「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

狛犬は神社にしか存在しないんでしょうか?

もしお寺にも存在するなら、
神社の狛犬とお寺の狛犬の違いを
教えてください。

もしなければ、なぜ神社にしか
狛犬は存在しないんでしょうか?

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>狛犬は神社にしか存在しないんでしょうか?



狛犬は神社以外に、寺院にも存在します。
明治政府の「神仏分離令」までは、お寺の中に神社がありました。
(江戸時代既に、寺院・神社が分離している場合もあります)
この場合、多くは「神宮寺」と呼んでいます。
四国の「金毘羅さん」も今は金刀比羅神社ですが、明治初期までは金光院松尾寺で神職は存在せず僧侶が山を管理していました。
旧絵図には、鐘楼・本堂・仁王門・庫裏が存在し鳥居・狛犬もいます。

今でも、山岳寺院に行くと神仏習合の風習が残っています。
神主はいませんが、鳥居・狛犬・拝殿・本殿が存在し、同時に鐘楼・本堂・仁王門・庫裏などが存在しています。

>神社の狛犬とお寺の狛犬の違いを教えてください。

明治期までは「神仏習合」ですから、違いはありません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

みなさん教えてくださって
ありがとうございました!!
参考になりました。

お礼日時:2008/04/29 22:49

http://www.kikuna40.jp/archives/2007/03/post.shtml

お寺に 狛犬 あるようですね。
明治以前は神仏習合だから、ふつうにあったのでは?
    • good
    • 1

こちらを参照


お寺にも狛犬はいるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/狛犬
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺・神社でのガラガラの正式名称を教えてください。

このカテゴリーでいいのかわかりませんが、ご回答をお願いします。
神社の境内のお賽銭箱の前に天井から吊り下げてある、ガラガラは何のいうのでしょうか?
お参りする時に二礼二拍一礼する前にガラガラと鳴らす、あれです。
お寺では鐘を打つようになっていたりしますが、地蔵さんの前では時々見かけます。
仏教や神道では呼び方はちがうのでしょうか?
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あ、失礼しました。 No.3 です。

専門的には“本坪(本坪鈴)”といいます。

厳密な決まりではないのですが、お寺は鰐口、神社は鈴と一応使い分けがあります。

買いたいんですか?よかったらご紹介しますヨ!

それでは、ゴキゲンヨウ!!!

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q神社と寺の共存

歴史の素人です。わかりやすく教えてください。

寺の中に神社があったり、うまく共存しているようにみえます。
神道のほうが仏教より先にあったのに、仏教の力が強すぎて
抵抗できなかったのでしょうか。それとも、もともと両方とも、慈悲と恵みの魂なので、争いを好まなかったのでしょうか。

もう一つ、寺の中に神社があるのはよくありますが、
神社の中に寺のある場所もありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本地垂迹思想は、法華経の本迹二門(本体の教えと仮りの教え)説や、密教の本地身・加持身(本源の姿と、救済のための具体的姿)説などの影響を受けて、表層的には相反する姿でありながら、本源は同一であるという思想を、仏教の仏・菩薩と神道の神祇との関係を語る際に用いられた理論です。つまり、仏・菩薩(本地)が日本人を救済するために、日本の地で現れた姿が神祇(垂迹)である。
 この思想の片鱗は日本ではかなり早い時期に見られましたが、具体的な理論展開が進んだのは、平安中期以降。飛躍的に発展したのは鎌倉期です。
 特に鎌倉・室町期の仏教説話では、日本の神々は本地は仏・菩薩である。そして仏は日本人を救済するために(仮の姿として、申し子として)人間となりこの世に現れる。そして俗にまみれた人間となり、そこでさまざまな艱難辛苦を受けて、神仏の力で苦しみを脱し、最終的には自身も人々を救済する神となる。それが日本の神祇であるという筋書きが多いです。

 俗世より解脱した仏・菩薩のままでは威光が強すぎて、俗にまみれた日本人は救済できない。だからこそ、光を和らげ俗にまみれた姿となり、そして現実世界で苦しむ人間同様に、仏も人間となって悩み苦しみ、より日本人に身近な神の姿で救済する。これを和光同塵(わこうどうじん:威光を和らげ、俗塵に等しくなる)といいます。

 ではこの本地垂迹説はだれが始めたのか。正直分かりませんが、少なくとも民衆に身近な修験者(山伏)や下級宗教者などが、日本人が古来持っている神観念と、仏教との整合性をつけ、より身近に仏の教えを受け入れやすくするために説かれ、また同時に中央の寺院も、布教を行う上でそれをより具体的に理論展開していったのでしょう。

本地垂迹については決して上から下へと押しつけられた物でなく、それを受け入れる素地が日本人側にも存在していたと見るべきでしょう。

具体的には以下の神仏が本地垂迹の関係となります。()内が本地仏。ただし時代や地域によって別説があるので、一定しているわけでもありません。

天照大神(大日如来<或いは観世音菩薩>)
八幡大菩薩(阿弥陀如来<或いは釈迦如来>)
熊野三社大権現(阿弥陀・薬師・千手観音)
住吉大明神(薬師如来)
日吉三社大権現(薬師・釈迦・阿弥陀)
稲荷五社大明神(如意輪・千手・十一面観音・不動尊・毘沙門天)
天満大自在天神(十一面観音)
八坂大明神(薬師如来)
富士浅間大権現(大日如来)
愛宕大権現(地蔵菩薩)

明治までは大半の神社には、当該の祭神の本地仏を祀る「本地堂」などがありましたが、前述通り神仏分離で破棄されました。

本地垂迹思想は、法華経の本迹二門(本体の教えと仮りの教え)説や、密教の本地身・加持身(本源の姿と、救済のための具体的姿)説などの影響を受けて、表層的には相反する姿でありながら、本源は同一であるという思想を、仏教の仏・菩薩と神道の神祇との関係を語る際に用いられた理論です。つまり、仏・菩薩(本地)が日本人を救済するために、日本の地で現れた姿が神祇(垂迹)である。
 この思想の片鱗は日本ではかなり早い時期に見られましたが、具体的な理論展開が進んだのは、平安中期以降。飛躍的に発展...続きを読む

Q朱印帳は神社・お寺 混在でも大丈夫?

京都・鎌倉などを訪問するときは、ご朱印をもらって訪問の記念にしています。まぁ、夏休みのラジオ体操のスタンプ帳みたいな感覚ですが。

しかし、このご朱印帖、日ごろ持ち歩かないため、ぶらりとどこかのお寺さんに出かけた際、「しまった忘れた!」という状況が何度もありました。で、何度もその場で買うことを繰り返し、今では4冊ぐらいあります(^_^.)。

このご朱印帳たち、頑張って朱印でいっぱいにしたいと思うのですが、聞くところによると、神社でもご朱印を頂戴できるとか。(むしろ本来は神社で始まったものなのでしょうか?)

そこで質問なのですが、今もっているお寺の朱印帳に、神社の朱印を押していただいても失礼にならないでしょうか。みなさん、どうしていますか? これ以上朱印帳を増やしたくないので、神社の朱印帳を新たに購入することなく、出来れば手持ちのお寺の朱印帳に神社仏閣ミックスで進めて行こうと思うのですがどうなのでしょうか?

御存知の方、御意見をお願いいたします。

gooの過去の参考質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=438077
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=222278

京都・鎌倉などを訪問するときは、ご朱印をもらって訪問の記念にしています。まぁ、夏休みのラジオ体操のスタンプ帳みたいな感覚ですが。

しかし、このご朱印帖、日ごろ持ち歩かないため、ぶらりとどこかのお寺さんに出かけた際、「しまった忘れた!」という状況が何度もありました。で、何度もその場で買うことを繰り返し、今では4冊ぐらいあります(^_^.)。

このご朱印帳たち、頑張って朱印でいっぱいにしたいと思うのですが、聞くところによると、神社でもご朱印を頂戴できるとか。(むしろ本来は神社で始...続きを読む

Aベストアンサー

神社・仏閣を分ける必要はありません。
 そもそも、朱印帳は納経帳ともいいますが、その名の示すとおり本来は自らが写経した経典を神社仏閣に奉納した、その証明として寺院(神社の場合は別当寺、つまり神社を維持管理する寺院)から受けとった証文書です。そのため古い形式のものの多くは右側に「奉納経」と書かれ、また本尊・祭神名も現在のように墨書きではなく木版で捺印されていました。初めはそれを自らが綴じて帳面のようにしたのですが、後に無地の帳面に捺印してもらうようになりました。
 ですから、本来は写経した経典を奉納するのが本義ですが、本尊・祭神への読経(どきょう:経典を音読すること)・看経(かんきん:経典を黙読すること)も「経典の奉納」と見なし、朱印を発行するようになりました。よって本尊・祭神への読経・看経、礼拝せずに朱印を頂くのは単なるスタンプ帳に過ぎなくなることを留意してください。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q神社には鳥居があって、お寺には鳥居がない?

お寺なのに鳥居があって、
神社なのに鳥居がない所もありますか?

わかりづらい質問ですいません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>お寺なのに鳥居があって、神社なのに鳥居がない所もありますか?

多くありますよ。
他にも回答がありますが、明治政府の「神仏分離令」までは「神仏習合」でした。
つまり、多くの神社の管理は「お寺」が管理していたのですね。
讃岐の金毘羅さんは、金光院松尾寺。
春日大社は、奈良興福寺。
名残として、安芸宮島の厳島神社には五重塔がありますよね。

お寺なのに鳥居があるので有名なのは・・・。
徳島県三好市にある「箸蔵寺」ですね。
今でも、神仏習合時の面影が残っています。
仁王門をくぐって参道を進むと、第一の鳥居があります。
鳥居を過ぎてテクテク歩くと、山門に到着。
山門前には方丈があり、方丈を横に歩くと狛犬が迎えてくれます。
第二の鳥居をくぐって220段の石段を登ると、正面に狛犬。その向こうに本殿(金毘羅大権現が祀られています)に到着。
ここに、観音堂・薬師堂・護摩殿など仏教施設があります。

神社なのに鳥居がないので有名なのは・・・。
埼玉県(旧浦和市)にある調神社が、有名です。
狛犬の代わりに、兎が鎮座しています。

Q神社にある門は何と呼びますか?

お寺にある門は「山門」と呼ばれていますが、神社にある鳥居と本殿の間にある門は何と呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

お寺は山と考えています。だからほとんどの場合「○○山○○寺」といいます。なので山門ですね。

神社の場合は「楼門」といいます。「楼」は高い建物や櫓の意味です。ですから門の上に建物が乗っているような、あるいは上に人が立って見渡せるような門は全て「楼門」です。
柱だけで上に人が乗れないのはただの「門」です。
そして楼門の両脇に神像などが飾ってある場合を「随身門」あるいは「随神門」といいます。

最近、自称専門家や寺社の関係者でも勘違いしている人多くなってますけど・・・
お寺の仁王門も仁王が居るので随身門です。また随身が居ないのに随身門だという人もかなり出てきています。

随身というのは平安の頃貴人の警護のために前を歩く武士の事で、家に居るときは門前で警護していたわけです。仁王さんも神社の神像も警護のために居るのですから随身門で、神様の場合は特に「身」を「神」に換えて随神門と書いたりするのです。

ちなみに最近「鳥居は結界の入り口」などと言ってる自称専門家が多いですね。でもこれデタラメです。
鳥居は神域ではなく、領地や氏子の住んでいる地域の入り口にもあるんです。
実際の神域、つまり結界の範囲は鳥居でも楼門でもその周囲に玉垣と呼ばれる垣根があるかどうか出来まるのです。
玉垣も一重ではなく外玉垣、内玉垣などとあります。

お寺は山と考えています。だからほとんどの場合「○○山○○寺」といいます。なので山門ですね。

神社の場合は「楼門」といいます。「楼」は高い建物や櫓の意味です。ですから門の上に建物が乗っているような、あるいは上に人が立って見渡せるような門は全て「楼門」です。
柱だけで上に人が乗れないのはただの「門」です。
そして楼門の両脇に神像などが飾ってある場合を「随身門」あるいは「随神門」といいます。

最近、自称専門家や寺社の関係者でも勘違いしている人多くなってますけど・・・
お寺の仁王門も仁王...続きを読む

Qもうすぐ夏祭り!面白い企画があれば教えて下さい!

いよいよ夏です。
私が住むマンションでは、8月に夏祭り(いわゆる地蔵盆)があります。
私はこの夏祭りの夜の部の企画を担当しております。

昼の部では、主に子供たち中心ですので輪投げやヨーヨー釣りなどがあります。

夜の部では毎年、マンションの広場で夜店(飲食のみ)を出展し、
ビンゴ大会で大人から子供まで盛り上がっています。

今年は何か別の企画を立てたいのですがなかなか思いつきません。
大人から子供まで楽しめる面白い企画
又は、おすすめの夜店があれば是非教えて下さい!

大学祭、神社のお祭り、また、町内の地蔵盆などなど
「こんな店がよかったよ!」、「こんな企画面白かったよ!」
どんな事でもかまいません。お返事お待ちしております。

m(__)m

<昨年度の夜店>
 冷しうどん、おでん、やきそば、枝まめ、から揚げ、フランクフルト、
 カキ氷、おにぎり、缶ビール、生ビール、ジュース、たこせん

<昨年度の催し物>
 ビンゴ大会

Aベストアンサー

うちの町内会も、夏祭りをやっていますが、毎年、
カラオケ(賞品はありません)なんで、最近は、考える
時期に来ているようです。
以前、商店街(規模は違いますが)のイベントについて
回答したことがありますが、参考になりますでしょうか?

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=64312

Q通りゃんせの歌・・・帰りの何が怖い?

通りゃんせの歌で
「行きは良い良い 帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ 通りゃんせ」
と歌いますよね。

私はむかしこの歌について「7歳のお祝いに札を収めて成長をお祝いする」ために天神様へのお参りをするということで聞いたことがあるんですが、めでたい席の帰りでなぜ帰りが怖いんでしょうか?お払いとか受けた後のはずなのに。
むしろ細道の行きの方が感覚的に怖く感じます。子供の成長についても7歳までのほうが7歳からよりも危ないような気がしますし。

なにか魔物の伝承でもあるんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。
 
  散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。
 
  「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。
 
  諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。
 
  行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。
 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s683.htm

 
  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じ...続きを読む


人気Q&Aランキング