ちょっとトラブルになったりした時に、言った言わないの揉め事ってあると思います。

その時、会話を録音していればって思うのですが、そこで質問です。

1.会話を録音すること自体は違法か?
2.適法であるなら録音方法などに条件はあるのか?
3.録音する際には相手の了承を得なければならないのか?それとも録音する旨を伝え、一方的に録音してよいのか?

以上の3点です。

法律には詳しくないですが、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

相手の了承がなくても、会話の録音は基本的には、問題ないようです。


[PRESIDENT Online 他人との会話をこっそり録音するのは合法か]
http://president.jp/articles/-/15666

A 回答 (3件)

    • good
    • 30
この回答へのお礼

ありがとうございます。

拝見させていただき、別の疑問が出てまいりましたので、一旦終了しますね。

お礼日時:2007/12/14 13:31

民事訴訟に限って回答します。


刑事訴訟はまた別の考え方となります。

1.録音すること自体は違法ではありません。

2.違法・反社会的な手段によって録音しないことです。
判例では、非公開の会議を無断で録音したものを証拠として採用しないとされました(東京高裁平成28年5月19日判決)。

3.特に了承は必要ありません。
    • good
    • 1

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

> 1.会話を録音すること自体は違法か?



法律では、録音する事自体は基本的に禁止されていません。


> 3.録音する際には相手の了承を得なければならないのか?それとも録音する旨を伝え、一方的に録音してよいのか?

了承を得るのが無難。

そうしないと、
「録音しているのを知っていたら、冷静に別の回答をした。」
「そんなつもりで言ってない。」
と、やはり水掛け論になるだけかと…。


ビジネス、会議なんかなら、きちんと議事録を残し、双方確認するってのが確実です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ちとまた考えた後、質問してみます。

お礼日時:2007/12/14 13:31

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDへの録音

CDラジカセを店頭で見ていたら、私の持っているアイワのCDラジカセと(多分)同じものが売られていて、機能の書いた札があって、
「CDワンタッチ録音」というところにマルが付けられていました。

私は、「へえー、CDに録音ってできるんだ。知らなかった。家に帰って試してみよう」と思って説明書を見たのですが、
それらしい記述はありません。

「CDワンタッチ録音」とは、「CDに録音」という意味ではなくて「CDから録音」という意味でしょうか。
また「ワンタッチ」とはどういう意味でしょうか。逆にワンタッチでない録音とはどういうものでしょうか。

説明書には「CDワンタッチ録音」なる言葉はないようです。

Aベストアンサー

まず、録音はCDからになります。

次にその操作方法ですが、電源ON、CDを入れた後で
カセットかMDを入れて、このカセットかMDを
REC&PAUSEの状態にします。
この操作だけは機種により異なるので
やってみるしかないのですが、
最終的に、録音ランプとポーズランプが
点灯して、録音準備中の状態になるはずです。
(RECボタンだけでなる物、RECとPAUSEでなるもの
 REC,PLAY,PAUSEの3つ押しの物
 専用のボタンがあるものなどがあります)

ここでCDをスタートさせると、
CDのスタートと同時にテープやMDがスタートするのが
普通のシンクロ録音です。

で、ワンタッチ録音なのですが、
ここまでの操作をいっぺんにやってくれる機能です。
つまり、全部セットしてそのボタンを押すだけで
自動的にダビングが始まります。

さて、お使いの機器にその説明が無かったとのことですが、
本当に同じ機種を御覧になったでしょうか。
最近の家電製品は
日本で企画 → 設計 → 海外で生産 → 日本で販売
という形になっているのですが、
この海外生産時の単位が大きいのが特徴です。
で、一度作った製品を売り切ることに
また製造するのですが、この時、同じ物を作ることは
まずありえません。
市場の要求に応じて仕様を変えるのが普通で、
こうすれば作る毎に新製品として売ることも可能です。
CDワンタッチ録音のように内部のプログラムを
変えるだけで作れる機能(ボタンは何かのボタンを流用)
は、こういう変更の対象になりやすい機能でもあります。

まず、録音はCDからになります。

次にその操作方法ですが、電源ON、CDを入れた後で
カセットかMDを入れて、このカセットかMDを
REC&PAUSEの状態にします。
この操作だけは機種により異なるので
やってみるしかないのですが、
最終的に、録音ランプとポーズランプが
点灯して、録音準備中の状態になるはずです。
(RECボタンだけでなる物、RECとPAUSEでなるもの
 REC,PLAY,PAUSEの3つ押しの物
 専用のボタンがあるものなどがあります)

ここでCDをスタートさせると、
CDのスター...続きを読む

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む

Q声を録音して加工できるフリーソフト

昔使っていたフリーソフトで、
マイクから声をMacに録音して加工(遅くしたり早くしたり程度)できるソフトがあったのですが、
MacOS10で使える同様のフリーソフトはありませんか?
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

録音から編集まで可能な、「Audacity」という高機能なフリーソフトがあります。
http://audacity.sourceforge.net/
エフェクトなどもたくさんあり、かなり便利なソフトです。

参考URL:http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/audacity.html, http://www.babylonic.com/audacity/audinst.htm

Q相手に無断でICレコーダーを使って、自分自身と相手の会話の内容を録音することは違法なのでしょうか?

相手に無断でICレコーダーを使って、自分自身と相手の会話の内容を録音することは違法なのでしょうか?
録音する理由は、何かもめごとなどの話し合いで口約束などに至った場合に、
話が違う!となった場合に、紙の変わりの証拠として出せるようにするためです。

Aベストアンサー

>> 録音する理由は、何かもめごとなどの話し合いで口約束などに至った場合に、話が違う!となった場合に、紙の変わりの証拠として出せるようにするため //

ということなので、まず、民事事件の場合について回答します。

民事訴訟では、基本的に、「違法収集証拠」という概念は存在しません。つまり、どのような手段・方法で収集された証拠であっても、すべて裁判の場に出して良いし、それをどの程度考慮するかも裁判官の自由に任されています。

ただし、「刑事上罰すべき他人の行為」が介在してなされた攻撃・防御(当事者の主張・立証)が判決の行く末に影響を与えた場合、あるいは、証拠として提出された物が偽造されたものであった場合などには再審自由となるので(民事訴訟法338条1項5号・6号)、その趣旨を汲んで、そのような証拠は評価の対象としない、というのが一般的な取り扱いのようです。

したがって、相手との会話を無断でICレコーダに記録しても、「刑事上罰すべき行為」には当たらないので、違法ではないし、証拠としても価値を持つことになります。

証拠とできないのは、たとえば、「妻の不貞を暴くために、別居中の妻の家に忍び込んで日記を写真に撮ってきた」とか、「脅迫して偽の契約書にサインさせた」とかいった場合です。

--------------
次に、刑事事件の場合について説明します。

刑事事件では、「違法に獲得された証拠は、証拠とすることができない」とされています(違法収集証拠排除法則、略して単に排除法則ともいう)。これは、たとえ犯罪の立証に有力でも、裁判官の目に触れさせてはいけない、という立法者の決断です。

たとえば、拷問によって自白が得られた場合、たとえその内容が真実であったとしても、「拷問によって獲得した」という部分が違法なので、どれだけ重要な証拠であっても、証拠として使ってはならないということです。

(より詳しくいえば、刑事では、「証拠能力」と「証拠力(証明力)」という区別をします。証拠能力というのは、証拠として裁判官の前に出しても良いか、というレベルの話です。証拠力というのは、証拠能力がある証拠について、どれだけ有罪・無罪の立証に役立つか、というレベルの話です。そして、「違法収集証拠かどうか」という議論は、証拠能力が認められるか、というレベルでの議論です。したがって、「違法でなくても証拠能力が問題になる」ということは、あり得ません。「証拠能力」と「証拠力(証明力)」の区別は刑事訴訟の基本中の基本ですが、民事では「全部まとめて証明力の問題」として取り扱っている、ということです。)

「違法収集証拠に当たるかどうかの基準は、収集方法が適法かどうかだ」というのは、「病気かどうかは、健康かどうかによって判断すべきだ」というのと同じで、トートロジー(問いをもって問いに答える)です。

判例は、違法収集証拠として排除するかどうかの基準について、(1)違法の程度が重大で、かつ、(2)証拠排除することが違法捜査の抑止の点から相当である場合、としています。

(1)については、たとえば拷問、暴力的な取り調べ、無令状での逮捕、利益誘導、脅迫など、黙秘権や人身の自由などの基本的人権を侵害するような場合には「重大な違法」と評価される傾向が強くなります。他方、上着の外ポケットに手を入れて中身を取り出したとか、所持者の同意がないのに手荷物を開けて中を見たとかいう場合には、「軽微な違法」と評価される傾向が強くなります。

(2)については、言い換えれば、「この証拠を排除しておかないと、同じような違法な捜査が繰り返されるおそれがあるか」ということです。「捜査に熱心なあまり、取るべき手続を忘れてしまった」ような場合(たとえば令状の提示が遅れたなど)には、うっかりミスなので繰り返されるおそれは少ない、といった考え方です。

この点からいって、単に相手の会話を勝手に録音したからといって、そもそも違法な行為ではないので、問題はありません。

なお、「おとり捜査」に関しては、いわゆる犯意誘発型(やる気がないのに犯罪を起こすように仕向ける)のおとり捜査は、それ自体が違法であるとされています(判例・通説)。

問題は、「違法な捜査」に引き続いて行われた「証拠収集」において、先の違法性が後にも影響するかという、いわゆる違法性の承継という論点で議論されます。この問題は、非常に難しいので、これ以上は立ち入らずに問題の指摘にとどめます。

>> 録音する理由は、何かもめごとなどの話し合いで口約束などに至った場合に、話が違う!となった場合に、紙の変わりの証拠として出せるようにするため //

ということなので、まず、民事事件の場合について回答します。

民事訴訟では、基本的に、「違法収集証拠」という概念は存在しません。つまり、どのような手段・方法で収集された証拠であっても、すべて裁判の場に出して良いし、それをどの程度考慮するかも裁判官の自由に任されています。

ただし、「刑事上罰すべき他人の行為」が介在してなされた...続きを読む

Qネットラジオ?ストリーミング?録音できるフリーソフト教えてください

NHKの英語サイトの「ストリーミング」というのでしょうか?
それを録音したいのですが、簡単に録音できるフリーソフトは
ないでしょうか。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business1/index.html

ご存知でしたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://tetora.orz.ne.jp/forum/gasdown/download.cgi
ポピュラーなソフトです。
お使いのPC環境を書いた方が、的確な返答を期待出来ます。

Q通話を録音するのは違法?

プライバシーについて勉強中です。

1.自宅、または事業所で、録音機器によって通話を無断で録音することは、違法なのでしょうか?

例えば、了解を得ずに、法律事務所やピザ屋さんなどで顧客とのやりとりの証拠として残したり、こっそり好きな人との会話を録音したりなどする場合です。

2.違法だとすれば、法的根拠(条文など)がどこにあるかを教えてください。また、事前に録音の了解を得るなど違法でなくなる方法があれば教えてください。

3.違法でないとすれば、何かトラブルが発生した場合、録音した内容に証拠能力はあるのでしょうか?

4.また事業所などで、録音機器の活用方法などがあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 他人の会話を勝手に録音したことによって犯してしまう可能性のある罪といえば、典型的なものとしては名誉毀損罪があります。また、録音して聞いたことを暗にほのめかして本人を精神的に追い詰めると、場合によっては暴行罪になってしまうこともありえないわけではありません。

 つまり、ただ録音しただけでは罪にはならず、それを使って人に迷惑をかけると、そこで初めて罪になるわけです。
 なので、「○○法の何条に違反する」という言い方はできないのです。

 録音したテープは、「偽造の可能性がある」との理由から一般的な裁判では証拠能力がないとされているようですが、「捜査の一助となる」といった程度の証拠能力ならあります。

Q録音機能にすぐれた電話

今使っているPioneer の電話は、親機で受けたら、通話を録音できますが、子機で受けると録音ができません。それに親機の録音時間も10分ほどで、すぐに途中で録音できなくなります。せめて1時間くらいは録音できるものがほしいと探しています。

録音機能にすぐれた固定電話はないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

子機は無理でしょうが
SDカードに保存できる電話はあります。
FAX 付なら
http://panasonic.jp/fax/607dl/index.html
こちらが良い?
http://panasonic.jp/phone/

QICレコーダーで、相手の了承を得ないままに録音した場合、それって罪?

素人質問になりますが、よろしくお願いします。

主人が浮気を繰り返すので、離婚を考えています。
ただ、討論の中で浮気をしたと認めてはいるのですが、
いざ冷静になって慰謝料のことで話し合おうと思った途端、「そんなこといった覚えはない」といいだしたり、
でもこの間は・・・と細かに状況説明すれば「浮気したさ、それがどうした」と開き直って認めたり。

何度話し合いをしても、重要なところに来るとすぐに「そんなこといった覚えはない」と言う主人で、
正直言って話し合いが進みません。
なので、いっそのこと調停へ申し立てをしようかと思っているのですが、
主人が「浮気をした」と話しているところを、主人の了承を得ないままこっそりICレコーダーで記録したりするのは、罪ですか?

よく「浮気をしたと認めているところを録音しておけば、証拠になる」といいますが、それって、主人も録音していることを了承した上でのことだけなのでしょうか。こっそり録音したものは、証拠になりませんか?
こっそり録音したものって、盗聴になるんですか?

Aベストアンサー

>主人の了承を得ないままこっそりICレコーダーで記録したりするのは、罪ですか?

罪刑法定主義という刑法の大原則があり、法律に規定のないことはどんなに悪いことをしても刑罰を受けることはありません。道義上の問題はともかくとして、ICレコーダーで勝手に録音することそれ自体は罪になりません。

ただ、そのためにこっそり他人の家に入り込んだ場合は住居侵入罪が(盗聴で検挙されているのはほとんどこのパターン)、盗聴器具によっては電波法にひっかかるおそれがあります。

>こっそり録音したものは、証拠になりませんか?

刑事裁判と違って、証拠に限定はないので「原則」証拠になると思ってください。ただ、人格権を侵害し反社会的な手段で収集・使用された証拠は違法収集証拠として証拠能力が否定されることがあります(民事の違法収集証拠論についてはわたしの知りうる限りでは判例は特になく、学説上の見解なので専門家の方に補足修正を望みます)。

Q教材CDを2倍速以上で録音してカーステレオで聴きたいのですが

資格通信教育のCDを通勤途中に時間短縮のため2倍速以上でカーステレオで聴きたいのですが?どのような方法がありますか?パソコンは古くCD読み込みのみ出来ます

Aベストアンサー

参考URLにあるようなフリーソフトで音程は変えずに再生速度のみ変えられます。

CD-Rは使えないようなので、イヤホン端子からカセットなどに録音するようになりますけど。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se247849.html?g

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング