漢文で書かれているものです。
そのころの人が書いたものになるかと思われます。
漢文で説明されているものなら、見た目・使い方など何でも構いません。
また、長さに指定が無いので、この文章に1文だけ書かれている、などでも構いません。
これは史記以外でお願いします。

「玉そのもの(美術)の歴史」
最新情報ということで、最近の人が書いたものになるかと思います。日本語とかでも構いません。
写真付きで、こういう部分が変わったなどとレポートにまとめるのがベストだそうです。
これは始皇帝以前の玉についての最新情報になります。
見た目も込みで、変わった部分についてです。
というか、美術と指定があるので、見た目などが重視されるのかと思います。
こういう細工がされだした、など変わってきた箇所などをまとめるのだと思います。
これは歴史ということなので、1つでなく複数で、変わった部分が分かればと思います。

実は先生に提示されたものが曖昧で、私自身、分からない部分が多いのです。
そういうこともあって、説明が分かり難くて申し訳ないです。
また、言葉遣いなども失礼がありましたら本当に申し訳ないです。
質問などもありましたら、分かる範囲でしたらお答えするつもりです。
上記の理由で、分からない可能性も高いのですが。
ご協力いただけたら嬉しいです。

はじめまして、質問させて頂きます。

学校でレポートの課題を出されたのですが、調べ方なども分からず困っています。
期限が5月中ということで、なるべく早めの回答をお願いしたいです。すみません。
「玉について語られている漢文」と、「玉そのもの(美術)の歴史」の2つが知りたいです。
前者がなければ後者、と言われているので、できれば前者でお願いします。
以下、2つについての説明を書きます。

「玉について語られている漢文」
こういう風に使われていた、などと漢文で書かれているもので...続きを読む

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://wagang.econ.hc.keio.ac.jp/zigen/096.xml

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B9%E3%82%A4

Q漢文について。 今日定期考査がありました。 国語は漢文が出て答え合わせの為 質問しました。 『

漢文について。

今日定期考査がありました。

国語は漢文が出て答え合わせの為
質問しました。

『之』はのと読みますが送り仮名が
ついていた場合・・・

平仮名に直しますか?
それとも漢字のまま送り仮名を書きますか?

どっちでしたっけ…

Aベストアンサー

之、行くgo、これthis、
  動詞  代名詞  いずれも自立語として読みます。

よって、漢字のままです。

Q近世散文の文法

借銭の分は、始から済(すま)する心入にあらず

「済する」は「済す」と文法的にどう違うのでしょうか?意味も違うんですか?

Aベストアンサー

「済する」…「すま」(自動詞四段「済む」の未然形)+「する」(助動詞下二段「す」の連体形)
自動詞の使役形で借金を「済むようにする/済ませようとする」、そんな「心入(こころいれ:心底・心根)」ではもともとなかったのだと。

Q文体とは

文体とはどういう意味なのでしょうか。辞書によると「語句・語法・修辞などにみられる、その作者に特有な文章表現」とありますが、例えば批評家が「**には文体がない。」と言う時それはどういう意味になるのでしょう。(文章が書かれているから文体がないとはいえない気がするのですが。)

また、文体はその人の考え方を反映するのでしょうか?それともその逆なのでしょうか。翻訳機械は文体を持つことができるのでしょうか?同じ作家が大人向けと同じ内容だけど少し噛み砕いたけど基本的内容や主張の違う中高生用の文章を書いたとするとそれは異なった文体が違うと考えられるわけでしょうか。

Aベストアンサー

「文体」とは英語や仏語のStyle(厳密にはLiterary Style)を翻訳したものです。

日本でも、「彼女はスタイルいいね」とか「彼のライフスタイルは素敵だ」などと使われますね。基本的には同じものと理解していいと思います。
こんな会話において「…スタイルが無い」と使った場合、それは洋服を着ていなかったり、生活していなかったりしていることをいません。普通は「個性がない」とか「主張がない」とかを意味していますね。

もうちょっと文学的説明
古典的には、「文体は思想を修飾する」ものといった修辞学的な見方(質問者さんの辞書の考え方ですね)を指します。
しかし、ルネサンスから近代以降はビュッフォンの「文は人なり」の見方が始まって、人格に結びつくものとしたり個性の表現だとみる傾向になってきました。
最近では、文体の発生原因を心理中心としたり内部意義としたりする考え方も出てきています。

また一つの作品に関しても、(1)作者の個人的な文体、(2)時代的な文体、(3)客観的な作品自体の文体などにも分けられます。
「**には文体がない」という場合は(1)のものに言及しているのでしょう。
これら文学的な考え方からいうと、「文体がない」とは、単に外見的スタイルについて「個性がない」、「主張がない」など言っているだけではなく、作者自身の美意識や思想といった内面が文体にまでは及んでいない、と指摘しているのだと思います。

清少納言、紫式部、平家物語、漱石、大江、名作のどれにもはっきりとした「文体」がありそうな気がしませんか。

「文体」とは英語や仏語のStyle(厳密にはLiterary Style)を翻訳したものです。

日本でも、「彼女はスタイルいいね」とか「彼のライフスタイルは素敵だ」などと使われますね。基本的には同じものと理解していいと思います。
こんな会話において「…スタイルが無い」と使った場合、それは洋服を着ていなかったり、生活していなかったりしていることをいません。普通は「個性がない」とか「主張がない」とかを意味していますね。

もうちょっと文学的説明
古典的には、「文体は思想を修飾する」ものといった修...続きを読む

Qと~しの は~じめの ためし~とて~♪ (´・ω・`)

「年の始めの 例(ためし)とて」

「元日の恒例であるが」という解釈でよろしいですか。

Aベストアンサー

こんばんは!

No.1の方の回答の意味であり、かつ、あなたの解釈のとおりでもあります。

つまり、「(毎年の正月の)お決まり(のこと)」という意味です。


辞書には、こう書いています。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%97&dtype=0&stype=1&dname=0na&pagenum=1&index=12949511656900

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BF%A4%E1%A4%B7&kind=jn&mode=1&kwassist=0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報