日本文化の歴史の中で、外来の文化がどのように受容されたか、ということについて調べています。
どのような影響を与えたか、と解釈してくださってもかまいません。
これは時代が特定しづらく、自身でも調べているのですがイマイチわかりません。
全体像としても調べているんですが、時間があまりないために、みなさんにもご協力をお願いしたい……と、質問しました。
よろしくお願いします。

※私の考察はまとまりきっていないために、載せれば混乱の原因となるかもしれないので、あえて載せないことをご了承ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 素人考えで恐縮なのですが、こんなことを以前本で読んだことがあります。

自分としてはなるほどと納得しました。
 それは「日本の外来文化の受け入れ方は独特で、外来のものとしてではなく、受け入れたものを自分のものとして都合のいいように作り変える」ということです。例をあげてみましょう。
1、文字を持たなかった日本人は中国から漢字を取り入れたが、そこから「仮名」を開発した。
2、明治時代、外国語が流れ込んできたが、それを漢語に翻訳した。「権利」「社会」など抽象名詞の多くはこの仲間。
3、中国の本場の中華料理は日本人の口には合わない。実際中国で食べてみたらまずかった。インド人は日本のカレーをカレーとは思っていない。外来の料理も日本風にアレンジしてしまう。
4、外国人がすしを食べるときにフォークとスプーンを使っているのは見たことがないが、日本人が洋食を食べるときに箸を使うのは当たり前。
5、最近の住宅は個室化が進んでいるが(伝統的な日本の家屋では大きい部屋を必要に応じてふすまなどで仕切る)中には畳の部屋が結構ある。
どうでしょうか?
「そんなことくらいわかってる」ということならごめんなさい。もしお役に立てるようなら幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
吸収と改造の歴史ですよね、日本って。
参考になりました。

お礼日時:2001/01/30 13:43

 確かに仏教が日本に与えた影響は大きいと思います。

神道と仏教が混ざること(神仏習合)に初めて成功したのが八幡信仰です。これについては私なんかより、中野幡能氏の本を読まれた方が良いので、ご勘弁を。
 
 でも仏教よりも早くに日本文化に溶け込んだ信仰があります。それは道教です。もう道教と神道の区別はわからないくらいに、日本に浸透してます。例えば、三種の神器や記紀神話、とくに修験道は道教そのものといいっていいと思う。それがいつからかと聞かれると困ってしまうけど、道教は中国民間宗教だから弥生時代までは遡れないと私は思う。(弥生時代は東アジアとの交流が盛んだったから)
 となると、渡来集団の研究から考えなければならなくなる。信用性に欠けるが、記紀の物語はその渡来人の日本征服話だと唱える学者もいるそうだ。そりゃ、神武東征で原住民を「未開人!」と罵ったあげく騙まし討ちしたんだから、仕方ないかも知れんけど…。まあ記紀が編纂された時代が時代だから、このようのなストーリーになったと考えるのが妥当か。
 とにかく道教は渡来人によって渡って来たのだから、弥生以後、飛鳥以前に伝来したのではないだろうか。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
下の方とも合わせ、考えてみようかと思います。

※全員の回答が、非常に参考になるお答えでしたので回答準にポイントをつけさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/30 13:45

 全般的な話ではないのですが、私の専門である仏教に限定して考えてみます。



 日本に公式に仏教が伝来したのは5世紀半ばのことですが、最初は仏は「蕃神(あだしくにのかみ)」つまり外国の神と見なされました。日本において古来より信じられてきた神々と同じ次元で捉えられたわけです。

 やがて奈良仏教の各宗派(いわゆる南都六宗)が成立します。南都六宗は一般的な意味での宗教宗派よりむしろ学派としての色彩が濃いとよくいわれますが、外来の先進的な学問として学ばれたのでしょう。実際、仏教はもともと人の心の在り方についての冷徹な考察であり、現代の私たちが一般に「宗教」と呼ぶものとは異なるイメージです。その意味で奈良仏教は本来の仏教のイメージに近いのかもしれませんが、その一方で聖徳太子の戦勝祈願のように、仏教が神道儀礼と同様に何らかの効験を祈願するものと捉えられた側面もあります。その性格は平安仏教(特に密教)に至り強調され、公的には鎮護国家が重要な役割となり、また一般大衆には地蔵信仰・観音信仰や修験道などの神仏混淆呪術が広まります。

 平安時代に成立した本地垂迹説は、日本の神々はインドの仏や菩薩が仏教伝来以前の日本人を救おうとした仮の姿だという思想です。いや、当時の知識人にとっての「思想」であるという以上に、一般の人々の信仰生活を表現したものといえるでしょう。外来文化である仏教が日本古来の神道と直接に結びついているとする考えは、聖なるものに対して祈りを捧げることの共通点から半ば自然に生まれたものかも知れません。時代が下り神道リバイバルが起きた時も、神道と仏教を完全に分離する考え方よりも逆本地垂迹説として神道を仏教の上位に置く発想が取られました。神仏を完全に分離する考えは、江戸時代後期の国学の興隆と明治政府の神仏分離令や廃仏毀釈運動でようやく主流となります。

 平安時代に僧侶たちがこぞって唐に留学し、鎌倉時代には道元などが宋に渡って「真の仏法」を求めました。仏教の発祥地であるインド、そして近代以前の日本にとって世界の中心地であった中国は、日本仏教の現状に満足できない僧侶にとって憧れの地であったといえます。しかし同時に、日蓮が末法の日本にこそ真実の仏法が再興すると考えたように、決して軽佻浮薄な外国信仰ではなく「いま・ここ」を生きることの明確な自覚が存在していた筈です。

 西方への憧憬と日本に生きることの確信とが二重写しのように捉えられている仏教の事情は、おそらく他の輸入文化(近代以降の科学技術も含めて)を巡っても似たような状況で読みとれるのではないか……とまでいうとボロが出そうですので、この辺で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをどうもありがとうございます。
信仰という1点ですが、非常に参考になりました。
ここから全体的に膨らましていこうと思います。

お礼日時:2001/01/30 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q県の求める教師像について調べたいのですが

大学の課題です。

本県の求める教師像について調べて書け

という課題なのですが、どんな資料を集めたらいいのか、まったく見当もつきません。
県教育委員会側から年度の初めとかに、今年はこれを目指すぞ!みたいな宣言とかあるのでしょうか?あれば教えて下さい。ご存知でしたら請求法もお願いします。
ちなみに、本県=茨城県 です。
他県の例でも結構です、なにか少しでもいいから手がかりを・・・

お願いします。

Aベストアンサー

例えば教員採用試験の受験案内とかに標語のように
必ず書いてあります。
教育委員会が発行している冊子とかにも書いてるのが
あると思いますので、直接県の教育委員会に押し掛けてみるか
もしくは今年教員採用試験を受けた先輩?同期?後輩?に
聞いてみると大体知っていると思いますよ。

Q【歴史・日本の箸文化】日本の箸文化は江戸時代に英語のチョップスティックから箸という文化が日本に根付い

【歴史・日本の箸文化】日本の箸文化は江戸時代に英語のチョップスティックから箸という文化が日本に根付いたというのは本当ですか?

チョップスティックは英語なので、日本の箸文化の前にアメリカかイギリスに箸で物を食べる文化があったということですよね?

なぜアメリカかイギリスの英語圏の国はチョップスティック文化からフォークとナイフ文化に移っていったのでしょう?

今は逆文化としてなぜか江戸時代から使い始めたに過ぎない日本の浅い箸文化をアメリカ人が逆輸入する形になり、アメリカ人たちは自分たちが昔にチョップスティック文化があって箸を使って食べていたという歴史を忘れているのでしょうか?

日本は江戸時代前まではお米もおむすびなどにして手で食べてたんですか?

それとも茶碗に入れて手づかみですか?

チョップスティック文化はアメリカ?イギリス発祥?

いつなんでしょう。

Aベストアンサー

日本の箸の文化は、聖徳太子の時代の遣隋使が隋から箸を持ち帰ったことに始まります。当時の隋はかなりな上から目線で日本に接していました。それ以前の日本は手掴み式の食事スタイルで、これは隋の風習からすると野蛮な行為とされ、ますます日本が見下される恐れがありました。 支那ごときに日本が野蛮国家と見られることは耐えがたき屈辱でした。 よって、支那の使節団が日本に来た時に、立派な国家であると認めさせることは、安定した国家運営を目指す上での最優先事項でした。そこで、支那の使節を招待しても、日本が近代国家として認められるように(支那にバカにされないように)、取り急ぎ朝廷内での食事に箸を用いるよう下命し、これは即実行に移されました。 それが急速に一般庶民にも広がっていたわけで、「江戸時代に英語のチョップスティック云々」という話しは聞いたこともないし、あり得ません。

Qセネガルの文化(主に風習や習慣や伝統的行事)について調べたいのですが、

セネガルの文化(主に風習や習慣や伝統的行事)について調べたいのですが、英語のでもいいので有効なサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

目的にもよりますが、信頼できるのは言うまでもなく、「外務省」や「セネガル大使館」のサイトです。それぞれの語句で検索すればヒットします。信頼できないけれども詳しく書いてあるのはウィキペディアなどです。あとは「セネガル生活」などで検索すると、個人がやっているサイトがいくつかヒットします。個人ですから信頼性については何とも言えませんが、実際に暮らしている人のナマの声を読むことができたりします。

Qアドレナリンβ受容体について教えてください。

アドレナリンβ受容体について、以下の2項目を教えてください。よろしくお願い申し上げます。

1.気道平滑筋のβ2受容体の寿命(または全般的な受容体の寿命)
2.β1受容体のアミノ酸配列

また、上記に関し参考となりそうな図書等もご教授いただければ幸いです。

以上

Aベストアンサー

1に関して、ダイレクトな回答ではありませんが、PubMedで「Receptors Adrenergic beta-2/metabolism review」等で検索するとHitしますので参考にされては如何でしょうか・・・?
沢山Hitしますので最近のものに絞った方が良いかもしれませんが・・・?

同様に2に関しては、「Receptors Adrenergic beta-1 structure reiveiw」等で検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?CMD=Display&DB=PubMed

Q日本文化と西洋文化

日本はアメリカやヨーロッパなどの影響を受けすぎていると思います。もともとのあった日本の伝統や文化が失われつつあるのを感じるのです。例えば何でも横文字にしたがったり、大切なものはもっと他にある気がします。皆さんが日本が(人などを含め)西洋に流されつつあると感じるのはどんなときですか?

Aベストアンサー

敢えて言うなら食文化じゃないでしょうか。

欧米の影響で畜肉を食らうようになりもしたし、米食も次第に食卓から遠ざかっているような気もしますし。
食べる物も柔らかくなりましたし。干し芋とか煮干しをおやつとして食べる時代じゃなくなりましたからね。
それによって日本人の体格もかわったんですがね。

明治時代の文明開化の頃は「和魂洋才」なんてスローガンがありました。
洋風の技術を取り入れつつも、日本人の魂をしっかり保っていこう、という意味合いの言葉です。

しかし、今ではそんなことは言ってられません。
国際化の時代ですから。
日本は小国として世界での重要な位置づけを持つ国です。
それゆえ日本独自の文化に固執していては、国際社会と軋轢を生じる可能性もあります。

日本文化の旧習にも悪い面はあると思いますし、西洋文化のいい面も流入してきていると思います。
日本人というのは、それをよりよいものに浄化していく能力があるように思います。
いわゆる柔軟性というヤツです。

そもそも、日本固有の文化というのは非常に少ないです。
中国や韓国からの影響を受け、漢字文化圏に属し、仏教の影響を持ち、箸で物を食べる。
舶来文化の吸収によって日本という国が成り立っている現状を見なくてはなりません。
固有文化というのは今思いつくところでは家では土足厳禁、くらいです。

戦後、主にアメリカによって、日本人のメンタリティーは骨抜きにされてきたということができるとは思います。
しかし、実は骨はまだ残っているのです。
上下関係、身分秩序というやつが。
会社などでも、組織をしっかりさせるために、緊密な上下関係が存在しているのは日本独特な部分かもしれません。
これにはいろいろと問題点があるでしょうし、反面、日本の経済成長を支えてきたといういい側面もあります。
それゆえ、最近始まった、組織力がアメリカ風になることで、解消される問題点と、従来のよい側面の毀損という葛藤を受けていたりもします。

しかし、日本人というのはバランス感覚をとるのが割と優れていると思います。
もちろんデジタルにここ、という決め方ではなく、このあたり、という緩い決め方をしますが、それによって日本人にとって居心地のいい状態というのをうまく調節することがうまくできるのです。

yy303さんが憂国の士であるなら、ただ憂えるだけでなく、改善案を提案するとよいと思います。
この質問では、「アメリカやヨーロッパなど」「西洋」という言葉の定義が少し曖昧模糊たるものに感じます(日本的な玉虫色の表現であることは承知の上ですが)し、yy303さんが「どんなとき」を求めている理由を考えると、共感仲間を探しているように思われます。
それは悪いことではないですが、例えば「横文字を濫用することがなぜ好ましくないのか」ということを論理的に説明して主張しているかというと、そうでもないような気がします。
悪いとは言いませんが、僕はこうした白濁した説得力の乏しい(これは言い過ぎなのかもしれませんが)主張には、若干食傷気味です。
論理性の部分では日本よりも欧米の方が理屈っぽく優れている面もあるかと思います。

大切なものはもっと他にある、というのは僕も同感です。
しかし、日本固有の伝統文化を守ること、というのは大切なことの片面であると思います。
もう片面として、日本固有の伝統文化を新しく産み出していくこと、というものがあることを指摘しておきます。
なぜなら、前者だけならば、人類は旧套墨守のまま、一向に進歩することがないからです。
むろん、後者ばかりに目を奪われていては何にもなりません。
古きよきものは大事にしていかなければならないと思いますから。
ですから、バランスをとって進まなくてはならないのです。

僕の意見を勝手に述べさせていただきましたが、こういう風に考える人もいるのだということをご理解いただければと思います。

敢えて言うなら食文化じゃないでしょうか。

欧米の影響で畜肉を食らうようになりもしたし、米食も次第に食卓から遠ざかっているような気もしますし。
食べる物も柔らかくなりましたし。干し芋とか煮干しをおやつとして食べる時代じゃなくなりましたからね。
それによって日本人の体格もかわったんですがね。

明治時代の文明開化の頃は「和魂洋才」なんてスローガンがありました。
洋風の技術を取り入れつつも、日本人の魂をしっかり保っていこう、という意味合いの言葉です。

しかし、今ではそ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報