中小企業の働き方改革をサポート>>

 当質問は、先日投稿させて頂いた質問、『武道家が、他者からケンカを売られたり、侮るような態度を取られたとき等に、怒るのは未熟な証拠?
( http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3515635.html )』に関連した質問です。

 前回の質問で頂いた回答から、『武道家が、他者からケンカを売られたり、侮るような態度を取られたとき等に、怒るのは未熟な証拠』という考え方もある、というところまでは理解できました。

 そこで新たな質問です。
 私は、「強さに重要な価値を見出し、強さを求めて日々血の汗を流しているような武道家や格闘家であれば、その強さを否定するように、侮られたりケンカを売られたりしたときに、心に怒りが生じるのは自然な反応では?」と思うのですが、そのような状況でも怒りが生じない武道家や格闘家の精神構造は、どのようになっているのでしょうか?
 どのように考えることで、そのような状況でも怒りが生じない精神が形成維持されているのでしょうか?
 
 ご回答、宜しくお願い致します。

A 回答 (8件)

武道関係等に、とくに縁のない者ですので、武道家・格闘家のかたがたの精神構造について私などが投稿するのも…と、ためらいましたが思い切って参加させていただきます。



私自身ずっと以前に、格闘技のカテゴリで質問させていただいたことがあり、そのおりに、その道に長年携わっておられるというかたがたから「心・技・体」というコトバも出てまいりましたが、結局どのような方面であれ道を究めるということは、他者の評価如何を頼るではなく自分自身に厳しく問うことであり、また自分で自分の立ち位置が分かってしまうに至るということなのかなと思いました。

ですから、そもそも他者を侮ったりケンカを売るというようなことをすること自体が明らかな人格的未熟なのですし、したがって、そうした者と同じ土俵に立たない、という本物のプライドと余裕と共に、それこそ「日々血の汗を流しているような」修行に励んでいればこそ、自分の実力が実際どのあたりなのかも自ずと分かってくるのではありませんか。
自分自身で自分の力が、どのあたりに位置しているのかが分かるのも実力のうちなのでしょうし、それは他者に、どのように挑発されようとも揺るがないからこそ本物の実力、眼力が身についていると言えるのでしょう。

また、武道というものが究極に求める「強さ」というのは単なる腕力や技術だけではないのだということも伺いました。だから精神修養ということを重視すると。その点からも、単なる腕力の強さ技術の巧みさだけを試すようなことを言われても取り合わない、同時に、そうした挑発に乗らないというところに精神力の強さをも発揮するということなのではないでしょうか。
単に腕力・技術の面にしぼってみても本当に強いと言えるレベルに達している実力者であれば、そのことを、ちゃんと自覚できているはずで、自分よりも力劣る者に真っ向から立ち向かうなど、くだらなくもあり、また、けがなどさせてはいけないという抑制のほうが強く働くだろうと思います。なぜなら武道は本来、単なるケンカや攻撃のためのものではないそうだからです。
つまりは、どの側面から見ても余裕が備わっているかどうかということなのだと思います。

私は個人的に、失礼な言動、最低限のテリトリーを侵してくるような言動をとる相手には誰であろうとハッキリ異議申し立てをするというのが基本方針です。それを「売られたケンカを買う」「同じ土俵に立つ」ということになるのかどうか分かりませんけれど。。。

本当に高い実力が備わっているということは「最低限の」テリトリーという範囲にも余裕があって、なかなか侵害されることもないのでしょうし、そこにまで達していない者ならば、達するまでの途上における精神修養という、まさに修行である、ということなのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 noname002さん、アドバイスありがとうございました。


 ケンカを売るような人間は人格的に未熟、等と言ったお考えは、おっしゃる通りかと存じます。
 
 しかし、お互いの闘争能力の優劣については、実際に闘ってみないと判然としないと思いますし、私の知る限り、そのように考える格闘家や武道家は多いです。

お礼日時:2007/11/27 17:22

> Roman0さんは心理学等の専門家の方でしょうか?



 今の回答の立場から言えば、武道の専門です。具体的には、空手と剣道です。

> その中には一流と言われる人も含まれております。

 言われるだけで、一流ではないのでしょうね。

> 私の見聞では、このような状況は、私の周囲だけで起こ
> る、特殊な事例等ではないようです。
> このような現状を、どのようにお考えになりますか?

 私の見聞では、それは特殊に思います。
 少なくとも、私の周囲でそんなに軽々に試合以外の場でその技能を振るう人はいませんし、そういう話を「武勇伝」として語る人もいません。むしろ、恥じますね。

 いわゆるチンピラ系の人間がケンカの強さを求めて武術を身につけたようなパターンであれば、そういうこともあるでしょう。あなたの周りは、例えばそういうパターンに偏っているのではないでしょうか。

この回答への補足

 ご回答を頂いた皆様へ

 この度は、ご協力頂きまして、誠にありがとうございました。

 お蔭様で、怒らない格闘家・武道家の精神構造が、少しだけ理解できたように思います。

 また何かありましたら、宜しくお願い致します。

 寒さが厳しくなってまいりましたので、お風邪をひかれませんよう、ご留意ください。

 それでは失礼致します。

補足日時:2007/11/28 18:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

 私は複数の団体の方と親交がある為、その経験から、怒ることが特殊な事柄とは思えませんが、それを証明するデータの提出等はできませんし、その事柄をご存知無いRoman0様から、これ以上、話を伺うつもりもございません。


 怒るのは一流ではなくチンピラ。
 そして、その事柄を知らないにもかかわらず、しかも人の仲間に対して、さらに理由すら述べずに、『一流ではなくてチンピラ』等と罵倒することは問題無い、とする 武道の専門家 Roman0 様のお考えだけは、確かに承りました。

お礼日時:2007/11/28 17:41

>  ここで言う「修行」とは、具体的に、どのような行為のこ


> とをおっしゃっているのですか?
>  それは、すべての武道や格闘技で行われているであろう、
> 強くなる為の稽古や練習、トレーニング等のことでしょうか?

 おおむね、そうですね。

 稽古や練習、トレーニングという行為は、自制心が必要ですし、自律能力が必要ですし、成果が出るまでに時間がかかりますから忍耐力も必要です。要は、なかなかにままならないものだということです。
 そういう試練を実体験として経ていれば、自然「世の中はそうそうにはままならぬもの」という認識が抱けますから、そうそうには怒ることもなくなりますし、仮に感情が昂ぶった所でそれを抑制しなければ望む結果が得られないことも体感的に理解できるようになるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々のご回答、ありがとうございます。

 Roman0さんは心理学等の専門家の方でしょうか?

 私が知る格闘家や武道家の多くは、質問文にあるような状況では普通に怒ります。
 それどころか手を出してしまう人だって居ます。(この行為を肯定するつもりはございません)
 その中には一流と言われる人も含まれております。
 彼らは、日々激しい稽古や練習、トレーニングを積んでいます。
 私の見聞では、このような状況は、私の周囲だけで起こる、特殊な事例等ではないようです。
 このような現状を、どのようにお考えになりますか?

お礼日時:2007/11/27 17:24

#2です。



興味ぶかいテーマなので、回答というより自分の思うことを書かせていただきました。

同情と書きましたが、”優越感ありきの同情”というより”許せる気持ち”や”相手の陰に気持ちに負けている様を理解する気持ち”そう思えたのです。


年齢を重ねるとともに表現力を低下させることなく、人間的に我の強さがなくなり、穏やかな人になっていく書家や芸術家にも通じるように思えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 noujiiさん、度々のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/27 17:21

>心に生じた怒りを雲散霧消させて微塵も残さない」等と言った意味でしょうか?


そう考えてもかまわないと思います。

心頭滅却すれば火もまた涼し。って知ってますよね。
集中することにより、暑さ寒さを感じなくなると言うことですが、その他の感情もそうすることが出来ます。

剣道や柔道などの「武道」は、敵に対する強さよりも自分に対する強さを鍛えるためのものです。
痛い、つらい、きつい、苦しいを押さえ込んでいきます。
それらをどれだけ押さえ込めるかで相手との勝負に勝つことが出来ます。
怒りや悲しみも自分の心の迷いの一つなんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 koba-pさん、度々のアドバイス、ありがとうございます。

 そのような考え方もある、と解させて頂きます。

お礼日時:2007/11/27 17:21

> 強さに重要な価値を見出し、強さを求めて日々血の汗を流し


> ているような武道家や格闘家であれば、その強さを否定する
> ように、侮られたりケンカを売られたりしたときに、心に怒
> りが生じるのは自然な反応では?

 怒りも生じるでしょうが、同時に理性も働きます。あなたも人間でしょうから、両方が働いて理性が負けたときに怒りに基づく行動をしているという実感があるのではありませんか? だから、後になって「しまった」などと後悔するわけです。

 そもそも感情が強烈なものに盛り上がらないし、理性の働きも十分強くなることが、修行というものの力です。その結果、少々怒りの感情が沸き起こった所で、簡単に理性によって制圧されてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 Roman0さん、ご回答ありがとうございます。


>そもそも感情が強烈なものに盛り上がらないし、理性の働きも十分強くなることが、修行というものの力です。その結果、少々怒りの感情が沸き起こった所で、簡単に理性によって制圧されてしまいます。

 ここで言う「修行」とは、具体的に、どのような行為のことをおっしゃっているのですか?
 それは、すべての武道や格闘技で行われているであろう、強くなる為の稽古や練習、トレーニング等のことでしょうか?

お礼日時:2007/11/26 18:37

例えば自分より20歳以上年下で、健康状態も悪く、経済的にも裕福だとは言えない人から、少々コバカにされたりしても同情が先に立ち起こる気になれないと思います。



それは相手を理解しているからかもしれません。

他者を正確に見つめるて把握するには、自分の心の健康状態を良好に保つ事が出来ているのが前提だと思います。
それは、陰である劣等感やストレスや欲を認識してコントロールしてこそ成り立つ状態でしょう。



仕事上、お客さんの嘘をついている部分に触ろうと(踏み込もうとすると)お客さんの中にはその重さに耐え切れず、キレたり威嚇したりする人もいます。

「弱い犬はよく吼える」に似ているかもしれません。

怖さは相手でなく自分の中にあるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 noujiiさん、ご回答ありがとうございます。


>例えば自分より20歳以上年下で、健康状態も悪く、経済的にも裕福だとは言えない人から、少々コバカにされたりしても同情が先に立ち起こる気になれないと思います。

 これは「優越感があれば、怒りではなく同情が生じる」等といった意味かと存じますが、それでは具体的に、質問文にあるような状況でも心に怒りが生じない武道家や格闘家の場合、何に関して優越感を抱いているとお考えですか?

お礼日時:2007/11/26 18:37

たぶん、怒りたいんだとは思います。


しかしながら、怒りの感情は視野を狭くさせて動作も大振りになりがちです。
パワーは大きくなるでしょうけれど、当たらなければ意味がない。
武道などで極めてくると、平常心が求められます。
怒りを伴ったまま手を出すことは、平常心が失われていると言うこと。
怒りを生じさせないのではなく、持ち上がった怒りをきわめて短時間に押し込められる精神構造なんだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 koba-pさん、アドバイスありがとうございます。


>怒りを生じさせないのではなく、持ち上がった怒りをきわめて短時間に押し込められる精神構造なんだと思いますよ。

 ここで言う「怒りを押し込める」とは、どのような意味でしょうか?
 「心に生じた怒りを雲散霧消させて微塵も残さない」等と言った意味でしょうか?
 

お礼日時:2007/11/26 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q餃子耳のおかげで・・・

組み技格闘技経験による餃子耳をしてると、
普段の日常生活(例えば街を歩いてたり、電車に乗ってる時など)で、
他人から怖がられたり(気持ちわるがられるという意味ではない)、
喧嘩を売られることは無いと聞いたことがありますが、
本当なんですか?
でも何らかの格闘経験者か格闘技オタクの人ならともかく、
ごく普通の人とか、
ただのヤンキーが餃子耳はどうやったらなるのかなんて知ってるのですかね?
実際、
餃子耳のおかげで他人が自分の事を見る目が変わった(気持ちわるがられると言う意味ではない)とか、
なめられなくなったって経験をしたことある人はいますか?

Aベストアンサー

 まず、「ヤンキーの人たちが餃子耳をなぜ知っているのか?」の質問についてですが、彼らは喧嘩に負ける事が許されません。なぜなら、負けるとそのアイデンティティが無くなるから(ごく最近の若者は不明)。
その業界で負けた事がうわさになり、その生活(多少の悪い事は目をつぶってもらえる)が出来なくなります。これはヤンキーの人たちにとっては死活問題です。だから、彼らは自分より強い人間とは喧嘩をしません。特に格闘技経験者には立ち向かって行く事はありません(かなり偏った意見)
 この様な情報(餃子耳は強者)を彼らはどこで仕入れるかは様々ですが
(1)マンガ(格闘技マンガやヤンキーマンガ)などから
(2)先輩からの言い伝え
(3)学校の先生(彼らは意外と体育や格技の先生と仲が良い)から教わる
等が上げられます。
 次に喧嘩を売られる事が無いの?には先ほどのヤンキーの件からのつながりで推測できます。喧嘩を売る方が自分を上に見ている(ヤンキーにとって喧嘩の強さが上下関係。また偏ってるな・・・)ので売られる可能性が下がります。
最後に経験談ですが私は就職試験前に耳を整形手術しました。餃子耳は耳が切れて傷になり、そこに雑菌が入り化膿したからなるのです。見た目も悪いし、放置しておくと簡単な手術では直らなくなる事があるそうです。現役を引退したならばすぐにでも手術したほうが良いと個人的な見解です(経験者をアピールしたいのなら別)

 まず、「ヤンキーの人たちが餃子耳をなぜ知っているのか?」の質問についてですが、彼らは喧嘩に負ける事が許されません。なぜなら、負けるとそのアイデンティティが無くなるから(ごく最近の若者は不明)。
その業界で負けた事がうわさになり、その生活(多少の悪い事は目をつぶってもらえる)が出来なくなります。これはヤンキーの人たちにとっては死活問題です。だから、彼らは自分より強い人間とは喧嘩をしません。特に格闘技経験者には立ち向かって行く事はありません(かなり偏った意見)
 この様な情...続きを読む

Q打撃系格闘技出身者は総合格闘技では戦いづらいって本当ですか?

昔の格闘技関係の本の文章の一部で、
「キックボクシングなどのパンチやキックという
打撃技を身上として鍛え上げた身体は、重心が上方にあるので、
総合格闘技では戦いづらい。総合格闘技というルールで
戦うと、こうした体型の者は体重の重い、それも
重心の低い馬力ファイターに弱い。押されることに
対する筋肉ができていないためだ。」と打撃系格闘技出身
の選手は総合格闘技には向かないと思われることが
書かれてあったのですが、その文章は正しいのでしょうか?
ムエタイ出身のヴァンダレイ・シウバやK1出身のミルコが
総合格闘技で活躍したことがあることを考えると
例外もありえると思うのですが…
皆様からのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「秘技」のようなマイナーな存在であったことや、かつて柔道家を主人公とする「姿三四郎」の人気などによって、日本では空手より柔道が、日本の格闘技の「主役」の時代が長く続きました。

それを大きく変えたのが、かの「空手バカ一代」の出現です。

「地上最強」「一撃必殺」などのうたい文句をひっさげ、空手こそ最強という認識は、昭和40年代中盤から昭和50年代にかけてはかなり浸透しました。

もちろん大山師の功績もさることながら、試割りなどのインパクトなどもその原因のひとつだったことは言うまでもないでしょう。

実は私自身ちょうどその世代真っ只中でして、中学1年から始めた柔道部に所属しながらも、高校1年で2段を取得(これは実は年齢を誤魔化しての取得でした)してすぐに、部活での柔道の練習のかたわら、週に2回ほど少林寺拳法を習いにいったりしました。

これは
「柔道は相手をつかんでからでないと攻撃できないから、相手と接触することが即攻撃になる空手には遅れをとる」
という理論や
「いくら身体を鍛えてもブロックやレンガを割る空手の攻撃を受けたらKO必至だ」
みたいな理論を聞き、私自身も「いくら柔道をやっていても空手部の奴とケンカしたら勝てないんじゃないか」なんて不安になったのです。

そして、今から空手をやっても空手部の奴には追いつかない、ならば少林寺をやれば違うルートから近づくことが出来る。
自分の柔道の力に、少林寺の打撃が加われば空手部恐れるに足らず!
なんてバカなことを考えたのです。
(これら全てが今になるとアホな考えですが)。

その後も日本では柔道や各種格闘技は広く愛好者を有しましたが、その中でもやはり「極真」というブランドは一定の評価を得ていたのはご存知の通りです。

そしてその後極真を代表とするいわゆる「フルコン」の顔面無しというコンセプトに対するアンチテーゼとして顔面攻撃有りの空手や、グローブ空手などが、その後の大きな「大変革」の徴候として次々と生まれ始めたのもご存知の通りです。
(私が本格的に総合系の空手にはまり出したのもちょうどこの頃のことです)
__________________
前置きが長くてすいません(いつもの私の悪いクセです)。
もう少し続けさせてください。

さて、先ほど私が「後の大きな大変革」と表現したのが、ご存知のUFCにおけるグレーシーの出現です。
これはまさに格闘技に関する常識を根底からくつがえすほどの出来事でした。
格闘技界のコペルニクスと言ってもいいと思います。

たしかに多くの専門家が一撃必殺なんてのは現実的でないことや、人間が格闘をしていると自然と相手と組み合ってしまうのが自然だから、組み技系の専門家は実戦においてとても強いということはよく言われていました。

しかしなんのかんの言っても、実際の格闘では圧倒的体格を有する者が、その体重とパワーにものをいわせ圧倒するという「現実」が、実戦における勝敗を決するという考えはやはり強く信じられていました。

事実私は、当時グレーシーが出現するまでは、現実の実戦で「平均的・一般的」に最強の人間が一番多い集団は大相撲、そしてそれに続くのが重量級の柔道選手や重量級のキック・空手の選手であろうと思っていました。

しかしグレーシーの出現によって、必要充分以上に打撃に対する対策を修得した上での組み技、特に締め技&関節技のエキスパートにかかると、打撃系の選手やパワーで押し込むなんていう攻撃があっさりと封じ込められてしまうという現実を思い知らされたわけです。

つまり対多人数や対武器を想定に含めなければいけない、現実のケンカはさておき、あくまで競技としての素手1対1の対戦(つまりプライドのような総合格闘技の試合)では、締め関節の熟練度がもっとも要求されるということが分かってきたわけです。

言い方を変えれば、少しくらいパンチやキックが強くても、いったん組み付いてしまえば後は寝技の専門家には手も足も出ないということがバレてしまったわけです。

こういう経緯によって、現在の総合の試合において最低限求められる能力は
パンチ・蹴りであっさり倒されない程度の打撃力と、そこから寝技で相手を仕留める能力
これになっているのです。

さて本題の
Q:打撃系の選手は総合で闘うのに向いていないのか
を考えてみたいです。

私はこの最低限の打撃力プラス寝技の修得という、総合での能力を身につけるうえで、打撃系の選手が不利なのは重心の高さという要素は少ないと思います。

私が打撃系出身の選手が不利となる理由と考えるのは次の2つです。
一つは先ほど言った通り、人間はルール無しで殴りあっていると、自然と相手と接近して組み合うという性質があるため、ある程度打撃の経験のある者同士では、あっさりと打撃で決着の付くことの方が少なく、結局は組み技の優劣で勝負が決する以上、どうしても寝技に一日の長がある組技出身の選手が有利であること。

そしてもう一つは、打撃の修得よりも、組技の習得の方が熟練するのにより多くの経験が必要だということです。

殴る蹴るという攻撃は、ある意味素人でも持っている、人間の「原始的」攻撃方法です。
つまり締め関節等に比べると、打撃と言うのは素人のその「素人度」が低いのです。

また打撃の強弱というのは、ある程度腕力や体力、体格などによって左右されてしまいます。
ですからボブ・サップのような本来打撃の素人であっても、多少の練習によってそれなりに戦えるレベルになれるし、いやさらにはあれだけの体格とパワーを有しているとほんの数ヶ月の練習で、軽量中量級の専門家でさえ圧倒されることも大いに有りえるわけです。

しかし投げや締め関節は、極端な話しいくら体格や腕力があっても、素人では絶対に専門家に勝てません。
半年柔道を練習したボブサップでは、60キロの野村忠宏にも子ども扱いされることでしょう。

とくに柔道の世界は、多くのトップ選手がジュニアの頃からその道にどっぷり漬かっているような選手の集団です。
こういう柔道家とさえ互角以上に寝技を闘うことが出来る、柔術家や五輪銀メダリストの小川直也を数十秒でギブアップさせてしまうヒョードルのような人間の居る総合の世界では、やはり打撃系出身者は分が悪くなるのも当然なのではないでしょうか。

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報