現在、環境の事に興味があり、今度、eco検定の試験に挑戦しようと思っています。

同じ様に、環境関係・公害関係で資格は何かあるのでしょうか?

ただ、あまりにも難しい試験は、さすがに、しり込みしてしまいますので、出来れば、eco検定と同じくらいか、もしくは若干難しいくらいならチャレンジしてみようと思っています。
何か知っている人がいれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

環境関係の資格は本当に沢山あります。


難度の高いものから低いものまで様々です。

技術士の環境部門や公害防止管理者なんかが割りと有名です。
技術士は難しいようですが、公害防止管理者は実務経験さえ満たせば指定の講習を受けさえすればもらえるものもあります。

下記のリンクを参考に興味のあるものから手を付けられてみてはどうでしょう。
幅広く資格を取りジェネラリストと目指すも良し、一つの分野に絞ってスペシャリストを目指すも良し、勉強頑張ってください。

http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_shikaku/gr00 …
http://www.gotsu.co.jp/g-eco/shikaku/
http://environ.shudo-u.ac.jp/employment/qualific …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qeco検定の第2回の問題

eco検定の第2回の問題を知りたいのですが、どこかアップされているサイトは無いでしょうか?
問題集は販売されているようなのですが、公式テキストと問題集を購入してしまっているため、新たな出費をしたくないのです。立ち読みではちょっと大変なので、どこかインターネットサイトにて確認したいのです。虫が良いお願いですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

僕が調べた所、見つかりませんでした。載せてはいけないような気もしますが…。
しかし、自作問題を掲載されているサイトもあるので、それで勉強してみるか、mixiなどのコミュニティで譲ってくれる方を探してみては?
個人的には、資格などの自分磨きに関しては数千円くらいなら、お金をかけても良いと思います。
第二回を受けたのですが、第一回で甘く見てたら、すごく難しかったです。

参考URL:http://www.hatikai.net/quiz-eco/tqindex.cgi

Q炭酸ガスとは何か教えて下さい。 ビル管の中で室内環境管理基準があり 【室内空気の基準・炭酸ガスが0.

炭酸ガスとは何か教えて下さい。
ビル管の中で室内環境管理基準があり
【室内空気の基準・炭酸ガスが0.5%以下とする】
とあります。
この場合の炭酸ガスとは、調べるとたぶん二酸化炭酸だと思うのですが合っていますか?
もし二酸化炭酸だとしたら何故 炭酸ガスという記載の仕方をするのでしょうか?

Aベストアンサー

CO²で2酸化炭素です(酸素2個がくっ付いて炭素)。
世の中には炭酸飲料で代表される炭酸が有ります。
炭酸は昔から有るもので、化学式が解明されてH²CO³だと解りました。

それを放置して置くとガスが抜けて行き水になります。
化学式で書くと、H²CO³⇒H²O(水) + CO²。
炭酸から出てきたガスだから「炭酸ガス」と言っています。

同じ様に亜硫酸はH²SO³で、H²SO³⇒H²O(水) + SO²
SO²は2酸化硫黄ですが、亜硫酸ガスとも言います。

Q世界で始めて公害が起こったところはどこですか?・

世界で始めて公害が起こったところはどこですか?・
出来るだけ詳しく願いします
また公害に関するいいサイトを知ってるようでしたら
教えてください!!

Aベストアンサー

公害は古代から起きています。エジプト、メソポタミア、インダスなどの世界4大文明でも公害があったことが知られています。下記URLはポンペイの鉛公害について述べています。人間の集まるところ、人間が活動をすれば、どこにでも、自然に公害は発生します。産業革命後はさらに、公害による被害、自然破壊は拡大したものと思われますね。しかし、昔は公害を公害として意識することが困難でした。公害の原因を科学的に調査し、それに対する対策をとることは昔の人には無理なことです。公害、自然破壊を意識し、それに対し、取り組むことができるのは、今だからこそできるのかもしれません。



http://www2.gol.com/users/nojiri/history1.htm#s6

Q公害防止管理者の資格について

現在農学部の大学二年生でこの資格をとろうかなと考えているのですが、大気や水質、騒音など努力すればすべて取れるのでしょうか?どれくらいの難しさなんでしょうか?
また自分の必要なもの以外は必要ないのでしょうか? 将来環境にかかわる仕事をしたいと考えているのですが、まずどの資格を取ればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

公害防止管理者の資格について勘違いされていませんか、この資格は、事業者が一定規模以上の事業上を設置する場合におくことが義務づけられる資格です。

ですから、一般には、業務に携わる者が、業務上必要な常識と法知識、公害関連の技術と法知識が求められます。
十分な時間をかければ、よほどのことがない限り、合格する資格です。合格率がそれほど高くないのは、多くの受験者が仕事をしながら受験するため、十分な勉強が出来ていないことに起因します。ですから、前任管理者の離任等により、緊急に取得しなくてはいけないような場合、企業も十分な配慮をするので、かなりの率で合格しているようです。

この資格を取得したとしても、環境の仕事(役所や環境関連企業)ではあまり必要とされないし(箔付けに使う会社はあります)、応募に指しても、大して有利にはなりません。現任の管理者が急に離任して急遽有資格者を募集する場合くらいでしょう。

現在、学生ならば、どの資格と言うことでなく、すべてに挑戦したらいかがでしょうか。実践的知識という点では、水質からかな。

Q公害防止管理者で…

公害防止管理者(水質)を勉強中の者です。

化審法にある「第1種特定化学物質」とは、いわゆる特化物のことでいいのでしょうか?

第1種特化物ですと、ジクロロベンジジンやアルファ-ナフチルアミンなどを言うと思うのですが、
同じと考えてしまって良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ジクロロベンジジンやアルファ-ナフチルアミンは、労働安全衛生法施行例で
定められた特定化学物質のうち「第1類特定化学物質」

http://rcwww.kek.jp/chem/gyomu/tokkabutu.html

化審法の「第一種特定化学物質」とは別モノ

http://www.env.go.jp/chemi/kagaku/kisei/class1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報