させていただくって言葉、みんな使ってるけど、
本当は使い方が間違ってるんですよね??
どんな意味なんですか??
謙譲語らしいけど場合によっては失礼にあたることもあると聞きます……どなたか教えてください(><)

アンサープラス

「させていただく」はよく聞く言葉ですが、使いこなすのは難しい言葉だそうです。


下記のサイトも参考にしてみてください。

・【失礼な敬語】「させていただく」の使い方を間違えていませんか? | TABI LABO
http://tabi-labo.com/216833/keigo2/

A 回答 (8件)

文化庁の文化審議会国語分科会が今年2月に答申した『敬語の指針』(*)の


第3章・第2・6項で、「させていただく」の使い方の問題に触れています。

http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin. …
(*)敬語の3分類を5分類に改めることで話題になった答申です。

『「させていただく」の使い方の問題』の要旨。
------------
基本的には、自分側が行うことを、
 ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い、
 イ)そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合
に使われる。
この2つの条件をどの程度満たすかによって、適切な場合と余り適切とは言えない場合とがある。

実際には条件を満たしていなくても、満たしているかのように見立てて使う用法があり、
その見立てをどの程度自然なものとして受け入れるかということが、
その個人にとっての「許容度」を決めていると考えられる。
------------

つまり、許可を得て恩恵を受けたとはいえないような見立て用法が広まっているために、
違和感をもつ人が少なくないということでしょう。
    • good
    • 70

こんにちは。



「~させていただく」という使い方の全てが間違いではないと思います。
「お会いさせていただく」「購入させていただく」「担当させていただく」といった使い方は,一般に使われます。

donald777さんが「本当は使い方が間違ってる」とおっしゃっているのは,
おそらく,「会わさせていただく」「買わさせていただく」「やらさせていただく(既出ですね)」
といった,「さ入れ言葉/表現」のことではないでしょうか。
(そうでなかったら,ごめんなさい)

これらは,「会わせていただく」「買わせていただく」「やらせていただく」といった表現が一般的で,
「さ入れ表現」は好まれません。
はっきりと「間違っている」と言う人もたくさんいます。

「さ」が入っていなければ,間違いだと指摘する人は少ないかも知れませんが,
他の方も書いておられるように,たくさん使いすぎると,へりくだりすぎて見え,いい印象は与えられないでしょう。
    • good
    • 24

 丸谷才一『桜もさよならも日本語』によると、谷崎潤一郎の『春琴抄』にも用例があるそうです(今手許に『春琴抄』がないので確認できないのですが…)。

ただし、この場合は女性崇拝(春琴への熱烈な恋情)と絡めて一回だけここぞというところで使ってあるので文章を引き締めているが、日常の場でしつこく使うのはかえって押しつけがましい印象を与える…というのが丸谷才一の意見です。

 もとはNo. 3の方がおっしゃっているように浄土真宗の商人が使っていたようです。用法にかかわらず、丸谷才一のように「させていただく」を無礼な言い方だと思う人は結構いると思うので(私もこの用法はピンときません)、できれば使わないほうが無難では…と思います。
    • good
    • 7

No.1さんのサイトも参考になるけど、私が実生活で気になるのは


「やらさせていただきます」という言葉です。変です!!
せめて「やらせていただきます」と言って欲しいです。
    • good
    • 13

あんまり使いすぎると嫌味になりますが、基本的に「させていただく」というのは聞いて気分が悪くなるものではありません。

下手に出ているわけですから賢い表現方法だと言えます。
    • good
    • 12

司馬遼太郎『街道をゆく』に、


「『させていただきます』は浄土真宗から来た、すべては阿弥陀如来のおかげ、近江商人がよく使った」
とあるそうです。

阿弥陀如来の本願によって浄土へ往生“させていただく”という、他力思想に基づくことばです。
いわゆる「商業敬語」の謙譲表現として定着した感がありますが、必要以上に乱用すると厭味な印象を与えてしまうおそれがあります。

蛇足ですが、本来の「他力本願」の意味は、下記(2)ではありません。
『広辞苑』
たりき‐ほんがん【他力本願】
 (1) 阿弥陀仏の本願。また、衆生がそれに頼って成仏を願うこと。
 (2) 転じて、もっぱら他人の力をあてにすること。
    • good
    • 5

Yahoo!辞書に分かりやすく書いてありましたので、こちらを参考にどうぞ。


http://dic.yahoo.co.jp/newword?index=2006000610& …
    • good
    • 5

間違っている場合がある、というだけで使い方が間違っていなければ問題ありません。


http://dic.yahoo.co.jp/newword?index=2006000610& …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q一般に浸透してしまっている間違った言葉、言葉の使い方

こんにちは。

世の中には間違った日本語が憚りなく使われてますね。(と言ってるそばから憚るの使い方に違和感…?なんと言えばいいのか…)
例えば私が今思いつく限りでは、「至上命題」だとかは間違った日本語、「なし崩し」や「敷居が高い」は何の疑問ももたれることなく誤用されているのではないかと感じます。

そこで、そういった間違った言葉や、ともすれば誤用される日本語にどんなものがあるか教えていただけませんか?

勉強ということで、お願いします!

Aベストアンサー

「全然」でしょうか。
ちょうど一昨日頃「全然」について説明している番組(確かNHK?)が放送されていたので(^-^;
現在は否定に使われる事が多いですが、本来は肯定・否定、両方に使って良いそうです。
確認したら辞書にも書いてありました。
例えば「全然面白い」「全然素敵」とか。
徐々に変化して、否定で使われるのが一般的になったとか。
私は元々両方の意味で使っていたのですが、やはり最近は肯定で使うと「こいつ間違ってるな」と思われそうなので、余り使わないようにしています。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「告った」「さ入れ言葉」「~させて頂きます」が嫌い

タイトルのままですが、私は「告った」という言葉が
大嫌いです。なんだか大切なことを汚しているような気がします。
例えば、「出産した」を「出した」と言い換えるくらい汚い感じがします。

その他は、「やら『さ』せて頂きます」というのもくどすぎて嫌いです。
文法も間違えてますしなにより語感が気持ち悪いです。
それに付随しますがなんにでも「~させて頂きます」というのも嫌いです。
やはりくどくて鬱陶しいです。卑屈な感じがします。

皆さんもそう思われませんか?
以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、(愛を)告白する。「彼女に―・ってふられた」
[補説]「告白る」とも書く。
==============引用終了


●さ入れ言葉
 現状では単なる誤用です。自分では使いません。
 でも、使いそうになることがあります(泣)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1286.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 6)がいわゆる「サ入れ言葉」になっている。
■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B9%B1%E3%82%8C
==============引用開始
使役の助動詞は、下記のように使う者が多いことから、五段活用動詞とサ行変格活用動詞の後では「せる」が使われ、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が使われるという規則が見出されてきた。

  やる(五段) → やら+せる
  叩く(五段) → 叩か+せる
  降りる(上一段) → 降り+させる
  受ける(下一段) → 受け+させる

しかし、一部では、下記のように五段活用動詞とサ行変格活用の動詞の後でも「させる」を使うことがある。これがいわゆる「さ入れ言葉」である。

  やる(五段) → やら+させる
  叩く(五段) → 叩か+させる

敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われるのではないか、ということから若い世代に多いと言われる[要出典]。

「ら抜き」は以前から乱れの代表格として指摘されているものの、こちらは2000年代に入ってから取り沙汰されるようになった。特にバラエティ番組「SMAP×SMAP」のコーナー「ビストロSMAP」で中居正広が「(ゲストが注文した料理を)作らさせていただきます」と言っているのはおかしいのではないかと新聞に投書が掲載されたことがある。
==============引用終了

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●「~させて頂きます」
 ご指摘のとおり「なんにでも」つけるのは慇懃無礼で卑屈で気持ちが悪く感じます。
 ただ……どうすればいのかが微妙で、困っています。
 自分では極力使わないようにしています。

よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」(「~させていただきます」も同様)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890
 以下は一部の抜粋(重言)。
==============引用開始
●第2段階の説明(中級向け)
「敬語の指針」は一応の解説にはなっています。ただ元々の問題が微妙なんで、スッキリしない部分が残ります。
 結局どうすればいいのかがわかりません。
 よく見る解決策として、「~いたします」にすればいい、というのがあります。
 そのとおりだと思います。↑の「敬語の指針」の例で言うなら、下記のようになります。

1)取る→?
2)発表する→発表いたします
3)休業する→休業いたします
4)勉強した→勉強いたしました
5)卒業した→卒業いたしました

 2)~5)はこの形でOKでしょう。でも1)はどうしますか?
 悪い例としてあげられることが多い「歌わせていただきます」場合はどうしますか?
 場合によっては「お/ご~いたします」にできることもあります。
  答えさせていただきます
  →お答えいたします

 1)は「お取りいたします」にはできません。「お歌いいたします」も×でしょう。 結論としては、「~いたします」にできるものはそうすればいいことが多い、くらいでしょうか。「誤用」だとか「クドい」だとかメクジラを立てるのはどうかと思います。
 「~させていただく」がすべておかしいわけではないので、個々の例で判断するしかないということです。
 その際には以下の点に注意するとよいでしょう。

(1)「許可」「受益」の2つの要件を満たしているか
(2)「~いたします」で十分ではないか
(3)敬語ではない形にして考えてみる
==============引用終了

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、...続きを読む

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q言葉の使い方、間違っていますか?

知人の母親が亡くなったという訃報が友達からはいって、
電話中に「都合が悪いのなら、香典、誂えてあげてもいいよ」とその友達に答えたんです。

すかさず、家内が「その使い方は間違っている」という指摘をうけました。

「預かってあげる」か、「立替えてあげる」が正しいというんです。


どっちも大変失礼で傲慢な言い方に思えるんですが、いかがでしょうか?

なにか、ほかにいい言い方はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

goo辞書に、「人に頼んでさせる」という意味が載っていました。
例文が古典(江戸時代?)ですが。。。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/4993/m0u/

あつら・える〔あつらへる〕【×誂える】
[動ア下一][文]あつら・ふ[ハ下二]
1 自分の思いどおりに作らせる。注文して作らせる。「洋服を―・える」「寿司を―・える」
2 人に頼んでさせる。
「佐用氏(さようじ)にゆきて老母の介抱(いたはり)を苦(ねんごろ)に―・へ」〈読・雨月・菊花の約〉


また「香典をあつらえる」でググると、そのような使い方が見受けられます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111758621
> (3)葬儀も通夜も都合つかなければ、「誰かへあつらえる」(香典を持っていってもらう)

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0515/315349.htm?o=0
> 出れない時は行かれる方にお香典をあつらえたりしましたが

http://www.hm.aitai.ne.jp/~kamo/dialy00.8.htm
> 香典を誰かにあつらえることもできない。


私もはじめて聞いた表現ですが、間違っている!と断言するのは気が引けます。
案外、方言的なものかもしれません。

だだ、

> 電話中に「都合が悪いのなら、香典、誂えてあげてもいいよ」
> 「預かってあげる」か、「立替えてあげる」が正しいというんです。

お友達は都合がつかないが、質問者さんが参列できるという状況に読めます。
お友達が 質問者さんに 香典をあつらえる/あつらう のだから、
質問者さんは あつらえられる/あつらわれる 受身の側です。

だから、

「都合が悪いのなら、香典、誂えられてあげてもいいよ」
「都合が悪いのなら、香典、誂えられてもいいよ」
「都合が悪いのなら、香典、誂われてあげてもいいよ」
「都合が悪いのなら、香典、誂われてもいいよ」


のようになるのではないかと思いました。

なお対友人であれば「預かってあげる」「立替えてあげる」が
それほど失礼で傲慢だとは思いませんが、
自分は「あげる」が恩着せがましく感じるので、「預かろうか」か、
「立替えておこうか」くらいに言うと思います。

goo辞書に、「人に頼んでさせる」という意味が載っていました。
例文が古典(江戸時代?)ですが。。。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/4993/m0u/

あつら・える〔あつらへる〕【×誂える】
[動ア下一][文]あつら・ふ[ハ下二]
1 自分の思いどおりに作らせる。注文して作らせる。「洋服を―・える」「寿司を―・える」
2 人に頼んでさせる。
「佐用氏(さようじ)にゆきて老母の介抱(いたはり)を苦(ねんごろ)に―・へ」〈読・雨月・菊花の約〉


また「香典をあつらえる」でググると、そのような使い方が見受...続きを読む

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q「言葉って」 言葉の感じ方、言葉の使い方

はじめまして。のほほんと申します。20代男性です。
悪文で、かつ分かりにくい質問だと思いますがどうかお許しください。



「質問」
本を読んだり話を聞いている時、みなさんは言葉(単語)をどう感じているのでしょうか?(どう思考している)
また、文章を書く時に言葉をどのように使って(使い分けて)いるのでしょうか?

言葉(単語)の意味を捉える(理解する・感じる)ということが私にはうまくできません。
本を読んだり話を聞いている時に、
著者や相手が発信する言葉(単語)が「具体的に」何を表している(指している)のか
私にはイメージできないことが多いのです。
つまり、言葉の意味を明確・的確に捉えることができないのです。
抽象的な文章、熟語(二字熟語・四字熟語)がよくでてくる文章、比喩表現や慣用表現がよく使われる文章を読む際にそれがよく感じられます。
人やモノの名称を指す言葉(名詞など)であればまだ理解しやすいです。
しかし、動作や様子などを表す言葉(動詞・形容詞・形容動詞など)がすっと頭の中でイメージしにくいです。

テーマからそれるかもしれませんが、
高度な(難解、抽象度の高い)本になればなるほど、言葉遊びのように思えてきて、
ますます「言葉というのは何なのか」が分からなくなります。

私は言葉に対して明確さ・的確さを求めすぎなのでしょうか。
言葉というものは本来、もっとアバウトなものなのでしょうか。(アバウトがゆえに他者と考えを共有するのは難しい)
たんに勉強不足なのでしょうか。
 



最後までお読みいただきありがとうございます。
いろいろな方のご意見をお聞きしたいと思っております。
たとえ短い文章でも構いませんので、ご回答していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。のほほんと申します。20代男性です。
悪文で、かつ分かりにくい質問だと思いますがどうかお許しください。



「質問」
本を読んだり話を聞いている時、みなさんは言葉(単語)をどう感じているのでしょうか?(どう思考している)
また、文章を書く時に言葉をどのように使って(使い分けて)いるのでしょうか?

言葉(単語)の意味を捉える(理解する・感じる)ということが私にはうまくできません。
本を読んだり話を聞いている時に、
著者や相手が発信する言葉(単語)が「具体的に」何を表し...続きを読む

Aベストアンサー

言葉というのは純粋に感覚的なものです。
例えば「動く」という言葉は辞書を当たると「ものの位置が変わる」という意味ですが、では「もの」とは?「位置」とは?「変わる」とは?
「もの」という言葉は「空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象」と辞書にありますが、では「空間」とは?「部分」とは?……
こう考えていくと、辞書を言葉の定義とするならば、全ての言葉は定義づけがきちんとなされていないことが分かると思います。言葉を言葉で説明する限り、この堂々巡りからは逃れられません。
つまり言葉を感覚抜きで論理的に理解している人間はいません。だからコンピュータに言葉は理解できないのではないか?という論理が往々にしてあったりします。

私はそういう風に理解しているので、言葉が上滑りしているように見えてもそういうものだと思うことにしています。もちろん世の中には悪文というのがあって、本当に筆者はこの文章の意味を理解して書いているのか?と思うような文章もありますが、観念的な事柄を語る上では多少の言葉の上滑りはしょうがないのです。特に筆者に共感できないとそうなりがちです。

言葉というのは純粋に感覚的なものです。
例えば「動く」という言葉は辞書を当たると「ものの位置が変わる」という意味ですが、では「もの」とは?「位置」とは?「変わる」とは?
「もの」という言葉は「空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象」と辞書にありますが、では「空間」とは?「部分」とは?……
こう考えていくと、辞書を言葉の定義とするならば、全ての言葉は定義づけがきちんとなされていないことが分かると思います。言葉を言葉で説明する限り、この堂々巡りからは逃れ...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Qさせて下さい 対 させて頂きます

はじめまして、
日本語は母語でない為、件名に記載した「させて下さいとさせて頂きます」は具体的にどこが違っているかよく分かりません。
私の理解では、相手側から依頼された時やアクションが相手側からの場合は、させて下さい。例えば、仕事終わりましたか-確認させてください。
また、自ら何かをやりたい場合は、させて頂きます。
例えば、プレゼンで商品を「ご紹介させていただきます」
の違いでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして、
私は日本語が母語ですが、「させて下さい」と「させて頂きます」には大した違いはないように感じます。
あえていえば、「させて下さい」とは、行いたいことに対して、相手の了解を求めている言い方で「させてほしいのですが、よいでしょうか」という感じです。
これに対して「させて頂きます」というと、すでにその行為を行うことは自分の中で決まっているので相手の了解は求めていないです。ただ、これから行います、と宣言しているだけのように思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報