既出の質問でしたらすみません。
以前にオフィス2007が入ったノートパソコンを購入しました。
確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。
そのデスクトップをアンインストールして、新たに別のデスクトップにインストールする事は可能でしょうか?
それとも1度使用した認証番号は、アンインストールしても、再度使用する事はできないのでしょうか?
お願い致します。

A 回答 (4件)

この手の質問は多いのですが、ライセンス形態が複雑で間違いも同様に多い。

尚、使えることとライセンス上の善し悪しは別問題なのでご注意ください。(ライセンス違反行為でも、インストールは可能になることが多々あります)

Q/確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできた。

A/プリインストールですよね。パソコンに添付しインストールされたOEMライセンスの使用許諾証明書(以下EULAとします)にはそのような記載はないと思いますよ。バンドル商品の場合は、そのPCのみでご利用できますと貼られているはずです。

それ以上のライセンス提供はなく、その分2割から4割ほど廉価で提供されています。リテール品で提供されているライセンスのように同時に利用しないという条件を満たせばデスクトップPCとサブノートの2台にインストール出来るライセンス形態も有していません。

ソフトウェアのライセンスにはいくつか種類があります。一般の消費者が使うライセンスは、OEM(またはDSP、バンドルとも呼ばれる)かRetail(パッケージ品、正規品、BOXなどとも呼ばれる)かのどちらかがほとんどです。

前者は、パソコンに最初からインストールされるかCDで添付されます。その分、単価が安くなりサポートもパソコンのメーカー側が基本を行う形になります。そのため、添付品は基本的に他のPCで利用することが一切出来ません。唯一他のPCでの利用を可能にする方法は添付品とは別に対象ソフトのアップグレード版を購入した場合に、そのPCに添付したライセンスを元に他のPCにアップグレードでライセンスを移行することができます。(添付したPCラインセンスはアップグレードで他のPCに移行した時点で失います)

後者は、店頭で販売されているパッケージ品です。MS Office2007であればPersonal版が標準パッケージで36000円以上します。最上位のUltimateなら57000円以上します。他の商品に添付されたものとは違い正規サポートが受けられ、尚かつ許されたライセンス台数にインストールが可能です。(MS Officeの場合は通常は1台で同じユーザーが管理者の場合で尚かつ同時に使わない場合に限りサブノートとデスクトップの各1台までを上限とする)
もちろん、ライセンス台数の範囲内なら最初のPCから別のPCにライセンスを移動しても構いません。

どちらのライセンスかをまず確認しましょう。添付品でもBTOで購入した場合には、Professional版などは正規版を購入しなければならない場合も希にありますから、リテール版を買っているかも知れません。DSPであれば、そもそもどのような理由でも2台のPCにはインストールできませんし、他のPCで使うこと自体が許されないことです。

ただし、インストールができる出来ないは別の問題です。出来たから問題ないと思っていると、後々困ることもあるかも知れません。後は、ばれるばれない、良い悪いなどその人の倫理観の問題になります。
個人的にはバンドル品は他のPCで使わないことをお奨めします。


Q/では、何故認証番号が使用できる状態になっているんですか??

A/過去の回答にあるだろうが、書いておこう。
WindowsXPもVistaもそうですが、パソコンを購入した時にインストールされているイメージを1台1台工場でセットアップしていると思いますか?
メーカーでは同じパソコンの型番で全く同じ構成のPCを一日に数百台~数千台生産しています。それらに一つ一つセットアップしていくのは面倒ですから、予めライセンス認証をある1台で完了させ、それをSYSPREPと呼ばれるプログラムでユーザー名未構成状態に戻し、Deployと呼ばれるプログラムにて数十台から数百台に配布します。
そのため、プリインストールされているオフィスと添付されているオフィスは別物のライセンスになります。

結果、別のPCでもそのオフィスは普通にセットアップできます。ただし、一度それを行ってしまうと、元のPCで何か不具合が発生して再セットアップするとセットアップ後のライセンス認証に失敗します。電話認証は可能ですが、頻繁に別のPCでの認証を繰り返すと、WGA認証時に不正ライセンス(クラック版)扱いになることありますのでご注意ください。

*クラック版=不正にライセンス認証をごまかす処理をしたオフィスのこと。これに該当するプロダクトキーやオフィスは、オフィスアップデートの特典アップデートが受けられなくなり、Vista及びOffice2007などの場合は不正版であるという旨のメッセージが定期的に表示されるはずです。

参考URL:http://www.microsoft.com/resources/howtotell/off …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 22:19

#2です、補足をさせていただきます。


>確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。

↑が事実なら、以下のQ:、A:の{主たる利用者が限定使用する場合に限り、Office や Word などのマイクロソフトのアプリケーション製品をノート PC に追加インストールすることが許可される場合があります。}
に該当します。

#1さんの言われるのは、
{PC 購入によって購入したライセンスには適用されません。
このような OEM ライセンスは、シングルユース ライセンスであり、他の PC に移動することができません。}
↑に該当する場合で、この場合は移動できません。

※参考文献です↓

Q:ライセンス認証では、ユーザーがデスクトップ PC の他にノート PC にも製品をインストールすることを許可しますか?

A:その製品の使用許諾契約 (EULA) の条項を参照する必要があります。マイクロソフトの EULA では、主たる利用者が限定使用する場合に限り、Office や Word などのマイクロソフトのアプリケーション製品をノート PC に追加インストールすることが許可される場合があります。
これは、PC 購入によって購入したライセンスには適用されません。
このような OEM ライセンスは、シングルユース ライセンスであり、他の PC に移動することができません。
Windows XP も、一台のコンピュータのみインストールが可能です。
別のコンピュータにインストールしてライセンス認証を行う場合は、新しいライセンスが必要です。

{http://www.microsoft.com/japan/piracy/activation …}

ライセンス認証は、ソフトウェアの製品のインストール時に要求されるプロダクト キーが、ソフトウェア使用許諾契約 (EULA) で許可された範囲を超え、他の PC で既に使用されていないことを確認することによって動作します。

一般的に、Windows XP は 1 台の PC、Office 2003 または Office XP は、1 台の PC と本人が使用するもう 1 台のノート PC にインストールできます
(詳細は保有する製品の EULA を参照してください)。

ライセンス認証手続きでは、プロダクト キー情報はプロダクト ID の形式で、「ハードウェア ハッシュ (PC のハードウェア構成から生成される一意でない数値)」と共にマイクロソフトのライセンス認証システムに送信されます。

Windows XP SP1 では、プロダクト キー自体がプロダクト ID と同時に送信されます。
ライセンス認証手続きは、インターネットまたはライセンス認証窓口への電話のいずれかの方法で完了します。

同一 PC 上で、同一プロダクト キーを使用する場合、認証手続きの回数は無制限です。
ライセンス認証では、1 つのプロダクト キーを用いて別の PC でライセンス認証を実行できる回数制限することにより、著作権侵害を防止しています。

+それに加えて、Office のアプリケーションでは、ライセンス認証を行わずに使用できる最大回数である 50 回目の起動までの間、毎回起動時にライセンス認証の通知が表示されます。

{http://www.microsoft.com/japan/piracy/activation …}

※参考文献です↑
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 22:19

◇微妙なご質問ですが・・・



>以前にオフィス2007が入ったノートパソコンを購入しました。

↑このパソコンに、何らかの理由で使用していない、のであればインストールして使用出来ます。

※いずれかのPCで登録されている場合には、次のようになります。
{http://support.microsoft.com/kb/312232/ja}=MAC以外でも同じ

↑解決策も記されてます。

※私はハードディスクを2回交換しましたが、OFFICEはその都度新しいディスクで使用しています。
OFFICEはPCに付属していたものです。
:問題はありません。

◇こちらも参考になると思います↓
{http://support.microsoft.com/kb/823570/ja}
    • good
    • 0

ライセンス違反になります。



>同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。
これもパッケージ版でしたら出来たはずですがPCに付属してきたオフィスではだめです。

付属してきたノートパソコンでのみ使用が可能です。

この回答への補足

ご返答ありがとうございます。
周囲の人は皆、デスクトップ1台分はインストールできるって言うのですが、それはライセンス違反という事なんですね。
では、何故認証番号が使用できる状態になっているんですか??
すみませんが、お願いします。

補足日時:2007/11/24 15:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qoffice2007を別のノートにインストールするには

はじめまして。
先日デスクトップPCを買ったときに2007も付属していたので家の
ノート(A)にインストールし、認証を行いました。その後新たにofficeなしのノートPC(B)を購入して2007をインストールしようとしたのですが、回数オーバーで認証できませんでした。現在ノート(A)は壊れてしまい起動しない状態です。ですのでノート(A)は今後使用しないのですが、この場合でもノート(B)にoffice2007をインストールすることはできないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、そのOfficeの包装には、赤字で購入したPCのみで利用可能という文字は書かれていませんか?書かれているとすれば、Officeが添付されていたPCはデスクトップPCなのですよね。それをノートPCにインストールしたと言うことでしょうか?それがなく、Retailパッケージ版(紙の包装ではなく市販のDVDなどでお馴染みのトールケースに入ったCD)の場合は、メインPCのデスクトップとノートで使えます。
それ以外の場合は、その段階でライセンス違反になりますよ。

確かにMicrosoft OfficeにはRetailパッケージに限り、同時に利用しないという前提で、サブコンピュータとなるノートPCとデスクトップPCの2台にインストールできますが、これは価格の高いRetail(店頭で抱き合わせではなく単品販売されている正規ライセンス版またはアップグレード版によってアップグレードされたライセンスで、単価はパソコン添付版の2倍以上します)に限ります。

パソコンに添付されているライセンスは、パッケージにも記載されていると思いますが、購入したPCに対してのみ有効なライセンスで、2台のPCでの利用を例外的に認める上記のような措置の対象外となり、ライセンスは添付されたPCのみに提供されます。例外措置は一切ありません。これは、DSP版Office2007の外箱に書かれているはずです。

よって、デスクトップPC以外では使えません。ちなみに、デスクトップに予めインストールしてあるライセンスは、Deployなどのイメージによってミニマムセットアップされたものであるため、パッケージ自体のライセンス1つ分は、パソコンを購入した段階では行使されていません。
よって、添付のCDから他のPCにインストールすることができますが、一度やってしまうとデスクトップPCのOfficeに不具合が生じた場合に、デスクトップ側を再インストールするとライセンス認証ができなくなりデスクトップでは使えなくなります。

とにかく今インストールされているノートPCからは削除しましょう。削除すれば数ヶ月後に前のアクティベーションは解放されます。(ただし、それを悪用して他の端末で使うことを繰り返すとWGA<Windows Genuine Advantage>により制限が掛かる可能性は否定できません。まあ、個人ユーザーに対してはないと思いますけどね)


分かり難いので整理すると、オフィスに限らずソフトウェアにはDSP(OEM)版と呼ばれるパソコンに添付されるものと、Retail(リテイル)と呼ばれるパッケージで単体販売される物があります。

前者のエンドユーザーライセンス(EULA)はOEM提供されるメーカーの商品で使用許諾証明書に記載された製品(通常は1台)のみに有効です。その代わりパソコンやパーツに抱き合わせて販売され値段が安くなります。例外措置はなく、電話サポートサービスなどにも制限があります。(オンラインアップデートの制限はありません)
このライセンスをRetail相当にするには、アップグレード版のRetailオフィスライセンスを別途入手しアップグレードする必要があります。これを行うと、単品ライセンスと同等の権利が獲得できます。


後者は、単品で販売されます。価格は高いですがどのパソコンでもエンドユーザーライセンス(EULA)に基づいてライセンスの台数分インストールでき、尚かついくつかの例外措置がそれにセットされていることがあります。また、マイクロソフトの正規電話サポートなどのサービス対象となります。その分価格は高くなります。

以上、ライセンスは複雑ですがちゃんと添付される紙の使用許諾証明書を読むか、インストール時に表示されるEULAを読まないとこれまでは良かったことが不正な行為になることもありますので注意しましょう。尚、ライセンスに同意できない場合は、インストール時の同意ボタンを押さないことを条件に数日以内の返品をメーカーは許諾している場合が多いです。

まず、そのOfficeの包装には、赤字で購入したPCのみで利用可能という文字は書かれていませんか?書かれているとすれば、Officeが添付されていたPCはデスクトップPCなのですよね。それをノートPCにインストールしたと言うことでしょうか?それがなく、Retailパッケージ版(紙の包装ではなく市販のDVDなどでお馴染みのトールケースに入ったCD)の場合は、メインPCのデスクトップとノートで使えます。
それ以外の場合は、その段階でライセンス違反になりますよ。

確かにMicrosoft OfficeにはRetailパッケージに限...続きを読む

Qリカバリ後にoffice再インスト用CDが無いとき

4年前にMicrosoft Office Word2007インストール済みの中古Lenovo SL500を購入。

最近、作業のあまりの遅さにたまりかねリカバリを決断しました。

しかし、 Word2007のCDが付属していなかったため、
どうやってリカバリ後に再インストールするのかが分かりません。
あらかじめWord2007をCDなどにバックアップはできないと思います。

1)だとすると、Microsoftのサイトから試用版などのWordをダウンロードし、
保存してあるプロダクトキーを打ち込むのでしょうか?

2)それとも新たにWordを買いなおさなければならないのでしょうか?

初歩的な疑問で恥ずかしいのですが、どなたかにアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

SLシリーズの仕様に次のように記載されています。

「Microsoft® Office Personal 2007 は対象モデルにのみ初期導入されています。CD-ROMとマニュアルが付属しています。リカバリーメディアからのリカバリーを行った場合、Microsoft® Office Personal 2007 はリカバリーされませんので、別途付属のCD-ROMを使ってインストールする必要があります。Microsoft® Office Personal 2007 のアクティベーション(ライセンス認証)は、初期出荷状態では必要ありませんが、再ないようご注意ください。」

(おしりの方の日本語がおかしい[欠けている]ですが、これはlenovoのPDF自体がそうなっています…)

まずは、お使いの機器の正確な型番等から、お使いのPCが正規にOFFICEがプリインストールされたモデルであるかどうかをご確認ください。標準モデルではプリインストールされていないようです(すると、中古販売者があとから何らかの方法で入れた非正規品の可能性が出てきます→正規に買い直す必要があります)。

もし、お使いのモデルが間違いなくOFFICEプリインストールモデルで、中古購入時にOFFICEリカバリメディアが欠品していることが確実になった場合は、ダメ元でlenovoに紛失した再インストールメディアの入手可否を問い合わせてはいかがでしょうか。

また、一部のプリインストール品に関しては、Microsoftが1500円ほどでメディア再発行サービスを提供している模様です。
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/pipcsetup/pipc_media2.aspx

ただまあ、中古品販売なので、いずれも拒否される可能性が高いと思います。その場合は、正規に再購入する必要があるでしょう。パッケージ版は3万円弱です。

※オークションで販売されている格安のOFFICEは非正規品です。

SLシリーズの仕様に次のように記載されています。

「Microsoft® Office Personal 2007 は対象モデルにのみ初期導入されています。CD-ROMとマニュアルが付属しています。リカバリーメディアからのリカバリーを行った場合、Microsoft® Office Personal 2007 はリカバリーされませんので、別途付属のCD-ROMを使ってインストールする必要があります。Microsoft® Office Personal 2007 のアクティベーション(ライセンス認証)は、初期出荷状態では必要ありませんが、再ないようご注意ください。」

(おしりの方の日本...続きを読む

Qoffice2007を複数台にインストールすることは可能?

いま自宅で4台のPCを利用しているのですが、office2007を1つだけ
購入して、4台全部にインストールすることは可能でしょうか?
誰かに聞いた話だと、office2007ではPCの機器番号を認識してからインストールを開始するので複数台のインストールはできないのでは?と言われました。本当でしょうか?4つソフトを買わないとだめですか?

Aベストアンサー

私は、OFFICE XPも2003(いずれもPRO)も2台のデスクトップにインストして、ネットで認証して今も普通に使ってます。

一度、メイン機を入れ替えた時は、サポートセンターで以前の認証を削除してもらい、再度ネットで認証してますが、特に問題は起きていません。

私だけ・・・?

Qoffice2007パーソナル OEMか?確認方法

office2007パーソナルがあらかじめインストールされたノートPCを購入してから、
officeの入っていないデスクトップPCを買いました。

製品版?だと、
同一使用者で、かつノートPCとデスクトップの2台までなら、
インストール可能であるような事も調べたのですが、
手持ちのソフトが製品版なのかどうか解りません。
MSも電話がつながらないため、ご教授お願いします。

OEM版だと、複数台にインストールできないことは勉強したのですが、
手元にあるノートPCのofficeがOEM版かどうか、
判断するには、どうしたらよいのでしょうか。
プロダクトキーにOEMの文字はありませんが、
パッケージは紙の白黒で、プレインストールされたノートPCなのですから、
間違いなくOEM版なのでしょうか。
その場合、デスクトップへのインストールは法律違反で、
新規にソフトを購入するということになるのでしょうか。

もしライセンス上、デスクトップにインストールできないのであれば、
バージョンアップして製品版?にする、
製品版を新規購入する、
OEM版を新規購入する、
など、他のオススメの方法をお教えいただけると嬉しく思います。

office2007パーソナルがあらかじめインストールされたノートPCを購入してから、
officeの入っていないデスクトップPCを買いました。

製品版?だと、
同一使用者で、かつノートPCとデスクトップの2台までなら、
インストール可能であるような事も調べたのですが、
手持ちのソフトが製品版なのかどうか解りません。
MSも電話がつながらないため、ご教授お願いします。

OEM版だと、複数台にインストールできないことは勉強したのですが、
手元にあるノートPCのofficeがOEM版かどうか、
判断するには...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

プレインストールの9割は、OEMですね。それ以外も業者さんがお金を払って入れてくれる方法が存在しますが、通常、余計にお金を取られているはずです。パッケージ等は購入した時についてきますから、分かります。また、会社経由でのプリインストール版もありますが、それは覚えているはずです。この場合は、2台にインストールが可能です。どちらも、パッケージは、後者は、白黒で、見分けがつきません。

アクティベーションを、試すようなことはしないでくださいね。
別に法的な問題ではなくて、片方のOfficeに影響が出てきてしまいます。

>もしライセンス上、デスクトップにインストールできないのであれば、
>バージョンアップして製品版?にする、

可能です。昔はできなかったようですが、今は可能です。

ここを良くご覧ください。
Office 2007(オフィス 2007)アップグレード対応表
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/office/upgrade.aspx

それと、GUIDでは、「リリースの種類」で、製品版もOEM 版 も区別が付かないと思いますね。

Office 2007のDSP版(ハード製品との抱き合わせ)は、探せばあるはずですが、どういうわけか、MS側の正規販売では、Personal + PowerPoint と抱き合わせで買わされるために、少しも安くありません。(36,000円強) こういうのは、本来は不当販売のはずですが、絶対量が少ないので問題にならないようです。

後、二回程度は、Personal版のセールがあるはずですから、待てるようなら、それを利用しても良いと思います。(確約できる話ではありませんが。)

-------------------------------------------
なお、まったくOffice をお持ちでなくても、このような購入方法があります。

Microsoft Office InterConnect 2007 ¥6,167
Microsoft Office 2007 Personal アップグレード ¥19,980
Microsoft Office 2007 Standard アップグレード ¥25,632

19,980+6,167=¥26,147

Office20周年記念優待パッケージ(年に1度程度はセールがある)
9,800+6,167=¥16,147 (まったくOffice 製品がない場合)
アップグレード版の実売価は、9,000円以下になります。

このような価格差は、独占的販売だから出来るのであって、本来は問題が残るところだろうと思いますが。

こんにちは。

プレインストールの9割は、OEMですね。それ以外も業者さんがお金を払って入れてくれる方法が存在しますが、通常、余計にお金を取られているはずです。パッケージ等は購入した時についてきますから、分かります。また、会社経由でのプリインストール版もありますが、それは覚えているはずです。この場合は、2台にインストールが可能です。どちらも、パッケージは、後者は、白黒で、見分けがつきません。

アクティベーションを、試すようなことはしないでくださいね。
別に法的な問題ではなくて...続きを読む

QPC購入時に添付されるMS Officeは他のPCで使えるのですか?

PC購入時に同梱されてくる「マイクロソフト Office Personal 2007や2003」は他のPCにインストールして使えますが、

「2003」などは3PCくらいにインストールして使えます・・

1シリアル 1PCではないのですか?

また、他のPCで使うことは違法になるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

プレインストール版(OEM版)と言われるものは、元々付属していたPCでのみ使用できるという使用許諾契約のものです。
これはOffice 2007もOffice 2003も同じです。
付属しているリカバリ用のソフトを使って、他のPCにインストールはできてしまいますが、ライセンス認証を受けることができないはずですから、Office 2007は25回、Office 2003は50回の使用で機能制限モードとなり使用できなくなるはずです。
プレインストール版を複数PCで使用の場合は、使用許諾条件に違反となるので、通常はライセンス認証が通らないと思います。
使用ハードの特徴とプロダクトキーから作成されるプロダクトID等によって、違反であることはバレると思います。

PCに付属のOfficeではなく、ソフト単独で購入したもの(パッケージ製品)も、原則は1ソフト1PCへのインストールとなっています。
ただし、同じ使用者がデスクトップ+ノート、または2台のノートの構成で、1台を携帯用として使用する条件で2台のPCにインストールしてライセンス認証を受けることは可能となっています。
 

プレインストール版(OEM版)と言われるものは、元々付属していたPCでのみ使用できるという使用許諾契約のものです。
これはOffice 2007もOffice 2003も同じです。
付属しているリカバリ用のソフトを使って、他のPCにインストールはできてしまいますが、ライセンス認証を受けることができないはずですから、Office 2007は25回、Office 2003は50回の使用で機能制限モードとなり使用できなくなるはずです。
プレインストール版を複数PCで使用の場合は、使用許諾条件に違反となるので、通常はライセンス認証が通ら...続きを読む

QOffice Personal 2007 OEM版なのになぜ新品未開封?

ざっと、調べて合法・違法についてはある程度分かりましたので、それ以外でご教示下さいませ。

オークション等でよく見かけます、
Office Personal 2007のOEM版とは、市販のパソコンに既に、付属してプリインストールしてあるものなのに、
どおして、新品未開封なのですか? 有り得ないではないですか?

開封しないと、プリインストールできないじゃないのでは・・・
パッケージ版の新品未開封品なら納得しますが。

どうも、よくわかりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

OSはプリインストールされていても、Officeは別途CDから、インストール作業をする必要のあるメーカーもあるのです。

そのPCを購入したひとが、古いPCで上位のOfficeの製品版を所有していた場合は、前のPCから削除して、
インストールすることが出来ます。
あるいは、Officeを使用しないとかで、付属してきた、Office Personal 2007のOEM版をインストールしないことがあります。

使用承諾の契約違反にはなりますが、未開封のOEM版は有りうるのです。

パッケージ版は同じ人が使用する場合は、デスクトップ機とノートならば2台にインストールできます。
私の場合は、accessを使用するので、Personal は使用しません。
デスクトップ機のofficeをノートにインストールしたので、ノートに付属してきたOffice Personal 2007のOEM版は新品未開封の状態で所有しています。
私は売ることはしませんけれどもね。

QofficeのOEM版 再インストールについて

最初に購入したPCは最低性能のものでしたし、使う予定もなかったので付属のOEM版Officeはすぐにアンインストールしてしまいました(もちろん登録・認証もしていません)
その後すぐに仕事の関係でOfficeが必要になり、新たに高性能のPCを購入する予定です。
そこで質問ですが、新しいPCの方へ古い方のOfficeをインストールして登録・認証を受け使用出来ないでしょうか。
OEM版は(最初にインストールしたPCのみに有効)と言うのは理解していますが、この場合自分自身が最初に使用すると言う事で許されるのでないかと、勝手に思っています
厳密には違法行為ではありますが、いかがなものでしょうか。ご意見聞かせていただけないでしょうか

Aベストアンサー

こんばんは。

ご意見をお求めということで、少し的外れな内容かもしれませんが、書かせていただきます。

>厳密には違法行為ではありますが、いかがなものでしょうか。

違法行為ではありません。MS製品の場合は、OSの場合は、OSを立ち上がらせないという、極端な仕掛けがありますが、Office 製品には、単に、制限付きに変わるか変わらないか、程度の穏やかな仕掛けのみであって、それ以上に「法的」に問題があるということはありません。

Office 製品のActivate の場合は、インストールの際に、そのPCの特徴を現すいくつかの部分を数値化し、MS側に送信することによって、その製品とPCとを結び合わせるということです。また、OEMは、OEMとしての区別があるということです。それを実行してしまい、登録しなくても、既成事実としてMS側に存在してしまっている場合には、どうしようもありません。

しかし、ソフトウェアのパッケージを開けることによる暗黙的な契約成立(シュリンプ・ラップ契約)に対して、その内容を守らなかったことによる、実質的な訴訟に発展したという話は聞いたことがありません。また、MS側は、それについて、直接コメントはしていませんが、いわゆる善意の第三者としてのエンド・ユーザーは、その利便性を欠いていることに気がつくので、その時点で、使用許諾契約書(EULA)の条項に対する認識が向上し、その結果、ライセンス違反の減少につながれば良いと公表しています。

#2のKindon98さんのご紹介になっている製品や同じようなものが、増えてきて、そろそろ、MS製品のこうした強行路線もそろそろ陰りが見えてきているのではないでしょうか?それぞれの会社の国籍の国の経済構造の概念に反映しているのだと思います。また、OEM製品や学割制度と一般製品との値段の大幅な格差ということにも構造的な問題があるように思います。つまり、機能的には差がない製品の、その金額の差額はどこに行くのかっていうことです。

OEM仕様は、ハードメーカーとソウトウェアの結びつきよる販売促進だったのでしょうが、ハードメーカーが、直接、MSとの結びつきが薄れてしまっては、どうしようもありません。MS製品は、もう限界効用を越えてしまい、それで売上を上げようとして、強硬手段に出たわけで、MSが内部で言っている時代遅れのレッドパージは、少し的外れのような気がします。それは、また、グローバル化を含めて、日本やドイツ以外のアジア諸国やEUでは、エンドユーザーには反発を招いてしまっているように思います。

私たちは一般市民ですから、別に高度な機能もいらないから、どこの製品でも良いから、まともな計算が出来て使いやすいワープロソフトがあれば、別に、MS製品でなくてはならない、という理由はありません。ただ、もう一度、アプリケーション・ソフトの国産化が盛んになればよいと思います。

こんばんは。

ご意見をお求めということで、少し的外れな内容かもしれませんが、書かせていただきます。

>厳密には違法行為ではありますが、いかがなものでしょうか。

違法行為ではありません。MS製品の場合は、OSの場合は、OSを立ち上がらせないという、極端な仕掛けがありますが、Office 製品には、単に、制限付きに変わるか変わらないか、程度の穏やかな仕掛けのみであって、それ以上に「法的」に問題があるということはありません。

Office 製品のActivate の場合は、インストールの際に、そのPC...続きを読む

QOfficeでOEM版が否かを判別する方法を教えてください。

例えば、OfficeのCDがあって、分かるのはシリアル番号と、そのCDによってインストールしたPCにあるプロダクトIDのみ
説明書は無し
この状態で、このofficeのCDがOEM版か否かを判別する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。#1 です。

#2 さん
>OEM版現品をお持ちで確認されましたか?(汗

ご発言の内容を読むと、直接の回答はないようですから、私に対してのようですね。

ただ、この件の発言は、おそらくは削除されると思いますが、少しコメントさせていただきます。

私は、これらの問題は、アクティベーションの実施以降の問題だとは思いますが、それについての詳しい知識はありません。また、そういう情報の精査をせずに、ここの掲示にレスをつけたのは、私の思い違いのミスだったと思います。ただ、私の書き込みに対して、現品を持っているのかとか、直接確認したかとか、とかいわれる筋はないと思います。質問者さんに対して、きちんとした情報を与えてくだされば、こちらも了解します。

リンク先と、「#>プロダクトID の中に、XXXXX-OEM-XXXXXXX-XXXXX 」は、直接の関係はありません。そう読めるように思ったのなら、こちらの書き方の不備です。それについては、謝罪します。おそらくは、ご期待に反して、というところで、わざわざお書きになったのでしょうけれども。

私は、直接のサイトではなく、メモを読んで、もしかしたら、そういうものもあるかもしれないと思ったのです。

ただ、情報として、書いたリンク先では、パッケージで判断できるというのも、理には適っているわけです。実際に、パッケージが何もないというのは、芳しくありませんね。ただ、アクティベーション以前のものには、OEMと単品の使用上の区別はなかったように思います。

後は、インストールした後の問題なら、プロダクト IDがあるわけですが、そのCD-ROMの所有者が、一旦、MSに問い合わせするのがいいのだろうと思います。プロダクト IDには、ハードウェア特性とやらが分かるそうですから。

それが問題なら、乱暴な言い方かもしれませんが、結果論として、使用していて分かるだろう程度の認識しかありません。現在のアクティベーションの必要なバージョンに対しては、おそらくはOGA(Office Genuine Advantage)も働いてはいるだろうから、まずければ支障が出てくるかとは思います。

現実の問題としては、それも、また致し方ないとは思います。

こんばんは。#1 です。

#2 さん
>OEM版現品をお持ちで確認されましたか?(汗

ご発言の内容を読むと、直接の回答はないようですから、私に対してのようですね。

ただ、この件の発言は、おそらくは削除されると思いますが、少しコメントさせていただきます。

私は、これらの問題は、アクティベーションの実施以降の問題だとは思いますが、それについての詳しい知識はありません。また、そういう情報の精査をせずに、ここの掲示にレスをつけたのは、私の思い違いのミスだったと思います。ただ、私の書き...続きを読む

Qoffice2010のライセンス認証の解除方法

今、2台のPCにoffice2010をインストールしています。
その内の1台のPCのOSを書き換えようと思っています。

そこでoffice2010のライセンス認証を一旦解除しようと思ったのですが、outlook2010のヘルプの項目を見ても、方法がよくワカリマセンでした。

office2010のライセンス認証の解除方法を教えてください。

何卒、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> その内の1台のPCのOSを書き換えようと思っています。

Windows OSのリカバリー、再セットアップを行うということでしょうか。

もしそういうことでしたら、Officeのドキュメントファイル、メールデータ関係、その他の必要なファイルをすべて外部メディアにバックアップしてから実施します。

Office 2010 については、通常パッケージ版を適用と思いますが、DVD、プロダクトキーなど、インストールに必要なものを準備して、OSリカバリー後に再インストールを行い、バックアップしたデータ類を戻す作業が必要にないます。

Office のライセンス認証は新規登録/再登録しかありませんので、再インストール後に[ヘルプ]でライセンス認証の状態を確認して、再認証が必要であれば実施します。
同じPC構成のままでのリカバリーの場合は、オンラインで再認証されると思いますが、もし通らない場合はライセンス認証窓口に電話して理由を説明し、再認証を受けることになります。

Office サポートページ - ライセンス認証 の部分を参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/gp_off_main/ja

> その内の1台のPCのOSを書き換えようと思っています。

Windows OSのリカバリー、再セットアップを行うということでしょうか。

もしそういうことでしたら、Officeのドキュメントファイル、メールデータ関係、その他の必要なファイルをすべて外部メディアにバックアップしてから実施します。

Office 2010 については、通常パッケージ版を適用と思いますが、DVD、プロダクトキーなど、インストールに必要なものを準備して、OSリカバリー後に再インストールを行い、バックアップしたデータ類を戻す作業が必要にな...続きを読む

QOSを新しく入れた場合前に使っていたofficeは

vista搭載パソコンを購入したときに、マイクロソフトオフィスがついてきました。
先日HDDが壊れて、リカバリディスクも所持していないためwindows7のoem版もしくはdsp版を購入し、新規にインストールしようと考えています。


調べたところ、リカバリして再インストールするのは問題なく、電話で聞けば認証してもらえるとのことですが、新規インストールではどうでしょうか?
7を新規インストールした場合、vistaを買ったときについてきたマイクロソフトオフィスは使用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

実際に先週マイクロソフトに電話して、同じことを尋ねました。
同じパソコンにインストールする分には何ら問題ないとのことで、珍答奇答も出ていますが、8番さんの回答が正解でこの通りです。
OSについてるわけではなく、ハード機器に紐がついていますから、同じパソコンをバージョンアップする分には市販のWindows7でも全く構いません。
当方もOSは買ったので、ノートをそのまま7にする予定です。

下記に電話すれば確実です。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja

*先週半ばに私が実際に電話して問い合わせております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング