最近ジャンク商品に興味があり、ONKYOのCDプレーヤーC-722超美品を購入しました。
但し書きは“CDを認識しません”でした。
ピックアップレンズ付近の清掃や半固定抵抗のボリウム調整で復活するだろうと思っていました。
手元に届き再生すると、音飛びもなく全曲正常に再生できたため「認識するじゃん!」と喜んだのですが、次のCDを入れるとキュルキュル音がして認識せず…。
何枚か試しましたが、認識するアルバムとしない物があるようです。
認識する物は何度やっても認識します。しない方も同じです。
(今のところ)90年代CDの方が新しいCDより再生できる確立が高いです。
「C-722は96年製なので古いアルバムの方が相性が良いのか?」とも思いましたが、そんな相性があるとも思えません。
「研磨による傷やCDの厚さなどに違いがあるのでは?」とも考えましたが、あまりなさそうです。
同じレーベル内、例えばAVEX同士でも聞ける物と聞けない物があります。

この場合、どんな事が考えられるのでしょうか?
「CD-Rが再生できない」などの場合は、反射角が違うから調整が必要と言うのは分かるのですが、物はCDですし全く再生できないわけではないので、レーザーの出力等を調整する前に質問してみました。
最終的にいじるのは私ですので、“回答”というよりコメントを参考にしたいと思いました。

ちなみに現行機種C-733も所有しており、そちらでは全てのCDが再生できます!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 同じレーベル内、例えばAVEX同士でも聞ける物と聞けない物があります。


そのディスクはCCCD(コピーコントロールCD)ではありませんか?
avexや東芝EMIなどで採用されていた規格で、CDと同じ大きさではありますが似て非なるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%94% …

この回答への補足

現在勤務中で手元にはありませんが、帰宅後にすぐ確認してみます!
その可能性が非常に高いため、これで締め切りになるかもしれません。

補足日時:2007/10/14 19:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認してみたところ、確かにCCCDは再生出来ませんでした。
ただ、コピーコントロールCD表記のないCDでも認識しない物は多数ありました。参考のウィキページにも「当該マークを使用していない・独自のロゴを使用している物もある」などと書かれているので、それらの該当品かもしれません。もしくは単に薄傷の影響なのかもしれません。

確認作業はトレーを閉めた時点で合計の演奏時間が表示されるか・無反応かのチェックのみです。

CCCDの存在と内容については大まかに知っていましたが、まさか市販のプレーヤーで再生できないとは把握していませんでした。
これではCDがジャンク商品みたいですね…。

簡単とはいえ、指摘していただきありがとうございます!
少しだけ様子を見て、終了しようと思います。

お礼日時:2007/10/14 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qμm単位の生物の分離法について

研究でクラミドモナスとゴニウム、パンドリナを扱うようになったのですが、この3種類が同じ容器に入っていて、比較しながら実験したいので、この3種(各8μm、24μm、20μm)を個別に分けようとしてみたのです。ところがどうもうまくいきません。フィルターがサイズに合うものがなくて、遠心分離なども試して見たのですが、思うようにはいきませんでした。ピペットで顕微鏡を見ながら分けようとしたのですが、それもうまくいきませんでした。(やり方にまずいところがあるかもしれませんが...)

何か良い方法はないでしょうか?

知っている方おられたら、教えてください。

Aベストアンサー

再び、protozoaでございます。

すいません、桁まちがえてました。確かに1/50mmでは、肉眼では厳しいかもしれませんね。

実験の目的を考えるに都度分離するよりも、系統を確立した方がよいでしょうから、単離培養した方がよいと思います。そこで、下記の方法は如何でしょう。

その1
もし、対象がクローナルエイジングで、運動性がそれほどないなら、希釈してから寒天培地にまいてコロニーを形成させてみるとか(大腸菌じゃないから無理ですか)。

その2(その1の変形)
1. 最初の培養液で、3種入り混じった大雑把な個体数を数えます(100個体/mlとか)。
2. 1個体/1mlぐらいになるまで希釈します(上記の場合は100倍希釈)。
3. 上記希釈液をエッペンドルフチューブなんかに1mlほど分注して、それを100本作ります。
4. それを、しばらく培養。
5. うまく行けば、100本中の何本かは、単離できてるのではないでしょうか。

希釈倍率とサンプルの数は、あなたの経験とカンと熱意により、適当に調整してください。

その3(力技)
下記の「教材としての原生動物」という報文には、マイクロピペットでつり出せとあります。
一度につり出しは難しいから、シャーレに順番に移して次々と希釈していけとあります(そう言えば、昔そんなこともやりましたか)。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsproto/journal/jjp36/jjp_j.html

その4(他力本願)
すでに単離培養済みの株をどこかから譲り受ける。

その1は論外として、その2とその3をアレンジすれば、なんとかなりそうな感じがします(結局は、修行しだいですかね。無責任で申し訳ないですが、何とかなると思いますよ)。

うまく行くことをお祈りいたします。

再び、protozoaでございます。

すいません、桁まちがえてました。確かに1/50mmでは、肉眼では厳しいかもしれませんね。

実験の目的を考えるに都度分離するよりも、系統を確立した方がよいでしょうから、単離培養した方がよいと思います。そこで、下記の方法は如何でしょう。

その1
もし、対象がクローナルエイジングで、運動性がそれほどないなら、希釈してから寒天培地にまいてコロニーを形成させてみるとか(大腸菌じゃないから無理ですか)。

その2(その1の変形)
1. 最初の培養液で、3種入り混じっ...続きを読む

QONKYO GX-100HDにふさわしいCDプレイヤー

当方オーディオに関する知識が皆無なので、的外れな質問かも
しれませんが、教えて下さい。

現在、所持CDについては2万くらいのCD/FM/AMラジカセで聴き、
ノートパソコンの音楽データ(WinXPSP3、WMPに標準的圧縮で保存)
はノートパソコンに内蔵されているスピーカーで聴いているところです。

最近、もうちょっとよい音で音楽を聴きたくなりました。そこで
近々ノートパソコンを新調するのと同時にPCスピーカーの導入を
検討しています。具体的には新しいノートパソコンにONKYO SE-U33GXV
を経由してONKYO GX-100HDをつないでみれば、かけた費用の割には
結構音が良くなるのではないかと思っています。
(その認識で正しいでしょうか。)

すると、CD/FM/AMラジカセのスピーカーよりGX-100HDのほうがいい音が
出るのだから、所持CDもGX-100HDで鳴らした方がいい音で聴けると
いう事ですよね。(それで正しいでしょうか。)

その時は、SE-U33GXVにつなぐ事ができるようなCDプレイヤーを用意
すれば、所持CDもいい音で聴けるという事でしょうか。
ノートパソコンとCDプレイヤーを同時にSE-U33GVXに接続しておける
という事なのでしょうか。
それで正しいのなら、おすすめのCDプレイヤーはどんなものが
ありますか。やはりONKYO製品が相性が良いのでしょうか。

当方オーディオに関する知識が皆無なので、的外れな質問かも
しれませんが、教えて下さい。

現在、所持CDについては2万くらいのCD/FM/AMラジカセで聴き、
ノートパソコンの音楽データ(WinXPSP3、WMPに標準的圧縮で保存)
はノートパソコンに内蔵されているスピーカーで聴いているところです。

最近、もうちょっとよい音で音楽を聴きたくなりました。そこで
近々ノートパソコンを新調するのと同時にPCスピーカーの導入を
検討しています。具体的には新しいノートパソコンにONKYO SE-U33GXV
を経由して...続きを読む

Aベストアンサー

わざわざCDプレーヤーを購入しなくても、パソコンのCDドライブで再生すればいいと思います
その分安くすませることもできますし、購入予定のものに金を振り向けることもできます。
CDプレーヤーは、スピーカーなどの再生環境がもっとよくなってからでいいと思います。

老婆心ながら、今回の購入品です。
これで環境を固定するつもりなら、GX-100HDのようにほど良いパワードスピーカーはコストパフォーマンスも高く、良い選択だと思います。いづれもっと音を良くしたいと考えておられるなら、パワードスピーカーではなく通常のスピーカーとアンプを選択されたほうが、応用がきいて良いかと思います。

Qμmと、mmは?

すみません。
私、単位がどうも苦手でして、
μmとmmは、10の何乗でしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

μm=10^(-6)m
mm=10^(-3)m
です.

ついでに,
nm=10^(-9)m  (ナノメートル)
pm=10^(-12)m (ピコメートル)

最近,ナノテクノロジーなんて言葉をよく目にします.

Qカセットデッキ、ONKYO K-511M の回転ムラ

カセットデッキ(ONKYO K-511M)の回転ムラが酷くなり、特にピアノ曲など聞くに耐えません。
http://audio-heritage.jp/ONKYO/player/k-511m.html

これを修理するか買い換えるか悩んでいますが、修理費はどれくらいかかるでしょうか?
古いものなので修理しても他が故障することも考えられます。
買い換えるしても最近はグレードの低いカセットデッキ(K-505FX)しか売ってないので躊躇しています。

なにとぞ、よきアドバイスをよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こん○○は
テープを送るための回転軸/キャプスタンを回しているベルトは、長い間に溶けて伸びてくる傾向にあり、発売時期から考えても十分伸びている可能性があると思います。あと、この機種のスライドアップローディング用ベルトも伸びてスリップすることが多いです。

使用頻度が多くなくヘッドや表示部がまだまだ元気なら、修理に出しても良いと思います。比較的ベルトにたどり着き易い機種なので、内部を覗いてみて出来そうなら、ダメ元でベルト交換に挑戦してみてもイイかもしれませんね。

では、検討を祈ります(^^ゞ

Qmmからμmへの計算方法

分析補助の仕事をしてます。
化学の基礎が全くありませんので、こういった単位が出てくるとお手上げです。
仕事には必要な知識ですので身につけたいと思っております。
さて、表題の件ですが。
粒径分布で、例えば0.42mm以上の粒子を粒子径μmにした場合の計算方法を教えてください。

後、化学の基本的(計算の仕方とか濃度の出し方とか)な事が書かれてる参考書、参考になるようなサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

単位の換算の話ですよね?

でしたら,「1mm = 1000μm」になりますね.「ミリ」は「千分の1」を表し,「マイクロ」は「百万分の1」を表しますので,

1ミリメートル=千分の1メートル
1マイクロメートル=百万分の1メートル

ということです.0.42mmは420μmになります.

参考URL:http://www.sendai.kopas.co.jp/METAL/PUBS/SI.html

Q最近の録音の良いCD、オーディオチェックに良いCDは?

20年ぶりにオーディオに懲りだしました。Jazzとクラッシックを主に聞いておりますが、最近の録音の良いCDについてはまったくわかりません。 LP専門のオーディオ時代には、好録音盤ということで話題になったLPもたくさんありましたが、CDになってからの好録音盤については、まったくわかりません。 JAZZとクラッシックの音楽CDで、オーディオチェックに向いているCDを、お教えいただければうれしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

norimakiarare さん こんにちは。

20年ぶり!?  おかえりなさ~い。

技術は日進月歩で オーディオファンにとっては 良い時代です。

(この手の雑誌などは 冬!? のようですが。)


私は ↓ を紹介したいと思います。
このHPでは 最近のオーディオ情報なども いろいろありますから 見てみてください。


以前 聴かれていた お気に入りの音源は ありませんか?

CD化されている可能性が高いです。

そのCDは 持ってる という場合でも

数年で デジタル リ・マスター といって

音が うそ~! みたいに 良くなることが よくあります。
(その場合 デジタル リ・マスター などの表記がある場合が多いです。)

オーディオファンとして まさに 喜びでもあり  ... 。


秋は オーディオの季節です。

秋の夜長 よい音楽に ひたってください   ^ ^   ...  。


(大先輩に対して 釈迦に説法! でした。 ごめんなさい。)
 
 
 
 

参考URL:http://www.phileweb.com/shop/soft-kan/

norimakiarare さん こんにちは。

20年ぶり!?  おかえりなさ~い。

技術は日進月歩で オーディオファンにとっては 良い時代です。

(この手の雑誌などは 冬!? のようですが。)


私は ↓ を紹介したいと思います。
このHPでは 最近のオーディオ情報なども いろいろありますから 見てみてください。


以前 聴かれていた お気に入りの音源は ありませんか?

CD化されている可能性が高いです。

そのCDは 持ってる という場合でも

数年で デジタル リ・マスター と...続きを読む

Q単位換算

120μm^2をm^2に変換すると

120m^-12=1.2m^-10

であってますよね?

Aベストアンサー

違います。
マイクロはSI接頭辞( http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E )で10⁻⁶ですので、(10⁻⁶)² = 10⁽⁻⁶ײ⁾ = 10⁻¹²
120×10⁻¹² (m²)と言う意味です。!!!

= 1.2×10² × 10⁻¹² (m²)
= 1.2×10⁽²⁻¹²⁾(m²)
= 1.2×10⁻¹⁰(m²)

接頭辞と単位をごっちゃにしたら駄目です。

Q「キット屋」のSV-722の組立で、SOS

「キット屋」のSV-722を組み立てました。
フラットアンプ部において、音質には問題が無いのですが、R-CHのゲインが、L-CHの半分位しか得られません。
私のチェック済みは、
1、12AX7の入替えで変化無し
2、ロータリーSWのライン入力3系統変化無し
3、VRで、L-CHのHOTに触れれば、ハム音は当然出ますが、R-CHでは出ません(明らかに何処かにミスが有ると思われる)
4、フラットアンプ部を再確認するも、配線・パーツ等異常無し
5、電源部には正常電圧が、出ています
以上の結果で、つまずいております
メーカーにメールを送りましたが、18日迄担当者が夏休みであるとの返事でした。
どなたか、良きアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

予想どおり?「当てずっぽうでハズレ」っぽいですね。
(すいません)

メーカーのサイトで回路図を見つけられたので、もう一度検証してみましょう。
http://www.kit-ya.jp/etc/images/AS00017-C.jpg
http://www.kit-ya.jp/etc/images/AS00018-C.jpg

#7タイプがC22タイプが不明ですが、どちらも大差ないので#7と仮定します。


今までの結果を総合して考えると、

・C13またはC16の異常(それも、容量抜けや絶縁不良等ではなく、半断線や接続不良等の「抵抗増大」となるような不良)である
・他の箇所の異常は考え難い

となります・・・が、「Cの半断線」なんていうことはまず滅多に起きませんので、やはり誤配線の見落としや電圧の測り間違え(や私の推論の勘違い)の可能性も否定できません。


故障箇所を絞り込んだ方法(考え方)は下記の通りです。

・初段の「V4aのG」と「V5aのG」を結んで音出ししても変化無し
 →ボリューム以前の部分は正常
・「V4」と「V5」を挿し替えても変化無し
 →真空管は正常
・2段目の「V4bのG」と「V5bのG」を結んで音出ししても変化無し
 →(多分)R16・17・19、C12は正常
・3段目の「V6aのG」と「V6bのG」を結んで音出しすると同音量
 →C17以降の部分は正常、(多分)V6、R25・26も正常

ここまでで、まだ残っている不良候補は、
(1)Rch2段目周辺の、R18・20、C13・16
(2)Rch3段目入力の、R23
(3)Rch2段目→1段目への帰還回路全体

但し、
・電圧測定及び抵抗値測定が正常だったことから、R18・R20はおそらく正常。
・R23が1MΩ→100Ω程度になっていたと仮定すれば、ほぼ矛盾なく説明できるが、抵抗値測定が正常だったのであり得ない。
・帰還回路の定数が狂っていても、2段目のG同士を結べば同音量になるはずなので、値が狂っていることは考えられない。
・帰還回路の誤配線(例えば、帰還回路の一部が誤ってアースに接触している等)があると仮定すれば、上記R23の場合同様ほぼ矛盾なく説明できるが、配線は正常とのことなのであり得ない。

・・・で、残るのがC13・16「だけ」なんです。
(上でも書きましたが、あまり起こり得ないことですが)


とりあえず、
(1)両chのC16(の入力側)同士を接続して音出し
(2)両chの2段目(V4b、V5b)のP同士を接続して音出し
ですね。

(1)が異常なら、C16(付近)が不良
(1)が正常(というか同音量)で(2)が不良なら、C13(付近)が不良
(1)も(2)も正常なら、やはりR18・20・23や帰還回路の、抵抗値や配線が疑わしい・・・

となります。

予想どおり?「当てずっぽうでハズレ」っぽいですね。
(すいません)

メーカーのサイトで回路図を見つけられたので、もう一度検証してみましょう。
http://www.kit-ya.jp/etc/images/AS00017-C.jpg
http://www.kit-ya.jp/etc/images/AS00018-C.jpg

#7タイプがC22タイプが不明ですが、どちらも大差ないので#7と仮定します。


今までの結果を総合して考えると、

・C13またはC16の異常(それも、容量抜けや絶縁不良等ではなく、半断線や接続不良等の「抵抗増大」となるような不良)である
・他の箇...続きを読む

Q単位の換算

非常に簡単な問題を質問するので恐縮ですが,以下の答えをお願いします

密度が9.34×10^-4 [g/mm3]の物質の1μgは何μm^3でしょうか?

どなたか解説つきでお願い致します

Aベストアンサー

[密度]=[質量]÷[体積]
ゆえに[体積]=[質量]÷[密度]
=1[μg]÷(9.34×10^-4 [g/mm3])
=1÷(9.34×10^-4) ([μg]÷[g/mm3])
=1÷(9.34×10^-4) μmm3
つまり、単純に、数値は数値同士、単位は単位同士の掛け算・割り算をして行けばいいのです。

QB&W CDM1SE と B&W 685 どちらが良いですか

引越し先の6畳洋間で使う10万以下のSPとして、
中古B&W CDM1SE または 新品B&W 685
を候補としております。

ロック、クラシックを主に聞き、
アンプは、真空管プリメインアンプの
トライオードTRV-34SEです。

上記のどちらのSPが良いでしょうか。
ご教示ください。

Aベストアンサー

同じメーカーながら、CDM1SEはカッチリとしたモニター調の展開、685は暖色系で肌触りの良い音だと思います。TRIODEのアンプと合わせて試聴したことはないですが、いずれも相性は悪くないと予想します。

どっちがいいのかは、スレ主さんが聴き比べて決めるしかないと思います。CDM1SEは中古品しかないですけど、実機を聴くことが出来ないのであればCDM1SEの導入を見合わせた方がよろしいでしょう。何しろスピーカーは各個人の好みがありますから、試聴しないで買うのは禁物です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報