出産前後の痔にはご注意!

自己破産の際に弁護士から貯金通帳を全て持って来てくださいと言われたのですが、その全てと言うのはどの範囲までなのでしょうか?結婚前の通帳とか、何かの時に作っただけで全く使用していないもの、もう通帳すら手元に無いものもあるんですが、現在、生活に使っている物だけで良いのでしょうか?後に、古い通帳を提出していない事が判明して問題になったりしないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自己破産の申し立ての場合、申し立ての日より1年前までの貯金通帳のコピーの提出が必要です。


所有している通帳はすべて、1年分コピーして添付書類として提出する必要があるので、お持ちの通帳すべて提出してください。

通帳が無いものや提出できない場合、銀行の窓口で取引明細表を1年分作成してもらい提出します。
免責の決定により負債を免除して貰うには、必要な作業です。(自分に財産が無い事を証明する為に。)

後に提出していない通帳が判明して、財産が残っていたなどとなると免責の取り消しなどの処分になります。(破産したにもかかわらず、負債を全額返済する義務が発生します。口座引き落としなどでローンの返済していた場合などは債権者より裁判所へ通報されますからバレます。)

なので、全部提出した方が良いと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。そのように伝えます。

お礼日時:2007/10/05 07:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産前の個人的銀行通帳の解約はまずいですか。

非常に迷っております。自分の借金300万、国民金融公社に380万です。今のところ個人銀行預金には、ほとんどお金は入っておりませんが、個人的に消費者金融から8年前から借り入れがあり、返したり、借りたりの繰り返しでした。その内容が生活費であったり、ギャンブル(競馬)です。この度会社廃業と個人的な自己破産を考えておりますが、3年前ごろから1年前ごろに結構な額のギャブルをやった通帳があります、自己破産をするにあたり、通帳のコピーなどの提出がありますがその内容で借金の原因がギャンブルであったのではと思われやすく免責不許可事由にあたることになってしまうようで非常に気がかりです。この為、今はお金も入っていない銀行の通帳などの解約は自己破産をやるにあったって、見つかってしまうものなのでしょうか。今回の借金は会社運営と設立などに使ってしまいました。

Aベストアンサー

免責をうけるのには、解約は不都合です。
非常に悪影響があります。
正直に、現在の借金の使い道と、昔の借金の使い道を話した方が良いと思います。

免責を受けないのでしたら、なんでも自由です。
通帳など提出する必用もありませんし。

Q自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護士先生は何とかしてくれましたが・・・。一度詳しく無視していいものかどうか聞いてみるとよいと思います。

もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
⇒基本無いと思います。弁護士次第です。
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
⇒細かく心配事を話しておく必要があります。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
⇒ま、私の場合会社の知るところで、会社の組合から弁護士相談に至りましたが・・・。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

まとめ
〇弁護士は法的公使を行う為、そのような提訴等は基本無いと思われます。その怪しい2社というのが全情報信用情報記録開示書に出てこないようなところですとありえると思いますが、弁護士はそんなやわな仕事ではないはずです。基本的に心配なことは弁護士に相談すべきです。ま、正直に心配なことをぶっちゃけてすっきりしないと人生のやり直しも出来ませんし。不安で仕事にならないと思います。私は債務整理で払い込み期間は過ぎ、妻は自己破産と行いましたが、自分を反省し見直すチャンスです。弁護士に細かく心配事をぶつけるべきです。弁護士もいろんな人がいますが、要点を絞って反省の誠意を持って話せば誠意を持って答えてくれると思います。国選弁護士、と民間弁護士ではちとお金のかかりかた対応が違うかもしれませんが。解決していくのはあなた自身です。

以上参考になったかわかりませんが。

 

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護...続きを読む

Q自己破産、免責時に資産を隠せないのですか?

素朴な質問なんですが、自己破産した際、誰しも少しは資産を隠したいのではと思うのですが可能なんでしょうか?
例えば300万円借りておいて100万程度の絵を買い、これを300万の借金のかたに取られたと嘘を言えば(相手と通謀)、200万円の現金が残りますよね。こんな事出来るんでしょうか?

人によっては、はなから破産するつもりでサラ金から借りまくる人もいるでしょうし。ちなみに私はそのような対象者ではありませんが、一応法学部だったもんで上司から突然聞かれてこまってます。(学校出て11年もうすっかり法律とはご無沙汰です)

自己破産を裁判所が認定する際、かなり詳しく隠し資産をチェック出来るものなんでしょうか?
また、一旦免責の決定が出た後は隠し資産がある事がバレても、免責の破棄は無いのでしょうか?

経験者、法律実務者の方々、お教え下さい。

Aベストアンサー

>という事は通常は同時廃止の方が多く適用されるという認識でよろしいですか?

同時廃止になる条件は、簡単に言うと財産がほとんど何もないことです(破産法145条)
ですから個人の自己破産の場合は、ほとんどが同時廃止になります

>自らの負債総額を申告する為に証拠書類が必要な事は当然予想しておりました
>が、その借入の使途についても証明しなければならないのでしょうか?例えば
>ギャンブル等ですってしまい現金もレシートも無い、などという事は通るので
>しょうか?

証明までは求められませんが、裁判所が納得するだけの説明は必要です
たとえば、生活苦のために借入をしたのであれば、月々の生活費がいくら必要で
いくら不足したから、その分を借入した、といったことです
ちなみに、ギャンブル等の浪費の場合は破産はできますが、免責はされません(破産法366条の9第1号、375条1号)
つまり、借金はチャラになりません

Q自己破産の申請をしていてそれ以外で調べられる事

離婚して子供を抱えて、自己破産の手続きをしております。 名義は私ですが、当時婚姻してました夫に名義貸ししてました。
名義が私ですので 離婚して預貯金もなく、生保で生計をたてている私は支払う事が出来ません。
法テラスを使用しまして弁護士に依頼中なのですが
今回の自己破産以外の事を根掘り葉掘り裁判所が聞いてくるようです。
今回の自己破産(5年前からの借り入れ) 聞いてくる質問は10年くらいまえに遡って聞いてこられます。
弁護士の事務官と破産手続きの準備をしておりますが、今回のような破産の件と全く関係ない事を聞いてくるようなケースは今までなく 正直戸惑ってるとの率直な答えを事務官から受けました。

破産物件と関係ない事を聞いてくるのは 結局どういう事なのでしょうか?

わかる方がいらっしゃれば教えて下さい。

私は元主人のDVに長年に渡りさらされ続けて精神障害者3級です。
陳述書を作成したにあたって 精神的に疲れてしまい、少し休もうと思っていた矢先に 意義ありとばかり、100近くの新たな質問文(3分の2以上今回の破産と関係がない質問でした。)
例えば、
病気の発症の詳細 元主人の性格やギャンブル(株や為替を含む)家の購入の経緯
以前の職場での勤務成績(元主人の方)
子供達の学校の事やら結婚した経緯までもきかれました。
上記全て私の自己破産と関係ない事です。
他にも質問ありますが、膨大な為省略します。
これは何か問題があり聞いてくるのでしょうか?
弁護士事務官のいうことには 最初に提出した書類類は完璧で 矢継ぎ早に膨大な質問がここまで返ってきたのは初めての体験のような事を言ってました。
心配で眠れません。
宜しくお願い致します。

離婚して子供を抱えて、自己破産の手続きをしております。 名義は私ですが、当時婚姻してました夫に名義貸ししてました。
名義が私ですので 離婚して預貯金もなく、生保で生計をたてている私は支払う事が出来ません。
法テラスを使用しまして弁護士に依頼中なのですが
今回の自己破産以外の事を根掘り葉掘り裁判所が聞いてくるようです。
今回の自己破産(5年前からの借り入れ) 聞いてくる質問は10年くらいまえに遡って聞いてこられます。
弁護士の事務官と破産手続きの準備をしておりますが、今回の...続きを読む

Aベストアンサー

 No.1です。

>誠意を持ってわかる範囲にて応えていくようにしたいと思います。…が反面、自己破産が通らないかと思うと 不安です。
精神的にズタズタの状況(離婚等他)に塩を塗られてる心地です。

 裁判所は意地悪で質問しているわけではありません。むしろ、破産免責を認めるために必要な事項を確認していると見るべきです。裁判所が本当に破産免責を認めたくないならば、破産の経緯が不明であるとして結論を出せばいいからです。

 私は、破産の手続きが大変であることは、破産する人にとってマイナスではないと思います。というのも、現実には、一度破産した人が、その後また安易にお金を借りて払えなくなるケースは少なからずあるからです(質問者さんのことではありません)。
 このような人を見ると、安易に破産を認めることが、果たして本人のためになるのは難しい問題です。破産手続きのとき、難儀な思いをすれば、再度安易に借金することは少なくなるのではないでしょうか。

 ともかく、たいへんでしょうが、裁判所の質問にしっかり回答してください。質問者さんが誠実に回答すれば、裁判所はきっとよい答えを出してくれるはずです。

 

 No.1です。

>誠意を持ってわかる範囲にて応えていくようにしたいと思います。…が反面、自己破産が通らないかと思うと 不安です。
精神的にズタズタの状況(離婚等他)に塩を塗られてる心地です。

 裁判所は意地悪で質問しているわけではありません。むしろ、破産免責を認めるために必要な事項を確認していると見るべきです。裁判所が本当に破産免責を認めたくないならば、破産の経緯が不明であるとして結論を出せばいいからです。

 私は、破産の手続きが大変であることは、破産する人にとってマイナスでは...続きを読む

Q実家に同居している場合の自己破産の実際

お世話になります。タイトルの通りなのですが、両親・兄弟と共に生活していてる22歳の青年がリストラその他で、自己破産を検討しております。

その場合、弁護士に依頼して家族に感知されること無く手続きはできるでしょうか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4237603.html
の回答者によると、
>実家に破産管財人(裁判所の担当官)が数回訪問したり連絡を入れたり、両親などにも面会したりしますので、同居別居を問わず、両親や兄弟などにばれずに自己破産は全く不可能なことです。

とのことですが、個人の場合不動産などの財産がある場合にしか管財人は選任されず、裁判所の担当官ではなく、裁判所が選任する弁護士であると聞きました。

もし上記の回答が本当であれば、両親・兄弟に内緒でというのは不可能なのでしょうか。
勿論、郵便物に関しては本人以外は見たり開封する事もないことを前提とします。

どうか教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら、依頼先から「家計表」の提出を言われませんでしたか??
ご両親やご兄弟の収入、支出を記載する必要があるからです。
もし、一人暮らしの場合はご自身についての収支が提示できれば
okですが、同居の場合はこのハードルを超えなければなりません。

従って、結論としてご質問者さんの知りたい事については、
破産手続きの準備段階(破産申立)につき『同居の家族』に伝え、
協力を得る必要があると言えますし、その方が手続き上スムーズに
進みますヨ。色々あるでしょうが・・・お話することをお勧めします。

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら...続きを読む

Q夫が自己破産します。 家族名義の資産について教えてください。

夫が義父の購入した家の連帯保証人になっています。
返済が困難になり家は競売にかけられ、今はありません。

そして義父は亡くなり連帯保証人である夫の元に通知が来たのですが
額が三千万以上あり、私たち四人家族の生活を考えると自己破産をしようということになりました。

賃貸住宅を借りて住んでおり財産と言えるほどの物は無いのですが二つの点について心配があります。

一つは子供の学資保険(郵便局の簡易保険)です。
保険類は解約戻し金が20万以上あると取られると聞きました。
中学一年の子供が産まれた時から掛けてた物で20万以上あるはずです。
今は夫が契約者であるこの保険を妻である私名義に変えてしまうと破産の手続き上、
どんな影響があるでしょうか?

もう一つは私の父が私名義で住宅金融公庫に積み立てをしてくれていることです。
近いうちに満期になりますが数百万あります。
決して豊かではない生活から一生懸命積み立ててくれたこのお金だけは
なんとしてでも守りたいのです。

破産宣告するのは夫なのですが家族の通帳のコピーも求められると聞きました。
ということはこのお金も知れてしまうのでしょうか?
その結果免責に影響は出るのでしょうか?

読みづらい文だと思いますかどうぞお願いします。

夫が義父の購入した家の連帯保証人になっています。
返済が困難になり家は競売にかけられ、今はありません。

そして義父は亡くなり連帯保証人である夫の元に通知が来たのですが
額が三千万以上あり、私たち四人家族の生活を考えると自己破産をしようということになりました。

賃貸住宅を借りて住んでおり財産と言えるほどの物は無いのですが二つの点について心配があります。

一つは子供の学資保険(郵便局の簡易保険)です。
保険類は解約戻し金が20万以上あると取られると聞きました。
中学一年...続きを読む

Aベストアンサー

非常に実際的な話をします。

住宅ローンの連帯保証人なら、慌てることはありません。

自己破産はいつでもできます。と言うよりも、
あなたの御主人の場合、自己破産してもしなくても大差ないと思います。

確かに法律上連帯保証人は本人と同じ債務を引き受けることになるのですが、現実には抵当物件の家は競売にかけられ、処理済みです。そして残りの連帯債務者は返済能力が無いか極めて低い状態です。

銀行は郵便で督促してきますが、無視しておけばよろしい。
2年ぐらいはそんな状態が続きます。

やがて裁判所から呼び出しが来ますが、これも呼び出しに応じても行かなくても結果は変わりません。

そのうち、相手は満額ではなく可能な限りの金額を回収しようと交渉してきます。

この時点でこちらに財産があれば差し押さえをしてきますが、御主人名義以外は差し押さえできません。これははっきりしています。
口頭では家族に類が及ぶような言い方もしてきますが法律上それは出来ないのです。

そのうち、銀行は債権回収会社(サービサー)に債権を安くたたき売り、サービサーが債権者になります。
この場合、債権額の1割位で解決しようと持ちかけてきます。
それが払えれば、それで解決です。
払えなければ払える額までドンドン下がっていきます。いくらかでも払えばそれで一巻の終わりです。

もしくは公的保証協会が債権者となって来る場合があります。
この場合は債務は消えませんが、毎月1000円でも500円でも払える額を払い続けることになりますが、生活に大きく影響する金額にはなりません。

もし、万が一、街金や、商工ローンなどのノンバンクから借りていて、強烈な追い込みがあり、耐えられないと言った場合のみ自己破産すればよろしい。

しかし、自己破産するにも何十万円か必要です。
あわてずにゆっくり構えて生活を壊さないように落ち着いて対処すればよろしい。

因みに、8500万円を5万円で解決したこともあります。

非常に実際的な話をします。

住宅ローンの連帯保証人なら、慌てることはありません。

自己破産はいつでもできます。と言うよりも、
あなたの御主人の場合、自己破産してもしなくても大差ないと思います。

確かに法律上連帯保証人は本人と同じ債務を引き受けることになるのですが、現実には抵当物件の家は競売にかけられ、処理済みです。そして残りの連帯債務者は返済能力が無いか極めて低い状態です。

銀行は郵便で督促してきますが、無視しておけばよろしい。
2年ぐらいはそんな状態が続きます。
...続きを読む

Q★自己破産前の準備として(クレジットカードその他)

★自己破産前における、準備?としてのご助言いただけませんか??

もしかしてですが、詳しい経緯は省きますが、自己破産をしなければいけなくなった場合の質問です。直接自分のギャンブルなどではなく、連帯保証による債務不履行の巻き込まれ事故です。

約10年後の自己破産ペナルティ後のカードやローンが少しでもうまく通るように復旧対策とりたいと思っています。(10年というのは、信用調査会社上、一番長い銀行協会のヒストリーのため、一応10年と書かせて頂きました)

履歴の復旧までの期間は、カード会社やその時の年収により、ケースバイケースと聞きますが、、そこでもし今回私が自己破産を早めに決断した場合は、もし10年としてヒストリー復旧後、またカードやローンを組めるよう対策をしておきたいと思います。

現在まで私自身は30歳後半まで、一度もカードなどの滞納がなく、クレジットカードのヒストリーはJCBゴールド200万、楽天ゴールド300万、その他2枚も80万、50万と一度も審査おちることなくキレイな状態です。車のローンも400万去年まで通りました。

が、しかし今回自己破産が見込まれた場合

(1)自己破産前にもう今の段階でカードをすべて解約し0枚にし、現金主義に切換え、破産の手続き時に(例え生活のカード決済でも)債務にカード会社の名前をかかなくていいように口座振替などに変えておき、たとえ100円でも10年後?ではないかもしれませんが、将来できるだけ復旧の足かせにならないようにするために今もっているカード会社に迷惑がかからないというか、10年後以降の審査が通るようにしておきたいのですが、やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?

(2)これは判断はカード会社によるかもしれませんが、例えば自己破産後に、1枚だけ解約していないカードを残していた場合、さらに使っていない状態で1枚だけもってたりとすると、まあすぐ1~2ヶ月とかで強制解約の通知がくるのでしょうか? それとも、もしすぐ解約通知なるものがこなく、自己破産後たとえば2~3ヶ月後にうっかり店頭のレジで使用した場合、突如レジで利用不可という状況になるのでしょうか? 

特にもうクレジットカードと車のローンはこの先最低10年は使えなくなる覚悟はできているのですが、この辺り気になりました。

(3)あとまた自己破産された、もしくは周りでいわゆる信用上ブラックで、実際は何年でクレジットカードや車や家のローンがくめた(復旧した)という話しをききますでしょうか?

(4)それ以外に、何か自己破産前にしておいた方がいいことあれば教えていただけませんか?

多少、なにかその辺り情報をお持ちの方、教えて頂けますと助かります。

★自己破産前における、準備?としてのご助言いただけませんか??

もしかしてですが、詳しい経緯は省きますが、自己破産をしなければいけなくなった場合の質問です。直接自分のギャンブルなどではなく、連帯保証による債務不履行の巻き込まれ事故です。

約10年後の自己破産ペナルティ後のカードやローンが少しでもうまく通るように復旧対策とりたいと思っています。(10年というのは、信用調査会社上、一番長い銀行協会のヒストリーのため、一応10年と書かせて頂きました)

履歴の復旧までの期間は、カー...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?
 ・その方が賢明です、(2)と関連しますが
  そのままカードを保有していても、カードの更新時期には信用情報は確認されますから(CIC、JICCの信用情報)
  その時点で、自己破産したことはわかりますから、通常ならカードの更新がされません(それまでは使用可能と言うこと)
  この場合、その情報はカード会社の社内情報として残りますから(これは何年経っても消えません)
 ・5年経過後も(CIC・JICCの記載期間は5年)そのカード会社では再度のカード発行は難しくなります
 ・解約をした場合、5年経過後に再度カードの申込をしても通常の新規の審査になりますからね

 ・車のローンは信販会社(加盟がCIC・JICCなので)なら5年経過後なら可能、クレジットカード、ショッピングローン等も同様(クレジットカードで銀行が直接発行しているのは不可)
 ・車のローン・住宅ローン等の銀行扱いは10年経過後でないと無理

 ・当面は(毎月引落以外なら:電気料金とか)VISAデビットカードを作れば(VISAデビットを扱っている銀行に口座を作り発行して貰う)通常の買い物(ネット・街の店舗)ならVISA決済で購入できます
  (クレジットカードではないので、決済、即銀行口座からの引き落とし:使用上限は口座残高まで)

>(1)やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?
 ・その方が賢明です、(2)と関連しますが
  そのままカードを保有していても、カードの更新時期には信用情報は確認されますから(CIC、JICCの信用情報)
  その時点で、自己破産したことはわかりますから、通常ならカードの更新がされません(それまでは使用可能と言うこと)
  この場合、その情報はカード会社の社内情報として残りますから(これは何年経っても消えません)
 ・5年経過後も(CIC・JICCの記載期間は5年)そのカード会社で...続きを読む

Q自己破産で管財人が付いた場合

自己破産で管財人が付いた場合

困っています。
自己破産申請中です。
自己破産で管財人が付いた場合どんなことが起きるのでしょうか?
不安で仕方ありません。
財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

一般的に、不動産等高額な財産がある場合は管財人が選任されますが、財産も少額で負債も少額な場合(数百万円程度)は、管財人の選任は実務ではないです。
その場合は、破産宣告と同時に「廃止決定」と云う決定がなされ、それで破産は終結します。
後は、免責申請して、認められれば終わりです。
管財人が選任された場合の管財人の仕事は、その不動産の調査等、債権者と債務者両方の利益を考え進めますので、予納金だけでも最低200万円ほど積む必要があり、長期間かかります。
一般的には、財産、負債とも数千万円から数億円以上の場合です。

Q自己破産手続き中の収入に関する質問です。

フリーで仕事をしておりましたが受注が激減し収入難と多重債務となり
弁護士に自己破産の委任をしたところです。(財産、所持金はほぼなし)
諸々の手続きが始まったばかりで、申し立ては未だ先の状況です。

そんな折、なんとか就職先が決まりそうなのですが、
直ぐに就労となり翌月から給与が入った場合、
破産の免責が決定されるまでは給与も差し押さえられるのでしょうか?

自由財産として現金所持は99万まで認められている様ですが、
給与は銀行振込みでしょから預金扱いとなり、資産として取られるのではないかと不安です。
どうかご教示下さいませ。

Aベストアンサー

こんばんは。
給料の差し押さえについては、破産手続開始決定時までのものなので、それ以降の給料については差し押さえ対象にはならないと思います。

預金口座は、仰る通り資産扱いとなることもありますので、可能なら現金化しておくといいと思いますよ。

この辺りは担当弁護士に相談しながら進めた方がいいです。
それぞれの内容で、個別に対応した方がいいこともあると思いますので…

参考になれば幸いです。

Q妻の自己破産は可能か?と、その影響は?

専業主婦の妻が7社合計300万以上の借金があり返済のめどが立たなくなったので自己破産を考えています。

そこで質問なんですが、妻には所有する財産は無いのですが、私名義で買った不動産、そのローンに影響はあるでしょうか?
また、これから私がクルマ購入等でローンを組む場合影響はあるでしょうか?

あと、私の収入は月40万程ですが、妻名義の借金とはいえ自己破産に影響はあるでしょうか?

妻の借金の理由は義母の生活苦による送金です。

Aベストアンサー

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しくありません。
ですから銀行で融資を申し込んでも、サラ金系の保証会社でも審査をする可能性もあります。
自社のデータベースの中に奥さんの事故情報が見つかるかもしれませんし、情報センターに照会するかもしれません。
いろいろな会社を通すことでいろいろな審査がありますから、事故が見つかる可能性も高くなっていくと思います。

ですから、全く影響がないか、という質問は、わたしは「影響がある場合もある」と思います。

しかも、融資を断る理由は申込者に開示しなくてもいいのですから・・・

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しく...続きを読む


人気Q&Aランキング