はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

アルト・エポ(年式H12年・HA12S・エンジン=F6A<NA>・
AT・走行92000Km)ですが、
走行中・走り初めて15分位経ってから、突然エンジンが止まります。
エンジンをかけ直そうと思ってもセルモーターは元気にまわりますが
まったくエンジンがかかる気配がありません。
次の日にエンジンをかけると普通にかかります。
どこが悪いのか又、アルトでこの様な事例があれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その車は、サービスキャンペーンの対象になっていませんか。


検査証で調べてください。

http://www.suzuki.co.jp/about/recall/2004/0804b. …

不具合現象は、「連続高速走行を長期間行なうと、エンジン不調となって速度が低下し、
車両停止後にエンストするおそれがあります。ただし、再始動は可能です」となっています。
しかし、これは発表した時点(H16年8月5日)での代表的なケースで、実際には、
H12年式のように7年も経過した車では、真夏にちょっと走ればエンストするという
場合もあります。
再始動可能というのは、冷えたら可能という意味です。

また、エンストし、再始動するときは、アクセルを半分くらい踏んでエンジンをかけてみてください。
それでかかれば、どこかに異常があるわけですから、早めに車屋さんに診てもらってください。

他にも、水温センサの不具合も考えられます。

何の不具合でエンストしたのかを車のコンピュータは記録している場合が多いので、ディーラーでチェックしてもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱による影響ですね。だいたい検討がつきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/10 05:02

過去に親がアルトで似た現象でした



原因は、イグナイターの不良でした
ディーラーで他のチェックしましたが、異常無しでした
交換修理と牽引ので3万円以下と思いましたが(5年以上前の話なので・・・)

ディーラーにいき、この現象をお伝え下さい
1.走行15分程度でエンスト
2.その後エンジンが掛からない

以上の事を言うと、まずイグナイターのチェックからして頂けますよ
(緊急時は濡れたタオルで短時間なら走行可能になりますが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱による影響ですね。だいたい検討がつきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/10 05:03

走り始めてから15分程でエンスト。

次の日にはエンジンが掛かる。

そして走行すると、また15分程でエンストするのかな。

まあ何にせよ、どうやらエンジンの熱(温まり具合)に関係ありそうです。点火系が熱により不具合が起きている可能性があり、疑わしいのは点火コイルかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱による影響ですね。だいたい検討がつきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/10 05:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平成10年式 アルト アイドリング不調

平成10年車のアルトです。
最近、始動時5分位のみアイドリングが落ち着かず、
いつ止まってしまうのか??と不安になりながら運転しています。
実際、完全にエンジンが止まることはなく、ブルンブルンと
アイドリングが上がったり下がったりするだけです。
以前、2箇所でバッテリー交換を勧められたので
今月中にはバッテリー交換しようと思っているのですが
それだけで改善につながるものでしょうか?
車に関して無知なので、非常事態が起きたときに対処が出来ない不安があります。

先日、以前から来ていたリコールの案内を持って、スズキへ行きました。
その時も軽く聞いては見たのですが、「調整しておきました」と言われ終わりました。
なにかアドバイスありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えられる原因(その車に特化しての知識ではない為
あくまで一般的なものでの回答です)

・バッテリー劣化
・水温センサー不良
・ファーストアイドルコントロール系の不具合

始動直後のエンジン回転数はどのくらいですか?

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む

Qアルト(HA24S)の点火プラグ交換時期

アルト(HA24S)の点火プラグ交換時期
アルトに限らないのですが、現在我が家のアルトは5万キロ近く走ってます。
たまにはと思い点検に出しましたが、プラグ交換はしていないようす。
「プラグは大丈夫なんですか?」と聞いたら「5万キロくらいなら大丈夫」との返事。
つまり、見てないのだと思います。

実際のところどうなのでしょう?
2~30年前とは比較にならないでしょうが、5万キロというのはまだ交換を考える時期ではないのでしょうか?

実際不具合があるわけではありません。
若干エンジンのかかりが悪くなったような、燃費が落ちてきたような。
両方とも「気のせい?」レベルですし、点火プラグが原因とも考えにくいですね。

最近のエンジンはいじったことがないのですが、ダイレクトイグニッションですよね。
エアクリーナーをはずしたら、自分でも交換できますか?
アルト(HA24S)の交換を写真つきで説明してあるサイトとかないでしょうか?
その前に「交換の必要はない」ですか。

すみません、点火コイルがひとつでディストリビュータがついてる車のころはいろいろいじってたんですが、最近の車はパッと見でわからないので躊躇してしまいます。
お分かりの方お願いします。

アルト(HA24S)の点火プラグ交換時期
アルトに限らないのですが、現在我が家のアルトは5万キロ近く走ってます。
たまにはと思い点検に出しましたが、プラグ交換はしていないようす。
「プラグは大丈夫なんですか?」と聞いたら「5万キロくらいなら大丈夫」との返事。
つまり、見てないのだと思います。

実際のところどうなのでしょう?
2~30年前とは比較にならないでしょうが、5万キロというのはまだ交換を考える時期ではないのでしょうか?

実際不具合があるわけではありません。
若干エンジン...続きを読む

Aベストアンサー

HA24だと初めからイリジウムプラグが付いているはずです。

交換は・・・エアクリーナボックスのツメ(ピン)を4つ外す→ケースに太いホース・細いホースと吸気温センサーのカプラーがあるので外す→IGコイルが見えるので10mmのボルトを外す とプラグが見えます。

やる気さえあれば出来ますよ。 

私の場合、3万キロを目安で交換を勧めています。
軽自動車と小型車を比較すると エンジン回転数が2倍ほど違うので早く減るのですよ。 8~9万も持ちません。 その頃には接地側も中心電極もズタボロでエンジン不調を引き起こしますよ。

何も交換した記録がなければ、 スパークプラグとエアクリーナの交換をオススメします。

純正と同タイプが1500円 接地側にもイリジウムなり白金が使ってあるやつなら1800円 (価格はおおよそです)

後者なら前者の2倍は持ちますよ。 オススメです。


最後に、工具は
10ミリのソケット・ラチェットレンチ・プライヤー(ペンチでも可)
プラグレンチ(ソケットとエクステンションバーでも可)

コレだけで出来ますよ。

HA24だと初めからイリジウムプラグが付いているはずです。

交換は・・・エアクリーナボックスのツメ(ピン)を4つ外す→ケースに太いホース・細いホースと吸気温センサーのカプラーがあるので外す→IGコイルが見えるので10mmのボルトを外す とプラグが見えます。

やる気さえあれば出来ますよ。 

私の場合、3万キロを目安で交換を勧めています。
軽自動車と小型車を比較すると エンジン回転数が2倍ほど違うので早く減るのですよ。 8~9万も持ちません。 その頃には接地側も中心電極もズ...続きを読む

Q平成11年エブリィDA52V(F6A)エンジン不調。

下記車両が不調ありで整備工場にて診断
点検等行ったのですが不良箇所不明で戻ってきました。どなたかご教示お願いします。

平成11年スズキ エブリィ タ-ボ DA52V(F6A)
走行距離 81500km タイミングベルト交換(コマずれ等点検済み)、
交換済みのもの、ラジエター、O2センサー、プラグを標準のものに、プラグコード、タペット内一部カーボン除去、ハイオクにし、燃料添加洗浄剤投入、燃費がリッター/5kmとかなり悪く、(街乗り)
遠乗り国1等で、リッター/8〜11km
アクセルの使い方はかなり気を使っています。

いつも朝一始動しようとすると、パワーがなくアクセルを踏み込んでも、アイドリングが不安定で、ガタガタとなり、まったく動きがないくらいで、息継ぎをする感じもあり、暖気をしてから改めて走り出した所、通常に走れる様になったのですが、急加速、通常加速(走行)時に、断続的に息継ぎをして加速できず、ズバッズバッとなります。
アイドリングは1000回転くらいですが、停車時、
一回1200くらいまで上がって、900〜850くらいまで下がり、軽いぶるぶる出るようになりました。
また、この手のターボ車は乗った事がないので比較できませんが、ブーストがかかってる感じがありません。整備士もターボの効きが悪いと言っていました。
音的には、アクセルを踏むと"コーーコーー"と言う感じの奥に"キューン"と小さく聴こえている感じです。
単純にターボ自体の不調で燃費に影響があるのか、
その他なのか、同時併発なのか...
同じ状況だったりで、どの辺に不具合が考えられるか、雲を掴む様な話ですが、どなたか似た様な症状、またなんとなくお判りになる方ご教示願います。

下記車両が不調ありで整備工場にて診断
点検等行ったのですが不良箇所不明で戻ってきました。どなたかご教示お願いします。

平成11年スズキ エブリィ タ-ボ DA52V(F6A)
走行距離 81500km タイミングベルト交換(コマずれ等点検済み)、
交換済みのもの、ラジエター、O2センサー、プラグを標準のものに、プラグコード、タペット内一部カーボン除去、ハイオクにし、燃料添加洗浄剤投入、燃費がリッター/5kmとかなり悪く、(街乗り)
遠乗り国1等で、リッター/8〜11km
アクセルの使い方はかなり気を使っています...続きを読む

Aベストアンサー

ターボだけとは思えないトラブルの様に思います、まずアイドリングの不調はアイドルコントロールバルブあたりの清掃が必要かも(同年代のF6Aのターボ付きに乗っています)3速オートマでも今の時期13~14は伸びますしアイドルが不安定ならまず疑います(この年代のF6Aでアイドルコントロールバルブの汚れで不調になる物ありです)

アイドルコントロールバルブのメーカーで違うようですが、なお、キャブキリーナー等下手に使用すると最悪コンピューターも壊れますから使用しないこと(知らないと大変高価な出費になります)その他にも何らかのトラブルを抱えていそうですが・・・

軽のターボはタービンの潤滑のオイルラインがスラッジでつまりタービンブローしやすいので(F5Aと同系列のF6Aも同じと私は思っています)要注意、ブローしたら白煙はきまくると思いますがさすがに経験がないので(全く走らなくなりますから白煙が無くても解る)もちろん燃費も全くパワー無くなるから悪くなると思います。

おそらく60キロ出すのも苦労すると思う(普通車でもそうですから)もしタービンブローしていたら程度によっても買い換えを考えた方が良いかも知れません(タービンだけならまだしもエンジンにも被害があれば)F5Aなら載せ替え経験ありです。

エブリーのターボは乗ったことがないですが今の3速オートマでも(ターボのインジケーターなしのモデル)でもNAとは全く違う加速をしますから坂道などでもたつくことは無いです(通常3000回転くらいで信号発進などでも普通に加速できます(これがNAだと結構踏み込まないととろとろして後続の邪魔だと思うくらいでした)

と、言うことでアイドルコントロールバルブやターボ周りの点検をした方が良い感じです(最悪コンピューターも)アイドルコントロールバルブの清掃は絶対にキャブクリーナーに頼らないこと、絶縁体が溶けてバルブ内でショートしてコンピューターを破壊するおそれが高いと思って間違いないです(私が知る限りスズキは、もちろん同じコントロールバルブを使用している他社種も)ミクニなどのメーカーですから私は他のメーカーでも怖くてできません、やり方は分解して綿棒使用します(もしくは交換、ただし中古と言うことですから以前のオーナーが使用していた可能性はあります、この場合・・・)

どちらにしても圧縮圧力なども測定してエンジンに不具合が無いか判断してからだと思いますよ、その上で点火系と燃料系という風に見ないととても一つのトラブルとは思えない(あくまで私の感じ方です)

参考程度に・・・

ターボだけとは思えないトラブルの様に思います、まずアイドリングの不調はアイドルコントロールバルブあたりの清掃が必要かも(同年代のF6Aのターボ付きに乗っています)3速オートマでも今の時期13~14は伸びますしアイドルが不安定ならまず疑います(この年代のF6Aでアイドルコントロールバルブの汚れで不調になる物ありです)

アイドルコントロールバルブのメーカーで違うようですが、なお、キャブキリーナー等下手に使用すると最悪コンピューターも壊れますから使用しないこと(知らないと大変高...続きを読む

Q加速しない、アイドリングは安定。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃料タンクが何となく「ペコッ」と音がした感じがして
 燃料ポンプへの影響を疑い、燃料を満タン状態にする、
 ポンプ、キャニスタ-関係かなとおもったりしたのですが、タンクにショックを
 与え、燃料満タン、この状態で丸一年無事乗ってきました。
○最近満タンにしていなく半分くらいの量で置いたままの状態でした。

今日の状態は下記の通りです。
○空ぶかしの状態では幾らでも回転数は上がる。
○実走行。アクセルを踏み込み2500回転位か「?」オ-トマ、加速出来ない。
 さらにアクセルを踏み込んでも返って減速する。(たまに順調に加速するときがある)
○アクセルを戻し再び踏み込む、加速する。(しないときもあるがほとんどがする感じ)
○アクセルふかす→減速→アクセル戻す→アクセルふかす、こんな状態で何とか
 帰ってきました。
 尚平地では何とか走行出来ていますが坂(付加がかかるところはしんどい感じです)
 平地では順調に行けば60キロ位の速度で順調に走行できる感じです。
 尚、エアコンを入れるとダウンする感じです。(アイドリング状態ではオッケイ)
○燃料満タン状態にしました。

深刻な常態かそうでないのか、何となくの回答で結構ですので
よろしくお教えお願いします。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃...続きを読む

Aベストアンサー

当方のH11アトレーバンカスタムターボ(S230V)も似たような感じが出たことあります。
(ただアイドリングで少しだけ不調な兆しがありましたが)

イグニッションコイルの劣化。(亀裂が入っており上手く火花が飛ばないときがあった。ならびにプラグ)

VSVバルブ劣化。その他ISVバルブ類の可能性も(ブースト圧がかからない為上り坂などではきつくなる。ブースト異常などでアトレーにはよくあるとの事。)

スロットルボデーやインジェクタなどの汚れ。センサー故障。


などが怪しいでしょうか・・・

踏み込んだときタービンの音は聞こえますか?
聞こえないならVSVやアクチュエーター・タービン劣化等が可能性高いかもしれませんね。
(エンジンの熱によりバルブが故障するみたいなので、さらに気温上昇などで同じ症状が出やすい可能性も)

参考URL:http://www51.tok2.com/home/kiroku/syuurisyo2/DAIHATU/S200-H14kouzou.pdf

Q「Dレンジ」、「Rレンジ」に入れるとエンストする・・・

「Dレンジ」もしくは「Rレンジ」に入れるとエンジンが止まってしまうのですが、この症状をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。
本日、いきなりなってしまい、とりあえずはアクセルを吹かしながら、「Dレンジ」に入れて何とか帰ってきました。(近場でしたので)
走り出してしまえば変速等も問題なく走行できます。
DまたはRレンジでアイドリング中にブレーキを踏んでいるとエンジンが止まってしまう様です。
アイドリングの回転数は800rpm前後で正常の様であります。ちなみに平成7年のセフィーロです。
エンジンはVQ20DE。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分ISC(アイドルスピードコントロール)系の不具合でしょう。
D(R)にすると、トルコンの負荷がエンジンにかかってエンジンの回転が落ちようとしますが、ISCが働いて、N(P)より回転数は少し下がりますが安定するように制御されています。
ISC系が動作不良になるとそのままエンストしてしまうという典型的な症状です。
ATかもしれないという回答もありますので、見極める必要がありますね。
暖機が終わった状態で、Pレンジで(Nでもよいのですが安全のため)、ヘッドランプをハイビームで、同時にブレーキを踏みます。
つまり、電気負荷を一気に入れるということで、この瞬間エンストしそうになったり、エンストするとISC系の不具合と断定できます。
暖かい地方、時間でもしエアコン(クーラー)が入るならエアコンを入れた途端にエンストするでしょう。
多分、スロットルバルブやISCバルブの清掃で直ると思います。
年式から見て車屋さんに修理依頼される方がよいと思います。
正常に走行できるわけですから、ATではないでしょう。
このカテで「D、アイドル、エンスト」で調べると同様の不具合が出てきます。

多分ISC(アイドルスピードコントロール)系の不具合でしょう。
D(R)にすると、トルコンの負荷がエンジンにかかってエンジンの回転が落ちようとしますが、ISCが働いて、N(P)より回転数は少し下がりますが安定するように制御されています。
ISC系が動作不良になるとそのままエンストしてしまうという典型的な症状です。
ATかもしれないという回答もありますので、見極める必要がありますね。
暖機が終わった状態で、Pレンジで(Nでもよいのですが安全のため)、ヘッドランプをハイビーム...続きを読む

Qカーエアコンの適正ガス圧が知りたいです。

カーエアコンのガス圧を最適にしたいと思います。ネットで低圧のみのゲージを購入しました。説明書によると、エンジン回転1500回転で低圧のガス圧2.0から2.5キロとなっていたので、測定したら3.0キロありました。減らしたほうがいいのでしょう?車は、H6年型ハイエースでデュアルエアコンです。134Aです。

Aベストアンサー

エアコンの圧力測定は、高・低圧ゲージを繋ぐのが基本です。
以下、測定条件です
エンジン回転数(アイドルアップ作動後):1000±500rpm
ACスイッチ:ON
ファンスイッチ:最強
温度コントロール:最強冷
内外気切り替え:内気
ドア:全開
AC吸い込み口温度:30~35℃(理想値)

低圧側:1.5~2.5kg/cm&sup2;
高圧側:14~16kg/cm&sup2;

低圧側3kg/cm&sup2;ですと若干高めですが高圧側の圧力が不明なので、冷媒量が多過ぎなのかどうかわかりません。
ですが十分冷えるのであれば、このまま使用しても問題ない圧力ですよ。

Qエアコンが効いたり効かなかったり

ここ2~3日、エアコンの調子が悪いのですが詳しい方もしくは専門家の方お願いします。
症状は、エンジンをかけて2~3分くらい経たないと効かなかったり、エンジンかけてすぐに効いてたのに、暫く走ってから1~2分効かなくなったりです。効かないと言っても風は出ているのですが冷たくない感じで、キーをACCに入れてエアコンをかけている様な感じです。
何処が悪いのでしょうか?あと、修理は幾らくらいかかるでしょうか?
H14年式マツダMPV、LW3Wで走行9万キロチョットです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

不具合があるとすれば、マグネットクラッチか、エアコンのコンプレッサーリレーでしょう。

マグネットクラッチとは、エアコンの冷気を発生させるためのポンプ(コンプレッサーと言います)についていて、このポンプはエンジンの動力で動かしています。
エアコンを切ってるときは、ポンプを動かす必要がないので、クラッチを切って、空回りさせています。
また、エアコンをつけていてもエンジンの状態によっては、コンピューターが勝手に切ってしまいます。
例えば、アクセル全開にして加速した場合、ポンプを動かす分エンジンのパワーが落ちてしまいます。これを防ぐため、一時的にクラッチを切って、ロスを減らしています。
当然、この間ポンプは動いてませんので、冷たい風は出てきません。

リレーというのは、スイッチのようなもので、電源であるバッテリーとマグネットクラッチの間にあります。
エアコンのスイッチをONにすると、リレーが作動して、クラッチに電気が流れてクラッチがつながり、ポンプが動いて冷風がでてきます。
そのリレーの内部で接触不良が起きていると、クラッチに電気が流れず、ポンプがエンジンの動力とつながらないため冷風が出てきません。

いずれにしても、ディーラーか整備工場で修理してもらうことをおすすめします。

不具合があるとすれば、マグネットクラッチか、エアコンのコンプレッサーリレーでしょう。

マグネットクラッチとは、エアコンの冷気を発生させるためのポンプ(コンプレッサーと言います)についていて、このポンプはエンジンの動力で動かしています。
エアコンを切ってるときは、ポンプを動かす必要がないので、クラッチを切って、空回りさせています。
また、エアコンをつけていてもエンジンの状態によっては、コンピューターが勝手に切ってしまいます。
例えば、アクセル全開にして加速した場合、ポンプを...続きを読む

Q新型アルトワークスの加速不良、アクセル無反応について HA36S

FF 5MT、走行数1200kmの新車購入ワークスで以下の症状が出て困っています。
何か典型的な故障箇所などがあればご指摘をお願いします。

症状1:
 直線加速時に1速5000~6000rpmのレッドゾーン手前で、アクセルを踏んでいるのに
 もかかわらず急に燃料供給が停止されたかのように加速が止まる。

症状2:
 4速で50km/hとか60km/hをアクセル開度をほぼ一定に保持して巡航中に、アクセル
 が反応しなくなる。

症状3:
 2速や3速へのシフトアップを2000~3000rpmで行うと、シフトチェンジ後に
 アクセルが反応しない。

このような症状が出たときにESPランプは点灯していません。症状発生時に静かにそのまま
アクセルを床まで踏んでみましたが全く加速をしません。
細かくアクセル開度を動かすと反応を取り戻します。
ディーラーのコンピューターチェックにかけてもエラーに残っておらず、メカニックに
試乗してもらっても「ノッキング防止のためにECUが介入しているのでは」くらいの
アドバイスしかもらえていません。
コンピュータ診断で異常なしなのため修理の話に進めません。

電子制御スロットルの癖といわれても納得いかないのですが、こういうものなので
しょうか。気のせいかアクセル全閉位置学習をすると一時的に発生頻度が低くなる傾向が
あるのですが、一日で元に戻ります。

FF 5MT、走行数1200kmの新車購入ワークスで以下の症状が出て困っています。
何か典型的な故障箇所などがあればご指摘をお願いします。

症状1:
 直線加速時に1速5000~6000rpmのレッドゾーン手前で、アクセルを踏んでいるのに
 もかかわらず急に燃料供給が停止されたかのように加速が止まる。

症状2:
 4速で50km/hとか60km/hをアクセル開度をほぼ一定に保持して巡航中に、アクセル
 が反応しなくなる。

症状3:
 2速や3速へのシフトアップを2000~3000rpmで行うと、シフトチェンジ後に
 ア...続きを読む

Aベストアンサー

1)1・2速などの低いギアでは、最近の車は乗りやすさを重視するためブーストリミッターや、場合によってはエンジン保護のため回転リミッターが低い回転から入る場合があります。

1以外の症状については、何か変ですね。
最近の車はスロットルの踏み込み速度なども制御を決定する要素の一つになっていますが、自分も試乗車に乗ったことはありますが、そんな挙動は無かったので。

実際に症状を確認してもらうことを前提に、セカンドオピニオンを受けてみるのが良いでしょう。

Qエアバック 警告灯

いつもお世話になります。先ほど自分でハンドル交換しました。純正から純正です。交換してセンターがずれていたので直すためエアバックをつけずに、走行してから警告灯が付きっぱなしになりました。そのまえに交換したときは、問題ありませんでした。配線もきちんとつなぎました。何が問題なのでしょう?どなたか詳しくアドバイスください。車は平成6年式のセルシオです。

Aベストアンサー

エアバッグ警告灯は一度ついてしまうと、リセットの処置をとるまで消えません。これはバッテリーをはずすなどの手段でもリセットされることはありません。

できればディーラーに行ってリセットさせることが望ましいのですが、方法が無い訳ではありませんので、記載しておきます。

エンジンルーム内のダイアグノーシスコネクタまたは運転席足元のカバー部分にある丸型のコネクターのふたを開けて、次の3つの端子を(ふたに端子の配列が記載されています)見つけます。1)TC 2)AB 3)E1の3つです。次にこれらの端子にリード線などを加工して差込み、イグニッションスイッチをオン(エンジンはかけない)にして、E1とTC・E1とABをTC側から初めて1秒に一度づつのタイミングで5回短絡させます。この操作を行った後エアバッグの警告灯が早い点滅を繰り返していればリセット成功です。リセットに成功したら、一度イグニッションキーをオフにし通常どおりエンジンをかければ警告灯は消灯します。ただし、この操作はなれが必要でタイミングが正確でないとだめなことはもちろんそれぞれを短絡させる間に間があってもうまくいきません。また、間違った端子を短絡させると故障の原因にもなりますので要注意です。

ディーラーに行けば専用の機器を接続してあっという間にリセットできます。

また、ステアリングコラム部分にエアバッグと車両側のハーネスを接続するためのケーブルリールがあるのですが、このケーブルリールは取り付け位置が決まっていて、位置を間違えると内部のケーブルが破断してしまいます。このような場合はケーブルリールASSYでの交換が必要です。

エアバッグについてはできるならば、十分な知識を持たないのであれば手を触れるべきではない装置であることを、警告しておきます。万一の事故の際の操作不良はもちろんですが、取り扱いを誤ると不意にエアバッグが動作して怪我の元にもなります。エアバッグの膨張速度は驚くほど速く、手にもった状態などで動作すれば間違いなく怪我をします。

エアバッグ警告灯は一度ついてしまうと、リセットの処置をとるまで消えません。これはバッテリーをはずすなどの手段でもリセットされることはありません。

できればディーラーに行ってリセットさせることが望ましいのですが、方法が無い訳ではありませんので、記載しておきます。

エンジンルーム内のダイアグノーシスコネクタまたは運転席足元のカバー部分にある丸型のコネクターのふたを開けて、次の3つの端子を(ふたに端子の配列が記載されています)見つけます。1)TC 2)AB 3)E1の3つで...続きを読む


人気Q&Aランキング