フランス語でstudentはetudiant、strangerはetranger(意味は正確に対応していないようですが。)、stomachはestomac、spritはespritですよね?

ここで2つ疑問があります。
1)、なぜ、英語ではsで始まるものがフランス語ではeで始まるのでしょうか?語源的にはフランス語が先ですか?

2)、etranger、etudiantのほうはsの発音がないのに、esprit、estomachのほうは、sの発音が残っているのは何故ですか?どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

フランス語は一年生ですがスペイン語の知識から説明できます。



フランス語もスペイン語もロマンス語のひとつで姉妹語です。 共通する先祖はラテン語です。 ラテン語を見れば語頭にe-がついているものとないものがあります。 語頭がs-なのにスペイン語やフランス語でe-がつくものは、民族固有の発音体系から来るものと思われます。 彼らはsp-, st-で始まる音を嫌い(苦手?)語頭にe-を加えたものと思われます。
フランス語  ラテン語   スペイン語
etudiant 、 student 、 estudiante
etranger 、 strangier(古仏語)、extranjero
estomac 、 stmachus、 estomago
espirit 、 spiritus 、 espiritu

英語の単語はフランス語から取り入れられているので、アクセントのないe-が脱落したのではないかと思いますが自信ありません。

民族特有の発音のクセは日本人が外国語を外来語化するときにもっとはっきりと表れます。 ball=boru, Spain=supein

スペイン語話者のクセ
Stopをestop, ShowをCho と発音します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。回答ありがとうございます。

>民族特有のクセ
わかりやすい&ありそうですね。日本人のカタカナ発音の例はとてもわかりやすかったです。

おおもとはラテン語で、すごく影響しているのですね。

お礼日時:2007/09/23 20:12

回答にはなりませんが、参考として。

フランス語のアクサン・シルコンフレクス(^)はその文字の後にsが脱落したものと言われます。例えばetre は 3人称単数で est に変化してsが現れます。 
foret(仏)は英語で forestなどたくさんあります。どなたかも書いていらしたように、それぞれの民族の舌の癖でしょう。フランス語は
stという二重子音を嫌います。今でこそフランスでも平気で使われる star は etoile。 元はきっと estoile だったんでしょう。だからこれも^が着くべきなのでしょう。ちなみにラテン語は確か stella。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フランス語は本当に勉強したてで・・ほとんど何もわかりませんが・・
でもetreがestになってsが現れる、というのも共通点があって面白いですね。
民族特有のクセ、ということで了解しました。面白かったです。
皆様本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/09/23 20:46

#3です。



さっき書き忘れましたが、私はポルトガル語を学習しているのですが、面白い現象があります。

フランス語の etudiant、etranger、estomac、espritはポルトガル語では estudante、estrangeiro、estomago、espiritoになりますが、ポルトガル語では それらの語の語頭のeは発音されません。多分、このような現象にもヒントがあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。回答ありがとうございます。

とっても面白いですね。
やはり各言語のつながりを把握した上でこれらの現象を当てはめてみると、違った仮説がたちそうです。各言語のつながりを勉強したら、また何か質問するかもしれません。

お礼日時:2007/09/23 20:35

>1)、なぜ、英語ではsで始まるものがフランス語ではeで始まるのでしょうか?語源的にはフランス語が先ですか?


studentを例に取れば、これはラテン語起源です。英語は非常に多くの単語がフランス語に由来しますが、studentに関しては直接ラテン語から取り入れられた可能性が高いです。

>2)、etranger、etudiantのほうはsの発音がないのに、esprit、estomachのほうは、sの発音が残っているのは何故ですか?どなたか教えてください。
自信はありませんが、いったん消滅したものが復活した可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1)に関しては、#1の方の回答(民族特有のクセ)が有力でしょうか。

お礼日時:2007/09/23 20:37

ラテン語(ギリシア語からの借入語含む)で sp, st の語頭を持つものはフランス語やスペイン語では語頭に e を追加することが行われました。

例示された語のうち strange はラテン語では extraneus でこれが古フランス語で estrange となりました。
これは地域の発音習慣によるもので、同じラテン語を祖先とするイタリア語には行われません(それどころか e を落として sf-, sd- などの語頭子音連続があります)。
英語には本来 sp, st で始まる語はたくさんありますから、フランス語からこれらの語を借入した際にアクセントのない e を落としても何も困難はなかったのです。また、ラテン語に原点回帰し、つづりをもとに戻すことも行われましたのでその影響もあるでしょう。

現代フランス語で s を持たない語も古くは estrange, estudiant のように s を持っていました。この s は必ずしも全て脱落したわけではなく残ったものもあります。 esprit は s ではなく esperit の中の e が脱落しました。 s の脱落はこれ以外にも maistre - mai^tre などにも見られます。
中期フランス語では s が書かれていることが多いのですが発音上 s がいつ消えたのかはっきりしたことは分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。回答ありがとうございます。

どの言語がどの言語とどうつながっているかを把握しているのが大事なようですね。
やはり英語は英語、フランス語はフランス語の特有のクセがあるということなのですね。

お礼日時:2007/09/23 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qshould they not otherwise be ・・・の意味が分かりません

ちょっと長く引用しますが、以下の文章中の初めの段落の最終行 "should they not otherwise be in 5th gear" の意味が分かりません。このshouldの倒置(ifの意味ですか?)、notの否定、otherwiseの比較、一体どんな意味にとればよいのかどうぞご教示ください。よろしくです。

I'm hoping this post brings everyone who reads this here blog up to speed on a couple big things that are happening in my life, should they not otherwise be in 5th gear.

First off, I bought a 2001 BMW F650 GS Dakar motor bike a couple months ago (and a really well built helmet + armored jacket + kevlar denim pants). Now, I have to force myself to drive the car once a week. 1300 miles + counting. Total life-style shift. Indescribeable. I love it. Riding in heavy rain might not count as bathing, but I will count it as doing laundry. (以下つづく)

ちょっと長く引用しますが、以下の文章中の初めの段落の最終行 "should they not otherwise be in 5th gear" の意味が分かりません。このshouldの倒置(ifの意味ですか?)、notの否定、otherwiseの比較、一体どんな意味にとればよいのかどうぞご教示ください。よろしくです。

I'm hoping this post brings everyone who reads this here blog up to speed on a couple big things that are happening in my life, should they not otherwise be in 5th gear.

First off, I bought a 2001 BMW F650 GS Dakar...続きを読む

Aベストアンサー

訳:
「この投稿を読んで、ここでブロクを見ているみんなが、
 俺に起こっている2、3の大事件の話についてこられる
 ようになるといいんだけどね、いや、みんなが5速で
 突っ走ってついてきてない場合はってことだけどさ。」

“bring … up to speed”は、すでにご自身で書かれているように
「~に事情をよく伝える」という意味があるのですが、
参考URLのサイトにある語源の説明のように、また
その言葉自体のニュアンスとして、おおよそ「(何かの
機械が)よく機能する速さになるまで速くする」とか、
「頭の回転が十分速くなるようにする」といった感じが
あると思います。

そこで文章前半の「みんなに近況を伝える」という部分
には「よくわかるまでスピードを上げる」といった
ニュアンスがあると思います。

後半は倒置なので「もし~でなかったら」という訳になる
わけなので「まだ、読者(they)が5速になっていなかったら」
となると思います。Otherwise は「読者が前半に説明されて
いるようでは(理解できる速さになって)ない」ことを
指していると思います。

そこで、前半と後半を合わせてやや意訳すると、先に
書いたような訳になるのではないかと思います。

ところでバイクのギアは6速まである場合も多いと思うの
ですが、筆者が書いているバイクは5速までのようなので
その後の文脈ともあうと思います。

参考URL:http://www.worldwidewords.org/qa/qa-upt2.htm

訳:
「この投稿を読んで、ここでブロクを見ているみんなが、
 俺に起こっている2、3の大事件の話についてこられる
 ようになるといいんだけどね、いや、みんなが5速で
 突っ走ってついてきてない場合はってことだけどさ。」

“bring … up to speed”は、すでにご自身で書かれているように
「~に事情をよく伝える」という意味があるのですが、
参考URLのサイトにある語源の説明のように、また
その言葉自体のニュアンスとして、おおよそ「(何かの
機械が)よく機能する速さになるまで速くする」...続きを読む

Qアイホンの辞書設定のところにアメリカ英語 フランス英語 イタリア語-英語 オランダ語-英語 スペイン

アイホンの辞書設定のところにアメリカ英語 フランス英語 イタリア語-英語 オランダ語-英語 スペイン語-英語 ドイツ語-英語とあったのですが僕たちが学校で学ぶ英語はどれですか?あとなぜ英語が6ヶ国語もあるんですか?英語は世界共通じゃないんですか?

Aベストアンサー

もしご質問の通りに表示されているのだとしたら、例えば「イタリア語-英語」は「イタリア語と英語の相互の辞書」という意味ではないでしょうか。つまり、そこに設定を合わせた場合には、イタリア語の単語を調べると、その意味が英語で出てきて、英語の単語を調べれば、イタリア語でその意味が表示される、というわけです。べつに、イタリアふうの英語で表示されるとかそういうわけではありませんし、そもそもそんな英語は存在しません。

今の日本の中高で学ぶ英語はたいていアメリカ式の英語です。したがって、「日本語」とか「日本語ー英語」とか、ただの「英語」という設定がないのなら、「アメリカ英語」にしてみてはどうでしょう。

>英語は世界共通じゃないんですか?

基本的には世界共通ですが、例えば、アメリカとイギリスとでは、たまに単語のスペルが1文字ずつくらい違ったりします。英語を理解できる人には、どちらでも通じるのですが、自分が慣れているほうにソフトウェアを設定したがる人もいます。

Q2025年までに定年65歳 定年と働く意味ある?

そのうち、70,75,80,、、100歳になりそう。

それだったら、定年という制度は意味あるのだろうか?

働きたい老人が、若者の仕事を補っている。

仕事の総量は一定で、日本人全員に仕事があるわけじゃない。

別に、1人が働かなくとも、仕事を募集すればわんさか人が集まってくる。
それなら、定年も伸びるし、若者も経験を得られないし、益々経験者=老人の仕事の価値が高まる。

何もしなくとも、他の人が勝手に仕事をやるのだから、仕事をする、働く意味って、ほとんどないのでは?
そもそも、産業革命で機械が人の代わりに働いているのに、日本人全員が働かないと生活できないのって異常では?
また大昔のように全員で農作業でもするのなら別ですが。それなら、生きるための食べ物を作るという名目はできる。

現状はまさに仕事の奪い合い。戦国時代と現代がどう違うのか?

Aベストアンサー

雇用について

改正高年齢者雇用安定法
2006年4月施行されました。

内容としては、
65歳までの段階的な雇用確保措置が企業に義務づけられました。
また、企業の求人・採用の年齢制限が原則として禁止になりました。


しかし、企業は給料が安く使い安い若者を採用したいのが本音。
それで国は、試行的に採用する企業や、定年引き上げをする企業に奨励金や助成金を出している。


なぜ国は、そのようなことをするのか。

建て前は、少子高齢化、人口減少化の社会状況の中で将来予想される労働力不足への対応策。

しかし実際は、団塊世代の大量退職時代を迎えて、年金制度の崩壊。

だから年金の支給開始年齢を引き上げて、できるだけ払わずにすむよう頑張っている。


社会保障への信頼は地に落ちた…

この国は、自分の老後生活は、自分で何とかしなさいと丸投げです。

Qフランス語の定冠詞は英語の定冠詞と違って指示性が弱いというのは本当ですか?

フランス語の定冠詞は英語の定冠詞と違って指示性が弱いというのは本当ですか?つまり、le より ce のほうが「指示」の場合は好まれる程度が英語のそれより強い?

Aベストアンサー

総称的用法がよく使われるのでそのような印象を与えるのかもしれません。

Le cheval est un animal utile. = Horses are useful animals.
J'aime le vin. = I like wine.

定冠詞のもう一つの用法は「認知されているもの」に付くことです。これは英語でもフランス語でも使われます。

指示は英語では this/that フランス語では ce (**-ci/la) がよく使われます。指示するためには定冠詞は通常アクセントがなく弱すぎます。ドイツ語では定冠詞を強く読むことで指示の機能をもたせることができます。ただ遠近感はないので状況に応じて「この・あの・その this/that」を訳し分けます。

とにかく#1さんも言われるようにフランス語は圧倒的に定冠詞の使用頻度が高いのでそのような印象を持ちます。

ついでに#1さんの言う「中学の英語で定冠詞を指示代名詞のように用いることです。つまり、thisとthatの中間的な意味として日本語では「その」を使うような場合にtheを当てている」については残念ながらそのように考えている講師・教師は少なからず存在します(少なくとも教科書にはそんなことは書いていません)。

総称的用法がよく使われるのでそのような印象を与えるのかもしれません。

Le cheval est un animal utile. = Horses are useful animals.
J'aime le vin. = I like wine.

定冠詞のもう一つの用法は「認知されているもの」に付くことです。これは英語でもフランス語でも使われます。

指示は英語では this/that フランス語では ce (**-ci/la) がよく使われます。指示するためには定冠詞は通常アクセントがなく弱すぎます。ドイツ語では定冠詞を強く読むことで指示の機能をもたせることができます。ただ遠...続きを読む

Q意味不明のツールバーが出現してアンインストールできません!!

はじめて質問いたします。
実は、昨日の夜とつぜんブラウザ上に
意味不明のツールバーが出現しまして
「Bigin2Search.com Ber」というらしいのですが
どうしてもアンインストールできずに
困っています。

おかげでネットの速度もかなり遅くなってしまい
ウィルス感染もしたのかなと心配しております。

原因としましては
どうやらうちの主人が
どこか外国のアプリケーションをインストールして
それをアンインストールしてから
ツールバーが出現したようなんです。

今のところ、ネットの速度が遅くなる以外の
被害はないみたいなんですが
やはり不安なので、ぜひ回答のほう
よろしくお願いいたします。

できればリカバリ以外での回避が
あればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

外国のサイトに行った後に削除できないツールバーが
表れたのでしたらスパイウェアと思います。
放っておくとPC内の個人情報も抜き出されかねません。
駆除ツールのSpybot、Ad-Awareを使って
すぐにスキャン、駆除してください。
参考URLの説明にそってダウンロード、使用してください。
英語表記ですが、CWShuredderも簡単なので
同時に使用をおすすめします。

参考URL:http://www.higaitaisaku.com/

Qフランス語の発音は英語よりも難しそうに見えても、実際は英語より難しくない。

こんにちは。タイトルの文を英訳してみました。

Altough the French pronunciation seems to be difficult than the English one, actually it is not so difficult as English.

問題点が二つあります。一つは、代名詞の受け方ですが、itやoneの使い方はこれでいいんでしょうか? 二つ目は “it is not so difficult as English.”の部分は次のように言い換えることができると思いますが、ニュアンスがどう違ってくるでしょうか?

(1)it is less difficult than English
(2)it is easier than English

Aベストアンサー

とりあえず
French seems more difficult than English in terms of pronunciation, but actually the reverse is true.

To pronounce French words seems more difficult than English, but actually not.

French is said to be more difficult to pronounce than English but...

>Altough the French pronunciation seems to be difficult than the English one, actually it is not so difficult as English.

>一つは、代名詞の受け方ですが、itやoneの使い方はこれでいいんでしょうか?
はい。通常は省略です。

>二つ目は “it is not so difficult as English.”の部分は
次のように言い換えることができると思いますが、ニュアンスがどう違ってくるでしょうか?

とくにこれといってかわらないでしょう。

とりあえず
French seems more difficult than English in terms of pronunciation, but actually the reverse is true.

To pronounce French words seems more difficult than English, but actually not.

French is said to be more difficult to pronounce than English but...

>Altough the French pronunciation seems to be difficult than the English one, actually it is not so difficult as English.

>一つは、代名詞の受け方ですが、itやoneの使い方はこれでいいんでしょうか?
はい...続きを読む

Q計算機イプシロン

計算機イプシロンの値を求めるプログラムは作成できるのですが、
IEEE754浮動小数点の形式から理論的にはどうやって計算機イプシロンの値は求められるのでしょうか??

Aベストアンサー

そう. で, 例えば float (32ビット) だと有効数字部は 23ビット. このとき 1 という値は 1.000...0 (0 は 23個) という形で表現される. 機械イプシロンを e とすると, 1+e は 1.000...1 (途中の 0 は 22個) のはず. つまり e は 0.000...1 (小数点以下の 0 は 22個) で, 結局 2^-23 になる.
まあ C ならそれなりなヘッダを読み込めば, 浮動小数点の形式に依らず機械イプシロンがわかるんだけどね.

Q【英語】「To be a new ready.」って正しい英語ですか? 質問1: 日本語でどういう意

【英語】「To be a new ready.」って正しい英語ですか?

質問1:

日本語でどういう意味ですか?

質問2:

あと Step to be a new ready.となると和訳がどう変わるのかも教えてください。

質問3:

Sunday is not a melancholy day.

和訳をお願いします。

Aベストアンサー

どこで見た英語でしょう?
ready に名詞用法はありますが、
the ready で「準備完了状態」で at the ready という形になったり、
イギリス英語で俗語として cash の意味になったりするくらいで、
a (new) ready で意味を成すような表現はありません。

単純に a new lady と日本人が間違って書いたように思います。

step の後にしても、
steps to success「成功への一歩」のように前置詞 to が普通で、
あまり不定詞は来ないように思います。

質問3だけ。
日曜日は憂鬱な日ではない。

日本語ではこうなりますが、
melancholy は人が憂鬱な、という意味と
ものが人を憂鬱にする、の意味があり、
こちらは後者です。

Qエバーグリーンのインスパイア

 よく雑誌などで今江プロや菊本プロ等が文面で「○○からインスパイアされ」と出てきますが、イマイチ意味が分からないのです、どのように解釈すればよいのでしょうか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

inspire >> 元気づける、激励する、何らかの感情、考えなどを持たせる、霊感を与える

というような意味があります。

景色なり、状況なりをみて
直感的に何かをひらめいた時に
それを神様から与えられた、または
自然から教えられた、何か不思議な力がはたらいた
というような意味合いで使われる単語です。
「私が考えました!作りました!」
というよりは、なんとなく控えめな
いい感じの言葉なので雑誌等でも
使われているのだと思います。

自然にインスパイアされて良い釣行を
なさってくださいね(^^)

Q「森の話」を英語、フランス語、ドイツ語にしてください!読みもお願いします!

「森の話」を英語、フランス語、ドイツ語にしてください!読みもお願いします!

Aベストアンサー

tale of forest【英】テイル オブ フォーレスト

histoire de la forêt【仏】イストワ デゥ ラ フォレー

geschichte von wald【独】ゲッシヒット フォン ヴァルド


人気Q&Aランキング

おすすめ情報