タンパク質の立体構造は基本的に20種類のアミノ酸から構成されている。その20種類のアミノ酸(Asp,Glu,Lys,His,Arg,Ala,Leu,Ile,Met,Val,Phe,Trp,Pro,Asn,Cys,Gln,Gly,Ser,Thr,Tyr)それぞれの性質について教えてください。            例えばMet(メチオニン)はタンパク質を合成する。性質と、どの基があるからその性質を示すのか?も詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的には、教科書に載っています。



おおざっぱには、荷電性・疎水性・極性に分けられますが
荷電性に関しては、pKaが深く関わります。
しかも、蛋白質中では、周囲の環境により
そのpKa値自身が変化していることが多いです。

どの残基があるから、こういう性質をもつ、というのはあくまで予想しかできませんね。

官能基と蛋白質の立体構造との関係については、rei00さんのいうように解明されてはいません。

専門家としていうと、蛋白質の性質は、官能基の性質にさらに分子全体としての動的変化も関与しているため、アミノ酸一つの静的性質だけでは決定できないのです。
    • good
    • 0

アミノ酸それぞれの性質は側鎖上にある官能基に基づきます。

どのアミノ酸がどんな官能基を持って,どんな性質を示すかは生化学の教科書のアミノ酸の所を御覧下さい。

で,その官能基と立体構造の関係ですが。これは現在も解明されていない,最先端の研究領域です。

ただ,大ざっぱに言うと,

非極性き同士は近づいた方が安定化します:疎水性相互作用。ファンデルワ-ス相互作用。

OH 基と CO 等:水素結合が起これば,安定化します。

芳香族側鎖:芳香環同士の相互作用が可能で,芳香環同士が層状に重なれば安定化します。

酸性基と塩基性基:+イオンと-イオンの電荷相互作用ができれば安定化します。逆に,酸性基同士と塩基性基同士は電荷の反発で不安低下します。

側鎖自信:側鎖は立体的に嵩張るものですから,当然ある程度の距離まで接近すると立体反発による不安定化が生じます。


で,実際のペプタイド,タンパク質がどういう立体を持つかは,これら様々な相互作用のト-タルとして決まるわけですが,前述のように決まった規則は明らかになっていません。
    • good
    • 0

 タンパク質がどのような立体構造をとるかを、結合したアミノ酸が決定することについての質問だと思いますが、それでいいですか。

違った意味ですか。
http://home.fwi.ne.jp/~arts/photosyn/03_05_prote …
http://jegog.phys.nagoya-u.ac.jp/~ayamada/protei …

参考URL:http://home.fwi.ne.jp/~arts/photosyn/03_05_prote …
    • good
    • 0

なぜアミノ酸の全てを知りたいのかを理解できません。


補足してください。

学生さんでしたら、授業のノートを見れば分かるのでは?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qαヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-

αヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-Pro-Phe」の様になる確率を求めたいのですが、どのように計算したらよいのでしょうか?教えてください。お願いします。

それぞれのアミノ酸がαヘリックスの中に存在する相対頻度は、
Lys: 1.23
His: 1.22
Cys: 1.11
Gly: 0.56
Met: 1.47
Pro: 0.52
Phe: 1.07 です。

Aベストアンサー

その設問では解答が出ません。
αへリックスの長さを無視しているのが問題で,
求めたい確率が,αへリックスが7アミノ酸の長さで,かつその配列が上述になる確率なのか,
7アミノ酸のαへリックスがあったときに,その配列が上述の配列になる確率なのか,
などです。
長さを絞り込まないなら,答えは実際の生物から測定しない限り出ません。
(10アミノ酸のαヘリックス中に見つかる可能性と,
1000アミノ酸のヘリックス中に見つかる可能性では全然意味が違いますよね?)

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Qアミノ酸・タンパク質について

アミノ酸にはL体とD体がありますが、なぜ天然型のアミノ酸はL体なのでしょうか?
タンパク質の二次構造で、αーへリックスやβシート構造をとりやすいアミノ酸はどれでしょうか?よければ理由もお願いします。

Aベストアンサー

天然型のアミノ酸がなぜL体かどうかはわかりませんが、一応αーへリックスやβシートに一般的にどんなアミノ酸が分布しているかはわかっています。

少なくとも私の持っているレニンジャー生化学第4版にはその分布表が第4章図10に載っています。

基本的にαへリックスではもっとも少なく見られるプロリンとグリシンがΒターンではもっとも多く見られるというのが大きな特徴だと思います。

(ちなみにΒコンフォメーションはまた違う分布をしめしているのでご注意ください。αでもっとも多く見られるのはグルタミン酸、メチオニンです。)

同じくレニンジャーによると、なぜそのような分布になるかまだすべては解明されていないようですが、

私が聞いたことがある話では、
プロリンはペプチド結合を作る部分(側鎖含)が環状構造をとるため結合がもろくαへリックスのようにぐるぐる巻きの構造には耐えることが出来にくい、また、グリシンは側鎖がHと小さすぎるので、αへリックスが形成されにくい。

というものです。

参考になれば幸いです。

Qタンパク質からアミノ酸までの分解

タンパク質からアミノ酸まで分解する消化液や消化酵素を教えてくださ

タンパク質 → ペプチド → アミノ酸 
の経路を通るのはわかるのですが、 それぞれにどの酵素・消化液が働くのか
いまいち混乱しています

トリプシンとプロテアーゼはどちらともタンパク質を分解する酵素なのでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Wikipediaで大体分かると思います^-^
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E5%8C%96%E9%85%B5%E7%B4%A0
タンパク質分解酵素の項目をご覧下さい。


タンパク質 → ペプチドにぶつ切りにするエンドペプチダーゼ。ペプシン、トリプシン、キモトリプシンが含まれます。
ペプチド → 1~2個のアミノ酸にバラバラにするのがエキソペプチダーゼ。腸液に含まれるエレプシンが含まれます。

プロテアーゼはタンパク質分解酵素の総称です。
その中にトリプシンも含まれます。

Qアミノ酸配列によるタンパク質の機能の予測

Leu-Ala-Asp-Phe-Ile-Glu-Lys-Leu-Leu-Ser-Val-Ala-Lys-His-Leu-Ile-Asn-Glu-Val-Ser-Arg-Leu
この配列をもつ蛋白質の予想される機能とは何でしょうか?

Aベストアンサー

その配列はタンパク質の一部、ということでしょうか?

それともそれが全シークエンスでしょうか。(その場合はペプチドと呼ぶ方がよいと思いますが)

各種相同性検索でヒットしなかったようですので、そのシークエンスだけからタンパク質の機能を予測するのは極めて危険です。
例えば疎水性アミノ酸残基が多い場合、ある膜タンパク質の膜貫通領域かもしれませんし、親水性タンパク質酵素の折り畳まれた内部かもしれません。

いずれにせよ、モチーフ検索で相同性がなかった場合、一次配列からタンパク質の機能を予測することは現在の科学では不可能です。
どうしても気になるなら(研究上必要であれば)そのタンパク質を精製して、詳細な調査をすることをおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報