質問は2つです。


1.混合比は、下記の式であらわされるが ある温度Tの時の混合比を知る
  ためには温度Tの湿潤空気の全圧と水蒸気の分圧を知る必要が有ります
  がその方法を教えて下さい。算出式、又は表(文献の名前等)をお願い
  します。

 混合比=0.622*水蒸気の分圧/(湿潤空気の全圧-水蒸気の分圧)

2.ある温度Tと相対湿度Sから絶対湿度をもとめる方法を教えて下さい。
  算出式、又は表(文献の名前等)をお願いします。

以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追加です。


これで、やってみてください。

参考URL:http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/env/humid- …
    • good
    • 0

 絶対湿度ρv、混合比r、水蒸気圧(水蒸気の分圧)e、湿潤大気圧(全圧)pとすると、


 r=ρv/ρa=Mv/Ma・e/(p-e)
 ただし、ρa=Ma/R・(p-e)/T
ここで、ρa:乾燥空気の密度、MvおよびMaは水蒸気と乾燥空気の分子量
(Mv/Ma=18.02/28.97=0.622)
 Rは気体定数(8.3144J/mol・K)、T:絶対温度
理想気体とみなしたときなんですが
    • good
    • 1

湿度と分圧の関係がまだ腑に落ちていらっしゃらないようですが...


飽和水蒸気圧が分かれば良いんだから、理科年表を見なくちゃ。
理論的にはクラウジウス=クラペイロンの式(つづりはClausius,Clapeyronかな?ちがったらごめん)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象情報(警報・注意報)を見るときの地区わけについて

最近、家族が愛知県に住むようになって、他地区の気象情報も気にして見るようになりましたが、
警報・注意報等がでても、名古屋市とか豊田市と言うふうには表示されません。
尾張東部・尾張西部・西三河南部・西三河北西部・西三河北東部 などなど
実際、どの辺りのことを言っているのか教えてください。

Aベストアンサー

気象庁のHPに詳しく書いてありますので参考にしてください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/saibun/

Q混合気体について、 分圧比=分体積比 で良いのですか?

混合気体について、
分圧比=分体積比
で良いのですか?

Aベストアンサー

同温同圧下の条件では。
分圧比=モル比=体積比 の関係が成り立ちます。
条件に注意して下さいね。

Q過去の気象警報発令と解除の時刻を調べる方法を教えてください。

過去の気象警報の発令と解除の時刻を調べる方法を教えてください。具体的には8/30(木)の東京23区の情報が知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

気象庁のHPでは、各地の警報・注意報の発令解除の記録まではありません。
だけど、過去のデータから調べる事は出来ます。

まず、このページで東京都の警報・注意報の基準を把握します。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/index.html

次に、このページで調べたい、地区・年・月・日・値の種別を順にクリック。
過去の気象データ検索
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

【参考】
東京 2007年08月23日 1時間ごとの値
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/hourly_s1.php?prec_no=44&prec_ch=%93%8C%8B%9E%93s&block_no=47662&block_ch=%93%8C%8B%9E&year=2007&month=8&day=23&elm=hourly&view=

さきに把握しておいた東京の警報・注意報の基準をもとにデータを見ますと
何時に発令・解除がわかりますよね。


おまけ、気象庁のトップページ(色々な気象がわかる)
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

こんにちは。

気象庁のHPでは、各地の警報・注意報の発令解除の記録まではありません。
だけど、過去のデータから調べる事は出来ます。

まず、このページで東京都の警報・注意報の基準を把握します。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/index.html

次に、このページで調べたい、地区・年・月・日・値の種別を順にクリック。
過去の気象データ検索
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

【参考】
東京 2007年08月23日 1時間ごとの値
http://www.data.jma.go.jp/obd/s...続きを読む

Qこの問題、分流比と分圧比を使って 解いてください! 途中式もお願いします!

この問題、分流比と分圧比を使って
解いてください!
途中式もお願いします!

Aベストアンサー

とりあえず、並列抵抗の合成抵抗を求めます。
合成抵抗R2=400×200/(400+200)=400×200/(600)=400/3Ωとなります。
R1=200Ωとして、直列抵抗のそれぞれにかかる電圧を分圧の法則より求めます。
R1にかかる電圧V1=1000×200/(200+(400/3))=1000×200/(1000/3)=600V
R2にかかる電圧V2=1000×(400/3)/(1000/3)=400V
I1は、合成抵抗R=R1+R2=200+400/3=1000/3Ωより、I1=1000/(1000/3)=3A
I2は、電圧V2=400Vより、I2=400/200=2Aとなります。
I2は別解として、分流の法則と合成電流=3Aより、I2=3×400/(400+200)=3×2/3=2Aです。

Q気象警報・注意報を知らせるメール

気象警報や注意報が発表されたときにメールが届くサービスってありませんか?
できれば無料のサービスがいいです。
そのほかにも地震情報をメールで送ってくれるようなサービスもありませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ!無料というわけにはいきませんが、知っているのでウェザーニューズというのがあります。
以下に参考アドレス載せておきます。

http://weathernews.com/jp/c/  

上記のアドレスはPC向けですが私が使用していて使いやすいのは携帯の方です。
この携帯のほうに登録すると台風や地震などメールで教えてくれるので助かります。
雷や雨に関しても教えてくれますがそれは別途有料です。
台風と地震のみ無料だったようです。(初めのこのサイトに入会するときのみ有料)
それでも宜しければ携帯でドコモの場合。Iメニュー→メニュー/検索→天気・ニュース→ウェザーニューズで見れます。
念のため以下のアドレスで携帯での詳しい情報が見れると思いますので載せておきますね。
天気や地震などの情報を得る他にみんなの投稿された写真などが見れるので楽しいと思います。
それに携帯なので出先で情報を得られるし便利だと思います。
一応お勧めしておきますが参考になれば良いなと思います。(^^)v

参考URL:http://weathernews.com/jp/c/services/living/mobile/index.html

こんばんわ!無料というわけにはいきませんが、知っているのでウェザーニューズというのがあります。
以下に参考アドレス載せておきます。

http://weathernews.com/jp/c/  

上記のアドレスはPC向けですが私が使用していて使いやすいのは携帯の方です。
この携帯のほうに登録すると台風や地震などメールで教えてくれるので助かります。
雷や雨に関しても教えてくれますがそれは別途有料です。
台風と地震のみ無料だったようです。(初めのこのサイトに入会するときのみ有料)
それでも宜しければ携帯...続きを読む

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q気象警報をメールで知るには?

気象警報をメールで知るには?
当地に於いて、本日朝10時ころ大雨洪水警報が出されていたのに、誰も気付いていませんでした。
この時間帯、テレビやラジオを聴いていた人が少なかったためです。
メールで知らせてくれたらよいのではと思いました。

無料配信の読売ニュースを受信しておりますが、ここに地震速報はありますが、警報は含まれていないことが本日、分かりました。

大手新聞のメールマガジンに気象警報があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

岐阜ですか・・・

http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11117/maniaru/haisin/mail_haisin.htm
こちらに「携帯電話や自分のPCで防災情報のメールを受け取ることができます 」とありますが?

また「どんな時にメールが送られてくるのか 」となっているので、送られてくるものだと思いますが。
更に「どんな内容のメールが送られてくるのか」では例として・・・
気象情報: 岐阜県内に警報が発令中。詳しくは防災情報をご覧下さい。
地震情報: ○時○分頃 震度△ □□市 他。 詳細は防災情報をご覧下さい。

と、なってますね。
現在の行政は阪神大震災以来、防災に関して情報周知を盛んに行ってますよ。
行政サービスとして「気象警報・地震情報」を積極的に送り出してます。

Q分子量44の気体A19.8g 分子量不明な気体B24.8gからなる混合気体 全圧が100kPaである

分子量44の気体A19.8g
分子量不明な気体B24.8gからなる混合気体
全圧が100kPaであるとき
気体Aの分圧22.5kPaであった
気体Bの分子量はおよそいくらか?

理数系が苦手です 解き方が分からないので教えてください

Aベストアンサー

気体AもBも「理想気体」だと仮定すると、どちらも「ボイル・シャルルの法則」
  PV = nRT
に従います。
 
 2つの気体が混合・同居しているので体積、温度は等しく(この体積、温度をV0, T0とする)、気体A、Bの圧力、モル数を各々Pa、na、Pb、nb として、
  Pa*V0 = na*R*T0   (A)
  Pb*V0 = nb*R*T0   (B)
ということです。つまり、同じ値をまとめると
  (A) → Pa/na = R*T0/V0
  (B) → Pb/nb = R*T0/V0
つまり
   Pa/na = Pb/nb   (C)

 各々の数値はどうなるかというと、

(1a)気体Aのモル数
  na = 19.8 / 44 = 0.45

(1b)気体Bのモル数:分子量を X として
  nb = 24.8 / X

(2a)気体Aの圧力
  Pa = 22.5 kPa

(2b)気体Bの圧力
  Pb = 100 - 22.5 = 77.5 kPa

 以上を(C)に代入して
   22.5 / 0.45 = 77.5 / (24.8 / X )
   X = 16

 つまり、気体Bの分子量は「16」です。

気体AもBも「理想気体」だと仮定すると、どちらも「ボイル・シャルルの法則」
  PV = nRT
に従います。
 
 2つの気体が混合・同居しているので体積、温度は等しく(この体積、温度をV0, T0とする)、気体A、Bの圧力、モル数を各々Pa、na、Pb、nb として、
  Pa*V0 = na*R*T0   (A)
  Pb*V0 = nb*R*T0   (B)
ということです。つまり、同じ値をまとめると
  (A) → Pa/na = R*T0/V0
  (B) → Pb/nb = R*T0/V0
つまり
   Pa/na = Pb/nb   (C)

 各々の数値はどうなるかというと、

(1a...続きを読む

Q気象警報の取り扱い(出勤時)

気象警報の取り扱い(出勤時)
以前は、台風シーズンには小中学校などでは暴風警報についてのみ、登校の制限がありましたが、最近では、大雨警報など、暴風以外でも命の危険にさらされることが多くなっているようですが、いまだ、学校関係の決まりは特に変わっていません。
自分の勤める会社でも、特に気象警報についての言及はありません。ですが、去年から大雨警報が出たときの対処についても張り紙をしましたが、これは就業規則とかにもはっきりと明示していないとだめなのでしょうか?というのは、去年その警報が出たとき、かなり遅く出勤してきた人は一人で、他はがんばっていつも通り出勤してきていました。結局その一人の人には遅刻の扱いはしなかったのですが・・・
そのあたりの事情、みなさんどうされているでしょうか?

Aベストアンサー

今年から気象警報も市町村単位で出されるようになって、かなり実情にあったものとなってきていますが、それでも地域によって危険性とか被害は変わってきます。また、ギリギリ警報基準になるような場合もあれば、記録的な大災害に至るような大雨もあります。

さらに大雨警報だけじゃなくて洪水警報は?竜巻注意情報は?津波警報は?
警報意外にも、国道○号線で土砂災害があった場合は?○○川の堤防が決壊した場合は?家にどの程度の被害が出たら出勤しなくてもよい?・・・いろいろ挙げればキリがありません。

就業規則等では、「安全かつ合理的な通勤手段を確保できない場合」「住家や家族に被害を生じた場合」などとぼかしておくのが好都合なのかと思います。実際にそういう形で書かれている場合もありますね。その際に出勤を免除される一応の目安を挙げておくと労使双方にとって親切かと思います。
学校などでも同様に、暴風警報、地震警戒宣言、≪その他≫というのがあったりします。

ちなみに私は危機管理部署にいる関係で、基本的に災害時こそ這ってでも出勤します。(でも家族が負傷し手当をする者がいない場合は免除されると規定されています)

今年から気象警報も市町村単位で出されるようになって、かなり実情にあったものとなってきていますが、それでも地域によって危険性とか被害は変わってきます。また、ギリギリ警報基準になるような場合もあれば、記録的な大災害に至るような大雨もあります。

さらに大雨警報だけじゃなくて洪水警報は?竜巻注意情報は?津波警報は?
警報意外にも、国道○号線で土砂災害があった場合は?○○川の堤防が決壊した場合は?家にどの程度の被害が出たら出勤しなくてもよい?・・・いろいろ挙げればキリがありません。

就...続きを読む

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報