最近ジャンク商品に興味があり、ONKYOのCDプレーヤーC-722超美品を購入しました。
但し書きは“CDを認識しません”でした。
ピックアップレンズ付近の清掃や半固定抵抗のボリウム調整で復活するだろうと思っていました。
手元に届き再生すると、音飛びもなく全曲正常に再生できたため「認識するじゃん!」と喜んだのですが、次のCDを入れるとキュルキュル音がして認識せず…。
何枚か試しましたが、認識するアルバムとしない物があるようです。
認識する物は何度やっても認識します。しない方も同じです。
(今のところ)90年代CDの方が新しいCDより再生できる確立が高いです。
「C-722は96年製なので古いアルバムの方が相性が良いのか?」とも思いましたが、そんな相性があるとも思えません。
「研磨による傷やCDの厚さなどに違いがあるのでは?」とも考えましたが、あまりなさそうです。
同じレーベル内、例えばAVEX同士でも聞ける物と聞けない物があります。

この場合、どんな事が考えられるのでしょうか?
「CD-Rが再生できない」などの場合は、反射角が違うから調整が必要と言うのは分かるのですが、物はCDですし全く再生できないわけではないので、レーザーの出力等を調整する前に質問してみました。
最終的にいじるのは私ですので、“回答”というよりコメントを参考にしたいと思いました。

ちなみに現行機種C-733も所有しており、そちらでは全てのCDが再生できます!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 同じレーベル内、例えばAVEX同士でも聞ける物と聞けない物があります。


そのディスクはCCCD(コピーコントロールCD)ではありませんか?
avexや東芝EMIなどで採用されていた規格で、CDと同じ大きさではありますが似て非なるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%94% …

この回答への補足

現在勤務中で手元にはありませんが、帰宅後にすぐ確認してみます!
その可能性が非常に高いため、これで締め切りになるかもしれません。

補足日時:2007/10/14 19:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認してみたところ、確かにCCCDは再生出来ませんでした。
ただ、コピーコントロールCD表記のないCDでも認識しない物は多数ありました。参考のウィキページにも「当該マークを使用していない・独自のロゴを使用している物もある」などと書かれているので、それらの該当品かもしれません。もしくは単に薄傷の影響なのかもしれません。

確認作業はトレーを閉めた時点で合計の演奏時間が表示されるか・無反応かのチェックのみです。

CCCDの存在と内容については大まかに知っていましたが、まさか市販のプレーヤーで再生できないとは把握していませんでした。
これではCDがジャンク商品みたいですね…。

簡単とはいえ、指摘していただきありがとうございます!
少しだけ様子を見て、終了しようと思います。

お礼日時:2007/10/14 22:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDの音飛びを直す方法を教えてください。

クリーニング用のCDはまだ試していません。

購入後5年くらい経ちます。

光センサのCDで何故音飛びするのでしょうか?

Aベストアンサー

CDピックアップ用レンズが汚れると音飛びします。

CDを再生するときはCDに付いている細かい溝を半導体レーザーでなぞって読み取ります。
レンズが汚れているとうまく溝をトレースできなくなり隣のみぞに飛び移ってしまうことがあります。
これが音飛びの原因です。
最近のは先読みをしてメモリに溜め込み少しのズレも音飛び無しで補正してくれますが
5年前となると・・・ついているか分かりません。

同じ現象でCDの方に汚れが付着しているとレーザーのトレースを邪魔して音飛びします。
ですので再生の場合はレンズ・ディスク両方をきれいにして再生してください。
小さな埃をついたままプレーヤーにセットすると、ディスクが回転したときに
ディスクから取れます。取れたのはプレーヤーの中にたまりますが、レンズにつくと
音飛びしやすくなります。あとタバコの煙でも汚れます。

おそらくクリーニングすれば直ると思います。
何回クリーニングしても直らない場合は半導体レーザーの寿命かもしれません。

QONKYOのCDプレイヤー「C-733」と「C-705FX」で迷っています

今年の3月に発売したばかりのONKYOのCDプレイヤー
「C-733」と「C-705FX」ですがどちらを購入するべきか迷っています。
「C-733」の定価は63,000円、「C-705FX」の定価は31,500円と倍の価格差がありますが音質に変化の方はありますでしょうか?
音質以外にもココが優れているからこっちがイイ等のアドバイスが頂ければ助かります。
本当はお店に行って調べるのが一番ですが信州のド田舎ですので
ナカナカそれもままなりません。
アドバイスがありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

明らかにC-733の方がいいです。使用しているクロック精度が断然違いますので、音のクリアな感じ、音場感がぜんぜん違います。
C-733は単品モデルC-1VSLに近い設計をしているからです。

予算が許せばC-733です。

QCDプレイヤーのピックアップ掃除で復活したが、またすぐダメに。

こんばんは。
CDプレイヤーが故障していて、再生ができません。
ディスクの認識をしない(ディスクを入れても"NO DISC"の表示になる)ことが多く、認識しても再生ができないこともあります。

そこで、いくつかのホームーページを参照して、ピックアップのレンズの部分を掃除してみました。綿棒にイソプロピルアルコールをつけて、レンズの表裏を拭きました。
すると見事に復活して、CDを3枚くらいは正常に再生できました。しかし、その後数時間してCDを再生しようとすると、また元のように"NO DISC"となって再生ができません。

何ヶ月か前にも同じような経過をたどったことがあります(そのときはレンズの表しか拭きませんでしたが…)。

どのようにすれば長期間正常な再生ができるようになるのでしょうか?
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

No.2です。
>綿棒で構わないのでしょうか?
光学レンズの清掃には専用の不織布を使いますが、ピックアップのレンズは小さいので、むしろ綿棒の方が安全でしょう。
>、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、
あなたの家の蛍光灯が次第に暗くなり、いずれは使えなくなるように、モノはいつまでも同じではありません。自然の摂理です。
>清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能になるというのがどうも不思議な気がするのですが、
全然、不思議ではありません。レンズの問題ではなく、レーザーが弱く、不安定になっているので読めたり読めなかったりするわけです。
レンズの汚れが障害の場合は、拭いた綿棒が汚れます。そのぐらい汚れています。
その他、タバコも吸わないのになぜレンズが汚れるかというのがありますが、CDは放熱用の穴が少ないので一般に汚れにくいものですが、トレイや基板の部分を濡らした綿棒で擦ってみて下さい。同様にレンズも汚れます。
ピックアップは、新しい機種のものは、CD-RW対応でレーザーを強くしているので寿命が短いようです。
ピックアップの入手性はメーカー・機種により異なります。
新しい機種は、自動調整になっているので基盤上に調整用の半固定抵抗がなく、意外とあっさり交換できるものもあります。一方、機構が複雑でとても難しいものもあります。機種がわからないので、こうとしか言いようがありません。
ちなみに、ピックアップの交換修理は、1万円から1万5千円ぐらいでしょうか。

No.2です。
>綿棒で構わないのでしょうか?
光学レンズの清掃には専用の不織布を使いますが、ピックアップのレンズは小さいので、むしろ綿棒の方が安全でしょう。
>、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、
あなたの家の蛍光灯が次第に暗くなり、いずれは使えなくなるように、モノはいつまでも同じではありません。自然の摂理です。
>清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能...続きを読む

Q輸入盤のCDが聞けません

こんにちは。10年程前に買ったPanasonicのCDコンポですが、輸入盤のCDが聞けません。以前(5,6年前)にも同じことがあり、ディスクのせいかと思ってショップに聞いてみると輸入盤と国内盤は仕様がちがうので聞けないことがあるといわれました。その後は輸入盤でもちゃんと聞けていたのですが最近買ったCDがまた聞けないようになりました。2,3年前に購入した弟のプレーヤーだと何の問題もなく音が出るのですが…新しい製品だと輸入盤でもちゃんと聞けるのでしょうか。このまま買いかえずに聞ける方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

10年前の機種ですと次のことが、考えられます。
 CDの録音時間です。最近のものは、74分オーバーがあり
 再生できないものが、あります。

CD盤の厚みが、違うものもあります。
コピーガードも邪魔します。

私も経験しています ソニーのラジカセ ZS-6
エラーがでてCDを認識しません。ピックアップを交換しましたが
だめでした。一万円かかりました。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

QONKYO FR-V77 分解掃除

ONKYO FR-V77 分解掃除の手順や経験談などを掲載しているサイトありませんか?

ピックアップレンズ周りを掃除したいのですが、壊すの覚悟で。
(今 まともにCD読み込みません・・)

レンズクリーナではもう手遅れで・・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.カバーを外す。
2.ボリュームツマミを抜き取る。
3.底面2カ所のネジを外し、フロントパネルカバーを外す。爪ではまっています。
4.フロントパネル両側2本ビスを外しパネルを外す。
5.リアパネルのプラスチックカバーを外す。
6.リアパネル、入力端子などのビスを外してリアパネルを外す。
7.ボリューム側縦に2枚ある基板の接続基板を外す。硬いので折らないようにドライバーなどでこじる。
8.MDユニットネジ4本ゆるめ外す。
9.CDユニットのプラスチックカバー止めネジを外す。左2本右奥1本ネジあり。
10.カバーに爪ではまっている基板を外す。爪折れやすい。
11.プラスチックカバーを外す。CDユニットに右側爪ではまっている。
12.CDのセンターピン受けプラスチックバーを外す。ネジが小さい。
13.ピックアップご対面。クリーニングしてください。

慣れないとかなりやっかいです。爪など折って再起不能になることもあります。分解時に良く構造を覚えておかないと再組立が出来なくなります。

QONKYO CR-185Xの音飛び修理方法

ONKYOのCR-185XというCDプレーヤーを使用していますが、音飛びがひどくマトモに聞けません。特に始めの方のトラックの音飛びがひどく、後半のトラックはなんとか聞けるという状態です。
修理方法はありますでしょうか?
また、CR-185Xにi-podをつないで聞くという方法もあるようですが、その場合CDを聞くのと音質は変わらないものなのでしょうか?
修理代がかかり、i-podでの音質がわるくないのであれば、こちらの選択肢も考えています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

音とびの主な原因は、以下の3つぐらいでしょうか。

1.レーザーが弱くなっている。
2.レンズが汚れている。
3.ピックアップを移動させる機構(主にレール)の汚れ

などですが、簡単にできる方法は、市販のレンズクリーナを使うことですが、回復の可能性は低いと思います。
「始めの方のトラックの音飛びがひどく、後半のトラックはなんとか聞けるという」という状態からすると、3番目の原因のような気がします。
「CR-185 修理」で検索をかけると修理をした経験が書かれたサイトがいくつか見つかると思いますが、CR-185は2階建てで構造が複雑なので、壊す可能性大です。

iPODの音質については、主観的なのでお店で確認されることをお奨めします。もう少し安いコンポだとわからないと思いますが、CR-185って以外(失礼)といい物なのでわかるかもしれません。

私なら、
取りあえずDS-A1はあると便利なので、これを買ってみます。
修理は安価(でも1万円以上)ですみますが、何週間か使えなくなります。

QONKYO CR-185の時刻設定

ONKYO CR-185のリモコンを中古購入しましたが時刻設定の方法が分かりません、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

CR-185 かなり前のCD/TUNER/AMPですよね?自分も使ってました。
本体が壊れたので、スピーカーだけSONYのNETJUKEと繋げて使っています。今のミニコンのスピカーと比べても良い音出ていると思います。
それはさておき、時刻設定ですが、まず、
左下のMODE SELECTORからTIMERボタンを数回押すとADJUSTという表示になります。
そこでENTERボタンを押すと、曜日(MON~SUN)と時刻が点滅していますので、横の左右選択ボタンで曜日を選んでENTER。
次に時刻を10キーで入力(24h)してENTER。
これで完了です。
自分も使い始めは戸惑ったのでよく憶えてます。
がんばってください。

Qアンプの性能について

現在ONKYOの「A-905」というアンプを使用しています。

1997年に生産されたものです。

スペックは、

実効出力 15W+15W(8Ω)、21W+21W(4Ω)

トーンコントロール BASS 50Hz±10dB/TREBLE 10kHz±10dB

です。

これをパソコンのサウンドカードに、アナログ接続で繋いでいます。

ヘッドホンはAKGのQ701を使用しています。

気になっていることは、最近のアンプならば、これよりもっと良い音がでるのかということです。

私はアンプのスペックが解らないので、最近のものと比べると、どれぐらい劣っているのか判断できません。

例えば、価格コムで見つけたONKYOの「TX-8050」。

定格出力 100W/6Ω

再生周波数帯域 5Hz~100kHz

と比較するなら、圧倒的に劣っているのでしょうか?

音には現時点で、特に不満はありません。

ただ古いアンプですので、最近のものに変えることによって、もっと良い音で音楽を楽しめるのならアンプの変更を検討しています。

アンプ変更の際には、光デジタル接続にしようと考えています。

だらだらと長い質問になってしまいました。

よろしくお願いします。

現在ONKYOの「A-905」というアンプを使用しています。

1997年に生産されたものです。

スペックは、

実効出力 15W+15W(8Ω)、21W+21W(4Ω)

トーンコントロール BASS 50Hz±10dB/TREBLE 10kHz±10dB

です。

これをパソコンのサウンドカードに、アナログ接続で繋いでいます。

ヘッドホンはAKGのQ701を使用しています。

気になっていることは、最近のアンプならば、これよりもっと良い音がでるのかということです。

私はアンプのスペックが解らないので、最近のものと比べると、どれぐらい劣っているのか判断でき...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆるマニアの方は、アンプで非常に変わるようなことを言うかもしれませんが、わたしはそれほど違わないという意見です。
プリメインアンプのアナログ回路は最近それほど技術的に変化はありません。
また出力も普通の重多雨であれば50ワットもあれば十分です。
能率の低いスピーカーが増えたことは事実ですが、それでも通常使うのはせいぜい数ワットで、それ以上はピークへの余裕をどこまで見るかということです。
また再生周波数帯域 5Hz~100kHzというのも、人間が聞こえる周波数は最高20kHz 、低音はスピーカーの性能にもよりますが、25Hz出せるスピーカーはかなり優秀です。普通は50Hzくらいしか出ません。
という事でこれも旧いものでも今のものでもあまり変わりません。

ただデジタル技術は日進月歩です。この部分はパソコンのサウンドカードからUSB接続のDAC(デジタルアナログコンバーター)にしたほうが良いでしょう。
わたしのお勧めはアンプはいまのものを当面使う、その予算で出来る限り良いDACを買うということです。
DACの何が良いかはネットや雑誌で研究されたら良いと思います。

私はアンプ作りを中心に50年以上オーディオをしてきましたがその結果の答えが以上のようなものです。
アンプの実物を見せないで音を聞かせたら、先ずその違いは判らないということです。実物を見せると高価なものや輸入物が良く聞こえるかもしれないの、それは公平な評価にはなりません。

いわゆるマニアの方は、アンプで非常に変わるようなことを言うかもしれませんが、わたしはそれほど違わないという意見です。
プリメインアンプのアナログ回路は最近それほど技術的に変化はありません。
また出力も普通の重多雨であれば50ワットもあれば十分です。
能率の低いスピーカーが増えたことは事実ですが、それでも通常使うのはせいぜい数ワットで、それ以上はピークへの余裕をどこまで見るかということです。
また再生周波数帯域 5Hz~100kHzというのも、人間が聞こえる周波数は最高20kHz 、低音はスピ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報