「教えて!ピックアップ」リリース!

数学の教科書なんかで、
「順列・組合わせ」という章があり、
順列の計算には nPr のようにPが、
重複順列では nΠr のように、Π が、
組合わせでは nCr のようにCが、
重複組合わせでは nHr のようにHが、
それぞれ用いられます。

Pが permutation の頭文字、
Cが combination の頭文字、
というのは分かりました。
Π と、Hは、どこからくるのでしょうか。
どなたかご存知の方、教えてください。
(Π は、permutation の p をギリシャ文字にしただけなのかな?)

英語のスレッドでもよかったのですが、
当方、一応英語が専門のくせに、分からずにいるということで、
数学専門の方にお伺いしたく、
ここに質問させていただきました。

A 回答 (2件)

英語にすれば、それぞれ homogeneous product、repeated permutation で、Hはその頭文字、Πはギリシャ文字でPに対応するものです。

重複組み合わせは、同次多項式(x_1+…+x_r)^nの展開係数を計算するときに現れます。同次多項式(homogeneous polynomial)がおそらく由来です。またΠは通常は積の記号として用いますので、直感的にも分かりやすいものでしょう。

ですが、これらの記号は普通は海外では用いません。たとえば二項係数は多くの場合、( )の中に上下に数を二つ並べて書きますし、あるいは、順列は(n,r)=n(n-1)…(n-r+1)のように表すことが多いです。また重複順列はあまり記号法を用いる合理性がない(簡単に指数表示できる)ので、使わない方が無難でしょう。TeXのコマンドにも左下付はないので、"{}_"のように書かないといけません。こういうところにも海外で使われないということが現れています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど、
homogeneous という形容詞の数学での使われ方まで分かって、
大変勉強になりました。
数学で用いる表現は万国共通というか、同じように使われると思いきや、
nHr や nΠr の記号は海外では普通使われないとのこと、
驚きました。

>重複順列はあまり記号法を用いる合理性がない(簡単に指数表示でき
>る)ので、使わない方が無難でしょう。
これについては、今後の課題です(笑)
ご指摘ありがとうございました。
趣味で数学をやっているため、指数とかは1から復習しないと、
まるで分からないんです。
先日やっと2次関数が終わって、今、順列&組み合わせの特訓中です。

詳しいご説明、大変、ためになりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/09/17 19:20

Hは、homo-geneous-product の頭文字です。


Πについては、ちょっとわかりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答に感謝です。
数学の「重複」は、homogeneous なんですね。
すごく意外でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/17 19:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング