『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

イギリスへの出張を控えているのですが、
ノートパソコンなどの日本の電気機器を現地で使う際に
プラグ変換アダプタを付けた日本製テーブルタップをコンセントにさして、
そこからPCのACアダプタなどの電源を取ることは可能でしょうか?

PCのACアダプタ本体は100-240Vまで使用可能なものなのですが
ACアダプタやテーブルタップのケーブルには125Vと書かれていますので
220230Vのイギリスで使う場合ケーブル皮膜の絶縁などで問題が出ないのか
心配しています。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

PCは国際規格の100-240VがほとんどでしょうからプラグアダプタBFタイプを用意。


電化製品はものによってどうでしょう。

湯沸しポットなら現地で安いのを購入した方が良いでしょう。
使い捨て価格ですよ。

デジカメの充電の場合は100-240Vであるか確認。
日本の携帯電話を使う、もしくは連絡リストとして持参される場合充電器は国際規格ではないためコンバーターを使用してください。
コンバーター無しだと壊れます。
多くの日本人がこれで日本の携帯を壊しています。
30-60VAの小型コンバーターがあると良いです。
日本で購入された方が安いかもしれないです。

PCを買ったときにケーブルは240Vのケーブルを使うように言われました。
日本で買ってもいいですが現地で簡単に購入できます。


携帯電話は現地で買われると良いでしょう。
「Pey as you go」で国際電話料金が安いものも出ています。

日本と携帯電話のシステムがかなり違います。
日本のような束縛がほとんど無いですよ。
SIMカードの料金も1ポンドだったり、クレジット10ポンド分のSIMカードだったり・・・

海外出張が多い方なら日本の携帯を使用するより経済的ですし、国際的に使えるので出先でSIMを購入し、ローミング代を払わないことができますね。

海外から日本に行くと携帯電話の弊害に頭を痛めます。
早く3G電話のSIMロック解除ができることを願い、SIMの自由購入が日本でできることを望んでいます。
    • good
    • 1

220Vのタイ在住です。

確かに低電流のものではトラブルはおきませんが,熱源が関係するものでコンセントを溶かしてしまったことがあります。後で確認したら,やはり許容量を超えていました。

おそらく大丈夫,わたしもパソコンの電源は日本の物をそのまま使っていますが,万全を期したいなら注意も必要ですよ。
    • good
    • 0

240Vのフィジー(元英国植民地)で2年間暮らしていました。


結論から言ってノートパソコン、デジカメを使う限り125V用で問題は全くありませんでした。発熱もありませんでした。
尚、電気釜、湯沸しなどは現地で購入し、テーブルタップも240V用を使っていました。
    • good
    • 4

止めて置いた方が良いです。



短時間、小電流なら致命的なことは無いでしょうけど、
長らく使うのであれば、発熱もするでしょうし、
最悪、発火する危険性もあります。
    • good
    • 0

海外用のテーブルタップを使えばよいと思います。

2000円くらいで売っています。
テーブルタップ側のコンセントはいろいろなタイプに対応しているので、
個々の電化製品の変換プラグは不要ですが、テーブルタップ自体のプラグは、
変換プラグが必要な場合もあります。
もちろん日本でも使えます。
    • good
    • 2

PCやデジカメなどの小電流の物を接続するなら


問題ありません。

ヒーター類でも(ドライヤー、ポット他)は数分
程度なら大丈夫です。
*ポット(湯沸し)は各国で何時も使っています。

問題になるのは電圧でなく電流です。
    • good
    • 1

うちのも125Vとなってますね。


これを超えたものは責任対象外であり、実際検証(テスト)もやっていないのではないでしょうか。

誰も大丈夫とはいえないと思いますよ。私だったら、やりますが笑
ただ日本みたいに安定しているという確信がないので、使用が終わったらかならず元から抜き、寝るときや外出時も日本みたいにタップをさしっぱなしにはしないと思います。
シェーバー用の110-125V程度の口は、本当に電流が小さく、無知な頃ドライヤーで何度かブレーカーを飛ばしました。

私は逆の発想で、空港で買った300円くらいの変換アダプタを3つ位もって、必要ならそれを持ち歩きます。
市内の量販店で買うより、安かったイメージがあります。
    • good
    • 1

ダメです。

火事になりますよ。(実際は、火事になる前に、部屋中に皮膜の焼け焦げた臭いが充満して、いたたまれなくなりますが。)

ノートPCのACアダプタ用のケーブルは、日本で240V仕様のものを買って行きましょう。HPのノートPC以外は共通で使え、1000円以内で簡単に入手できます。ノートPCだけの問題なら、これで用事が足りるはずです。

他に、プラグ形状が違いますから、日本にいるうちに、イギリス用の変換アダプターを必要数、購入して行きましょう。現地では、馴れていない限り、そう簡単には見つからないものですから。気の利いたホテルでは、部屋のコンセントが万国仕様になっているものもあります。

もし、テーブルタップが必要なら、現地で購入しましょう。どこにでも売っていますから。

国内用シェーバーの電源ぐらいなら、ホテルのバスルームに125V用の電源が付いている所も多いと思いますので、それが利用できます。ただし、容量(ワット数)が小さいのが普通で、充電にしか使えないと思います。もしそれがなければ、出張期間にもよりますが、変圧器を持っていく必要があるかも知れません。ポータブルのものでも容量が小さいくせに、結構重いです。

コンセント形状と125V電源については、ホテルに問い合わせてみると良いと思います。

なお、私は携行する電気製品はすべて、100Vレンジ、240Vレンジの両方が使えるものばかりにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。

ノートPCやシェーバーなど普段使いのものはほとんど100-240Vが使えるものを利用しており、これまで1,2週間程度の出張の際にそのままプラグ変換アダプタを付けて問題なく使用できておりました。
今回は長期出張のため変換プラグを付け替えたりするのが面倒になるかなと思い、日本のプラグ形状のテーブルタップが使えればよいのにと思った次第です。

素人考えでは、電気機器に必要な仕事量(ワット数)が決まっていますので
電圧が高い分だけケーブルに流れる電流が少なくてすみケーブルの発熱も小さくなるのかと思ってしまうのですが、No.1さんのご回答のように絶縁の耐圧は問題ない場合でも発熱(最悪発火)の危険性はあるのでしょうか?

お礼日時:2008/01/05 12:55

まず100%問題は生じません。



テーブルタップの絶縁は、200V程度の電圧ではなんともありません。
安心してお使いください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/05 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q200V地域で100V用コーナータップは使えますか

最近は充電が必要な旅行用品が爆発的に増えたと思います。

私の場合・・・
1.デジタル一眼カメラのバッテリー
2.コンパクトデジカメ(サブカメラ)のバッテリー
3.ビデオカメラのバッテリー(持っていく場合)
4.携帯電話のバッテリー
5.タブレット
6.モバイルWIFIルータ
7.場合によっては、ホテル用有線lan用のアダプタへの給電

これだけの機器に給電するために国内では、以下のようなタップを2個持参しています。
http://www.amazon.co.jp/Yazawa-STCS154WH-%E6%A5%B5%E5%B0%8F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97-4%E5%80%8B%E5%8F%A3/dp/B001M71JZU

最近行く海外は、100v~110vぐらいの地域なので問題なくタップを使っていました。

プラグアダプタ(変換プラグ併用)

今回 220vの電圧地域へ旅行します。この方法で何とか大丈夫でしょうか?
電圧が二倍なので不安に感じています。

旅行用電圧変換トランス使用なら良いのでしょうが、めったに使わないし重いです。
海外旅行で、電気製品をたくさん持参する人はみなさん、どうしているのでしょうか?
私の場合は今のところはパソコンまでは持参していません。(タブレットで我慢)
今にはパソコンも持っていくかもしれません。
どんどん装備が増えて参っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合は撮影を主な目的とした旅行なのでカメラ関係の充電機器が多いのでしょうが、
一般の人でも、最小の構成は、スマホか携帯電話 デジカメぐらいはあるでしょう。
同行者とツインルームに泊まればコンセント不足です。
(私にはスマホのカメラ機能で満足する人が理解できない。) 

(注)ドライヤーなど消費電力が大きい電気器具は使いません。

最近は充電が必要な旅行用品が爆発的に増えたと思います。

私の場合・・・
1.デジタル一眼カメラのバッテリー
2.コンパクトデジカメ(サブカメラ)のバッテリー
3.ビデオカメラのバッテリー(持っていく場合)
4.携帯電話のバッテリー
5.タブレット
6.モバイルWIFIルータ
7.場合によっては、ホテル用有線lan用のアダプタへの給電

これだけの機器に給電するために国内では、以下のようなタップを2個持参しています。
http://www.amazon.co.jp/Yazawa-STCS154WH-%E6%A5%B5%E5%B0%8F%E3%82%B3%E3%83...続きを読む

Aベストアンサー

既回答とお礼欄を拝読しました。
私も、お買いになろうとしているタップ使っていますが便利ですよ。
ロード・ワリヤーのは安心ですね。これ上にゴーコンのプラグ変換アダプタをセットできる構造になっているんですよ。
お持ちのガシェットの充電器ならほぼ240VまでOKでしょうし、このゴーコンタップを使えばPC用アダプタのようにケーブルを通して給電するタイプでも大丈夫ですね。
タップは日本やアメリカのAタイプは勿論、Bタイプもささりますし、タップ自体がBタイプですから、イギリス、シンガポールなどのBFのコンセントにも挿せます。韓国もOKだったですね。
昔日本で普通に売られている125Vまでタップをシンガポールで挿してPC充電に使った友人が、ものの5分でタップから煙が出て使えなくなりました(私の目の前で)。
今お持ちのタップはそういう運命になると思いますよ。電流が低いから安全ということはなく、電圧が高いとやられます。

Q海外で日本製たこあしを使えますか?

こんにちは。今度マレーシアに出張するのですが、いつもアジアのホテルの電源の少なさに困っていました。とある人が「日本のたこ足装置(三つくらいさせるもの)を間にかませればOK」というのですが、可能なのでしょうか?
「コンセント→海外用コンセント口に変換(サスコム等)→日本製たこ足→日本製機器(海外対応なので変圧器はいつもナシ)」と言った具合です。日本製たこ足には、合計で1500Wまで、等は書いてありますが・・ちなみに渡航先の電力は240ボルト 50ヘルツです。デジカメや携帯等、故障すると仕事に支障が出そうで、確認してみないと恐くてトライできません・・
なにとぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 所謂「たこ足」は各差込口が並列になっております。各コンセント差込口の電圧は同じで電流が分流されます。
 海外電圧コンセント(マレーシア240V)に変圧器使わず直接たこ足を差すと、各差込口がそれぞれ240V配分されます。日本製で100V仕様の製品はそこに差さないほうが良いと思います。
 100V・240Vの両方に対応する製品は使えると思います。
 
 日本商用電圧(100V)に変換する変圧器を使用し、その変圧器にたこ足を差した場合、たこ足のコンセントにはそれぞれ100Vが配分され、日本製日本国内仕様の製品は使用できます。

 最大使用電力ワット(W)ですが、電圧(V)×電流(A)=電力(W)と考えます。機器に定格ワット数が記載されていなければ、電流×電圧がワット数になりますので、たこ足に差した機器の合計ワットが定格以下になれば、発熱に関して補償範囲内となります。
 抵抗に電流を流すと熱が生じます。あまり多くの機器を同一たこ足で使用すると、熱が多くなりすぎてトラブルの原因となり、最悪の場合電気火災の原因となります。
 
 一般に、熱源(電気ストーブ、ドライヤー、ポット)などはワット数が高いです。それに対してPCは消費電力が少ないのですが、PCの安定動作には安定した電力が必要となり、電圧不足によるPC不具合の可能性もあります。

 所謂「たこ足」は各差込口が並列になっております。各コンセント差込口の電圧は同じで電流が分流されます。
 海外電圧コンセント(マレーシア240V)に変圧器使わず直接たこ足を差すと、各差込口がそれぞれ240V配分されます。日本製で100V仕様の製品はそこに差さないほうが良いと思います。
 100V・240Vの両方に対応する製品は使えると思います。
 
 日本商用電圧(100V)に変換する変圧器を使用し、その変圧器にたこ足を差した場合、たこ足のコンセントにはそれぞれ100Vが配分され、日本製日本国...続きを読む

Q240Vラインのコンセントの場合、テーブルタップも240VAC対応必要?

今月末、イスラエルに行きます。11日間の予定です。

デジカメ3台ほど持っていって(同行者2名)、充電器も2台持って
いって(240V対応ACアダプタ/日本用コンセント)、電気ひげそり(240V)
なども充電する必要ある場合、日本で売ってるACタップ(OAタップ)を
持っていったほうが変換プラグが1個で済んでイイと思ったのですが、
日本の一般のOAタップって100VACの表記しかないですよね?

明日秋葉原に行くんですが、海外で多数の240V対応機器を同時に
1口の空きコンセントから使いたい場合、やはり240VAC対応の
テーブルタップを購入する必要があるんでしょうか?
どうかご教示ください。

Aベストアンサー

http://www.obvdirect.jp/tg/cable.htm

http://mobilekit.jp/products/item_list_power.html

追加します。

Q海外で電子機器を充電する、「タコ足」について教えて下さい。

海外旅行(ドイツ(220V)・スイス(220V)・オーストリア(220V))での電子機器(デジカメ・ビデオ・パソコン)充電用にマルチプラグを購入しましたが、同時に複数の機器を充電する為に、俗に言う「タコ足」器具との接続が必要です。以前、電気店で購入しましたタコ足には「15A-125V」と明記されています。日本で販売されている商品につきましてアドバイスをして頂けたら幸いです。宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

現地到着後にスーパーマーケットや雑貨店でタップ(延長コードつき器具)をお買いになってはいかがですか?私も以前フランスのパリでCタイプのタップを買い、海外旅行では便利に使用しています。日本国内では、入手できませんが、現地では、比較的容易に買えます。

Qアメリカ製の電源タップは日本で使用可能か

アメリカの電源タップ(120VAC 50/60Hz 15AMPS U.L. TVSS Rating:400Volt)を日本で使用することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

 アメリカで購入した電源タップを日本で使うと理解して宜しいですか、電源電圧の変更等の必要は有りませんね。

 先ずソケット部の形状は日本のソケットと略同じでそのまま使う事が出来ます。
 又、タップにはULマークがモールド又はシールで表示して有る筈でこのマークは米国における最高の安全規格で、日本国内で使用しても安全である事を保証します。(国際的に認証された安全規格です)
 因みに、PSEマークは日本国内だけの安全規格で、米国に電気製品・器具等を輸出する場合ULの認定が不可欠です。
 参考URLにUL規格に関する説明が有りますので御参照下さい。

参考URL:http://www.miuramark.co.jp/ul_cul/seal_ul.htm

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Q海外ホテルに荷物を置いておくときの盗難対策

海外のホテルで起こる荷物の盗難対策について2点お尋ねします。
泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

1)同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

2)チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?
手書きの控えをもらう、写真に撮っておく、そもそも預けない、、、
など基本的な対策や心構えについて教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したことがあります。あたりに血がたれて凄惨な状況でした。相手がナイフや拳銃を持っていたらこちらがやられていたと考えると急に怖くなり、立っていられない状態になってしまいました。その後もホテルの警備、警察、部屋の移動と大変でした。今考えれば命あってのものだねで、馬鹿なことをしたものです。安い料金に引かれて、1,2泊泊まろうと考えたのが浅はかでした。Aホテルには問題があるとの情報が当時の現地危険情報には出ていたのですが、1,2泊と考えて無視したのが間違いでした。それ以来ホテルは十分吟味して選ぶようにしています。現地危険情報だけでなく、ホテルの口コミ情報などできるだけ目を通すようにしています。インタ-ネットが発達してその面ではたやすく情報が得られて助かりますが。
さて、部屋にある開かないセ-フティ-ボックスを、従業員が開けるところを見たことが3度ありますが、基本的にノ-トパソコンとセ-フティ-ボックスをつないで、操作すると簡単に開いてしまいますので、従業員がその気になりさえすれば、盗難は簡単でしょう。その面からも、ホテルの選択が大事であると思います。

>同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

基本的には鍵をかけるだけです。パスポ-ト・航空券(eチケットが増えて重要度が低下しましたが)・お金などは部屋のセ-フティ-ボックスかホテルに預けます。ノ-トパソコンやデジカメなども同じようにしておきます。ですからスーツケースには何も入れていませんが、鍵だけは掛けておきます。パスポ-ト・航空券・お金など以外のものが仮に盗難にあっても仕方がないとあきらめています(盗まれたことは無いのですが)。また、盗まれて困るようなものは持っていかないようにしています。

>チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?

預けなければならない状況を作らないようにしています。費用がかかってもレイトチェックアウトにするか、ホテルを出る時間によってはもう一泊料金を払って部屋を確保するかしています。友人と行くときも最低1部屋はこのようにしており、貴重品は確保した部屋のセ-フティ-ボックスにまとめて入れます。これは盗難防止だけでなく、時間の節約などの理由もあります。(個人旅行の形式なのでできるのですが)

ではどうしても預けなければならないときは、貴重品はホテルのセ-フティ-ボックスに預かってもらい、それ以外はス-ツケ-スに入れ、ボ-イに頼みます。ホテルのセ-フティ-ボックスが利用できないときは腹巻形式の貴重品入れを利用します。

慎重すぎるようですが、基本的に盗難などは早々無いと思ってはいるのです。ただ、備えあれば憂いなしと思っていますし、気にしながら観光や仕事に行きたくないので。以上参考までに。

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したこと...続きを読む

Q海外でノートPC利用~専用のACケーブル必要ですか

初めまして。
この度、海外へPCを持参し使用するつもりなのですが、
アダプタと電源をつなぐ“ACケーブル(電源コード?)”は
高電圧対応のものでなければ、PCは使用できないでしょうか?

電気屋で見つけて購入したのですが、接続部ピンの形状が
違っているものを購入してしまいました。
特殊タイプ(DELL 3ピン横一列)であり、日にちがもう無いので
このまま向かうようになるのですが、心配です。

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電圧220V±の中国にて、日本で購入したノートPC2台を3年間使用しています。
基本的には大丈夫なはずなんですけど、やっぱりACアダプタより先のケーブル部分は熱を持ちます。
特に2台のうちの1台(富士通製のA4ノート)の125V用ケーブルは、触るとアツッとなるほどの熱を持っていたため、しばらく経ってから現地のものと交換しました。
もう1台はノートブックで常時通電しているわけではないのですが、若干の熱は帯びるものの、気になるほどではないので交換していません。

滞在する国でも販売されているメーカーのものなら、今は用意されずに、実際に使ってみてから現地で判断すれば良いかと思います。
短期の旅行程度ならあまり気にすることもないでしょう。

QなぜAタイプ変換プラグが売ってあるの?

こんにちは
日本とアメリカとカナダ、コンセントプラグはAタイプで同じですよね。変換プラグはなくても良いと思っています。

しかし、なぜ「アメリカ・カナダ対応変換プラグ(電圧変換はありません)」が売ってあるのでしょうか。
帽子の上に帽子をかぶるような違和感を感じます。
教えてください。

Aベストアンサー

コンセントのABCについてお話します。

全世界で現在主流はBFタイプ
BやBFの頭文字の「B」はBritish(イギリス)からきています。
世界の旧イギリス領の地域と国はBタイプをほとんど使用しています。
AタイプはAmerican(アメリカ・の)、
CタイプはContinental(ヨーロッパ大陸・の)、
以上から来ています。

日本はアメリカをお手本にしたのでAタイプです。
従いまして、日本とアメリカのコンセントプラグは基本的に同じものです。
(日本のコンセントプラグは先端に小さな丸穴が開いていて、差し込むと引っかかり、抜けにくい仕組みが隠されていたりします。)
多くのデジカメの充電アダプタのような電圧に関係なく全世界で使用できる家電品は、日本のAタイププラグをアメリカでもそのまま差し込んで使用可能です。

ご質問のなぜ、Aタイプ同士の変換プラグがあるのか?
製品によりますが、以下の2つの内のいずれかだと思いますよ。
(1)この変換プラグの中に安全フューズが内蔵されています。
万一の際に接続した家電品を守ることが可能です。
(2)Aタイプ同士の変換プラグはプラグのオス側はAタイプですが、メス側はBとAの両方が差し込めるタイプになっているものが主流です。
このタイプの変換プラグは使用者の利便性を考慮したものです。

コンセントのABCについてお話します。

全世界で現在主流はBFタイプ
BやBFの頭文字の「B」はBritish(イギリス)からきています。
世界の旧イギリス領の地域と国はBタイプをほとんど使用しています。
AタイプはAmerican(アメリカ・の)、
CタイプはContinental(ヨーロッパ大陸・の)、
以上から来ています。

日本はアメリカをお手本にしたのでAタイプです。
従いまして、日本とアメリカのコンセントプラグは基本的に同じものです。
(日本のコンセントプラ...続きを読む

Q国内用AC電源ケーブルの海外使用について

来年2月からのオーストラリア長期滞在に、hp社製ノートパソコンを持参予定の者です。

ACアダプタには100-240V / 1.7Aと記されており(因みにオーストラリアは240V)問題なく対応できます。【OUTPUT側は18.5V 3.5A 65W】
しかし、AC電源ケーブルには125V / 7Aと記されております。

海外用と銘打ったACケーブルが市販されていますが、購入すべきでしょうか。

消費電力が変わらなければ、電源電圧が上がれば電流が落ちるはずですよね。
また、一般的に導線のたぐいは電流値が許容量を超えなければ大丈夫に思うのですが如何なものでしょう。

この考えに間違えがなければ国内仕様のACケーブルを240V地域で使っても問題ないように思えるのですが.....


自分なりに理由を考えてみると、スイッチングレギュレータ方式のために240V環境だとピーク電流が大きくなりそのためなのかな~とか思ったりもするのですが、ACケーブルくらいの太さがあれば極小時間のピーク電流より平均電流に左右されそうな気もしますし.....

※因みに本サイトで過去質疑を検索したところ
・コードもそのままで大丈夫です。電圧が上がったからといって電流(アンペア)が増えることはありませんからコードは全然関係ありません。元々240V以下の仕様で付属充電器(ケーブルも含めて)は保障されてますから、日本で使用してるままで大丈夫です。
と投稿されている方と
・アダプタその物は100-240vで海外でもそのまま使えますが、付属するコードは国内の100v仕様の細い線ですのでそのままでは使えません。
コンセントのアダプタを介して使用した場合発熱して発火しますので、使用は止めてください。
メーカーから海外仕様のACコードが出ていましたら別途それを購入して付け替えてご使用ください。
のような書き込みを見つけま益々迷っております。よきアドバイスをいただければ幸いです。

来年2月からのオーストラリア長期滞在に、hp社製ノートパソコンを持参予定の者です。

ACアダプタには100-240V / 1.7Aと記されており(因みにオーストラリアは240V)問題なく対応できます。【OUTPUT側は18.5V 3.5A 65W】
しかし、AC電源ケーブルには125V / 7Aと記されております。

海外用と銘打ったACケーブルが市販されていますが、購入すべきでしょうか。

消費電力が変わらなければ、電源電圧が上がれば電流が落ちるはずですよね。
また、一般的に導線のたぐいは電流値が許容量を超えなければ大丈夫に思...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど、何度か海外出張には行きましたが、まったく気にした事はありませんでした。
これはつまり、AC ADAPTERは240Vまでの耐圧がありますよ、でも日本国内用の販売は、コンセントからAC ADAPTERまでの電線は125V耐圧のものを付けて販売します、という事です。
変圧トランスを買って、100Vで使用すれば全く問題ありません。
仮にそのままの線で240Vにつないだとしても、実際は使用可、というところですね。
安全のため、使用する時だけ、コンセントにつないでください。
つなぎっ放しはやめましょう。
ただ、例えば18.5Vの線に240Vをかけたりすると、使用電流にかかわらず絶縁破壊が起きて、発火の危険がありますから、これは禁止です。


人気Q&Aランキング